CATEGORY

インフルエンサーコラム・転職寄稿

ブラック企業の社員・社畜の社員あるあるをイラストで・・休日は?結婚したらどうなる?

ハルオサン こんにちは! ブラック企業に人生の大半を捧げたハルオサンです! 最近の悩みは知人に50万騙し取られたショックで『血尿』が止まらない事です。 ということで、この機会に私が体験したブラック企業あるあるをまとめたのでご紹介します。   ブラック社員あるある 面接に来たら即採用   どこに行っても、ゴミのように追い払われたのに、 なぜかこの会社・・・ 面接で何を言っても褒め […]

フリーランスの不安と向き合う!転職というか就職活動にほぼ近い話し。

私はフリーランス1年生。   ケガをして無職になり、何となくブログを書いていたら、 『コラムを書きませんか?』と声がかかったので、 主にこういうメディアに『寄稿』をして生活をしております。   就職や転職なんて辞めて『フリーランス』になりたい。 「会社になんて行かずに自由気ままに生きていきたい!」 そう思われる人も多いのではないでしょうか? 私もサラリーマン時代にそんな『妄想』 […]

「仕事ができない人」こそ大事にせよ 会社を成長させる無能な社員とは

トイアンナ 「あの人、仕事できないよね」という愚痴を、聞いたことはないだろうか。私は残念ながら大量にある。そして一度こういう噂が立つと、転職でもしない限り再評価されるケースはまれだ。というのも人は「こいつは出来ないヤツ」というレッテルを貼ってしまったが最後、相手の粗を探すようになるからである。 逆に言えば、「できない」とされている人であっても「その会社にいる限り、いついかなる場面でも使えない」わけ […]

本当に「東京へ行かないと年収は上がらない」のか? 場所を選ばない働き方のススメ

トイアンナ 就職したいなら、東京へ行け。就活している学生には、常識なようだ。日本政策学生会議の調査によれば、地方からの人材流出は進学と就職がツートップ。地方のトップ大学を出ている学生も就職活動を期に東京の面接会場へ通い、都内での就職を選択していく。 だが、本当に都内就職が最善なのかには、疑問がある。だが、都市部は暮らしにかかる費用が高い。私は新卒で地方へ就職し、その後東京にある会社へ転職した。地方 […]

ブラック企業で働く戦闘ガイド※生き残りをかけブラック企業であえて生き残るなら・・・

借金玉 ブラック企業は異常な組織です。そこには異常な価値観が流通し、異常な集団が形勢されています。通常、ブラック企業に勤めるメリットはあまりないとされていますが、実は一つだけあります。「異常な場所では異常なことが起きる」ということです。 通常、会社組織というのは秩序とヒエラルキーのある集団です。人間が集まって仕事をする以上、それは必ず必要なものですし、「良い会社」であればコーポレイトガバナンスは上 […]

地獄の生態系、ブラック企業生物図鑑※ブラック企業にいる人達

借金玉 はじめまして。借金玉と申します。ご存知の皆さんはいつもどうもありがとうございます。初めての皆さんはどうも初めまして。この度ジョブシフトさんでコラムを書かせていただくことになりました。 で、「おまえ誰だよ」というお話になると思いますのでざっくり自己紹介をさせていただきますと、早稲田大学を卒業後、某政府系金融機関勤めを経て起業、数年で経営破綻。その後お金もやることもないのでTwitterとかブ […]

「定時退社のコツ」と残業を指示・強要する上司の対策

働き始めた頃は残業のプロだった猫野きなこです。 私は事務職と営業職を経験したことがありますが、相手の都合で振り回されていつも残業続きでした。その結果、以下の内容が心と体に起こり始めました。 体の疲れが取れない 精神的な余裕がなくなる 休日に遊ぶ元気がなくなる 趣味の時間を楽しめない 食事が遅くなり成人病のリスクが高まる このような悪影響が続いて体調を崩したりうつ病になっても、「自己責任」や「個人の […]

ヤバクなったら逃げろ!でもいつ?

  人生で、ヤバイときというのは、思ったより結構あります。そして、その「ヤバイとき」というものには、逃げないで何とかなるときと、逃げないと本当に痛い目に合うときの両方があります。「ヤバイとき」というのは、実際には成長のチャンスだったりすることもあるわけですが(但し、目上の人が言ってくる「成長のチャンスだ!」というのは、そうでないときの方が多いので、話半分に聞くべきです)、自分の手に余る、 […]

大企業志向だった私が、フリーランスで幸せになるまで

トイアンナ フリーランスになったのは、2015年も暮れようかという時期だった。あこがれていたわけではない。むしろ物心ついてからというもの「フリーランスは信頼できない」という印象をこれでもかと刷り込まれてきたように思う。   大企業志向の人間、家族の事情でフリーになる   1985年に生まれた「フリーのアルバイター」という職業は、私の生まれ年にリクルート社によって「フリーター」と […]