留学生やバイリンガルの転職支援サイトとして2001年にオープンしたCFN(CareerForum.Net)が、2014年4月24日にリニューアルオープンしました。

そこで今回は、CFNについてご存知なかった方でもわかるよう詳しく説明すると共に、リニューアルしたことでどのように変わったのか、CFNに新しく追加された魅力的な機能などを詳しくご紹介して参ります。

CFNってどんな転職支援サイト?

CFNとは、海外の大学で学んでいる留学生や留学経験者をはじめとした日英、日中などのバイリンガル人材を対象に就職や転職支援を行う専門サイトです。

つまりバイリンガルであれば学生も社会人も対象者となります。

ちなみに2017年4月現在のCFN会員数ですが学生が約1万8千人、社会人は約7万5千人。
両者合わせて9万人以上の会員数を誇る、バイリンガル人材専門の転職支援サイトとしては日本最大級のサイトなのです。

CFNを運営している企業は?

CFNを運営している企業は1973年設立の人材サービスの老舗企業、株式会社ディスコです。

ディスコはCFN以外では「キャリタス就活」、「キャリタス転職エージェント」、「キャリタス看護」等々「キャリタス」というブランドで国内の就職、転職支援サービスを多数手がけてきました。

ディスコ社は、40年以上にわたるこうした様々な人材関連サービス事業を通じて蓄積してきた経験や実績、ノウハウを誇る、人材分野の実力派企業と言えます。

2017年4月のリニューアル後の特徴(メリット)とは?


2004年オープン以来13年以上にわたって運営されてきたCFNは、2017年4月にリニューアル致しました。

勿論変わったのはサイトのデザインだけではありません。

学生や社会人の就職、転職を強力に後押しするための新たな機能が追加されています。

では追加された新機能をはじめとして、CFNのサービスの特徴やメリットについてご紹介しましょう。

新機能「ビデオオーディション!」


今回のリニューアルによって大幅に強化された機能が動画活用機能ですが、動画を活用する新メニューとしてリニューアル後に登場したのが「ビデオオーディション」というサービスです。

ビデオオーディションとは自分をPRする動画を自己撮影し、その動画をCFNのサーバーへ登録すれば求人企業やヘッドハンターに視聴してもらえるというものです。

従来の方法では自己PRは文章で公開するしかなかったため、意気込み、熱意といったものまではなかなか伝えにくいという課題がありました。

 

動画で自己PRをすれば、姿勢や声、表情といったものも含めて意欲などをPRしやすくなりますので、文章よりはるかに訴求力が高まります。

その結果、求人企業からのスカウト率の大幅アップが期待できます。

 

CFNの看板サービス「キャリアフォーラム」

CFNの看板的サービスと言えるのが「キャリアフォーラム」と呼称されている就職・転職フェア、即ち求人企業の合同説明会です。

キャリアフォーラムの特徴は3つあります。

1つは世界規模で実施されていること。

キャリアフォーラムはディスコ社が世界的に築いたネットワークを活かし、ボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、東京、大阪、ロンドン、シドニー、そして上海と全世界7ヶ所で行われています。

2つ目はフォーラム参加企業は、フォーラムに来場する参加者が全て海外大学の留学生や卒業生であることを前提として理解していることです。

そのため、海外の大学卒業(予定も含めて)がハンディに働く心配がないということです。

海外大学の留学生であれば日本の大学と卒業月が異なり、4月入社とはならないこと等も全て折込済みで企業側が対応してくれるということです。

3点目はフォーラムに参加している求人企業は有名企業が多いということです。

例えば2016年度に大阪で行われたキャリアフォーラムの参加企業には

  • アシックス
  • エースコック
  • NTT西日本
  • 大阪ガス
  • 神戸製鋼
  • 阪急阪神百貨店
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

等々国内の就活生や転職志望者が羨むような、人気企業が多数参加しました。

つまりキャリアフォーラムに参加すれば、こうした有名企業への就職、転職のチャンスが得られることになります。

キャリアフォーラムに参加できない留学生も心配無用!「CFNスカウト」

CFNのサービスはキャリアフォーラムだけではありません。

キャリアフォーラムに参加できない会員でも就職・転職活動に取り組めるサービスも用意されています。

その1つが「CFNスカウト」。

会員が自分の履歴や職務経歴、言語レベル、保有しているスキルなどをCFNのデータベースに登録しておけば、自分から求職活動を行わなくともそれを見た求人企業の方からスカウトを受けることができます。

先程紹介したビデオオーディションサービスは、CFNスカウトの動画版機能として理解しておけば良いでしょう。

積極的に紹介を受けたい場合には「CFNエージェント」

CFNスカウトはPR情報を登録することで企業からのスカウトを「待つ」ことが基本ですが、積極的に求人企業の紹介を受けたいという場合には、「CFNエージェント」というメニューもあります。

CFNエージェントとは主にキャリアフォーラムには参加していない企業を中心に、希望や条件にマッチした求人企業の情報を個別に提供してくれるサービスです。

また、「エージェント」と名称にあるとおり、紹介された求人企業へ応募する場合にはCFNのコンサルタントからアドバイスを受けることができます。

コンサルタントは求人企業のカラーや人材ニーズなどを熟知していますので、想定される質問やそれに対してどのように答えることが効果的かといった具体的なアドバイスを提供してくれます。

CFNのデメリット


バイリンガルの留学生や留学経験者の就職・転職支援で圧倒的な強みを発揮しているCFNですが、CFNにもいくつかデメリットもあります。

その点にについても確認しておきましょう。

●日本に拠点を持たない現地国企業の求人はほとんど紹介を受けられない。

●英国やアメリカ、上海を除くエリアではキャリアフォーラムは開催されていない。
そのため、それら以外の地域に留学している学生がフォーラムに参加する場合には長距離移動を強いられる。

●留学または卒業した海外大学によっては、求人企業の紹介をなかなか得られなかったり、フォーラム参加企業にエントリーしても書類選考をなかなか通過できなかったりする場合もある。

CFNの基本的な使い方

ではバイリンガルの方がCFNを利用するにはどうすれば良いのか、基本的な利用方法を「キャリアフォーラム」への参加方法を中心にご紹介して参りましょう。

CFNに新規会員登録する(レジュメを完成させる)

CFNを利用するには次の「新規会員登録ページ」にアクセスし、表示された画面に従って「レジュメ」を完成させる手続きを行う必要があります。
新規会員登録ページ

一般的な転職サイトへの会員登録は基本的な個人情報登録だけ、場合によっては氏名とメールアドレス、パスワードのみといった簡単な手続きで行える場合がほとんどです。

その点でCFNは会員登録段階でかなりの情報を入力する必要があります。

特に社会人の方は職務経歴情報を入力する必要もありますので、登録手続きを行う前にファイル形式の職務経歴書があればそれを準備しておき、必要に応じてコピー&ペーストを行うようにすると便利です。

参加したいキャリアフォーラムへ参加登録手続きを行う

CFNが提供している各種サービスはそれぞれで登録申込手続きを行う必要があります。

会員登録さえ済めば、手続きなしで全てのサービスを利用できる訳ではありませんので、この点はご注意ください。

キャリアフォーラムに参加する場合も、それぞれで所定の登録手続きが必要です。

CFNのホームページにアクセスし、画面左上にある「キャリアフォーラム」のメニューを選択すると開催予定のフォーラムが表示されますので、参加可能のフォーラムがあるかどうか確認します。

参加できるフォーラムがあった場合には、各フォーラムの説明ページ下部に表示される「このキャリアフォーラムに参加登録する」というボタンをクリックし、表示された画面の指示に従って登録手続きを行います。

参加している求人企業に事前応募する(推奨)

参加登録が完了すれば、フォーラムに参加する企業へ応募(書類選考)することができるようになります。

CFNではフォーラム参加企業の中で、応募したい企業がある場合には事前に応募することを積極的に推奨しています。

企業の採用担当者と直接会える貴重な機会ですので、フォーラムに参加する企業の中で意中の企業があれば積極的に事前応募することを当サイトもオススメします。

指定言語にレジュメが別途必要

ただし、事前応募する場合には企業側が指定する言語でのレジュメが必要となってきます。

つまり日本語のレジュメだけでは応募できません。

キャリアフォーラムに参加する場合には日英バイリンガルの方は英語、日中なら中国語のレジュメを予め準備しておくようにしましょう。

ネームバッジと入場チケットを印刷した上でフォーラムに参加する


フォーラムに参加するには「ネームバッジ」と「入場チケット」の二つが必要になります。

ネームバッジと入場チケットは登録手続きが完了した会員にデータで送信されますので、参加する会員自身で印刷し、当日持参する必要があります。

両方を忘れてしまった場合、最悪入場を断られる場合もありますので十分ご注意ください。

尚、あくまで「抽選」ですが、「トラベルスカラシップ応募」という制度があり、この制度に応募し、当選した場合にはフォーラム参加に際し、所定額の交通費を支給してもらえます。

事前応募していた企業との面接に臨む

キャリフォーラムでは一般的な就職・転職説明会の他、事前応募した会員を対象に会場で面接も行われます。

事前応募手続きを行った場合には面接のアポイント時間も指定されているはずですので、時間になったら応募した企業のブースを訪問し面接に臨みます。

後は内定を得られるよう、面接で最善尽くすことです。

以上がCFNの利用時の基本的な流れです。

CFN利用者の評判(口コミ)をご紹介

カナダの大学から日本企業への就職を実現(元学生会員・男性・カナダの国立大卒)


「私は父の転勤に伴い家族でカナダへ移住し、カナダの高校卒業後、カナダの国立大学へと進学しました。
大学を卒業したら日本企業に就職したいと考えていたのですが、こちらではなかなか日本企業の就職情報が得られにくいため悩んでいたところ知ったのがCFNです。
特に有難かったのが、ニューヨークで行われたキャリアフォーラムでした。
決して近いとは言えませんが、それでも日本に帰国して就職活動を行うよりはるかに助かりました。
また、日本の有名企業が多数ニューヨークまで来てくれ、面接してくれたことには正直感激しました。こうした機会に恵まれたお陰で日本の某大手商社へと就職を果たすことができました。」

米国大学で身に付けた語学力を活かせる転職を果たせた(社会人会員・男性)


「私は日本で転職活動を行っていましたが、アメリカの大学を卒業しましたのでこのキャリアを活かせる転職をしたいと考え、CFNを利用することにしました。
結論から言えばCFNの利用は正解だったと思います。
CFNのキャリアフォーラムは東京や大阪でも行われていますので、そちらに参加して転職先を見つけるつもりでしたが、フォーラムに参加する前にスカウトを受けたことでフォーラムに参加する前に転職を果たせました。
私のキャリアに関心を持ってくれた企業からスカウトを受けられるというのは、大変光栄なことですし、転職活動を行う側にとっても効率的です。
何より、海外大学卒業は日本では大卒相当という中途半端な扱いとなり、企業によってはその点がハンディンになってしまうこともありましたから、そうした心配をしなくて済んだという点が有難かったですね。
現在日本で働いている転職志望者の方で海外の大学を卒業したという方には、CFNの利用をぜひオススメしたいです。」