女性の多くは30代で人生の分岐点を迎えている様子。結婚したり、出産したり、キャリアアップを図ったりと選ぶ道によって今後の人生が大きく変わることが予想されます。しかし、女性の社会進出が進む昨今の日本では、結婚や出産を経験しつつ
キャリアアップを図りたいと考える人も少なくはありません。今回は独身・既婚・子持ち女性それぞれが転職を成功するためのコツや、立場に合わせた攻め方を紹介します。転職を諦めている人も、コツがわかれば夢をかなえることも不可能ではありませんよ。

ライフスタイル別に見る転職のメリットとデメリットとは?どうすれば成功するの?

同じ30代女性でも、未婚か既婚か、また子どもがいるかいないかによってライフスタイルは大きく変わるものです。それぞれメリット・デメリットがありますが、事前に対策を行っておけば、転職活動時にデメリットを突かれても慌てる心配がありません。
自分の境遇に当てはめて考えてみましょう。

独身のアラサー女性

メリット

自由に仕事を選べる

時間的にも金銭的にも拘束が少ない点が独身女性の最大のメリット。ちょっとくらい残業がある会社を選んでも、融通を利かせて働くことができそうですね。特に実家暮らしの女性は、金銭的にも余裕があることが多いので、給与よりもやりがい重視で仕事を探すことができるでしょう。企業側にも、戦力として期待される可能性が高いです。

キャリアアップを図りやすい

時間に余裕があれば、資格の勉強をしたり、専門的なスキルを身につけたりすることもできるため、スキルアップしやすいところが魅力です。転職活動前に時間をうまく使って資格を手にすれば転職活動も有利に進めやすいでしょう。

デメリット

結婚や出産について聞かれやすい

現在未婚の状態でも、将来的には結婚・出産を考えている人もいることでしょう。これはあなたを採用する企業側も同じことを考えていることです。しかし、昨今セクハラ問題が取りざたされることが多いため、面接時に「結婚の予定はありますか?」とは聞かずに、不採用を選択する企業もあります。これは大変残念なことですよね。面接時にはさりげなく、結婚しても働き続ける意志があることを伝えましょう。聞かれなかった場合でも、長く勤める気持ちがあることを伝えた方が好印象を与えられます。

信用を得にくい一面も

「独身は自由が効く」という点はメリットに感じられますが、「自由な身であるゆえにすぐに仕事を辞めてしまうのではないか」と懸念されることもあるのです。また、大変古い考えですが「結婚していないから社会的に信用できない」と考える企業はいまだに存在します。
これらの固定観念を打ち破るためには、面接時にしっかりとした意見を述べてあなたの誠実さを伝えるといいでしょう。独り身であるからこそ、仕事に打ち込めるという点も忘れずにアピールしておきたいものです。

自分本位の転職理由になってしまう

以前在籍していた会社を退職した理由を聞かれるのは、独身も既婚者も同じこと。この場合、既婚者は「結婚や出産を理由にやむなく退職した」と理由付けがしやすいですが、独身であると自己都合による退職と思われがち。これはやや不利と言えるでしょう。
たとえ本音が「嫌だから辞めてしまった」のだとしても、「スキルアップを図りたかった」などポジティブな理由を考えるようにしましょう。

既婚・子どもがいないアラサー女性

メリット

子どもに縛られない

子どもがいないアラサー女性は、旦那様の理解があれば自由に働きやすいのでこれは大きなメリットと言えますね。多少残業や勤務時間が長くても乗り切ることができるでしょう。

仕事を選びやすい

共働きかつ子どもがいないとなると、多少給与水準が低くても、無理なく暮らしていけるでしょう。給与だけではなく、待遇や仕事内容を重視して求人を選べそうですね。

社会的信用がある

「結婚していれば社会的に信用できる」という考えの企業を受ける際には、既婚者という点が魅力になりうるでしょう。

デメリット

転勤ありの仕事を選びにくい

いくら理解のある旦那様だったとしても、妻が転勤の可能性がある仕事に就くことに反対する人は少なくはありません。全国展開している大企業で働きたいと考える女性にとって、この点はデメリットと言えるでしょう。転勤のない会社を選ぶとなると、選択肢が狭まることもあります。

出産予定を聞かれやすい

今現在子どもがいなくても、「将来的に出産を考えているのか」と聞かれることは少なくはありません。出産を考えている人も、そうではない人も「もし出産した場合でも働き続ける」という旨を伝えるようにしましょう。出産を全く考えていない人は「個人的な事情で出産の予定はありません」ときっぱり伝えるのもひとつの手です。
出産を考えている人は、正社員にこだわらず他の雇用形態を検討してみるのもいいでしょう。

既婚・子持ちのアラサー女性

メリット

子どもがある程度大きい場合、長期的に働ける

子どもがある程度大きければ、保育園に預けてフルタイムで働くことができます。採用側も事前に子どもがいることを把握しているため、働きやすいです。

社会的な信用がある

既婚・子なし女性同様に社会的な信用があるとみなされることが多いです。子どもを育てているしっかりした人という印象を持ってもらえるのかもしれません。

選択肢が絞られているので働きやすい

勤務時間や休暇制度など子持ちゆえに仕事の選択肢が制限されることもあるでしょう。しかし、限られた中で選ぶからこそ、採用された場所でしっかりと働こうと思えるのではないのでしょうか。託児所や休暇制度がしっかりしている企業は子育てに理解があるところが多く、似た境遇の同僚も多いので働きやすい可能性も高いです。

デメリット

子どもの都合に振り回されがち

子持ち女性が働くにあたって最も多いのがこの悩み。子どもが急に発熱したり、行事予定が入ったりして休みを取らなければならないことがあり得ます。フレックス制度があったり、育児に理解のある企業を選ぶようにしたいものですね。

働く時間が限られている

子どもの帰宅時間に合わせて仕事を切り上げないといけなかったり、土日は休日にしないといけなかったりして、働くママはなにかと制限がかかりがちです。正社員求人が見つかりにくく、派遣社員やアルバイト・パートで我慢するママも少なくはありません。給与は低水準になるのかもしれませんが、長期的に働けることを重視して検討するとよいでしょう。

頼れる人が近くにいないと辛いことも

おじいちゃんやおばあちゃんが近くに住んでいれば、子どものお迎えや食事を頼むこともできますが、そうでない場合すべてパパママで切り盛りしないといけません。面接で「近くに頼れる人はいるの?」と聞かれることも珍しくはないので、答えを用意しておきましょう。

すべての女性に共通!転職準備はこうして進めよう

どんな立場であってもメリット・デメリットはそれぞれ存在することがわかりましたね。どんな立場であっても転職に成功する人はしますし、失敗する人は失敗します。成功させるためにはあらゆる事態を想定して、転職活動に備えておきましょう。

結婚・出産・育児に関する質問への答えを準備しよう

独身の人に「結婚の予定はあるの?」、既婚子なしの人に「出産予定は?」、子持ちの女性に「子どもが熱出したらどうするの?」といった質問は面接でよく聞かれます。プライベートのことを突っ込まれてムッと感じることもあるのかもしれませんが、社会人として大人な対応を取るように
心がけたいものですね。ウソは禁物ですが、「できる限り働き続けるように努力する」という姿勢は見せるようにしましょう。

社会で役に立つスキルを身に着ける

30代になると女性は特に20代に比べて転職市場では不利になります。若いというだけでチヤホヤされていた20代は一旦忘れて、自分を見つめなおしましょう。仕事に必要な資格を取ったりスキルを身につけたりできれば、きっと他の人と差をつけられるはず。
また、面接で好印象を持ってもらえるように、身だしなみには20代の頃以上に気を遣いたいものですね。

自分に合った働き方を探す

20代の頃は正社員を目指していた方も、30代で自分の立場が変わり、正社員では働きづらいと感じるようになるのかもしれません。立場が変われば働き方が変わることも致し方ないこと。自分にとっての最優先事項を決めたら、それに合った
働き方を模索することが大切です。契約社員や派遣社員、アルバイトも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントに頼ってみる

自分で求人を検索できるサイトも多数存在しますが、インターネット上の情報だけだとミスマッチを起こす可能性もあります。長期的に働ける職場を見つけたいという人は、転職エージェントを頼るのもひとつの手です。経験豊富なコンサルタントが
あなたの状況を把握したうえで、ぴったりな求人を紹介してくれるでしょう。

30代女性のあなたにおすすめの転職エージェント

転職をお考えの30代女性におすすめの転職エージェントが「マイナビエージェント 女性の転職」。
キャリアアドバイザーは全て女性なので安心してなんでも相談できますよ。

非公開求人や独占求人がとても豊富なので条件の良い転職先を探すのにぴったり。
特に強い職種は営業やエンジニア、経理の3種類。どちらかと言えばキャリア志向の女性やスキル向上を考えている女性におすすめです。

⇒マイナビAGENT・女性の転職の無料転職サポートに申し込む

⇒詳細を見てみよう

まとめ

30代は女性にとって進む道が分かれる大切な時期です。自分に合った転職先を見つけて、20代の頃以上に充実した日々を過ごしたいものですね。これから転職を考える人は、30代の自分に合う転職方法を考えてみましょう。

30代のあなたにおすすめの記事

 

頑張っているママを応援します