日本企業の99.7%を占めているのが中小企業であり多くの方が従事しているにもかかわらず、中小企業への就職や転職は「大企業より不安定、年収が低い」といった否定的印象が根強くあります。

しかし、中小企業の中には世界的シェアを誇る超優良企業や将来の成長、飛躍が大いに見込まれている革新的技術を有したベンチャー企業等も含まれており、大企業への就職や転職だけが理想的な就職先や転職先とは言えないのです。

そこでこの記事では、これからの成長が期待できる優良中小企業への就職や転職支援において強みを発揮している転職エージェントを、具体的な成功事例を交えてランキング形式で紹介して参ります。

中小企業に強い転職エージェントランキング

第1位:DODA

日本を代表する大手転職エージェントがDODAですが、単に大手だから、有名企業だから1位になった訳ではありません。

DODAが1位になったのは次のような理由からです。

優良中小企業の求人開拓と紹介に力を注ぐことを方針としている

DODAは非公開求人を含めますと約13万件もの求人数を誇っていますが、他の転職エージェントで時々見られる大手ブランド企業のロゴを表示して、大手企業の求人数が充実していることをアピールする広告戦術は取っていません。

実際に大手有名企業の求人も多数扱っていますので、DODAがその気になればいくらでもPRできるにも拘らずです。

その理由ですがDODAは大企業の求人だけに偏重せず、中小企業、特に地方の優良中小企業の求人開拓と紹介に力を注ぐことを「企業方針」としています。

つまり、日本の転職エージェントの中で、優良中小企業への人材紹介へ最も力を入れようとしているのがDODAと言っても良いのです。

ブラック企業に対する情報提供にも安心感が高い

「中小企業=ブラック企業」ではありませんが、特に中小企業の求人にブラック企業が紛れやすいのは事実です。

その対策として、DODAではキャリアアドバイザーが「噂」を含めて企業の内部情報を利用者へ提供する取り組みを徹底しています。

例えばネット上の書き込みなどにも目を光らせ、ブラック企業との噂を発見したらキャリアアドバイザーが独自に調査を行い、その結果を求職者の方へ包み隠さず報告してくれます。

その際、DODAが重視していることが一つあります。それは「見極め」です。

中小企業は大企業ほど組織体制が整っていませんので、伸び盛りの中小企業ほど一時的にブラックな勤務状況に陥りやすい側面があります。

しかし、採用した社員を飼い殺しにする根っからのブラック企業ではなく、ブラックと指摘されるような勤務状況を一刻も早く改善するために懸命に人材を確保しようとしている中小企業は分けて考える必要があると言えます。

その点の見極めを行って上でキャリアアドバイザーが適切な情報を提供してくれため、求職者の方は安心して紹介された中小企業へ応募できるのです。

中小企業転職成功例:「世界特許を有する小さな世界的企業へ転職を果たせました」(男性30代)

「私は東証一部上場企業のサラリーマンで仕事や収入は安定していましたが、上がつかえていて、これからのキャリアップを考えた場合に大きな飛躍は期待できなかったので、規模が小さくても今後の成長が期待できる中小企業へ転職することを決断しました。
そこで利用したエージェントがDODAでしたが、これは正解だったと思います。
DODAから、世界的特許を持つ中小企業の幹部候補の求人を紹介してもらうことができました。
非公開求人でしたから、転職サイトを使って自分で求人を探していたらこうした優良企業とは出会えなかった訳です。
年収は前職より下がりましたよ。
でも会社の業績は対前年比でなんと180%アップしましたし、この勢いは当分続きそうですから先々の年収には大きな期待が持てています。
しかも責任ある立場で思い切って仕事に励めていますので、大変毎日が充実しています。」

DODAの公式サイトを見る!

DODAの詳細はこちら

第2位:マイナビエージェント

中小企業に強い転職エージェントの第2位として紹介するのはマイナビエージェントです。

マイナビエージェントは大卒に対する就職情報サイトでお馴染みのマイナビの転職エージェント部門であり、企業としての実績や信頼性、安心感などにおいては全く申し分ありません。

しかし、DODA同様「マイナビだから」が中小企業に強い転職エージェントランキング2位となった訳ではないのです。

マイナビエージェントには、中小企業の人材紹介や既卒者の就職支援などで次のような強みがあります。

量より「質」を重視した中小企業の求人

マイナビエージェントに登録されている求人件数は公開、非公開を合わせますと約2万5千件程度です。

求人数としては十分な数ですが、10万件を超えるDODAやリクルートエージェントなどと比較すると数量的に劣っている感は否めません。

しかしこれにはちゃんとした理由があるのです。

信頼性を重視し、安易に求人登録を引き受けない

マイナビエージェントは利用者の満足度を大変重視している転職エージェントです。

どれだけ手厚いサービスを実施しても、利用者が転職先に満足できなければ利用者の満足度を高めることはできません。

そこでマイナビエージェントは闇雲に求人数を追求するのではなく、同社が有する全国的なネットワークを活かして1件1件の求人を精査し、労働基準法等法令違反の疑いがあるような企業は安易に登録を許可しないようにしています。

つまり登録段階でシビアな振り分けを行うことで、優良中小企業のみの紹介を実現しているのがマイナビエージェントとなのです。

中小企業を狙っている20代転職志望者に強い

マイナビエージェントのもう一つの強みは、既卒者や第二新卒など20代を中心とした転職支援を強化しており、この分野では大手の中で最も強い転職エージェントであることです。

20代の転職市場は決してバラ色一色とは言えません。

中途採用は「経験豊富な即戦力」が昔も今も重宝されます。特に人材が限られている中小企業はそうしたニーズが顕著になります。

その点で20代、特に既卒者や第二新卒は即戦力としては期待できませんので決して簡単に就職や転職が実現している訳ではないのです。

そこでマイナビエージェントでは20代の転職支援を行う専門チームを組織化。

20代の転職市場動向を分析しながら、どのようなサポートや指導、支援を行うことが有効か日々研究しながら転職支援の品質や転職成功の実績向上に努めています。

従って既卒者の方が優良中小企業を狙うなら、最もオススメできる転職エージェントはマイナビエージェントとなるのです。

中小企業転職成功例:「この社長の元で頑張りたい・・・そんな出会が実現しました」(男性20代)

「私は就活で失敗し、既卒でアルバイトをしながら生計を立てていました。一刻もはやく既卒という状況から脱して正社員になりたかったのですが、就職活動に失敗したこともあり今後どのような就職活動を行うべきか悩んでいました。
そんな時、偶然知ったのがマイナビエージェントに対する利用者の評判です。
マイナビエージェントの名前は知っていましたが、大手なのに大変面倒見が良く特に20代の第二新卒や既卒者の就職支援に強いという評判があることは知りませんでした。
利用してみての感想ですが、その評価は間違っていなかったと思います。
マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは既卒でも優良企業へ転職できた事例を数多く教えてくれましたが、そのことで自分に自信が持てるようになり、紹介を受けた企業の面接にも臆することなく臨むことができました。
私が就職を果たせたのは大企業ではありません。しかし、この社長のもとで頑張ってゆきたいと心から思えた企業であり、就職先として大変満足しています。
こうした出会いを提供してくれたマイナビエージェントには今でも感謝しています。」

マイナビエージェントの公式サイトを見る!

マイナビエージェントの詳細はこちら

第3位:リクルートエージェント

中小企業に強い転職エージェントとして外せない転職エージェントと言えば、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントの求人数は公開、非公開合わせて約12万件。

DODAと共に日本最大級の求人数を誇ります。

またリクルートグループは30年以上にわたり、正社員のみならずアルバイトも含めた全国の企業の求人情報を提供し続けてきました。

そのため、リクルート社とは10年以上の付き合いがある優良中小企業なども全国に多数存在しています。

こうした長年にわたって築かれた実績に加え、リクルートエージェントには次のような強みがあります。

就職力・転職力を高める情報提供やセミナーが充実

リクルートエージェントでは登録者の就職力、転職力を高めるための各種勉強会や研究会、セミナーイベントなどが大変充実しています。

勿論ですが、これらのセミナーは全て「無料」で利用できます。

費用は一切かかりません。

特に既卒者の方は社会経験がないだけに、ビジネスマナーなどの基礎を習得しておくことが就職を成功させる上で欠かせません。

リクルートエージェントを利用すれば、就職に必要なスキルや知識などを容易に習得する機会を得ることができます。

優良中小企業見極めに大変役立つ「AGENT Report」が提供される

リクルートエージェントは実績ばかりが広告されがちですが、ソフトサービス面でも大変優れたサービスを提供しています。

その代表格が「AGENT Report」です。

AGENT Reportとはリクルートエージェントが独自に分析、調査を行った、企業の実情を詳しくリポートしている極秘企業ファイルのことです。

株式公開している大企業などは転職エージェントを利用しなくとも企業自ら経営情報を詳しく公開していますが、中小企業はそうした客観的な情報や詳細データは得にくい状況にあります。

それを補う意味で提供されるようになったのがAGENT Reportですので、このリポートは優良中小企業を見極める上で特に役立てることができます。

中小企業転職成功例:「リクルートエージェント・・・その選択は間違っていません」(男性30代)

「日本の転職エージェントの中で、一番求人数を抱えているのがリクルートエージェントだと思います。
それがリクルートエージェントを選んだ主な理由です。
良い中小企業を選び出すには数多く企業を紹介してもらって、面接もたくさん受ける必要があると考えていたため、数を追求するならリクルートエージェントの右に出る転職エージェントはいないと思ったからです。
そうした期待通り、リクルートエージェントからはたくさんの中小企業を紹介してもらえました。
その中から職場環境も良く、将来性も高い、ある中堅企業に転職することを決めました。
自分の経験から自信を持って言えますが、優良中小企業への転職を狙っている方は焦らず、ある程度時間をかけてたくさんの企業を受けてみる必要があると思いますよ。
中小企業は大企業より情報量が少ないので、実際に面接を受けてみなければわからないことや気付けないことも多いからです。
そうした機会を得る上でリクルートエージェントは最適の転職エージェントでした。」

リクルートエージェントの公式サイトを見る!

リクルートエージェントの詳細はこちら

番外編:女性にオススメの「女の転職」をご紹介!

さて、中小企業にオススメの転職エージェント3社をご紹介しましたが、中小企業も含めて女性が転職する場合にオススメしたい「転職サイト」をご紹介しておきます。

それは「女の転職(@type)」です。

女の転職は転職エージェントではなく、求人情報提供を専門とした転職サイトですので、転職エージェントのような個別に求人企業の紹介をしてくれたり、転職サポートを行ってくれたりする訳ではありません。

しかしながら、転職エージェントは自分のペースで転職活動しにくいというデメリットがあります。

また、転職エージェントの利用料は求人広告費よりかなり高額です。

その結果、優良中小企業であっても求人においては転職エージェントは利用せず、転職サイトのみを利用しているというケースもかなり見られます。

そのため、転職サイトには転職エージェントにはない「お宝求人」を発見できる場合が多々あるのです。

その転職サイトにおいて、女性の場合なら女性の求人に特化している「女の転職」が断然オススメです。

「女の転職」利用者数は約100万人程度で求人情報の80%が「正社員」です。

しかも「休日120日以上」「ブランクOK」「私服OK」「子育て両立OK」といったこだわり検索も自由自在!

働く条件も良い優良中小企業へ転職を図りたい女性の皆様は、ベスト3でご紹介した転職エージェントと共に転職サイト「女の転職」も併せて活用されることをぜひオススメします。

女の転職を見てみる!

女の転職の詳細はこちら