・今の仕事のお給料じゃ満足できない
・かといって、今の仕事は好きだからやめたくない
・ちょっとまとまったお金が欲しいから夜の仕事を短期間でやりたい

ドラマやマンガの世界では【昼間はOLで夜は水商売】なんて設定がよくありますよね。はっきり言います【昼と夜のかけもち、相当大変です!】私はもう絶対できないと思います。でも、人には事情がありますよね。

・そもそも仕事の掛け持ちってできるのか?
・どんな仕事をするのか?
・会社にバレることなく働くことってできるのか?
・税金ってどうなるの?

他にも疑問は多いと思います。


経験者が語る水商売はこんな仕事!
昼職とのかけもち・夜の仕事の詳細や1日のスケジュールなど詳しく解説します!

 

そもそも水商売って?キャバクラやクラブなど夜のお仕事って何するの?

まず、はじめに言いたいことは【水商売=風俗ではない】ということです。私が実際、現役時代に働いているときに仲の良い友達にかけもちで夜も働いていることを打ち明けると、決まって「え?水商売ってことは風俗とかそっち系?」という質問が返ってきました。風俗は【性的接待があるお店】ですが、水商売は【性的接待がないお店】になります。キャバクラ、クラブは水商売ですが【立派な接客業です】。私はキャバクラとクラブでホステスとして働いていたことがあるのですが、華やかさはあるもののプロ意識が非常に高い女性が多かったです。キャバクラには私のように昼の仕事とかけもちや、学生さんの短期アルバイトさんが多かったのですが、クラブには何年も働いている方もいらっしゃいました。クラブのホステス時代に【ここには、癒しを求めていらっしゃるお客様が来る。短期間だけど礼儀作法や立ち振る舞いも含めて、理想的なイイ女を演じなきゃだめなのよ】と先輩がおっしゃっていました。キャバクラはノリでなんとかいけましたが、クラブは生半可な気持ちではできませんでした。

水商売の代表【キャバクラ/クラブ/スナック/ガールズバー】のお仕事って何をするの?

①キャバクラ(平均時給2,000円~3,000円)

キャバクラでの主な仕事は【お客様と同席してお酒を飲み、会話を楽しむ】というものです。

・お客様と楽しくおしゃべりをする
・お酒を作ったりたばこの火をつける
・メールのやり取りや同伴・アフターをして楽しむ

お店にもよりますが、テレビで良く見る【男性が若い女の子と楽しくワイワイする】というイメージです。キャバクラは風俗ではありませんが、お酒に酔ったお客様がボディタッチをされることが多いです。基本的には、お店の男性スタッフが止めに来てくれます。ここで、まじめに怒ってしまうとお客様のクレームに繋がるので笑って受け流すぐらいの寛容な心が必要になります。同伴やアフターは、簡単にいうと【営業時間外にお客様と会って一緒に出勤をしたり、お店を出ること】です。テレビのようにそのままホテルへなんてお客様はごく一部ですし、私は1回もありませんでした。ただ一緒にショッピングをしたりお茶をしてそのまま出勤して、1~2時間お店で楽しむという流れが多いです。同伴出勤は、お客様もお店に来ることで売り上げにつながるので、名刺のお渡しやメールのやり取りは積極的にやるように言われていました。

②クラブ(平均:日給2~4万円、時給でも4,000円~5,000円)

クラブでの主な仕事は【お客様と同席してお酒を飲み、会話を楽しむ】というものです。

・お客様と楽しくおしゃべりをする
・お酒を作ったりたばこの火をつける
・メールのやり取りや同伴・アフターをして楽しむ

一件キャバクラと同じような仕事ですが、客層的にお金に余裕がある方や著名人が多く、マナーや立ち振る舞いが重要になります。キャバクラはワイワイ楽しくお酒を飲むのですが、クラブの場合、静かに会話を楽しんでお酒を飲むイメージです。【おもてなしをする】という表現が正しいと思います。容姿だけでなく、品格・知識・教養が必要になるので、ビジネス雑誌を読んだりしていました。キャバクラと違い若い子というより、30代近い女性が多いです。同伴やアフターもありますが、高級レストランで食事を一緒にすることが多かったです。私が働いていたお店ではありませんでしたが、ノルマがあるところもあります。キャバクラはノリでいけましたが、クラブはボロが出ないように必死だった気がします。そのくらい緊張感がありました。

③スナック(平均時給1,500円~)

スナックでの主な仕事は【注文されたものを提供しつつお客さんとお話をする】ということです。

・注文された料理やお酒を運ぶ
・お客さんと会話をする

キャバクラやクラブのように一緒にお酒を飲むこともありますが、基本的に飲食店の接客と同じになります。そのため、同伴やアフターといったシステムもなく、ノルマなどもありません。カラオケを一緒に歌うこともあります。スナックの場合、ママの横でサポートするということがメインになります。もちろん性的なサービスなども一切ないのでカジュアルにとらえて良い水商売だと思います。スナックはお客様の年齢層が幅広く若い人では20代から、年配の方でも70代80代の方も見えます。居酒屋は食事を食べることをメインにしてお酒を飲みますが、スナックはお酒を飲むことをメインに少しおつまみをつまむというイメージだとわかりやすいと思います。

④ガールズバー(平均時給:1,500円~)

ガールズバーでの主な仕事は【カウンター越しにお客様とお話をする】ということです。
・カウンター内で注文されたお酒を作る
・基本的に立ち仕事

キャバクラよりもカジュアルで、同席して接客をしたり、同伴やアフターなどもありません。バーテンダーが女性なだけで、通常のバーと同じようにダーツやビリヤードがある店舗もあります。水商売とは一番かけ離れている位置づけかもしれません。ガールズバーは、終夜営業ができるのでキャバクラやクラブに行った後の2件目にはしごでくる男性も多いです。キャバクラよりも安くてカジュアルなので若い男性が比較的多く来店されます。

そもそも、昼職の会社にバレずにかけもちができるの?注意することは?

私の会社は、リーマンショックのあたりから条件はありましたが、申請すれば副業がOKでした。(風俗系の水商売はNGだが、勤務に差し障りがないのであればキャバクラ系OK・同業はNGなど)ほとんどの会社は副業を禁止しています。今はマイナンバー制度があるのでばれたりしないか?税金は?など気になりますよね。

マイナンバー制度で水商売がバレる?税金がかかる?ってホント?

結論から言うと【マイナンバーから水商売をやっていることはバレません】。住民税が増えることで、水商売をしていることが職場に通知されることはありません。ただし、【収入に対しての税金は当然かかります。】お金の受け取る名目によってはバレる可能性があるので要注意!お給料には【給与所得】と【報酬(雑所得)】の2つの種類があります。住民税は個人で支払えるので副業によって支払うべき税金が増えたときでも、毎年2~3月に行われる確定申告で税金を個人で支払うことを伝えれば、会社に通知されることがありません。私の場合、当時は副業の申請を会社に提出していたのでそのまま給与所得にして、税金の計算など全部丸投げでした。キャバクラの派遣会社に登録して働いていたのですが、登録するときに【給料所得をどうしたいのか?】を聞かれたので、結構副業で働いている人が多いんだなぁと思いました。お店に会社の人が来てバレてしまうことも結構あるので、お店の場所はしっかり選んだ方が良いです。

水商売のお仕事ギモン集

遅刻や欠勤で罰金はあるの?


私の働いていた店は、昼に働いている子が多かったので、急な残業や会議が長引く人もいました。遅刻や欠勤の場合は、営業開始時間の1時間前までに店長かマネージャーに連絡をすれば罰金はありませんでした。労働基準法的に罰金制度はNGなのですが、実際夜の世界では罰金が設定されていることが多いです。私と同じように昼と夜のかけもちで働いている子で、残業が思った以上にかかって遅刻になってしまい罰金5,000円取られた子もいました。中には当日欠勤300,00円というお店もあります。契約するときに制度をよく確認しておきましょう。

ドレス代やメイクなど実費?


ドレスはレンタル衣装で用意してくれることが多いですが、メイクは実費のことが多いです。キャバクラ時代は、自分で髪の毛を巻いたりしてそれなりのスタイルを作れていましたが、クラブ時代は品が良いスタイルが必要でしたので、美容院でお世話になることが多かったです。ちなみに、コテやドライヤーなどは裏に用意してあることが多いです。人気がある子はレンタル衣装があるといえ、自前で用意している人も多かったです。

ノルマはあるの?


ノルマがある店舗もあります。例えば

・同伴出勤は月3回以上
・お酒を注文されたときは、自分も一緒に頂くこと
・1ヶ月で指名○回以上
・1日の売り上げ○万以上

私の働いていたお店にはノルマはありませんでしたが、中には達成できなかった場合、罰金などのペナルティが課されることがあります。

同伴ってナニ?


仕事内容の部分で少し触れましたが、同伴とはお客様と一緒に出勤することです。出勤前にお客様と待ち合わせて店舗に行くことで、店側は売り上げを確保することができます。お客様のメリットとしては、指名が被った場合、最優遇されるので、女の子を独占することができます。同伴出勤する場合、だいたい夕方や夜から待ち合わせをし、食事をしてからの出勤のパターンが多いですが、中には出勤5分前に待ち合わせて出勤をすることもあります。同伴をすると、お客様には同伴料がチャージされるので、女の子にも手当がつきます。私は2人ほどよく同伴をしてくださるお客様がいらっしゃいましたが、テレビで良く見るホテルやカラオケに連れ込まれることは1度もありませんでした。ショッピングに連れて行ってもらったり、自分では入ることができないような高級店に連れて行ってもらったりしていました。ちなみに、ブランドバッグを買ってもらったこともあります。

水商売の辞め方は?


ここで気をつけたいのが【トラブルを起こさないこと】です。通常の会社では退職したい1ヶ月~2ヶ月前には申し出ることが必要です。水商売も前もって言う必要があります。店側も新しい女の子を補充したりしなければいけないので、早くても1ヶ月前、遅くても2週間前には伝えましょう。基本的に水商売の場合は、引き継ぎ作業などがないので、割と直前に言う人が多いような気がします。しかし、お世話になったお店の方やお客様に感謝の気持ちを伝えたり、最後に会ったりと何かとバタバタすることが多いので、余裕を持った方が良いです。きちんとお礼をして、お世話になったことを感謝するのは社会人として必要だと思います。結構イヤなことがあって衝動的にお店を辞めたり、スタッフ同士のケンカで急に音信不通になって辞める人が多い世界なので、きちんと手順をふんだ私はかなり感動されました(笑)

勤務時間ってどのくらいなの?


ガールズバーの場合、長く営業していることがありますがキャバクラやクラブなどは、基本的に深夜0時で終了です。スタートの時間は大体18:00や19:00からのお店が多いです。開店前の掃除や準備はボーイさんがやってくれるので本当にお店に行って着替えるだけです。私は会社が終わってから、トイレでメイクをして、出勤したあとにヘアスタイルをセットして着替えていました。

・フルで働く
・この日はスタートから21:00まで
・この日は残業になりそうだから休みにしておく
・週末だけ

などと、結構自由がききます。私は当初休みにしていたけれど、思ったより仕事が早く終わって、体力的にもいけそうだなと思って、お店に電話して出勤することもありました。1日2時間だけと言う子もいました。水商売はわりと融通がきく仕事だと思います。

キャバクラ・クラブ・スナック・ガールズバー、どのお店が働きやすい?


昼の仕事とかけもちをするならば、【スナックかガールズバーの方がまだ両立できるかな?と思います】。キャバクラやクラブは、ノルマのありなしに関わらず同伴やアフター、営業時間外でもお客様とメールや電話でやりとりをしなければいけないので結構大変です。私は支給された携帯電話を使用していましたが、相当メールやら電話やら入っていました。基本的にお客様が来店されたあとの営業終了後にお礼のメールを送ったりしていたので、その返事だったり同伴やアフターの誘いが多かったです。(同伴はしてもアフターは全てお断りしていました。帰ってさっさと寝たかったので。)クラブの場合、営業時間後でもいい女を演じていなければいけないので結構大変です。1度会社で取引先の会議に出席したときに、クラブによく来られているお客様がいたことがあります。本業と副業ではキャラが違うのでかなり気まずい思いをしました。そのあとお店にいらっしゃったとき「まさか本業で会うとはびっくりしたね」と話しました(笑)

キャバクラ&クラブ:勤務の自由度は高く時給はかなりいいが、営業時間外でもそれなりにやり取りが必要になる。

スナック&ガールズバー:時給はキャバクラやクラブに比べて低いが、同伴などが一切なく、その場で働いて終わりなので気軽さがある。

といったところでしょうか。

昼職と水商売の掛け持ちシュミレーション!1日のスケジュール

私が昼と夜の仕事を掛け持ちしていたときの1日のスケジュールです。

時間 内容
6:30 起床 身支度を済ませて朝食を取る
8:00 家を出る 会社まで電車で30分
9:00 昼の仕事スタート メールチェックや事務処理、電話対応
12:00 ランチタイム この間に夜の仕事専用携帯でメール対応
13:00 午後の仕事開始 打ち合わせや会議に向けて資料チェック
14:00 会議や打ち合わせ開始
15:00 15分休憩 夜の仕事のメール対応 その後事務仕事を開始
17:30 定時ならば退社時間 トイレでメイクを済ませて夜の仕事へ
18:30 同伴の場合は時間までお客様と会う ない場合はそのまま店へ
19:00 お店出勤 着替えてヘアセットをする 指示があるまで待機
21:00 夜の仕事終了 着替えて帰宅する
22:30 帰宅 お風呂に入って夕食
0:00 就寝

夜の仕事は大体2~3時間で、土日は絶対入らないという自分のルールを作っていました。土日は完ペキオフ!でも、どうしても人が足りなくて頼まれるときは出ていました。基本的に夜ごはんは帰宅後でしたが、同伴で夕食を食べる場合はそのときに済ませて20:00ごろに出勤&2時間くらい働いていました。なので、同伴をするときは金曜日の夜が多かったです。ピークのときは毎日出勤していたので、かなり体力的にもきつかったですが、ノー残業デーの水曜日と金曜日の週2日程度だと、割と昼間の仕事に影響がでることなく働けました。私がこの生活をしていたのは1年間でしたが、貴重な経験だったと思います。いろんな話を聞けただけでなく、水商売のイメージも変わったからです。

昼と夜の仕事の掛け持ちした経験者へアンケートしてみました!

掛け持ちのメリット&デメリットなどを経験者へアンケートしました!体験された方にしかわからない悩みや喜びを聞くことができました。こらから掛け持ち仕事をお考えの方へのアドバイスも伺いましたので、ぜひご参考にしてみてくださいね!

Q.昼と夜の仕事を掛け持ちし始めた年齢は?

10代:3%
20代:83%
30代:14%
40代:0%
その他:0%

Q.昼と夜の仕事を掛け持ちした期間は?

一か月未満:0%
1か月~半年:23%
半年~1年:50%
2年~5年:24%
6年~10年:3%
それ以上:0%

Q.昼の仕事の雇用形態は?

アルバイト:25%
派遣:23%
契約社員:13%
正社員:26%
その他:13%

Q.昼の仕事の職種は?

一般事務:42%
営業:6%
製造:3%
テレアポ:3%
医療:3%
保育:3%
飲食:10%
介護:3%
販売:20%
その他:7%

Q.夜の仕事は週に何日出勤していた?

1日~2日:26%
2日~3日:33%
3日~4日:30%
4日~5日:6%
5日~7日:4%
その他:1%

Q.夜の仕事の収入は?月

1万円未満:0%
1万~3万円:10%
3万円~5万:20%
5万~10万:37%
10万円以上:20%
20万円以上:13%

Q.掛け持ちをして良かった点は?

収入が増えたこと

知り合いが増え人とのつながりが増えたこと

社会勉強になったこと

Q.掛け持ちをして悪かった点は?

睡眠不足で疲れて昼職に影響が出た

収入の少ない昼職が嫌になってきたこと

休日でも客とのメールなど対応で休みがなくなったこと

体調を崩した

人目を気にするようになった

悪い噂が出た

昼の仕事の知り合いに会いそうになった

Q.これから掛け持ちを考えている方に一言アドバイス!

  • お金を貯めるためなら良い経験だと思いますが、覚悟がないとしんどいです。
  • 身体の無理がきく若いうちにやるのはいいと思いますが、何歳までとか、いくら貯めるまでとか区切りをつけるのがいいと思います。健康第一なので、自分の身体は大切にしましょう。
  • 目標額などを決めて期間を決めた方が自分を見失わないと思います
  • 夜働いたお金は簡単に消えるので大切に使いましょう。
  • 接客は大変ですが、慣れれば楽しいものなので頑張ってください。収入も増えるのでいいことたくさんありますよ!
  • 経済的には楽になりますが体力的にきついです。子持ちの方は子供と過ごす時間が少なくなります。
  • 昼間の仕事は忙しいものを選んだほうが眠気がなくていいですよ
  • お昼に重きを置いて、昼の仕事に支障がでないようにするべきです。
  • 無理のない範囲で女性としてのプライドを持って働いてください!
  • どちらの仕事にも責任が持てるならどうぞ!ただ、疲れますよ。笑
  • 毎日は流石にキツイと思うので週2、3日程度で無理せず頑張って下さい。
  • 健康を第一に考えて仕事をする

まとめ

・キャバクラやクラブなどの水商売は【性的接待が一切ない】
・昼の仕事と両立しやすいのは【スナックとガールズバー】
・キャバクラやクラブは【時給が高いが、同伴やアフターなどお客様と営業時間外でも対応する必要があるので、昼の仕事と両立は大変】
・しかし、キャバクラとクラブは【勤務体系にかなり自由がきく】
・昼の仕事にバレないようにするには【お給料を報酬として受け取って確定申告で税金を個人納付することを申告する】
・店を選ぶときは【会社や取引先の近くはやめること】
・派遣会社で登録するときは【働く条件を明確にすること】


キャバクラとクラブは、仕事内容が同じでも求められるスキルの高さや人物像はかなり変わります。クラブは落ち着いた空間でしたが、私の性格的にキャバクラが合っていました。ただ、キャバクラは人の入れ替わりが激しく、客層もまばらで接客していても疲労感が残った印象が強いです。昼の仕事をしながら夜働くのはかなり大変ですが、工夫して組み合わせるとたくさん稼げます*今は、派遣会社で気軽に登録しておくこともできるようですので、まずはそこから試してみるのも良いかもしれません♪