セブンイレブンやファミリーマート・ローソンなど大手コンビニの正社員についてお調べですか?

アルバイトやパートで働いた経験はあっても、コンビニの正社員について知る機会ってあまりないですよね。

 

一般的に24時間営業のコンビニで正社員はブラックだと言われがちですが、最近はどんな企業でも個人の感じ方次第でブラック企業と呼ばれます。

 

コンビニのアルバイトが好きで、そこから正社員になりたいと感じた人にとっては、意外と平気な環境かも知れません。

 

とくにFC店(フランチャイズ)で働いてみて、そこのオーナーが活き活きと仕事をしている様子を見ていたら「自分も将来コンビニのオーナーになりたい!」と思ったという人もいます。

 

仕事を選ぶきっかけが、尊敬できる上司や先輩というケースは少なくありません。

コンビニの正社員やオーナー業も同様です。

 

でもコンビニの正社員ならどこがいいんだろう?とはじめに首を傾げると思います。

ローソン?セブンイレブン?ファミリーマート?

 

同じコンビニでもブランドや系列によって給与や休日はもちろん、あらゆる就業条件も違ってくるのです。

当記事ではコンビニ各社の正社員について、給与・休日・年収など気になるポイントを徹底的にご紹介していきます。

■コンビニ正社員の求人はFC店と直営店の2種類

大手コンビニの正社員には「フランチャイズ店舗の社員」と「本社直営店舗の社員」があります。

どちらも随時求人が掲載されるので、そこに応募して採用されれば晴れて正社員という仕組みです。

 

直営店は文字通り、そのコンビニの本部が直接運営を行っている店舗を指します。

すべて本部の管轄で経営されているので、業務内容やアルバイトの管理方法などはほぼマニュアル化されているのが特徴です。

 

そのため店長がだれであっても、原則本部の指示(またはマニュアル)のもと運営が行われているので、店舗ごとに大きな差異はありません。

 

一方、フランチャイズ店舗は大手コンビニの看板を借りて運営されていますが、経営は各店舗のオーナーがそれぞれ行っているのが基本です。

 

扱う商品・サービスは同じでも、オーナーによって経営方針や教育方針は異なります。

◆コンビニFC店の場合はオーナー選びを慎重に

直営店ではなくフランチャイズ店舗の場合、その店のボスはオーナーです。

コンビニの本社は新商品の仕入れなどには口出しをしますが、基本はオーナー主導の運営と考えたほうがいいでしょう。

※もちろん本社からのテコ入れはあります

 

バイトの教育や発注・在庫管理・接客など、運営そのものに関する部分はオーナーによって方針がさまざまです。

正社員ともなれば、その店舗のオーナーとの相性がその後の働きやすさを左右すると言っても過言ではありません。

 

フランチャイズのオーナーは個人の場合もあれば、法人として加盟しているケースもあります。

法人で加盟している場合はその会社の店舗管理担当者が、実質のマネージャーや統括となる可能性が高いです。

 

どのように人材を配置するかも各オーナーの采配次第なので、一概に断定できる答えはありません。

フランチャイズの正社員になるメリットとしては、本社ほど厳密にルールが決められていないというところです。

 

経営しているのが法人の場合は別ですが、個人オーナーであれば休日やシフトの調整など融通が利きやすいという利点があります。

直営店・フランチャイズにはそれぞれメリット・デメリットがあり、自分の性格に合ったほうを選ぶことが重要です。

 

どちらにしても将来的には独立して自分がオーナーになるつもりの人でなければ、コンビニの正社員を続けていくのは難しいでしょう。

■コンビニの正社員って仕事としてどうなの?

ローソン・ファミリーマート・セブンイレブンがコンビニ大手と言われる会社ですが、基本的な業務内容自体はいずれも大差ありません。

 

本社の正社員になる場合、店舗運営は最初のステップとなります。

 

入社後に店舗運営を経験したのち、店舗全体の管理やマネジメントを行う立場になっていくのが基本です。

そのためコンビニ本社の正社員求人は、店長職ではなく「総合職」として募集されています。

 

コンビニ本社において、店長はもっとも下の立場に位置するという意見も少なくありません。

大抵はそこからスーパーバイザーとして、マネジメント職に上がっていくからです。

 

フランチャイズ店なら店長代理として、接客・運営・管理・発注などを全て対応することになります。

アルバイトの教育やシフトの調整、商品の発注数なども管理しなければならないので、実質オーナー的な視点で動かなければなりません。

 

本社ほど人材が足りていないケースがほとんどなので、コンビニ経営に必要な経験はほぼすべて積むことができるでしょう。

だからこそ、将来自分のコンビニを持とうと思っている人には最高の勉強場所になります。

 

ただ24時間営業の店舗は、アルバイトが急に休んだりすると深夜でも出勤しなければならない状況があるため、ある程度覚悟して入社するべきでしょう。

◆コンビニ正社員の給与

店長や副店長候補の正社員に設定されている給与は、経営元の会社や地域によって分かれてきます。

相場となる月給は18万円から21万円ほど。

 

直営店・フランチャイズどちらも変わりありません。

ただしこれはあくまで入社時に設定される金額です。

 

実績を上げて昇格すれば、比例して給与も上がっていきます。

福利厚生や手当に関して、基本となる社会保険・雇用保険・労災保険・国民年金への加入はいずれの店舗でも共通です。

 

その他、状況によって住宅手当・時間外手当・勤務地手当・通勤手当などが加算されます。

総合的な手取り額は20~21万円前後になるケースがほとんどでしょう。

 

正直なところ、コンビニ正社員の忙しさから考えれば「安い」部類に入ると思います。

だからこそ、将来コンビニで起業を目指している人にしかあまりオススメはできない仕事なのです。

◆コンビニ正社員の休日

コンビニの店長職は原則シフト制ですが、週休2日は約束されています。

年間休日数は110~120日が公式の数字です。

 

フランチャイズの場合はオーナーとの相談次第ですが、基本は週休2日と考えて問題ありません。

ローソン・セブンイレブン・ファミリーマートの「新卒募集要項」に記載されている休日数は以下の通りです。

 

ローソン:112日

セブンイレブン:110日

ファミリーマート:120日

 

純粋な日数だけ見れば、ファミリーマートがもっとも休日数が多いですね。

また上記とは別に産休や育児休暇・有給なども付与されます。

 

勤務時間は店舗勤務の間はシフト制で、本社勤務になると朝9時から17時までの勤務です。

フランチャイズの場合は店舗勤務が主軸なので、基本がシフト制となります。

 

◆コンビニ正社員はブラックという口コミ・評判は本当?

ネットやニュースでコンビニオーナーや正社員の労働環境は過酷だという口コミや評判があり、不安を抱えている人も少なくないでしょう。

 

結論から言うと、正社員が激務なのは事実です。

24時間勤務の店舗を運営したり、複数の店舗を1人でマネジメントするなど非常に体力と労力がかかる仕事と言えます。

 

オーナーであっても本社との折衝や圧力などもありますから、店舗によっては苦しい状況になるケースも発生するでしょう。

 

ただこのような状況は他社でも何かしらありますし、何より最初から独立を視野に入れておけば、それらの経験も糧にしていけます。

むしろ月給が約束されている状況さえ辛いのであれば、コンビニオーナーへの道は諦めたほうがいいかも知れません。

 

オーナー業は売り上げが自分の収入に直結する立場なので、よりシビアな環境に身を置くことになります。

自分で店舗や会社を持つということの厳しさを学ぶには、各大手コンビニの正社員はいい学校代わりとなるでしょう。

 

■コンビニオーナーになるための費用や年収について

結論から言って、資本金さえあればコンビニオーナーにはなれます。

各大手コンビニのフランチャイズに加盟するだけなので、プランや契約内容はいくつかありますが、いずれにしても資金だけの問題です。

 

例としてローソンがオーナーになる条件として掲げている内容は以下のとおり。

・20歳以上

・店舗専従者2名以上(夫婦や三親等以内で経営できる)

・店舗近くに住める

・契約期間はオープンから10年

 

開業にあたって必要な費用は諸々込みで150万円。

あとは毎月の売上に比例したロイヤリティです。

 

土地や建物をローソンに用意してもらうか、自分で用意するかによっても必要なロイヤリティは変わります。

どちらのプランでも、開業自体に必要な費用は150万円が基準と考えて問題ありません。

 

詳しくはローソンのオーナー募集ページを参考にしてみてください。

 

◆コンビニオーナーの年収

コンビニとはいえ1つの会社の経営者です。

 

さぞかし儲かるんだろうなと考えている人もいるかもしれませんが、実際は店舗やオーナーの手腕によるところが大きいビジネスと言えます。

 

店舗の立地や地域・駐車場の広さなどさまざまな要因はありますが、多く稼いでいるオーナーであれば年収2000万円を超えるケースも少なくありません。

 

一方で売上が少ない店舗のオーナーだと、年収300万円~400万円前後になることが多いです。

ここから各種保険や税金も引かれるので、手取りとしては一般的な新卒正社員と同額程度でしょう。

 

年収の金額も気にすべきポイントですが、オーナーであれば定年や老後に関係なく勤務が続けられるというのもメリットの1つです。

 

各コンビニの公式サイトからはもちろん、転職サイトや転職エージェントからでもコンビニの正社員求人に応募できるので、ぜひ面接を受けてみてください。

 

■コンビニ正社員になる方法まとめ

最後にこちらの記事の内容をまとめておきましょう。

 

・コンビニ正社員には直営店とフランチャイズ店がある

・コンビニ正社員は独立が前提

・コンビニオーナーは2000万円以上稼げる可能性がある

・コンビニオーナーになるのに必要な初期費用は150万円前後

・コンビニオーナーは定年後も働ける

 

コンビニで独立したいと考えている人は、ぜひ正社員で働いてさまざまなノウハウを吸収してみてくださいね。