アパレル業界と言えば、若い女性ばかりが働いているイメージがありますが、40代を超えた女性は働くことができないのでしょうか?
もちろん、そんなことはありません。結婚して子育てを乗り越えた40代の女性が活躍している職場もあります。

40代になってからでもアパレル業界で活躍している女性たちは、どのような転職活動をしていたのでしょうか?
40代を超えてからアパレル業界で働くためのコツやおすすめの転職サイトについて、転職に役立つ情報をお伝えします。

40代の女性がアパレル業界へ転職するコツとは?

アパレル業界に転職したい場合、年齢の違いによって転職活動の方法も変わってきます。
ここでは、40代の女性がアパレル業界に転職するためのコツについて、お話ししましょう。

ショップの店員になりたいなら自分の年齢に合ったブランドを探す

アパレルショップの定員になりたいのであれば、自分の年齢に合ったブランドを探しましょう。

服をお店で買う場合、同じ年齢層の女性に買う服について相談したいと思うはずです。
今はどんな服が流行なのか、このブラウスにはどんなスカートが合うのか、どんな使いまわしができるのかなど、服を買う時に相談したいことはたくさんあります。
また、お店の店員さんがそのブランドの服を着ているのもよく見かけますよね。

「このブランドの服はこんな風に着るとかわいいのね」
とそのブランドの魅力が伝わりますし、
「このスカートは生地がふんわりしていて、着やすいです」
「このパンツは普段使いもできますし綺麗系のブラウスとも合いますから、使いまわしがきくので重宝しますよ」
などと、店員さんが着心地や使いまわしのしやすさなどの実感を伝えてくれます。

でも、そのブランドにそぐわない年齢の店員が服を着ても、その服の魅力を伝えることはできません。若い女性向けのブランドなら若い女性が、マダム向けのブランドならマダムが着て自らマネキンになることで、そのブランドの魅力をお客様に正しく伝えることができるのです。

そして、何より、自分と同じ年齢層の店員さんの方が話しやすいですし、アドバイスも役に立ちますよね。
ですから、アパレル業界にショップの店員として働くなら、自分の年齢層に合ったブランドの店を探すべきなのです。

それに、マダムが服を買う時に若い女性が店員としていても、ちょっと話しかけづらいものです。そこへ、同年代の女性が働いていれば、楽しい買い物をすることができるはずです。
また、ショップの店員であれば、未経験者でもおしゃれに関心がある人なら採用される可能性があります。40代を超えた女性はコミュニケーションスキルが高い人が多いので、そのスキルを生かせば採用されやすいはずです。
女性向けの服飾関係のショップでなくても、子供服のお店で働くという手もあります。子供服のお店には若いママさんや孫に贈り物をしたいというおじいちゃん、おばあちゃん世代の人など、様々な年代の客が訪れます。
人生経験が豊富な40代の女性なら、そんな幅広い年齢層の客に対応できるでしょう。

年齢を重ねたことでできる接客をアピール

人手不足が続く中、最近は子育てを終えた主婦たちが働き手として求められています。主婦たちは特にコミュニケーション能力が高く、接客業が向いているのです。主婦として子育てを経験する中で行われる、他のママや学校の教師などとのコミュニケーションを通して高いコミュニケーション能力が培われるようです。年齢を重ねた主婦ほど、高いコミュニケーションと社会性を身につけているケースも多いのです。

ですから、彼女たち主婦は採用してから接客に関する指導などほとんどしなくても即戦力になってくれるため、企業は主婦たちの採用を積極的に進めています。
アパレルショップの店員も例外ではなく、コミュニケーション能力が高い40代前後の女性は特に需要が高まっています。

アパレル関係のショップの店員と言うと若い女性ばかりというイメージがあります。確かに、若い女性向けのブランドではそうですが、ある程度年齢層が上のショップになると落ち着いた接客ができる40代前後の女性の店員の方が良い接客をするのです。

若い女性の店員の、
「え~これかわいくないですか?」
「すごい似合いますよ~?かわいい~!」
などというテンションが苦手という人は実は多いと思います。そんなテンションが求められるのは、20代までです。大人の女性のほとんどが、本当に良い商品を買うために店員に相談したい、落ち着いて商品を選びたいと思っているはずなのです。

そんな時に、落ち着いた接客ができるのは、40代の女性の強みです。自分の年齢層に合ったブランドのお店を選び、年齢を重ねたからこそできる接客スキルをアピールすると良いでしょう。

デザイナーやパタンナーなら40代を超えたベテラン社員が求められている

アパレル業界でもデザイナーやパタンナーなどの制作部門に転職するという道もあります。
この場合、経験は求められますが、40代を過ぎてからも活躍している女性はかなり多くいます。むしろ、子育てを終えて時間がある、技術を持っている40代以降の女性の需要はかなり高まっているのです。

ブランクがあることは不安要素かもしれませんが、仕事を始めれば昔の感覚が戻ってくるはずです。デザイナーやパタンナーの技術は、向上させていくための努力を怠らなければ仕事をすることができます。手に職を持っているということは、とても大きな強みなのです。

最後はアパレル業界で働くことに対する熱意が大事

アパレル業界で働きたいと思ったら、最後には「やる気」や「熱意」が重要です。
そのブランドの良さをアピールしてどんどん洋服やアクセサリーを売りたい、良い商品を作りたいという思いを、面接の際にしっかりアピールしましょう。
ショップの店員になりたいのであれば、ファッションに興味がありおしゃれをすることが大好きである、人と話すことが好き、人の手助けをするのが好きなどということをアピールすることも必要です。

デザイナーやパタンナーになりたいのなら、より良い商品を作りたいという思いを持つことが大事になります。
アパレル業界で働きたいという熱意と、そのブランドに対する熱い思いをアピールすることが、最終的には重要になってくるはずです。

40代女性がアパレル業界でイキイキと働く秘訣とは?

アパレル業界で40代の女性がイキイキと働くためにはどうすればよいのでしょうか?
ここでは、今アパレル業界で活躍している40代以降の女性からヒントをもらい、アパレル業界でイキイキと働くコツをお話ししようと思います。

アパレル店員は笑顔が大事

接客業をする場合、お客様に対する笑顔が大事であるということは、基本中の基本です。しかし、ずっと立ちっぱなしで仕事をしていると、つい笑顔を忘れてしまうこともあると思います。忙しい仕事が続くあまりに、必死な顔になってしまうこともあるでしょう。
そんな時にも、笑顔を忘れないということが、イキイキと働くための大事な秘訣です。

接客業ではなくても、仕事で笑顔を忘れないということは大事なこと。洋服を作る作業などは、集中して細かい作業をすることが多いと思います。ノルマなどもありますから、大変なこともあるかもしれません。

そんな時こそ、笑顔を出すことができる余裕があるのが、40代の女性です。今まで生きてきた中でいろいろな人生経験があったでしょうから、ちょっとやそっとのことではへこたれない根性が備わっている女性も多いのではないでしょうか。

笑顔を忘れずに仕事をすることで、職場の雰囲気も良いものになります。職場の人たちがみんな疲れ切ってギスギスとした雰囲気になってしまっている中、常に笑顔で仕事をすることで場の雰囲気も和むはずです。
いつも気持ちの良い笑顔で仕事をすれば、おのずと良い仕事ができるようになるでしょう。

40代女性ならではの気配りを大事にする

40代の女性は高いコミュニケーション能力と持つという強みの他にも、大人の対処ができるという強みがあります。

ショップの店員は、お客様がどのようなことを求めているのかを把握しなければなりません。お客様がどのような服がほしいと思っているのか、そのお客様が買うのを迷っている時にどのようなアドバイスを求めているのかを見抜いて、お客様が望む対応をするのがプロの店員です。また、カップルで服を買いに来ていて女性の方が試着室に入ってしまった時、待っている男性に配慮ができる、そんな心遣いも必要です。

若い女性にはそのような配慮をするのは、なかなか難しいもの。そんな大人の気配りができるのが、40代以降の女性なのです。

デザイナーやパタンナーなど制作関係の仕事をする場合も、美しくおしゃれな服を作るだけでなく、肌触りや機能性などについても気配りが必要です。子供がいる女性が子育てをしながらでもおしゃれをしたい、年齢を重ねても体の線を気にせずにおしゃれに着こなしたいなどという様々な要望にこたえなければなりません。

そんな時、若い女性には思いつかないようなアイデアを出すことができるのが、40代を超えた大人の女性ではないでしょうか。
年齢を重ねたからこそできる、大人の女性の気配りを大切にすることで、職場で必要とされる人材になれるはずです。

上手に息抜きをしながら仕事をする

仕事を長く続けるためには、時には息抜きも必要です。
若い頃はがむしゃらに仕事ができたかもしれませんが、それでは仕事は長続きしません。息抜きなしに仕事を続けると体力的にも精神的にもストレスが溜まり、良い仕事ができません。
時間になったらすっぱりと家に帰る、無理をしすぎない、ということが大事です。

また、子育てをしてきた女性や家事を担当してきた女性なら、効率よく仕事を終わらせる能力も身に着いているはずです。残業をしてまでダラダラと勤務時間を延ばすよりも、手早く仕事を切り上げる方が効率が良いのです。
効率良くさっと仕事を終わらせてプライベートの時間をしっかりとることで、また仕事をするための英気を養うことができます。

綺麗になる努力をすると気持ちも上がる!

女性はいくつになっても綺麗になる努力をすることで、輝きます。
40代の女性ももちろんそうです。
アパレル関連の仕事をするのであれば、おしゃれに気を使い、いつも綺麗になることを心掛けておくことは、仕事上必要なことでもあります。

アパレルショップの店員の仕事をするならなおさら、常に人に見られているという意識が必要です。その意識がさらに綺麗になるために磨きをかけるでしょう。
そうやっていつも美意識を保つことで、また綺麗になっていくのです。
いつも綺麗になるための努力を重ねることで、どんどん女性としての魅力を増すことにつながり、気持ちも上がっていきます。綺麗になる努力をするということは、良いことばかりですね。

どちらがおすすめ?大手転職サイトとアパレル専門転職サイト

40代の女性がアパレル業界に転職する際には、大手の転職サイトとアパレル専門の転職サイトのどちらが良いのでしょうか?
どちらもメリットやデメリットがありますから、それを正しく認識して自分に合ったサイトを選ぶことが重要です。

ここでは、おすすめの大手の転職サイトとアパレル専門転職サイトをいくつかご紹介します。それぞれのメリットやデメリットを考慮して、自分に合うサイトを選んでください。
それぞれのサイトのメリットを得つつデメリットを補うためには、複数のサイトに登録することをおすすめします。
それぞれのサイトの特徴を理解して、どのサイトに登録すれば良いのかを考えてみてください。

【大手転職サイト】

大手転職サイトの強みは、

・全国の地域に幅広く対応している
・大手企業の求人が多いため、アパレル企業の本社で働きたい人におすすめ
・面接対策などの転職サポートが手厚い

などということがあります。アパレル業界
の企業に転職して、本社勤務で商品開発や販路拡大などの業務をしたい人は、大手転職サイトがおすすめです。
一方で、

・デザイナーやパタンナーなどの専門職の求人は少ない
・全体の求人数は多いが、アパレル業界に絞ると少なくなることがある
・担当者がアパレル業界に詳しくない場合もある

などというデメリットもあります。

大手転職サイトの中でも、アパレル業界に強みを持つサイトとそうではないサイトがあります。アパレル業界に転職したい人におすすめの、大手転職サイトをご紹介しましょう。

DODA

DODAは業界最大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。
アパレル業界の大手有名ブランドの専門職を数多く扱っているため、アパレル業界に転職したい人は登録して損はないでしょう。
また、DODAの強みは、非公開求人と言われる独占求人が豊富なこと。非公開求人とはDODAでしか見ることができない求人のことで、条件が良い求人が多いのでおすすめです。

⇒DODAに無料登録して非公開求人をみる

⇒DODAの詳細はこちら

Spring転職エージェント

大手転職サイトを運営するアデコが母体の転職エージェントです。
アパレル、ファッション業界に強みを持っており、大手有名ブランドの求人が豊富です。また、正社員の求人が充実しているため、正社員になりたい人にもおすすめです。

⇒アパレルに強いSpring転職エージェントに登録

⇒Spring転職エージェントの詳細はこちら

テンプスタッフ

テンプスタッフはもともと女性の転職者に対するサポートが手厚い人材派遣会社です。ですから、女性の転職者が多いアパレル業界の求人の多さには定評があります。
大手転職サイトの中でも、アパレル業界に転職したい人におすすめのサービスです。
大手企業との取引も多く、大手のブランドの求人も数多く見ることができます。

テンプスタッフは派遣として働く雇用形態の求人が多いのですが、テンプスタッフの正社員と同じような福利厚生制度を利用することができるというメリットもあります。
大手サイトなので日本全国に幅広く求人を保有しています。

⇒公式サイトはこちら

⇒テンプスタッフの詳細はこちら

【アパレル専門転職サイト】

大手転職サイトはアパレルやファッション業界の求人に特化した転職サービスを展開しています。そのため、

・担当者がアパレル、ファッション業界に詳しいため頼りになる
・アパレル、ファッション業界の情報を収集しやすい
・アパレル、ファッション業界の求人が多く求人の質も良い

というメリットを享受できます。

一方で、

・求人の対応地域が都市部に限られていることが多い
・担当者が少なくフォロー体制が手薄

というデメリットもあります。
転職するなら転職したい業界に特化したサービスを受ける方がメリットは大きいと言われています。必要に応じて大手転職サイトも併用しつつ、自分の転職希望に合った特化型サイトも探してみてください。

ファッショーネ

ファッショーネはアパレル業界に特化したサイトで、デザイナーやパタンナー、アパレル事務員、商品企画、マネージャー、店長、販売員など、アパレル業界で働きたい人のために幅広い求人を用意しています。正社員の求人が多いのも魅力です。

しかも、アパレル業界での勤務経験が豊富な担当者が無料で転職相談に乗ってくれますから、アパレル業界へ未経験から転職する人にとってはとても頼りになるでしょう。
ただし、対応地域は東京、神奈川、埼玉、千葉などの関東圏のみになっていますからご注意ください。その代わり、地方から都心に出て働きたいという方にはこの上なく頼りになること間違いないでしょう。

⇒ファッショーネに無料登録して正社員求人を探す

⇒ファッショーネの詳細はこちら

CREDENCE(クリーデンス)

ファッション業界に特化した転職サイトの中でもナンバーワンの規模を誇るのが、クリーデンスです。
大手企業から外資系企業、デザイナーズ、ハイブランドなどの幅広い求人を見ることができます。また、非公開求人が多いのも魅力で、他では検索することができない優良求人の中から求人を探すことができます。

母体は人材会社大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループですから、担当者の質も良く信頼できますし、老舗人材紹介会社のネットワークを存分に利用することもできます。もちろん、日本全国の求人にも対応しています。
また、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループの転職ノウハウを利用して、企業の採用基準情報を得たり面接対策を受けたりという転職フォローを受けることもできます。
大手転職サイトとアパレル業界特化型転職サイトの両方のメリットを享受できる転職サイトと言えそうです。

⇒全国のアパレル求人が探せるクリーデンスに無料登録

⇒クリーデンスの詳細はこちら

IDA(アイ・ディ・アクセス)

アイ・ディ・アクセスはアパレル、ファッション業界、コスメ業界の販売員や美容部員に
特化した転職サービスです。
数多くの有名ブランドの求人を掲載しており、ファッション業界で販売員として働きたいならおすすめの転職サイトです。

アパレル業界が未経験の人にも専任の担当者が手厚いフォローをしてくれます。
ただし、販売員のみに特化しているため、デザイナーやパタンナーといった仕事を探したいならこのサイトは不向きです。

⇒アパレル未経験や第二新卒に強いIDAに無料登録

⇒IDAの詳細はこちら

まとめ

40代女性のアパレル業界への転職について詳しく見てきました。
アパレル業界で働くと言うと、若い女性ばかりというイメージがありますが、そんなことはないことを分かっていただけたと思います。

40代の女性にぴったりな転職サイトを見つけるなどして、上手に転職活動を進めていただければと思います。

★あわせて読みたい