1,000万人以上もの人が集まる日本の首都・東京。そんな東京への憧れが捨てきれず、30代からの上京を目指している女性は決して少なくはありません。しかし、30を過ぎると転職活動が厳しくなってくる問題もあります。「上京したものの、仕事が見つからない!」ということがないように今回は、コツを紹介します。

30代でもまだ間にあう!東京都の就職・転職事情

30代になって上京するなんて、もはや手遅れではないかと考えている人!それは大きな間違いなのかもしれませんよ。アベノミクスから始まった好景気は現在も続いていて、有効求人倍率は毎月のように増加しています。特に都道府県別に見てみると、東京都の有効求人倍率は
他道府県よりも突出しているため、仕事を見つけやすい環境と言えるでしょう。また、東京都在住者の平均初婚年齢は男女ともに30歳を超えていて、独身のまま仕事を頑張っているアラサー女性も少なくはありません。上京して転職先を見つけるというのは、賭けのように見えて、実は理にかなっているのかもしれませんね。

上京してから失敗しないために身に着けておきたい知識

いくら東京に仕事が多いからといっても、誤った知識を身に着けていたり、自分のやりたいことを明確にしていなかったりすると、上京してから失敗することになります。上京準備を始める前に必要な情報を仕入れておきましょう。

東京で暮らすための生活費を考える

物価の高さでは世界有数と言われる東京都。特に地価は桁違いに高く、1LDKのアパートの家賃が10万円超えということも珍しくはありません。高い給料を目指して転職しても、生活費で給与の大半が失われてしまうようでは意味がありませんよね。
東京で一人暮らしをするためにはどこを選べばいいのか、どれくらいの生活費がかかりそうなのかをあらかじめ調べておきましょう。その上で仕事を考えると収支バランスをとることができるでしょう。

どんな仕事をしたいのかをしっかりと考える

意外と多いのが「上京すること」がゴールになってしまっていてる人。しかし、それでは本末転倒ですよね。自分がやりたいと思える仕事に就くためにはどうしたらいいのかをしっかり考えておく必要があります。事務職がやりたいのか、営業職がやりたいのか、
業界や職種を考えるだけでも、自分が受けるべきターゲットを絞り込むことができますよ。

ライフプランをある程度見据える

女性も30歳過ぎとなると結婚したり、出産したりする人が目立ちます。今は独身でも将来的に結婚を考えたいのか、それとも一人で生きていくつもりなのか、ライフプランによって仕事の選び方の基準も変わるでしょう。
その一方で最近は上京してから婚活をする女性が多いそうなので、婚活と仕事を同時進行するのもありですね。

転職活動を始めるときの心構え・アラサー編

資格や経験と転職のポイント

看護師や薬剤師、保育士など資格が必須の仕事に就く場合を除いて、無資格でも就ける仕事は意外と多いのですよ。ただし、やはり資格を持っていた方が、面接官に好印象を与えられます。転職活動に不安を感じている人が、資格の勉強を始めるのは決して悪いことではありません。
しかし、転職市場で求められるのは、どちらかと言えば資格よりも経験です。なじみのある業種や職種であれば仕事にも慣れやすく即戦力になれるので、転職後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。
未経験OKの仕事も多く、決して無謀ではありませんが、未経験の業界は入社してから失敗するリスクが比較的高いです。応募する企業をよく考えて絞り込みたいものですね。
どうしても未経験者は経験者と比べると採用されにくい傾向にあるので、仕事に活かせそうなスキルをしっかりとアピールしましょう。「異業界出身者がいた方が新鮮」と好意的に判断してくれる面接官に出会えるのかもしれません。

30歳過ぎたら妥協することも考える

まだまだ正社員志向が日本では強いですが、新卒信仰が根強い日本では30歳を過ぎると正規雇用が見つけられなくなることも。これは東京でも地方都市でも同じことが言えます。やりたいことや夢を重視したい人は、正規雇用にとらわれず契約社員や派遣社員の道を選んでみるのもひとつの手です。
正社員登用制度ありの企業や、紹介予定派遣を利用することでゆくゆくは社員になれるのかもしれませんよ。雇用形態にこだわりすぎるがあまり、仕事の幅を狭めてしまうのは大変残念なことですね。

転職エージェントの力を頼る

上京したばかりだと土地勘がなく、なじみのない会社を適当に受けてしまうなんていうことがあるのかもしれません。また、これまで就職・転職活動から遠ざかっていた人で、提出書類の書き方や面接の受け答えなど就職活動の基本を忘れてしまっている人もいるでしょう。
転職活動のガイドブックを読むだけではなく、客観的な視点からアドバイスを送ってくれる人がいると心強いですね。
そこでおすすめしたいのが、転職エージェントの利用。東京には大手から、目覚ましい成長ぶりを見せている会社までさまざまな転職エージェントが存在します。複数のエージェントに登録して、求人紹介を受けることがおすすめです。
東京都の転職市場に詳しいキャリアアドバイザーがきっと親身になって相談に乗ってくれるはず。書類添削や面接指導も受けられるので、心細く感じている人におすすめです。

まとめ

東京はさまざまな人が揃う魅力的な街。日本を代表する大手企業や、地方都市ではなかなか見られない華やかな仕事も首都圏であれば見つけられるでしょう。人生の転機を考えている人が、無資格・未経験であるからといって諦めてしまうのは
大変もったいないですね。アラサー以降のライフプランを見直しながら、思い切って上京を考えてみてはいかがでしょうか。