最近は管理職以上を対象にした「ハイクラス転職のサイト・転職エージェント」が注目を集めています。

 

中間管理職はもちろん、それ以上の重役や経営者でも「別の会社に転職してキャリアアップしたい」と思う人も少なくありません。

 

でもリクナビやマイナビに掲載されている一般の求人だと、新卒クラスの給与や待遇の案件が多くて、重役クラスからの転職者としては気乗りしないのも理解できます。

 

年収700万円以上の人が、転職で年収400万円になっては本末転倒ですよね。

しかし一般的な求人は、中途採用でも年収500万前後が基本となっています。

 

転職でいきなり重役クラスは難しいのか・・・

と諦めそうになりますが、ちょっと待ってください。

 

そんなハイクラスな人の転職に特化した転職サイトや転職エージェントがあるんです。

それが「ビズリーチ(BIZ REAC)」と「JACリクルートメント

 

両社ともに年収1000万円や2000万円以上を目標にしている、管理職以上を対象にした転職サイトと転職エージェントです。

 

ただ掲載されている求人ジャンルはそれぞれ異なり、サービス内容としても違った特徴を持っています。いずれにしても重役や経営者レベルで転職を検討している人は必見の転職サービスです。

 

この記事ではハイクラス転職において、ビズリーチとJACリクルートメントの違いや特徴について徹底的に比較していきます。

 

年収アップやキャリアアップのために転職を検討している重役・経営者層の人は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

■ビズリーチが他の転職サイトと違うポイント4つ

ビズリーチは「株式会社ビズリーチ」が運営する転職サイトです

ハイクラスの転職者をメインターゲットにしており、重役や経営者の求人が集まっています。

 

大手転職サイトにはない独自案件を多数持っており、一般サイトの求人では求める条件がなかったハイクラスな人にオススメの転職サイトです。

 

まずは年収1000万円以上の求人も少なくない「ビズリーチ」が、他の転職サイトと違うポイントについて具体的にご紹介しましょう。

◆入会審査がある

転職サイトは求人元の企業から掲載費を受け取っているので、求職者にはできるだけ多く集まってほしいと考えています。だからどんな転職サイトであっても、会員登録する際の審査などを設けていません。

 

しかし、ビズリーチは「即戦力になる人材」に重点を置いているため、会員になる前に簡単な入会審査を設けているのです。

 

これは求職者にとって不利な特徴に思えますが、この入会審査があるからこそ優良企業は安心して求人を掲載することができます。

 

つまり、入会審査をクリアできれば他の転職サイトにはない好条件の求人に巡り合える可能性が非常に高いということです。

◆登録者側に有料プランが用意されている

一般的に求職者側は、転職サイトや転職エージェントを最後まで無料で利用することができます。

 

運営会社はサイトを通して求職者が内定を獲得した場合、内定を出した企業から紹介料を受け取るビジネスモデルになっているからです。

 

その点において、ビズリーチは求職者側もお金を払う仕組みになっています。

会員に2つのクラスがあり、どちらを選ぶかによってビズリーチ内で使える機能に制限がつくというシステムです。

 

月額制になっており、会員クラス別にかかる費用は以下のようになります。

タレント会員:2980円/月

ハイクラス会員:4980円/月

 

有料にすることで、より転職に意欲的な求職者を募りやすくするのが目的の1つです。

さらにビズリーチの立場から見て、求職者からもお金を受け取ることで求人元やヘッドハンターだけでなく、求職者も顧客として扱う意識を強めています。

 

ビズリーチがなぜ有料なのか?については、ビズリーチ公式サイトにて理念から具体的な理由まで解説されているので、気になる人は参考にしてみてください。

◆年収1000万円以上のハイクラス求人が多い

ビズリーチは即戦力になる人へ向けて、ハイクラスの求人をメインに取り扱っているので、他の一般転職サイトにはない高収入な案件も多々用意されています。

 

またサイトに掲載されている求人だけでなく、相談次第で非公開求人への応募も可能です。

具体例としては、とある企業の支社長や重役、あるいは病院の院長など責任あるポストが用意されています。

 

たしかな実績とキャリアが必要な求人ですが、それらを兼ね備えた人がキャリアアップをするためには最適な転職サイトと言えるでしょう。

◆ヘッドハンターと企業両方からスカウトを受けられる

ビズリーチに登録しておけば、自分から気になる求人にアプローチできるのはもちろん、ヘッドハンターや有名企業からのスカウトを受けられる可能性が生まれます。

 

他の転職サイトでは求人元企業からのスカウトが基本です。

ヘッドハンター・求人元企業両方からスカウトを受けられるということは、それだけ好条件の案件に巡り合える確率が高くなります。

 

些細なポイントですが、ハイクラスな人の転職では将来を決める大きなきっかけになるかもしれません。

とくに年収1000万円以上の求人は、他の転職サイトを探してもなかなか見つかるものではないでしょう。

■ビズリーチを選ぶメリットとデメリット

即戦力の人材を求める企業が集まるという特性上、ある程度キャリアを積んだ人にこそビズリーチを使うメリットが生まれます。

 

経験が浅い人でもビズリーチを通して転職活動を行うことはできますが、一定以上の年収がなければ応募できない求人が多いです。

 

まずは他の企業でキャリアを積んでから利用することをおすすめします。

それを踏まえて、ビズリーチを選ぶメリットとデメリットについて触れておきましょう。

◆メリット

・年収1000万や2000万の求人が多数掲載されている

・重役や経営者はキャリアを活かして転職できる

・月額を払って利用するため、積極的に行動できる

・ヘッドハンターと企業両方からスカウトを受けられる

◆デメリット

・ビズリーチの特徴を活かすにはある程度のキャリアが必要

・有料会員にならないと一部のスカウトしか開けない

・入会審査がある

 

有料会員にならないとすべてのスカウトが閲覧できない仕組みを、メリット・デメリットのどちらと捉えるかは登録者次第です。

 

ただビズリーチに掲載されている求人の貴重性を考えれば、月額費用以上の価値はあるといるでしょう。

◆こんな人はビズリーチがオススメ

ビズリーチの特徴やメリット・デメリットを踏まえると、以下のような人にはビズリーチがオススメです。

 

・現在の年収が600万円以上で転職によるキャリアアップを考えている

・すでに重役や経営者クラスだが、別企業に同じ立場で関わってみたい

・中間管理職から重役や経営者にキャリアアップしたい

 

あとで紹介する「JACリクルートメント」が海外勤務や外資系の転職に強いのに対して、ビズリーチはあまり特定の業界に特化していません。

 

メーカー商社・病院・外資系・IT系ベンチャーなど、さまざまな規模の企業求人が掲載されています。

 

外資系企業のハイクラス求人のみを探しているのであれば、ビズリーチよりも「JACリクルートメント」で探したほうが確実です。

 

外資系以外の業界も含めて、ハイクラス転職を行いたい人はビズリーチに登録するといいでしょう。

■JACリクルートメント・リクルートが他の転職エージェントと違うポイント4つ

JACリクルートメントは「株式会社ジェイエイシーリクルートメント」が運営している転職サイトです。

 

ビズリーチと同じくハイクラス転職を主軸としており、外資系・海外勤務・グローバル企業などの求人を多く取り扱っています。ただし入会審査などはありません。

 

外資系のハイクラス転職ならJACリクルートメントと言われるほど、外資系関係の求人が豊富なのです。もちろん他業種・他業界の求人も用意されています。

 

さらに非公開案件を多数抱えているため、場合によってはスタッフに相談してみるといいでしょう。

このJACリクルートメントは、以下のようなポイントにおいて他の転職サイトとは違った特徴を持っています。

◆外資系の転職に強い

JACリクルートメントはハイクラスの転職エージェントとして、あらゆる分野の非公開案件を取り扱っています。

 

その中でも外資系企業に力を入れており、英国・アジア9カ国に広げたグローバルネットワークで集めた自社でしか取り扱えない求人が非常に豊富です。

 

外資系・日系企業に転職をしたいと検討している人には、最適な転職エージェントと言えます。

◆年収800万円以上の求人が多数掲載

ただグローバル求人に強いだけでなく、ハイクラス求人を主軸にしているJACリクルートメント。

外資系やその他分野の求人を含めて、年収800万円以上の求人を多数取り扱っています。

 

現在の年収が600~700万円ほどで、一般の転職サイトでは年収ダウンが避けられなかった人でも、今以上の条件で転職できる可能性が高いです。

◆コンサルタントが求人元企業に直接訪問

転職エージェントには求職者と面談をするコンサルタントと、企業に訪問して打ち合わせを行うコンサルタントが別々のケースもあります。

 

効率的に進められる反面、求職者と企業の要望にずれが生じる確率も高くなるため、すり合わせが難しいというデメリットがあるのです。

 

その点において「JACリクルートメント」は、求職者の面談と企業に訪問するコンサルタントが同じ。

すり合わせや面談に時間はかかりますが、求職者と企業の要望にずれが生じにくく希望通りの会社に出会いやすくなります。

 

◆550名以上のコンサルタントが在籍

JACリクルートメントには実績と経験が豊富なコンサルタントが550名以上在籍しています。

それぞれ得意な業界・業種・職種が異なっており、求職者の希望に合わせて最適なコンサルタントが対応する仕組みです。

 

JACリクルートメントの特徴は外資系やそれ以外の業種で年収アップを期待する人にとって、とても心強い存在と言えます。

■JACリクルートメント・リクルートを選ぶメリットとデメリット

他の転職エージェントではなく、JACリクルートメントを選ぶ具体的なメリット・デメリットについても触れておきましょう。

◆メリット

・年収800万円以上の外資系・海外求人に出会える可能背が高い

・各分野・職種に特化したコンサルタントに相談できる

・求職者と企業の担当が同じ

◆デメリット

・求職者の要望次第ではコンサルタントが複数人になってしまう

・担当コンサルタントが求職者と企業両方を兼ねるため、選考・面談に時間がかかる

◆こんな人はJACリクルートメント・リクルートがオススメ

ビズリーチと同じくハイクラス向けの転職エージェントですが、とくに外資系・日系企業・グローバル企業に転職をしたいと考えている人にはJACリクルートメントがオススメです。

 

今すぐに転職を検討している人でなくとも面談を受けることはできるので、お試しで申し込んでみてはいかがでしょうか。