就活に活かした方が良いと言うより、内定の決め手になる場合もあるのが就活イベントやインターンシップです。

そうしたインターンや就活イベントに関する情報が特に充実している就活サイトといえば「キャリタス就活」です。

この記事ではキャリタス就活の特徴や就活での上手な活用方法、評判などについて詳しくご紹介致します。

⇒キャリタス就活の公式サイトはこちら

キャリタス就活の特徴やメリット

キャリタス就活(本サイトでは2019年版を対象としています)には次のような特徴や利用メリットがあります。

日本経済新聞社によるバックアップ

キャリタス就活を運営している企業は1973年創業、業歴約40年以上を誇る株式会社ディスコ です。

同社は日本全国に7ヶ所、海外ではニューヨークとソウルにも拠点を構え、「人財」の紹介事業を核として取り組んできた優良企業ですが、それほど知名度が高いとは言えません。

しかし同社にはそうした知名度を補って余りある大きな強みがあります。

同社は40年以上にわたり日経新聞と提携関係にあり、キャリタス就活も勿論日経新聞の強力なバックアップを受けています。

その一つが「キャリタス就活NewsMai」です。

キャリタス就活に登録すれば、日経新聞に掲載された就活に役立つ業界情報や選考試験に関する記事などをピックアップし1週間分まとめて配信してくれるサービスがあります。

その他にもイベントやキャリタス就活が提供する各種コンテンツなどにおいても、日経新聞が様々な形で協力しているのです。

求人企業の8割以上が従業員数100名以上の優良企業

キャリタス就活を利用している求人企業の8割以上が従業員数100名上、企業規模で言えば準大手以上の企業ばかりです。

ちなみに他の就活サイトでは、従業員数100名以上の企業が占める割合は5割から6割程度が標準的な水準と言われています。

この比較から、キャリタス就活がいかに準大手以上の優良企業から信頼されているかがわかります。

安心できる企業規模の中から求人企業を探したい・・・

キャリタス就活であればそうした就活生のニーズにガッチリと応えてくれます。

インターン情報が充実

キャリタス就活の目玉的特徴といえるのが、なんといってもインターン情報が充実している点です。

就活生の間では「インターン情報ならキャリタス」という高い評価が確立しています。

キャリタス就活のインターン情報検索では「インターンシップ」という大枠のカテゴリー以外に「インターンバイト」、「1day仕事研究」といった検索条件でもインターンシップ情報が検索できるようになっています。

つまりインターン情報が単に充実しているだけでなく、自分の目的や参加条件に適したインターン情報を得やすい点もキャリタス就活ならではの長所です。

企業セミナーやソーシャルパーティーなどの豊富なイベントを開催

キャリタス就活の特徴として忘れてはならないのが、各種企業セミナーや合同説明会、更には人事担当者やOB生と直接知り合えるソーシャルパーティーなどのイベントが充実している点です。

ポイント 女性

具体的なイベントの日程、内容についてはこの後のコーナーでご紹介しますが、年末年始もイベントは盛りだくさんで、冬期休暇を就活に有効に活かしたいという就活生は要チェックです!

イベント参加には「キャリタス就活フォーラムアプリ」が便利

キャリタス就活が開催するイベントを就職活動で効率的に役立てる場合に便利なツールが、「キャリタス就活フォーラムアプリ(2019)」です。

キャリタス就活フォーラムアプリを利用すれば、年間200回以上も実施されているイベント情報をスマホ画面上で速やかに、スムーズに閲覧できるようになるのは勿論ですが、それだけではありません。

イベントへの参加申込みをワンタップで出来る他、自分がどのイベントに参加予定かをイベントの一覧情報を見るだけで確認できるようになります。

またイベントに参加している出展企業情報をスマホ画面上で素早く確認できるようになる他、しかも訪問したい企業への訪問予約まで画面上で行なえるのです。

更に訪問した企業の中で気になったり、関心が高まったりした企業だけをブックマークすれば、キャリタス就活の会員専用マイページに反映されるため、マイページ上でも企業情報を管理できるようにもなります。

男性

つまり、アプリを利用すればイベント参加から企業ブースへの訪問予約、更にはその後の情報管理までをワンストップで行えるようになるという訳です。

合同説明会やイベント情報について

キャリタス就活が実施する合同説明会やセミナー、研究会に関するイベント情報で主に2017年度末から2018年度はじめにかけての情報をご紹介しておきます。

尚、詳細はキャリタス就活に会員登録の上、該当するイベント情報の詳細ページでご確認ください。

開催地 日程 対象者&テーマ 会場
東京 1/12(金)
9:30-18:00
北海道5社プロジェクト 神楽坂HCスタジオ
京都 1/12(金)
12:00-17:00
【理系学生対象】
インターンシップ&仕事研究
メルパルク京都
東京 1/13(土)
10:30-16:00
【北海道 U/Iターン】
インターンシップ&仕事研究
神楽坂HCスタジオ
東京 1/13(土)
11:00-17:00
【総合】
インターンシップ&仕事研究
東京ビッグサイト 東展示棟
宮城 1/13(土)
13:00-17:00
インターンシップ&仕事研究 アエル5F/多目的ホール
京都 1/14(日)
10:30-16:00
【北海道 U/Iターン】
インターンシップ&仕事研究
メルパルク京都
福島 1/14(日)
10:30-17:30
業界研究セミナー 福島テルサ
岩手 1/14(日)
13:00-17:00
インターンシップ&仕事研究 いわて県民情報交流センター「アイーナ」
東京 1/20(土)
12:00-17:30
信州キャリアデザインセミナー 神楽坂HCスタジオ
東京 1/21(日)
12:00-17:00
キャリタス福祉フォーラム 神楽坂HCスタジオ
東京 1/30(火)
12:00-17:00
インターンシップ&仕事研究 八王子市芸術文化会館 いちょうホール

キャリタス就活の基本的な使い方

キャリタス就活を利用して就活に取り組むにはどうすれば良いか、キャリタス就活の基本的な使い方について登録から内定までの流れを元に説明いたします。

会員登録

キャリタス就活を利用する場合にまず必要な手続きが「会員登録」手続きです。

会員登録手続を行う場合には次に紹介する「“キャリタス就活”の会員登録をはじめる」というページにアクセスします。

(「“キャリタス就活”の会員登録をはじめる」ページ)
https://job.career-tasu.jp/2019/profile/registration/personal/2019/

ページにアクセスしたら氏名やメールアドレスなど入力すべき項目が表示されますので、画面の指示に従って該当情報を入力し、入力が完了したら画面の一番下にあるボタンを押します。

ボタンを押すと利用登録が完了するまで計4つの画面が表示されますので、表示された画面に従って必要事項を入力してゆけば約3分ほどで会員登録手続を完了させることができます。

尚、当然ですがキャリタス就活が提供しているコンテンツやサービスは全て無料で利用できます

マイページにログインする

会員登録手続きが完了したらマイページへログインできるようになります。

ログイン後であれば、例えば気になった求人企業のブックマークリストの他、自分のプロフィール情報(※)を閲覧した企業の中でどんな企業が「気になる」ボタンを押したかを確認できるようになります。
(※個人名や住所など個人を特定できる情報は一切公表されませんのでご安心ください)

その他、企業側とのメールのやり取りもマイページ上で管理できますし、イベントへの参加状況や訪問履歴などもマイページを確認すればすぐに把握できます。

従ってキャリタス就活へ会員登録したら、マイページへログインした上で各種操作を行うよう心がけてください。

求人企業の検索を行う

キャリタス就活を通じた内定までのプロセスは、合同説明会への参加や求人企業側からのスカウトなど様々なルートがありますが、この記事ではオーソドックスにキャリタス就活に登録している求人企業の検索を行った場合で、内定までの道筋をご紹介することにします。

マイページにログインしたら、「企業研究」というメニューボタンを押します。

すると企業検索を行える画面が表示されますので、キーワードや業種、地域など、検索したい条件を設定して検索を行ないます。

検索を行うと条件にマッチした企業がズラリと表示されますので、画面をスクロールしてマッチした企業名などを確認しましょう。

もしヒットした件数が多いなら「詳細を見る」ボタンを押して各求人の詳細情報を確認する操作は後回しにすることをオススメします。

そのような場合には、少しでも気になった企業はとりあえず「気になるボタン」を押しておき、後から「気になる」を押した企業の詳細情報をまとめて確認するようにした方が合理的です。

プレエントリーする

詳細情報を確認した企業の中からインターンシップや企業説明会、セミナーに申し込みしたいと思った企業があった場合には、詳細情報ページに「エントリー」や「セミナー申込」など申込専用ボタンが表示されていますので、目的に合ったボタンを押します。

ボタンを押すと自分の会員情報と共に申込確認画面が表示されますので、情報を確認の上間違いがなければ再度送信ボタンを押すことで手続き完了となります。

マイページを活用して情報整理しつつ面接→内定へ

説明会やイベント参加の申込手続きを行ったら、マイページの履歴画面で確認できるようになります。

後は日程や場所などを確認した上で説明会等へ参加し人事担当者の説明を聞いたり、資料を得たりして企業研究を入念に行うことです。

その結果、最終的に本エントリーを確定させたら、当該企業の指示に従ってエントリーシートなど必要な書類を作成し書類選考や入社テストなどを受け、書類選考をパスできたら最大3回程度行われる面接に臨むことになります。

女性

面接に合格すれば内定獲得となりますが、2019年度版を利用する就活生は就職解禁日までにできる限り様々なイベントやインターンに参加して情報を直接得ることが、内定獲得の大きな鍵になると言えます。

キャリタス就活が主催するイベントにできる限り参加し、ぜひ内定獲得のチャンスを拡げてください。

キャリタス就活のデメリット

キャリタス就活にはご紹介したような数多くの特徴やメリットがありますが、次のようなデメリットもあります。

  • 求人企業登録数がマイナビやリクナビと比較するとかなり少ない。
  • スタートアップしたばかりの優良ベンチャー企業の求人情報などはあまりない。
  • 大手優良企業が多数利用しているが、就職企業人気ランキングで上位の常連となっている企業数は限られている。

キャリタス就活の評判(口コミ)

「イベント情報がスゴイ!」(A大学出身・メーカー勤務・男性)

「自分が思うに就活は紙面やネット上の情報を眺めているだけでは、学生では結局何もわからないと思う。

直接企業の担当者と触れ合う機会を通じて話を聞いたり、インターンに参加して企業の職場環境だとか雰囲気、社風や働き方などを自分の肌で感じたりすることが大切ではないだろうか。
そうした機会を数多く持つためには、イベントやインターンに関する情報が充実している就活サイトの活用が欠かせなくなる。

イベントやインターン情報の充実度ではキャリタス就活が抜き出ていると思った。
何万人も集まる巨大イベントが年数回だけ行われることより、小規模でも良いからイベントの数自体が多い方が大切だと思っていたが、キャリタス就活はそれを具現化していたからだ。
キャリタス就活が開催していた社交パーティーへの参加が現在の勤務先からの内定獲得へと繋がった。

迷っているならとりあず登録だけでもしておくことを強くオススメしたい。」

「インターン参加で心が決まった!」(B大学出身・サービス企業勤務・女性)

「キャリタス就活の良いところは、インターン情報の提供に力を入れてくれている点です。
他の就活サイトでもインターン情報はとれますが、インターン情報はついでといった感じもあって積極的にインターンに参加する気分になれなかったですね。

そういう雰囲気というか、インターンに参加しようという気持ちを刺激してくれるかどうかという点も就活サイト選びでとても大事だと思いますよ。
私の場合、特定の業種に特に関心があった訳ではなかったので、どんな企業が選べば良いかで悩んでいました。

そんな時、キャリタス就活が紹介していたある企業のインターンに参加したことがきっかけとなって、就職先を決断することができました。
就職って縁みたいな面も絶対にありますから、キャリタス就活にも登録し、いつ訪れるかわからない縁を逃さないようにしてくださいね。」

⇒キャリタス就活の公式サイトはこちら

こちらの記事も読まれています