ご承知の通りクレジットカードを作るには、クレジットカード会社で行われる審査に通る必要があります。

では転職した場合、クレジットカードの審査ではどのような評価がなされるのでしょうか

例えば転職によって収入がアップした場合、転職後の方がカードが作りやすくなるものなのでしょうか。

ここでは主に転職とクレジットカードの関係について、Q&A形式でわかりやすく解説致します。

転職したばかりの方は勿論、転職を検討されている方必見の記事です!

Q.転職前と転職後。クレカ申し込みはどっちが有利?

A.「転職前」の方が有利です!

クレジットカードを作るタイミングは転職後より転職前の方が有利であり、確実性が高いです。

理由はクレジットカードの審査項目の一つ、「勤続年数」にあります。

審査項目の中で勤続年数は年収以上に重視される項目と言って良いぐらい、重要な審査項目です。

クレジットカード会社が勤続年数を重視する理由ですが、クレジットカード会社は毎月決まった日に使った分のカード代金(借金)をちゃんと支払ってもらう必要があります。

クレジットカード会社がどんな人物なら返済能力があると判断するかと言いますと、「同じ会社で継続して働いている方」です。

同じ会社で継続して働いている方とは長期にわたって毎月安定した給与を得ている方であり、仕事が長続きしている方でもあります。

そのような方であれば先々ずっと安定した収入を得て、カード代金も滞納することなく支払ってくれるだろうと見る訳です。

そのため転職した方、特に転職して間もない方は「同じ会社で継続して働いている」との条件から外れますので審査が厳しくなってしまいます。

転職して勤続年数が短い方でも条件次第でカードを作れる場合はありますが、対象は限られます。

従って、現職で1年以上の勤続年数がある方は、転職する前の方がカードは作りやすいとなります。

Q.転職して年収アップするんだけどそれでも転職前に作った方がいい?

A.転職で年収アップが確実でも「転職前」に作った方が有利です!

例えば前職では月給25万円、年収で400万円だった方が、月給30万円・年収500万円という条件の会社へ転職したとします。

年収が100万もアップする訳ですから転職後の方がカードを作る場合、有利に思えます。

ところが、クレジットカードの申込みで申告する「年収」とは通常”前年度の税込み年収”なのです。

このため転職後の年収アップが確実でも「400万円」として申告することになりますので、「年収500万円」は申込み情報に反映できないのです。

クレジットカード会社によって今年度の年収見込額を尋ねる場合もありますが、あくまで「見込」のため、参考程度にしか評価してくれません。(ただし年収が極端に下る場合にはそれが原因で評価が悪化する場合はあります。)

また、繰り返しとなりますがクレジットカードの審査で重視されるのは「勤続年数」です。

勤続年数が「0年」となってしまう方がはるかに不利になりますので、年収アップが確実な転職であってもカードを作るなら「転職前」がオススメです。

Q.転職後どのくらいの勤続年数があればクレカ申請可能?

A.確実なのは1年以上。最低でも6ヶ月は必要と考えておくべきです!

転職後にカード作る場合、およその目安として必要になる勤続年数は「最低でも6ヶ月以上」となります。

ただし、クレジットカード会社によっては「1年未満は不可」と明示しているケースもありますので、6ヶ月でも断られる場合は十分あります。

転職後どれくらいの勤続年数が必要かはクレジットカード会社によって異なりますし、更には同じクレジットカード会社であってもカードの種類によって異なる場合もあります。

そのため一律的に考えることは不適切ですが、確実性を重視した場合には6ヶ月ではなく、1年以上あった方が望ましいと言えます。

Q.民間企業から公務員に転職したけど・・・それでも勤続年数は6ヶ月以上必要?

A.公務員への転職であれば勤続年数が短くともカードを作れる可能性はあります。

勤続年数で「最低でも6ヶ月以上、1年以上が望ましい」というのが絶対的基準と言えないのは、実はこうしたケースも含まれるからです。

公務員は民間企業と異なって倒産はありませんので、最も収入安定度が高い職業と評価されています。

そのせいか、転職後3ヶ月しか経過していなかったのに公務員の方ならカードが作れたというケースは実際にあります。

ただし、どのクレジットカード会社も同じ評価をしてくれる訳ではありません。

例え公務員であっても勤続年数が短ければ「短期間で転職してしまう方」との疑念が払拭できませんので、シビアに評価される場合もあります。

従って「公務員に転職したから勤続年数に関係なくカードは作れる」との認識は正しいとは言えません。

公務員への転職であっても、やはり転職後1年以上の勤続年数を作った方が望ましいことに変わりはないのです。

Q.前職を退職し、失業期間を経て「内定」をもらえたけど「内定」でカードは作れる?

A.「失業中」という扱いになる作ることはできません。

クレジットカード(正確にはクレジットカードのキャッシング枠)は貸金業法の総量規制というルールが適応されるため、要は失業状態の方にカードを発行することは禁じられています。

「内定」を得た状態で先々就業することが確実だったとしても、まだ正式に雇用された状態でなければ扱いとしては依然「失業中」となります。

そのため、内定を貰った段階ではクレジットカードを作ることはできないのです。

ただし、裏技がない訳ではありません。

例えばご両親が現役で働いていてクレジットカードを持っている場合なら、「家族カード」という扱いであれば発行を受けることができます。

その場合、カードの請求はご両親の内カードを所有している方へ届きますのでご両親に迷惑をかけないようにするにはご両親へカード使用分を支払うなどの対応が必要になってきます。

Q.学生だけど「内定」だけではクレジットカードの審査は通らない?

A.学生の方なら「内定」を得た段階でカードを作れる可能性大です。

勤続年数が重視されるのは実は社会人のみで、新卒で入社したばかりの社員や勤務経験自体がない内定をもらっただけの学生は例外的に評価されます。

内定を得た学生や会社に入りたての新入社員は、この先辞めずに仕事を続けていけるかどうかは確かに未知数です。

しかしながら仕事を辞めた訳ではないことと、新入社員は給与が低いため日常的にクレジットカードを利用してくれる可能性が大きいことから、多くのクレジットカード会社は内定を得た学生や新入社員に限り勤続年数不問の審査を行ってくれます

ただし、どんな種類のクレジットカードでも作れる訳ではありませんし、カード会社によっては内定者不可としているケースもありますので、事前にクレジットカード会社へ確認しておく必要があります。

また、当然のことながら学生時代にクレジットカードを利用した経験があり、その際延滞や不払いといったトラブルを起こした経験がある方も作れない場合があります。

Q.転職した場合、クレジットカード会社へ転職した事実は伝えるべき?

A.クレジットカードの規約上、転職したら速やかに連絡する必要があります。

表現こそクレジットカード会社によって異なりますが、クレジットカードの規約ではカード申込み時に申告していた勤務先情報に変更が生じた場合には、そのことを速やかに伝えることがルールになっているはずです。

つまり利用者の義務となっていますので、転職したら転職した事実をできるだけ速やかにカード会社へ連絡するようにしてください。

尚変更手続きはweb上からでもできる場合が多いですが、不明な場合はカード会社のサポトセンターへ電話連絡をすれば電話口で変更を受付けてくれたり、必要な書類を手配してくれたりします。

Q.転職した事実をカード会社へ伝え忘れた場合、ペナルティはある?

A.ペナルティはありませんが、不利益な扱いを受ける場合があります。

転職直後の時期は大変慌ただしいため、クレジットカード会社へ転職した事実を伝え忘れてしまったとなりやすいだけに注意が必要です。

では転職した事実をカード会社へ伝え忘れてしまったらペナルティーが生じるかと言いますと、例えばカードが利用できなくなったり、カードの更新を拒否されたりといったペナルティーは基本的にはありません。

しかしながら、全く影響がないとも言い切れないのです。

クレジットカード会社では大変稀ながらカードを更新するタイミングなどでカード利用者の情報確認調査を行う場合があり、たまたまそうした調査が行われた際、クレジットカード申込み時に勤務していた会社へ在職していないことが判明すれば「勤務先不明」として登録される場合があります。

そうなれば個人の信用情報に悪影響が生じ、他のクレジットカードを作れなくなる可能性が生じますので、起こりにくいとは言え、そうした事態は避けたいものです。

もしカード会社へ連絡することを忘れていたことに気付いたら、至急カード会社へ連絡すべきです。

ペナルティーがないからと言って放置しておくことはオススメできません。

Q.転職したことを申告したら、クレジットカード会社からの在籍確認はある?

A.在籍確認はまずありません。

ほとんどのクレジットカード会社において在籍確認が行われるのは、カード発行審査を行う初回のみです。

転職したからと言って、それを理由に在籍確認が行われることはまずありません。

申告によって勤務先の変更が行われるのはカード会社の内部処理だけで済みます。

ただし、「転職したから」ではなく、カード更新を行うタイミングなどでカード利用者の身元情報確認を目的として在籍確認が行われる場合は、極稀にですがあり得ます

Q.転職したことをカード会社へ申告したために、不利な扱いをされる心配はない?

A.不利になることはまずありません。

転職した事実をクレジットカード会社へ申告したからといって、カードが利用できなくなったり、更新を拒否されたり、あるいはカード利用枠を減らされたりといった不利な扱いを受けることはまずありません。

例えば転職したことで年収が下がったり、前職は大手の上場企業だったが転職後は非上場の中小企業となったりした場合であってもです。

カードを作った後に、最も重視されるのは「クレジットカードの利用実績」です。

クレジットカードを作ってから一度も遅滞なく支払いを誠実に続けていれば、利用者としての信用度が増してゆきますので、転職しても問題なく更新できますし、逆に実績次第では転職とは全く無関係に利用枠が拡大する場合だってあります。

要はクレジットカードを作るまでは勤続年数や勤務先、住まいの居住年数などが厳しく評価されますが、クレジットカードを作った後は利用実績が評価されると考えて構いません。

Q.現職を辞めてしばらくアルバイトで食いつなぐつもりだけど・・・それでも不利な扱いにはならない?

A.アルバイト先が確定していれば問題ありません。

転職で不利な扱いにならないかという質問に対する同じ主旨の回答になります。

クレジットカードを作った後はカードの利用実績が大切になりますので、利用実績において何ら問題なければ不利になることは基本的にありません。

ただし「アルバイトをするつもり」でアルバイトへ就業する前に申告した場合には「無職」として処理されますので、他のクレジットカードが作れなくるなどの不利益が起きる可能性があります。

従ってクレジットカード会社へ申告する場合にはアルバイト先、即ち勤務先を確定させてから、申告することをオススメします。