弁護士ドットコムキャリア」は、日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」が手掛ける転職エージェントサービスです。

弁護士ドットコムは知名度抜群のサイトですが、弁護士ドットコムキャリアの方は2016年5月にスタートしたばかりであり、多くの方々に知られている転職エージェントとはまだ言えません。

そこで当サイトが弁護士ドットコムキャリアの特徴や利用者の口コミについて徹底取材致しました。

弁護士の皆様は勿論、弁護士事務所や企業法務部への転職を検討されている方々必見です!

弁護士ドットコムキャリアの公式サイトはこちら

弁護士ドットコムキャリアの母体弁護士ドットコムとは

弁護士ドットコムキャリアの特徴を理解して頂くためにも、運営元となる「弁護士ドットコム」について確認しておくことにしましょう。

弁護士ドットコムは日本最大クラスの法律ポータルサイト

弁護士ドットコムは月間900万人以上がアクセスする、日本最大クラスの法律ポータルサイトですが、同サイトの特徴は大きく3つあげられます。

一つは同サイトの会員になれば、誰でもサイト上において「無料」で弁護士に法律相談を行えることです。

弁護士に法律相談を行えば通常30分あたり5千円から1万円程度の相談料が必要になりますので、無料で相談を受けられるのはユーザーにとって大変大きなメリットと言えます。

二点目は約140万件以上に及ぶ相談事項とそれに対する弁護士の回答が顔写真や氏名付きでネット上で公開されており、それらについても無料で検索、閲覧できる点です。

つまり、同様な相談事例であれば相談せずとも検索するだけで解決できる場合もあるということです。

しかもその回答が素性がわからない匿名人物による回答ではなく、法律のプロである弁護士が自分の名前を公開して回答してくれている、極めて信頼性の高い回答ですのでユーザーは安心して回答内容を参考にすることができます。

三点目は、弁護士事務所の検索ができることです。

弁護士ドットコムに登録している弁護士の数は約1万2千人(2017年7月現在)。

2015年段階で弁護士総数が約3万5千人ですので、全体の弁護士の約1/3が弁護士ドッコムに登録していることになります。

こうした利便性が一般ユーザーから高く支持された結果、弁護士ドットコムは法律に関する相談なら必ずと言って良いぐらい利用される国民的サイトへと成長したのです。

弁護士ドットコムは弁護士事務所にとってもメリットがあるサイト

価格破壊とも言える弁護士ドットコムのサービスは、弁護士にとって仕事の機会が奪われる脅威のように思えますが、実は弁護士にとっても大きなメリットがあります。

弁護士を探している方は、相談ごとに対してどんなアドバイスや助言を行ってくれるか予め確認した上で弁護士を選びたいものですが、そうしたことを事前に確認することは容易なことではありません。

ところが弁護士ドットコムを利用すれば、自分が相談したいテーマでどんな弁護士がどんな回答を行っているか容易に検索、確認することができます。

つまり弁護士を探している方のニーズにも応えることで弁護士ドットコムには無料で法律相談をしたい方だけでなく、有料で弁護士に相談にのってもらいたい方も数多く利用するようになった訳です。

その結果、弁護士ドットコムに登録し、積極的にユーザーの相談事へ回答している弁護士ほどユーザーの目に止まる機会が増え、ビジネスチャンスも得やすくなるというメリットがもたらされるようになったのです。

弁護士事務所と全国的なネットワークを形成

弁護士ドットコムは弁護士にも大きなメリットがあることから、2005年のサイト開設と共に弁護士事務所の登録数も全国規模で拡大し続けてきました。

現在、弁護士事務所の全国的なネットワークが形成されたことで最寄りの弁護士事務所を利用したいユーザーに大きな利便性がもたらされていますが、こうしたネットワークは他の弁護士事務所へ転職を検討している弁護士の方々にとっても有益なネットワークとなります。

弁護士ドットコムを通じて築かれたこうした全国的なネットワークを、転職の機会でも活かしてもらうために弁護士ドットコムが立ち上げた転職エージェントが「弁護士ドットコムキャリア」という訳です。

弁護士ドットコムキャリアの特徴について

弁護士ドットコムキャリアには次のような特徴があります。

求人紹介先と転職支援を行う対象者を限定している

弁護士ドットコムキャリアは、紹介する求人企業や事務所と転職支援を行う対象者を限定しています。

(紹介する求人企業や事務所)

  • 弁護士事務所もしくは一般企業の法務部や総務部の法律部門

 

(転職支援対象者)

  • 弁護士
  • パラリーガル
  • 法務部への転職を考えている方

弁護士ドットコムキャリアは弁護士事務所との全国的ネットワークを有していますので、弁護士の求人を最も得意としています。

しかしながら「弁護士専門の転職エージェント」という訳ではありません。

企業の法務部など、法律に関わる求人先への転職を志望している方々なら現在弁護士資格がない方であっても対象となっています。

求人企業の紹介や転職支援サービスを全て無料で受けることができる!

転職エージェントは法律上「有料職業紹介事業者」と定義されており、厚生労働省監視の下、法律上厳しい規制があります。

その一つが報酬ですが、転職エージェントは求職者の方から紹介料等の報酬を受け取ることは一切禁じられています。

そのため弁護士ドットコムキャリアを利用し、いくら求人の紹介を受けたとしても費用を請求される心配は一切ありません。全て無料でサービスを受けられます。

成功報酬だからこそ雇用実現に尽力する!

では転職エージェントである弁護士ドットコムキャリアは誰から報酬を得ているかと言いますと、それは求人企業です。

しかし、求職者を紹介すれば報酬が得られる訳ではありません。求職者を求人企業へ紹介し、尚且つ採用に至った場合にはじめて「成功報酬」として求人企業側から報酬を受け取ることができます。

つまり求職者の方が採用されなければ報酬が発生しませんので、弁護士ドットコムキャリアは求職者の方々が「転職を果たせるまで」求人企業を紹介しようとしますし、採用が決まるよう懸命に支援を行ってくれる訳です。

弁護士ドットコムキャリアは優良企業の求人が多いは本当?

弁護士ドットコムキャリアが紹介してくれる企業には優良企業が多いことも、大きな特徴です。

なぜ優良企業を多く紹介できるのか。その理由は二つあります。

一つは10年以上のサイト運営実績がある「弁護士ドットコム」に対する求人企業からの信頼感があげられます。

大企業をはじめとした優良企業は取引先企業の信頼性を何より重視します。

弁護士ドットコムが運営する弁護士ドットコムキャリアであれば安心と評価し、上場企業など多数の優良企業が求人企業として登録・利用しているのです。

もう一つは弁護士ドットコムが近年力を入れているクラウド型サービス「クラウドサイン」を導入する企業数が右肩上がりで増加し、8千社を突破したこともあげられます。

クラウドサインとは有料(個人事業主は無料)でクラウド上の契約テンプレートを利用できるサービスですが、こちらはクレディセゾンや野村證券といった大手優良企業が多数利用しています。

こうしたクラウドサービスを利用する企業は頻繁に契約書を作成する機会があり、法務専門の担当部署を備えている大手企業が圧倒的に多いことは言うまでもありません。

そうした大手企業へクラウドサインが順調に普及している訳ですが、クラウドサインの普及も弁護士ドットコムキャリアの存在や認知度アップに一役買っている結果となっています。

弁護士ドットコムキャリアの利用方法について

弁護士ドットコムキャリアはどのように利用するのか、転職を果たすまでの流れを通じて弁護士ドットコムキャリアの利用方法を紹介して参ります。

無料登録を行う

弁護士ドットコムキャリアを利用する際、最初に行う必要があるのが登録手続きですが、登録に際し一切費用は発生しません。

退会だっていつでも自由に行なえますので、転職するかどうかまだはっきりしていないという方も気軽に登録されておくことをオススメします。

登録手続きを行う場合には次にご紹介する「無料エージェントサービス登録フォーム」というページにアクセスします。

(無料エージェントサービス登録フォーム)

ページにアクセスしたら必須項目を全て埋め、画面の指示に従って「同意」のボタンや「送信」ボタンを押せば手続きは完了となります。

また、Webサイト上の手続きは面倒だと言う方は「0120-529-023」(24時間受付)のフリーダイヤルへ電話することで手続きを行うこともできます。

面談によるヒアリング

登録手続きが済んだら、登録者の方を専任で担当するコンサルタントからメールや電話で連絡が入り、ヒアリングの日程を相談した上で面談でのヒアリングが実施されます。

ヒアリングでは転職に関する希望や条件、あるいは今後のキャリアプランに関する考えなどをじっくりと聞いてくれます。

また、転職に関する迷いや相談事項があれば勿論相談にのってもらえますので、悩みを抱えている方はこの機会に遠慮なく悩みをぶつけ、解決を図るようにすると良いでしょう。

尚、ヒアリングは面談形式がオススメですが、遠方に住んでいる方、あるいは現職が忙しくて面談機会を設けることが難しいという方は電話でもヒアリングを行ってくれます。

求人の紹介

ヒアリングが終わったら、ヒアリングを通じて聞き取った条件や希望を元にコンサルタントが求人を探し、紹介してくれます

自分で求人を探す必要はないのです。

また、紹介された求人は応募を強要されるといった心配もありませんので、関心が持てなければ自由に見送ることもできます。

従って紹介された求人は、焦らずじっくりと検討することが大切です。

応募→面接(応募書類の添削指導や面接対策指導)

紹介された求人の中で応募したい事務所や企業が見つかった場合には、書類選考→面接という流れで応募することになります。

書類選考では履歴書や職務経歴書を作成して提出することが求められますが、例えば応募動機などどのように表現すれば良いか迷うことも多々ありますよね。

しかしご安心を。

弁護士ドットコムキャリアのコンサルタントが求人企業側の意向や考えなどを踏まえ、応募書類の添削指導を行ってくれます

また、面接についてもどのように回答すれば良いか同様に対策指導も行ってくれますので、安心して面接に臨むことができます。

内定→(退職)→入社

面接に合格すれば「内定」となり、入社の意志を固めたら雇用契約締結手続きへと進みます。

その際、スタートとなる給与や入社日を具体的に決める必要がありますが、そうした条件は自分からはなかなか強く主張しにくいものです。

そこで弁護士ドットコムキャリアではコンサルタントが登録者に代わり、給与や入社日等、求人企業側へ伝えにくい希望条件を代理交渉してくれます。

そのため、条件交渉で時間を奪われたり、気まずい思いをしたりする心配もありません。

契約条件が無事固まり雇用契約が締結されたら、後は現職を退職した上で入社日を迎えるだけとなりますが、円満退職に向けた手続きにについてもコンサルタントがきめ細かくフォローしてくれます。

このように弁護士ドットコムキャリアを利用すれば入社を果たすまで、きめ細かくサービスを提供してくれるのです。

弁護士ドットコムキャリアのデメリットは

弁護士ドットコムキャリアは非常に信頼性の高い優良転職エージェントですが、次のようなデメリットもあります。

  • 東京と大阪以外に拠点がない。そのため関東、関西以外の方が転職支援を受ける場合には特に対面での転職支援サービスを受けにくい。
  • 弁護士の求人情報は充実しているが、一般社員の求人は弁護士の求人ほど量的に充実していない。
  • スタートしてまだ1年程度ということもあり、登録者を担当する専任コンサルタントの力量や対応にバラツキが見られる。

弁護士ドットコムキャリアの評判(口コミ)

「社内弁護士として優良企業への転職へ成功」(30代男性・弁護士)

「弁護士ドットコムは前職で勤めていた法律事務所も登録していたので、よく知っていました。そのため、転職エージェントとして弁護士ドットコムキャリアを選択するのには特に迷いはありませんでした。
私の場合、法律事務所ではなく一般企業の社内弁護士として転職することを希望していたのですが、登録してすぐに5社ほど求人企業を紹介してもらえました。
その中には誰もが知っている有名企業なども含まれており、とても胸が高まった記憶があります。
現在私は弁護士ドットコムキャリアで紹介を受けたある大手企業の社内弁護士として転職を果たしましたが、職場環境や給与条件などには大変満足しております。
弁護士資格をお持ちの方なら弁護士ドットコムキャリアは外せない転職エージェントの1社だと思います。」

 

「大手企業にパラリーガル職員として採用して貰えました」(30代女性)

「私は企業法務部での勤務経験を活かしてキャリアアップを図りたいと考えていましたが、転職エージェント選びには正直迷っていました。
結局1社に決めることができなかったので大手転職エージェントと弁護士ドットコムキャリアに登録したのですが、専門性の高さや紹介してもらえる求人企業の質などを比較しますと、弁護士ドットコムキャリアに明らかに軍配が上がりましたね。
また、私を担当してくれたコンサルタントの方もとても熱心な方で、とても心強く感じられましたね。
そのため、途中からは弁護士ドットコムキャリア1本に絞って転職活動に励むことにしました。
転職結果ですが、ある大手企業の法務部から内定を頂き転職をはたすことができました。
年収もかなりアップさせることができましたので、自分としては転職結果に大変満足しています。」

 

弁護士ドットコムキャリアを見る!