20代が転職に失敗しない方法!男性も女性も転職を成功させるポイント

20代でどうしても転職を成功させたいと考えているなら、適切な情報を仕入れて行動していくことが大切になります。

今回は、転職したい20代の方へ向けて、転職を成功させるための注意点やポイントなど、絶対に必要な知識について解説していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

20代は転職するのに最適なタイミングである

社会人として生活している以上、誰にでも転職を考えるタイミングが訪れます。

ここで1つハッキリさせておきたいのは、転職を考えている場合、20代というのは最適なタイミングであるということです。

では、どうして20代が転職するのに最適なタイミングなのか、詳しく見ていくことにしましょう。

実績よりもポテンシャルを重視する傾向にあり転職しやすい

20代が転職するのに最適なタイミングである理由の1つが、企業側が実績よりもポテンシャルを重視してくれる傾向があるからです。

多くの企業では20代の人材を「若手」として捉えます。そして、若手である場合、柔軟性があると判断されることが多くなります。つまり、新しい物事を吸収するスピードや力があるので、すぐに成長してくれるだろう、と見込んでいるというわけです。

そのため、新しい仕事に対する意欲や熱意とともに、柔軟性をアピールできれば、20代での転職は成功しやすいと考えられているのです。

そして、このような傾向は30代になると一変し、これまでの経験や実績が重視されるようになり、即戦力として期待できる人材を企業は求めるようになります。

そのため、20代のうちが転職に適したタイミングであるといえるのです。

未経験の業界・職種への転職がしやすい

20代では未経験の業界や職種への転職がしやすいというのも、理由の1つです。

先述したように、20代の転職ではポテンシャルが重視される傾向にあります。そのため、未経験職への転職も実現しやすいというわけです。

20代前半の場合、企業側は前職の業界や環境などにまだ染まっていないことなどから、スキルを身につけてくれればすぐに活躍してくれる人材であるとみていることが多いです。

また、20代後半の場合は、前職でどのようなスキルを身につけ、どのような経験をしてきたのかをしっかりアピールできれば、企業側からしても魅力的な人材として映ることになるでしょう。

30代に突入すると、未経験職への転職は途端に難しくなるため、新しい仕事に挑戦したい場合は、20代の間に転職活動を開始したほうが良いといえるでしょう。

現職よりも年収がアップする可能性がある

20代が転職する最適なタイミングである理由には、大幅な年収アップが期待できるということも関係しています。

仮に中小企業で働いていた人が、より規模の大きい会社や大企業などへの転職に成功したり、働く業界を変えたりすることで、年収がアップする可能性があります。

また、先述したポテンシャル要素もプラスされるため、思っているよりも年収が上がるケースがあるのです。

働くうえで「お金」というのは切っても切れない重要な要素の一つです。自分の収入が増える可能性があるのなら、転職を前向きに考えたいという方も多いのではないでしょうか?

20代前半なら第二新卒向けの求人に応募できる

20代前半なら、第二新卒向けの求人に応募できるというのも、20代が転職に適したタイミングである理由です。

ちなみに、第二新卒という言葉には明確な定義があるわけではありません。ただ、一般的には、新卒として就職してから3年以内に離職し転職活動を行っている人のことを指すことが多くなっています。

第二新卒の場合、ある程度の社会人経験があることから、最低限のビジネスマナーを習得していることが多く、企業側としては教育コストを削減できるというメリットがあります。

また、職歴が浅いために転職先の企業に馴染みやすい柔軟性を持っていると捉えられることもあり、第二新卒を積極的に採用したいと考える企業が増えている現状があります。

20代前半の場合、豊富な第二新卒求人に応募することができるというのが、転職に対する大きなアドバンテージとなるというわけです。新卒で入社した仕事に満足していない場合は、第二新卒であることを活かして転職活動をすれば、より理想に近い企業に出会えるかもしれません。

20代後半ならキャリアアップのための転職を狙える

20代後半の場合は、キャリアアップのための転職を狙うことができるのも、転職に最適にタイミングである理由です。

20代後半に差し掛かると、一般の正社員からマネジメント業務を担当するようになったり、なかには役職に就いたりしているような方もいらっしゃると思います。

その状態で、さらなるキャリアアップを目指すのであれば、自分の希望が叶う転職先を探すのも1つの手段といえるでしょう。

また、これまでに説明しているように、20代の場合はこれまでの実績や経験にポテンシャル要素がプラスされます。その分、転職が成功しやすくなりますので、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

新卒3~4年目の転職は企業から評価されやすい

20代での転職を考えている場合、転職者の年齢と勤続している年数により、企業側からの評価が多少変化することを理解しておきましょう。

もし、あなたの勤続年数が1年未満である場合、企業側は我慢が足りず、転職してもすぐにやめてしまうのではないか、と懸念しやすくなるといわれています。

一方、勤続年数が5年以上だった場合、現職の社風や環境などの色が付いているため、場合によっては扱いづらいと判断されることがあります。

つまり、20代の場合は転職がしやすくなってはいるものの、勤続年数が短すぎるのは良くないし、かといって5年以上働いているのは、若手として採用するメリットが多少薄れてしまうというわけです。

そのため、20代が転職する場合、勤続年数が3~4年程度の人材の評価が最も高くなります。これは、先述したような第二新卒にあたる年代です。

もちろん、すべての企業がこのように評価するというわけではありません。しかし、このような考え方もあるということを知っておけば、20代であることを活かして転職するタイミングを逃しにくくなるといえるでしょう。

20代が転職を考える理由とは

ここからは、20代が転職を考える理由について見ていきたいと思います。

転職する理由は人それぞれです。ただ、場合によっては転職したほうがいいケースと、とどまったほうがいいケースがあります。

転職を考える代表的な理由について深く掘り下げ、転職すべきかどうかしっかり考えてみましょう。

会社の人間関係が良くない

転職を考える代表的な理由の1つが、会社内での人間関係が良くないということです。

職場には、さまざまなタイプの人がいます。なかには、自分と全く合わない人も存在しているでしょう。仕事であるとはいえ、ストレスが溜まっていくのは当然ですし、場合によっては衝突を起こしてしまって関係が険悪になってしまうこともあるでしょう。

ただし、転職先でも人間関係の構築を避けることはできません。また、転職先にも自分に合わない人がいる可能性はあります。そのため、人間関係だけを理由に転職をするのは、実は難しいことといえます。

そこで提案したいのは、社内の別部署への異動やデスクに配置換えを上司に相談することです。実はそれだけで解決してしまうケースもたくさんあるといわれています。

それでも解決できない場合や、精神的な負担があまりにも大きい場合は、転職を視野に入れて行動するようにしましょう。

もっと給料が欲しい

もっと高い給料が欲しいため、転職を考えるケースもあるでしょう。

もちろん20代での転職で大幅な年収アップが狙えることは事実です。しかし、それは転職先の企業で即戦力として大きく貢献したり、スキルや実績が突出していたりするケースにのみいえることです。

一般的には、企業側は仕事の進め方や業務内容を理解してから徐々に活躍してもらうことを想定しているため、いきなり収入が上がることはほとんどありません。

まだまだ経験が少ない20代の場合は、給料アップのことだけを考えての転職はリスクが高いといえます。ただし、十分な実績を残しているにもかかわらず、会社の評価が上がらないといった状況であるならば、自分をもっと評価してくれる企業を探したほうがいいのかもしれません。

仕事に楽しさを感じない

20代が転職を考える理由には、仕事に楽しさを感じないという場合もあるようです。

ただ、これにも2つの解決方法があります。

1つは部署異動です。今の職種が自分に合っていないと感じるのであれば、社内の他の部署に異動するだけで解決する場合があります。

まずは、上司にそのことを正直に伝えて相談してみましょう。場合によっては現在の給料の額は変わらないまま、自分に合った部署へと異動することができるかもしれません。

もう1つの方法は仕事をそのまま続けるということです。仕事の楽しさを感じられるようになるのは、その部署での業務内容を理解し、結果が出てきてからという場合があるからです。

つまり、しばらく働いてみなければ、仕事に楽しさに気付くことは難しいといえるのです。

まずは、現職で最大限力を尽くしてみましょう。転職を考えるのはそれからでも決して遅くはありません。それでも楽しさを感じられないという場合は、転職を考えてみてください。

前向きな転職理由じゃないと失敗するかも

20代の転職理由はさまざまですが、前向きな転職理由でないと失敗する可能性が高いといえます。

これまで紹介した人間関係や給料、仕事の楽しさなどの転職理由は、あくまでも転職者側が感じること。それらのことについて、企業側は同情してくれるわけではありません。むしろ、転職理由としては受け入れられないケースがほとんどです。

そのため、これらのきっかけがあったとしても、前向きな転職理由がなければ、採用面接を通過することができないでしょう。

転職理由がネガティブな要素だったとしても、それをそのまま伝えるのではなく、ポジティブな要素に置き換えて伝えることが大切になることを理解しておきましょう。

転職する20代には何が求められるのか

ここからは、転職を希望している20代には何が求められているのかについて解説したいと思います。

これから説明することを理解しておかなければ、どれだけの企業に応募して面接を受けたとしても、転職の成功率は低くなってしまうかもしれません。

どのような人材が求められているのかしっかり把握してから、転職活動に挑むことが大切です。

そもそも20代の人材は需要が高い

転職市場において、20代の人材に対する需要は高いものになっています。

少子化が加速している現在の日本においては、20代の労働力そのものが減少している傾向にあります。多くの業界や職種において、人手不足であると感じられているのが現状です。

そのため、第二新卒を含めた20代の人材に対して企業側からの需要は多く、未経験職に関してもポテンシャルを評価する傾向にあるため、採用する企業は多くなっています。

30代や40代など、他の年代と比較して、20代は転職に有利に年代であるということを前提に考えるようにしましょう。

20代前半や第二新卒に求められるものは「社会人としてのマナー」と「熱意」

20代前半や第二新卒の人材に対して企業が求めるのは、社会人マナーと仕事に対する熱意です。

まず、新卒で就職を経験している人々は、名刺の渡し方やメールの書き方などといった、いわゆるビジネスマナーが身についているケースが多くなります。

先述したように、教育にかけるコストを削減することができるため、このようなビジネスマナーが身についていることが企業和和のメリットになるのです。

また、20代前半の人材の場合、新しい仕事に対して興味を持って取り組める世代であると考えられています。そのため、熱意さえあれば、スキルは後から覚えてくれればいいと考える企業が多いのです。

20代半ばでは「自律性」が求められる

20代も半ばとなると、マナーや熱意にプラスしたスキルや能力が求められるようになります。それが「自律性」です。

自律性とは、自分でしっかり考えたうえで行動するということです。つまり、自分なりに解釈し、課題について自分で解決方法について考える、実行する、検証する、報告するということができるかどうかが重要視されるのです。

面接で、これまでの仕事の取り組み方に加え、どのような課題をどのように解決したきたのかを伝えられれば、20代半ばの転職は成功しやすいといえるでしょう。

20代後半では「即戦力」としてのスキルが求められる

20代も後半になってくると、ポテンシャルよりも即戦力としてのスキルや経験が求められるようになります。

つまり、年齢が上がれば上がるほど、いかに早く企業に貢献できるかが重要視されるということなのです。そのため、現職でどのような工夫をしてどんな実績や成果を挙げたのかということが評価の対象となります。

例え仕事が変わったとしても通用するような思考力があり、即戦力として成果を挙げられそうだと感じてもらえれば、転職の実現にグッと近づくことができるでしょう。

また、20代後半の人材には、後輩への指導などリーダーとしての活躍が求められ始める時期でもあります。

過去にOJTによる後輩社員の指導経験や、チームリーダーとして育成のポジションにいたことがアピールできれば、転職に有利に働く可能性が高くなります。

企業側は20代の転職回数をどう感じるのか

20代が転職を考える場合に気になることの1つが、それまでに転職を経験した回数を企業側がどのように感じるのかということです。

転職回数が多い求職者のイメージは決して良くないでしょう。ただ、具体的に何回までなら大丈夫なのかというのは、求職者なら気になるところだと思います。

実際のところどうなのか、見ていくことにしましょう。

転職回数が多すぎると印象は良くない

多くの転職者が抱いているイメージ通り、転職回数が多すぎる場合、企業側の印象は決していいものではありません。

一般的には、20代で3回以上転職している場合は、転職回数が多いと判断されることが多いようです。

リクナビNEXTが調査したところによると、20代の転職回数は0回が76%、1回が16%、2回が6%となっており、3回以上の転職経験者は全体の2%程度になっています。

つまり、3回転職を経験しているだけで、20代にしてはかなり珍しい存在として見られることになります。

また、転職回数の多さは、嫌なことがあるとすぐに逃げ出してしまうような我慢の足りない人材として判断されることが多いので、転職には不利に働いてしまう可能性が高いというわけです。

入社から3年経たずに転職したがる20代

ただし、近年に至っては新卒で入社してから3年も経たない時期に転職を希望する20代が増加しているといわれています。

厚生労働省の調査によれば、大卒者の3年以内の離職率は過去5年間30%を超える水準で推移しています。

希望を抱いて入社した企業が自分には合わないミスマッチが原因となって離職につながることは今に始まった事ではありません。しかし、最近の傾向としてはより速い成長を求めて転職する20代が増加しているといわれています。

「石の上にも3年」という言葉があるように、一度就職したら3年は続けるべきといった価値観は崩れ始めているのです。これはある意味で自分のキャリアや人生についてしっかり考えているということであるといえるでしょう。

ただ、このような傾向に対して企業側がどのように感じるのか、ということについてはしっかり理解しておかなくてはならないでしょう。

一度も転職していない場合かえって不安がられることも

このように、3年以内に離職してしまう傾向に対して、前向きに捉える業界があることも事実です。

例えば、IT業界や外資系の企業の場合、それぞれの転職に対して前向きな理由があるのであれば、あまり気にしないケースが多いようです。特に外資系企業のように、一度も転職していないことに対して、柔軟性がないと捉える場合もあります。

プロジェクトごとに会社を移りながらスキルアップを目指したり、社会や組織が変化していく構造のなかで、自分がどのように行動するのか一番いいのかを考えたりしているなら、転職回数の多さに対する違和感を持たれることはあまりないのかもしれません。

年齢を10で割った数字が上限となる説

一方で、日本の保守的な企業などでは、やはり転職回数を気にする企業は多いようです。

このような企業の場合、人材の育成に5~10年といった長いスパンを設定する場合も多く、20代で転職してしまうと「また何もやっていない」と捉えられることがあるからです。

一般的には、年齢を10で割った数が、許容できる転職回数の上限であるとも言われています。

大切になるのはどうして辞めたかのストーリー

転職回数が多い場合、どうして転職したのかというストーリーが大切になります。

つまり、自分のキャリアビジョンをしっかり持ち、そこから逆算して行動した結果が転職回数の多さにつながっているなど、ポジティブな理由があればそれほど問題にはなりません。また、それをしっかり説明できれば、プラスの評価となる可能性もあるわけです。

一方で、ただ単に転職を繰り返しているようなケースでは、採用担当者にいい印象を与えることはできないでしょう。

転職回数の多さだけではなく、「なぜ転職したのか」ということについてもしっかりと考え、説明できるようにしておくことが重要になることを理解しておきましょう。

20代で転職する際の注意点

ここからは、20代で転職する際の注意点について解説していきたいと思います。

転職を考え行動する場合は、これから説明する注意点について理解しておかないと、転職が上手くいかなかったり、周りに迷惑を掛けてしまったりする可能性がありますので、参考にしてみてください。

転職はあくまで「選択肢の1つ」と自覚すべきである

転職は、あくまでも現状の課題を解決するための選択肢の一つであるということを自覚しておくことが大切です。

何か課題が見つかった場合、自分が努力したり、社内での環境を変えたりすることで解決できるケースがあるためです。

仕事がうまくいかないときは、自分の努力次第で現状は変えられるかもしれません。また、人間関係が良くない場合は、部署や配置を変えてもらうだけで解決できることもあるのです。

仕事上の課題を解決する手段の一つとして、転職を選択することが悪いことではありません。しかし、その課題の原因が本当は自分にある場合、環境を変えるだけでは実際には何も変わらず、転職回数だけが増えてしまうことにもなりかねませんので、十分に注意して下さい。

30代以降の人生も考えて転職活動を行うべき

20代での転職を考える場合は、30代以降の人生も視野に入れて転職活動を行うべきです。

20代で転職するということは、今後の人生に大きく影響するからです。

ですから、キャリアビジョンや人生設計についてしっかりと考えてから行動する必要があるといえます。

目先のメリットばかりに注目するのではなく、今後も継続していくあなたの人生を考えるような広い視野を持つようにしましょう。

ポテンシャル採用だからと簡単に考えるのは危険

20代ではポテンシャル採用が多くなる傾向にありますが、だからといって簡単に考えるのは危険です。

ポテンシャル採用とはいえ、年齢相応の最低限のスキルが伴っていることが前提となっていることがほとんどだからです。

そのため、自分のこれまでの経験や身につけたスキルなどについてしっかりと棚卸しをし、応募した企業でどのように活かせるのか、自分の長所は何なのか、伝えられるようにすることが大切です。

誰でも採用になるわけではありません。転職活動を行う場合は、事前の入念な準備が大切であることを肝に銘じておきましょう。

未経験職への転職は事前に入念な調査が必要

20代で未経験職への転職を考えている場合、入念な事前調査を必ず行うようにしましょう。

あなたが持っている業界や職種へのイメージと、実際の働き方や忙しさなどにギャップがあることが多いためです。

転職してからやっぱり元の職種に戻りたい、と感じるようになったとした場合、転職に関する考えが甘く、準備を怠った人材であるとの捉えられることにもなりかねません。

20代の若い人材を採用したいと考える企業は多く、熱心に入社を薦めてくることもありますが、一番大切なのはあなたの人生です。その業界で将来も働くことを想像し、適切に判断できるようにすることが大切です。

内定から入社までの手順を押さえておくこと

20代の転職では、内定をもらってから入社するまでの手順について押さえておくことが大切になります。

というのも、「内定を獲得できた=入社」となるわけではないからです。

内定通知が企業から届いた場合、それに対して入社の意思を示すまで採用決定とはなりません。内定を伝える郵便物が届いたことで安心してしまい、その後の対応を放置してしまったことで、内定を取り消されるケースというのは、意外に多いといわれています。

また、内定の通知がきたときから初出社までの時間は、転職活動の総仕上げともいえる期間です。企業によっては事前に書類の提出が必要になることもあるので、慎重に行動するべきといえるでしょう。

さらに、この期間は本当にその企業でよかったのかどうかを最終的に判断するときでもあります。就業規則や労働契約書などの送付があり、最終的な給与交渉を行う場合もあるので、自分が選択した企業について今一度しっかり確認することをおすすめします。

現職を退職するときのルールを守ること

転職が決まり、現職を退職するときにはその企業のルールを守るようにしましょう。

転職がスムーズにできるかどうかは、現職の辞め方も大きく影響するためです。

特に20代の場合、上司に退職の意思を告げる前に同僚や先輩に会社を辞めることについて相談してしまうことがあります。これは、本人にその意思がなかったとしてもルール違反となりますので注意しましょう。

また、上司と相談して、現職の退社時期について具体的に決めたり、社員寮を利用している場合は退去日について確認したりすることが必要です。転職を円滑に進めるためには、現職のルールに従ってスムーズに退職することも大切な要素であることを理解しておきましょう。

転職先のルールや業務の基本知識は入社までにマスターしておく

転職が決まったら、転職先のルールや業務の基本的な知識は入社までにマスターしておくようにしましょう。

中途入社の場合は新卒とは違い、しっかりした心構えがないと早々にマイナス評価が付いてしまうこともあります。

また、初めて出勤するまでに業務関連の基本的な知識について習得しておくのは、最低限の準備ともいえます。関連する商品やサービスの名称・内容などについて情報をもらえるよう依頼するなど、積極的に仕事に取り組むようにすることが大切です。

20代の転職を成功させるための6つのポイント

ここからは、20代での転職を成功させるための6つのポイントについて解説していきたいと思います。

自分が希望する通りの転職を成功させるためには、どれも大切なことですので、意識して転職活動を進めていきましょう。

企業の募集内容についてしっかりチェックする

20代での転職を成功させるためには、企業が出している求人募集の内容をしっかりチェックすることが大切です。自分が持っているイメージと実際の募集内容にギャップがあった場合、転職活動が停滞してしまう可能性があるからです。

特に20代では、未経験の業界や職種への転職を希望するケースが多くなります。自分のイメージだけを優先して転職活動を進めていると、実際には正社員募集が少ない業界であったり、資格や経験が必要でそもそも応募することができなかったりする可能性があります。

まずは、自分が転職したい業界や職種について情報を十分に集め、応募することが可能かどうかを確認すること。そして、自分が将来に渡って働いていけるのかどうかを確かめるようにしましょう。

さらに、募集内容から実際の働き方や忙しさなどについても確認し、応募するべきかどうか正しく判断するようにしましょう。

経験が少ないからこそしっかり伝える

20代での転職では、経験が少ないからこそこれまでの経歴についてしっかり伝えることが大切になります。

30代以上の人材と違い、職務経験が少ない20代の場合、これまでの経験や実績などについて詳しく説明することが求められるからです。

そのためには、職務経歴書でできることやこれまで取り組んできたことについて、詳細に書き込んでおくことが重要です。

さらには、それらについて自分の言葉で簡潔に説明できるようにしておけば、面接での評価が高くなり転職成功に一歩近づくことができるでしょう。

転職活動は仕事を続けながら行う

20代での転職を成功させるためのポイントの1つに、仕事を続けながら転職活動を行うことが挙げられます。

現職を辞めてから転職活動を行うと、何かと不利になる場合が多くなるからです。

まず、仕事を辞めてから転職活動を行う場合、新たな仕事が決まり勤務するまで無収入の状態が続くことになります。すぐに転職先が決まればいいですが、転職活動が長引いた場合、経済的な圧迫感や精神的な焦りから、納得できないような条件での転職となってしまう可能性があります。

また、経歴に空白期間ができてしまうと、場合によっては企業側からマイナスポイントをつけられてしまうこともあります。

自分が希望する転職先を見つけるためには、ゆとりを持って転職活動を進めることが大切になるということを理解しておきましょう。

転職理由を言語化する

20代の転職を成功させるためには、転職理由について言語化しておくことが大切なポイントです。

転職理由についてしっかり説明できない場合、面接官のあなたに対する印象が悪くなり、採用に至らない可能性があるためです。

また、先述したようにネガティブな転職理由はポジティブな要素へと変換して伝えなければなりません。

どうして転職しようと思ったのか、自分の言葉で客観的かつ正確に伝えられるよう、事前にしっかり準備しておきましょう。

キャリアビジョンを明確にする

転職理由の言語化とともに大切になるのが、自分のキャリアビジョンを明確にしておくことです。

採用面接では、あなたが将来どのようになりたいのか、そのためにどのように努力していくのかについて必ず質問されるからです。

そのため、これまでの自分の経歴の棚卸しと自己分析を行う必要があります。そのうえで、今後のキャリアについて自分と向き合って考えておかなくてはなりません。

これらの点について面接官にしっかり伝わったとき、自分のことを客観視しているという印象を与えることができ、プラス評価になる可能性も高くなります。

転職エージェントを活用する

20代での転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切なポイントです。

転職エージェントを活用することで、転職の成功率が大幅にアップするからです。

また、転職エージェントに登録することで、さまざまな転職サポートを受けることも可能になります。

詳しい内容については、次の項目で詳細に解説したいと思います。

20代での転職では転職エージェントを活用するべき

ここからは、20代での転職において、転職エージェントを活用するべき理由について解説していきたいと思います。

転職活動を行う場合には、さまざまな転職支援サービスを利用することができます。なかでも、転職エージェントの利用はおすすめです。

それにはさまざま理由がありますので、詳しく見ていくことにしましょう。

転職エージェントとは何なのか

転職エージェントとは、転職希望者が利用できる転職支援サービスの1つです。

転職エージェントに登録することで、担当のコンサルタントがついて、転職活動のサポートを受けることができます。

具体的には、以下のようなサポートを受けることが可能です。

  • キャリアカウンセリングを受けることができる
  • 転職希望者に合うさまざまな求人情報を提供してくれる
  • 非公開の優良求人を紹介してくれる
  • 転職希望者の市場価値を客観的に評価してくれる
  • 転職希望者の魅力を応募先企業の担当者に伝えてくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接対策と適切なフィードバックをしてくれる など

転職サイトを利用した場合、求人情報を検索してから、応募・面接日時の調整・内定後の交渉などを自分1人で行う必要がありますが、転職エージェントを利用すれば、これらについて代行してもらうことができます。

また、転職エージェントでは非公開求人を取り扱っており、転職サイトを検索するだけでは出会えない求人情報を紹介してもらうことが可能。より自分にマッチした企業を見つけられる可能性が高くなります。

さらに、ほとんどの転職エージェントが無料での登録・利用が可能となっています。余計な経費を掛けることなく、転職活動のサポートを受けることができるのが転職エージェントなのです。

転職エージェント利用すると転職の成功率がアップする

転職エージェントを利用する最大のメリットは、転職の成功率がアップすることです。

担当のコンサルタントが、転職希望者にマッチした求人情報を紹介してくれるうえ、企業側にあなたのことを推薦してくれます。

また、提出する履歴書などの書類の添削や面接の対策などを行ってくれるので、おのずと転職の成功率がアップするのです。

転職エージェントには、これまで多くの転職希望者をサポートしてきた実績があり、安心して転職支援を任せることができますので、20代での転職を成功させたいのであれば、積極的に利用することをおすすめします。

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2種類がある

転職エージェントは、大きく2種類に分類することができます。

  1. 総合型転職エージェント
  2. 特化型転職エージェント

総合型転職エージェントとは

総合型転職エージェントとは、幅広い年代や業界、職種、地域などに対応している転職エージェントのことをいいます。

業界や職種を網羅した求人情報を多く取り扱っているため、自分にマッチした求人情報に出会える可能性が高いのが特長です。

一般的に、転職サービス業界の大手企業が運営している場合が多く、実績も豊富なので、転職活動を行う場合は2~3社程度登録しておくことをおすすめします。

特化型転職エージェント

特化型転職エージェントとは、特定の年代や業界などに特化した転職エージェントのことをいいます。

総合型と比較して扱う求人数は少なくなる傾向にありますが、その分年代や業界への理解が深いという特長があります。

担当コンサルタントがその業界での勤務経験があるケースもあり、より有力な情報を集めやすくなるでしょう。

総合型転職エージェントと併用する形で、自分に合った特化型転職エージェントにも登録しておけば、転職活動をより効率的に進めることができるでしょう。

転職エージェントで大切なことは優秀なコンサルタントに出会うこと

転職エージェントを活用するうえで一番のポイントとなるのが、優秀なコンサルタントに出会うということです。

というのも、担当コンサルタントの良しあしが転職の成功に大きく影響する可能性があるためです。

そのためには、より多くのコンサルタントと接触しながら、自分にとって相性の良いコンサルタントを見極めていく必要があります。

見極めるためには、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • 求人情報の紹介だけではなく、キャリア相談に親身になって対応してくれる
  • 転職希望者を企業へ売り込むスキルが高い
  • 志望する業界について熟知している

このようなコンサルタントに出会うことができれば、あなたの転職活動は成功へと近づくことになります。

転職エージェントは複数登録することが重要

優秀なコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録することが重要になります。

それぞれの転職エージェントに登録した分だけ、多くのコンサルタントに出会うことができるからです。

あとは、実際にコンサルタントと顔を合わせながら、転職サポートをメインで任せるコンサルタントを選定していきましょう。

また、転職エージェントごとに非公開の求人案件を取り扱っているので、それだけ多くの情報に触れることができるというのも、複数登録のメリットになります。

転職エージェントをうまく併用しながら、転職活動を進めていきましょう。

転職したい20代におすすめの転職エージェント10選

転職エージェントの厳選

最後に、転職したい20代の人におすすめする転職エージェントを紹介していきたいと思います。

ここで紹介する転職エージェントは、20代の転職者に対応している総合型・特化型転職エージェントばかりです。

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめです。

20代におすすめの転職エージェント
 公開求人非公開求人対象年代対応地域
リクルートエージェント3万7000件以上16万6000件以上全年齢全国+海外
リクらく非公開2000件20代・フリーター・既卒・第二新卒東京・神奈川・千葉・埼玉
マイナビジョブ201800件非公開24~29歳東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
DODA(デューダ)4万件以上13万件以上全年齢全国
マイナビエージェント6000件以上2万件以上全年齢全国
type転職エージェント8500件7500件20~30代東京・神奈川・千葉・埼玉
パソナキャリア1万50002万3000全年齢全国+海外
ハタラクティブ非公開2000件20代・未経験東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
ジェイック非公開5000件20代・未経験・フリーター全国
第二新卒エージェントNEO500件非公開第二新卒・フリーター・未経験関東・関西

自分に合うエージェントをうまく組み合わせることで、転職活動を効率的に進めることができますので、ぜひ登録して活用していきましょう。

リクルートエージェント

最初に紹介するのは「リクルートエージェント」です。

就活サイトや転職サイトを運営するリクルートが手掛けている、業界トップクラスの規模を誇る総合型転職エージェントサービスです。

リクルートエージェント最大の特長は、取扱求人案件数の多さ。公開求人・非公開求人合わせて20万件以上の求人数があるので、20代で転職活動をスタートするのであれば、最初に登録しておくべき転職エージェントといえます。

また、勤務地は全国を網羅しているため、地方に住んでいる人でも利用しやすく、転職による年収アップ率も60%を超える高水準ですから、あなたの理想の転職先に出会える可能性も高くなるでしょう。

リクルートエージェント

年代20代~30代雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 業界トップクラスの20万件以上の求人数!
  • 平均年収アップ率61%と高水準の転職エージェント!
  • 全国、全職種を網羅した総合型転職エージェント!

リクらく

次に紹介するのは、「リクらく」です。

リクらくは、リクルートネットという会社が運営している20代に特化した特化型転職エージェントサービスです。

リクらくの特長は、フリーター、既卒、業界未経験の20代を対象にしたサービスを展開しているということ。「逆転就活のリクらく」と謳われているように、これまでの経歴や職歴に自信がない場合でも、正社員転職へと導いてくれます。

首都圏の中小企業案件を豊富に取り扱っており、基本的な情報だけではなく、企業の文化や社風、社員の男女構成比に至るまで、細かい情報を網羅しているのもポイント。そのため、転職後の自分を想像しやすく、企業とのマッチング精度を上げることが可能です。

リクらく

リクらく
年代20代・フリーター・既卒第二新卒雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 20代の転職に特化した特化型転職エージェント!
  • 学歴や経歴を問わない未経験歓迎求人が豊富!
  • フリーターや既卒の転職者にはぜひおすすめ!

マイナビジョブ20’s

次に紹介するのは、「マイナビジョブ20‘s」です。

転職エージェント大手のマイナビエージェントを手がけるマイナビワークスが運営。20代の第二新卒や既卒の転職に特化した特化型転職エージェントサービスです。

マイナビジョブ20‘sの特長は、20代の採用現場を知り尽くしたキャリアアドバイザーによるサポートを受けられるということ。専任のキャリアアドバイザーによる個別のカウンセリングが行われており、転職者に最適な求人を紹介してくれます。

社会人経験が2年以上ある人なら、登録必須の転職エージェントいえるでしょう。

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's
年代20代~30代雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 第二新卒や既卒に強い20代に特化した転職エージェント!
  • 20代の採用現場を知り尽くした専任のキャリアアドバイザーがしっかりサポート!
  • 即戦力として活躍したい20代は登録必須!

DODA(デューダ)

次に紹介するのは「DODA(デューダ)」です。

DODAは株式会社パーソルキャリアが運営している転職支援サービスの総称のことをいいます。今回紹介する総合型転職エージェントのほかにも、転職サイトやスカウトサービスの機能も兼ね備えています。

DODAの特長は、業界でも最大級の転職支援サービスであるということ。全国、全職種に網羅しており、求人数はすべて合わせて20万件以上。そのため、自分にピッタリの転職先を探すことが可能です。

また、それぞれの求人の質も高いので、安心して転職活動を進めることができるのも嬉しいポイント。さらに、DODAのキャリアアドバイザーは各業界に精通したスペシャリストが揃っており、特定分野への転職にも強いのが心強いサービスとなっています。

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 業界最大級の非公開求人を誇る満足度の高い転職エージェント!
  • 経験と知識が豊富なキャリアアドバイザーが担当!
  • 特定業界への転職にも強いのが特長!

マイナビエージェント

次に紹介するのが「マイナビエージェント」です。

人材業界最大手のマイナビが運営している総合型転職エージェントで、転職エージェントの定番ともいえるサービスですので、とにかく登録しておきたいところです。

マイナビエージェントの特長は、質の高い求人が多いこと。人材サービス業界大手という強みから、多くの企業とのつながりがあるので、他のサイトでは触れることができない職場の細かい情報を入手することができます。

非公開求人が80%以上となっており、中小の優良企業の案件が多いのもポイント。一般的な転職サイトには掲載されない上質な求人情報に出会え得る可能性が高いうえ、転職者に合わせた求人紹介も行ってくれるので、転職成功率がアップしやすいといえるでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 業界大手のマイナビが運営する総合型転職エージェント!
  • 非公開求人が80%なので理想の転職先に出会える可能性大!
  • アドバイザーとの距離が近く、転職前後のサポートに定評あり!

type転職エージェント

次に紹介するのが、「type転職エージェント」です。

さまざまな専門転職サイトを運営している株式会社キャリアデザインセンターが手掛ける総合型転職エージェントで、特に20~30代の転職に強みを持っています。

type転職エージェントの特長は転職後の年収アップ率が高いこと。転職に成功した人の年収アップ率が71%という業界でも屈指の高水準を誇るので、収入を増やしたいと考えている転職者なら登録しておいて損はないでしょう。

特にIT企業への転職に強いのも特徴で、他にも営業、企画、事務、建築土木関連の職種への転職サポートを得意にしています。また、コンサルタントとのヒアリングでは「働きたくない条件」についても聞き取りを実施。そのため、転職希望者を失望させるような転職先を紹介されることがないので、安心して利用することができます。

type転職エージェント

type転職エージェント
年代20代~30代雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
業界SE/Webエンジニア広告/クリエイティブ営業職経営企画/管理事務建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 年収アップ率71%と高水準を誇る総合型転職エージェント!
  • 20~30代の転職サポートに強い!
  • 収入をアップさせたい20代には登録がおすすめ!

パソナキャリア

次に紹介するのは「パソナキャリア」です。

人材派遣業界最大手のパソナが運営している総合型転職エージェントで、スタッフ対応と求人の多さに定評のあるサービスとなっています。

パソナの特長は、転職支援実績が豊富であること。これまでに約25万人の転職サポートを行っており、取引企業は1万6000社に上る老舗人材サービス企業ですので、誰しもが安心して利用することができます。

また全国42都道府県に拠点を構え、全職種に対応可能。さらに年収アップ率も67%と高いので、転職に対するどのようなニーズにも応えることができるのも強みです。手厚いサポートがすべて無料で利用可能ですので、ぜひ登録して活用してください。

パソナキャリア

パソナキャリア
年代全年代雇用形態正社員
対象エリア全国・海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 人材派遣最大手のパソナが運営する総合型転職エージェント!
  • 約25万人の転職サポートを行ってきた豊富な実績!
  • 全国、全職種に対応可能!

ハタラクティブ

次に紹介するのは「ハタラクティブ」です。

レバレジーズ株式会社が運営する転職支援サービスで、20代の転職希望者に特化した転職エージェントとなっています。

ハタラクティブの特徴は、特に社会人経験が少ない人や経験がない人への転職サポートを得意としているので、これまでの経歴に自信がない人や、フリーターでも利用することが可能です。

また、利用者の内定率は80%前後と高い水準を誇るため、これから正社員として働きたいと考えている20代の人なら必ず登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
年代20代・未経験雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 20代や第二新卒の転職支援に特化した転職エージェント!
  • 80%超える高い内定率で正社員就職・転職が狙える!
  • 利用者の80%以上が満足したサポート内容に自信あり!

ジェイック

次に紹介するのが「ジェイック」です。

株式会社ジェイックが運営している20代に特化した転職エージェントで、多くのメディアで紹介されている話題のサービスとなっています。

先述した通り、20代の転職・就職支援に強いという特長を持つ同エージェント。2005年のサービス開始から2万人以上の正社員就職を成し遂げてきた実績があります。転職成功率は81%、入社後の定着率も90%を超えていることから、転職後も長く働ける企業に出会える可能性が高いといえるでしょう。

第二新卒はもちろんのこと、フリーターや大学中退者などでも利用可能。さまざまな20代にニーズに応えてくれる転職エージェントとなっていますので、ぜひ登録してみてください。

JAIC(ジェイック)

年代20代・フリーター・未経験雇用形態正社員
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア営業職事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 20代の転職支援に特化した転職エージェント!
  • 正社員内定率は80%以上という高水準!
  • 完全無料で社会人マナーなどの研修を受けることが可能!

第二新卒エージェントNEO

最後に紹介するのは、「第二新卒エージェントNEO」です。

人材サービス企業として知名度が高いネオキャリアが運営している転職エージェントで、その名の通り第二新卒や既卒の転職希望者に特化したサービスを提供しています。

最大の特長は、ブラック企業を徹底的に排除したうえで求人情報を紹介してくれるということ。企業の内部までしっかり調査を行い、ブラック企業であると判断された場合は、求人の紹介を断る徹底ぶり。そのため、企業に対する安心感が高くなっています。

フリーターの就職支援も行なっており、20代の転職・就職にはぜひ利用した転職エージェントとなっています。

第二新卒エージェントNEO

第二新卒エージェントNEO
年代第二新卒・フリーター・未経験雇用形態正社員
対象エリア関東・関西
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 第二新卒や既卒など20代に特化した転職エージェントサービス!
  • 一人ひとりに合わせた面接対策に定評あり!
  • 既卒、フリーター、未経験者の転職成功数1万5000件以上の実績!

限りない可能性を求めて20代での転職を成功させよう!

今回は、転職したい20代が知っておくべき転職成功のための知識について解説してきました。

20代の転職ではポテンシャルを評価される傾向にあるため、転職を成功させやすい年代であるといえます。ただし、20代前半、半ば、後半で、企業が求める人物像が同じ20代でも異なりますので、どのような場合に有利になるのかしっかり把握しておきましょう。

また、転職にはさまざまな準備を欠かすことができません。事前に何をするべきか、転職活動の注意点、転職成功などのポイントについてしっかり頭に入れておかなくてはならないでしょう。

そして、20代の転職では、転職エージェントを利用することで転職成功率が格段にアップします。ほとんどの転職エージェントで登録・利用は無料となっていますので、自分に合った転職エージェントを積極的に活用してみてください。

本記事を参考に20代で希望通りの転職が実現できるよう頑張っていきましょう!