男性看護師が求められる職場ってあるの?その知られざる求人とは?

看護婦」から「看護師」に呼称は変わっても、ナースをしている人の多くは女性で、増えてきたとはいえ男性看護師は少数派には変わりありません。男女同権の中で今後は男性看護師が増えていくことが予想されますが、実は現在も「男性看護師が欲しい」という職場があります。

もし、「今の職場にいづらい」という男性看護師の方がいれば、今回紹介する職場へ転職してみるのも1つの方法だと思いますので、是非参考にしてみてください。

男性看護師はまだ少数派ながら増えている

まず、男性看護師をめぐる現状を整理してみましょう。

かつて「看護婦」と呼ばれていた時代、なかなか男性は看護職に就くことができませんでしたが(世間の目、看護師専門学校に男性が入学できないなど)、現在は年々その割合を増やしています。

厚生労働省発行の「平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」によると、平成28年末現在の終業している看護師、准看護師の男女別割合は以下のようになっています。
平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況より

正看護師 准看護師
男性 84193人 22877人
女性 1012811人 317276人

男性看護師の割合   正看護師  6.8%  准看護師 6.7%

まだまだ少ないですが、男性看護師は年々1万人近いペースで増えていて、実は10年前、平成18年には男性正看護師は38000人しかいなかったんですよ。この10年で倍以上になったことになります。

つまり

  • 男性でも看護師になれる環境が整った
  • 男性が看護師になっても変な目で見られなくなった
  • 男性看護師だからこそ活躍できるフィールドが広がった

ということだとえいます。ちなみに看護師全体としても

平成18年 81万人 → 平成29年 114万人

と大幅に増えています。この理由についてはこの記事では詳述しませんが、高齢化や病院以外での看護師需要の増加などが考えられます。准看護師については養成機関の減少や待遇が(仕事がほとんど同じなのに看護師より低い)ということもあり、ここ最近は緩やかな現象傾向になります。

本来は正看護師と准看護師では仕事の内容が違うはずなのですが(根拠となる法令や資格も違いますし)、実際はほとんど変わらないので本稿で述べる男性看護師の職場、転職についても、男性正看護師、男性准看護師共に含むものといたします。

それでは増加傾向にある男性看護師にはどのような職場に需要があるのか、見て行きたいと思います。

男性看護師を必要としている職場はこれ!

それでは男性看護師のニーズが高い職場を紹介します!

手術室、ICU、緊急外来、救急外来

緊急性の高い職場は男性看護師を必要としています。もちろん、男性看護師のほうが能力的に高いということではなく、男性だから体力があるという面で有利ということです。

手術室では長時間の立ち仕事になりますし、医療器具の運搬や雑用も必要になってきます。とっさに機器を走って運ぶ、それが重かったり大きかったりすれば、そりゃ女性より男性の方がいいな、ということになりますよね。

緊迫するシーンが続くこの職場では女性看護師の「癒し」の部分は必要なくて、いわば「戦場」という側面もあります。だから男性看護師を欲しています。

精神科(専門病棟や入院施設がある)

精神科でなぜ男性看護師?と疑問に思う人もいるかもしれません。街中のメンタルクリニックで男性看護師を見かけることはあまりないですし、男女関係なさそうですが・・。

実は男性看護師が必要なのは「措置入院」が必要で、その患者さんのための病棟がある精神科専門病院なんです。

特に閉鎖病棟では、病気の症状で暴れてしまう、医師や看護師に襲い掛かる、予想もつかない行動に出る患者さんがいます。女性看護師では思わぬ被害に遭ってしまう可能性があり、そういう患者さんを(法に基づいて)抑止させるには、体力がある男性看護師のほうがいいというわけです。

この職場では、男性看護師はナース等よりも衛視、看守のような仕事も期待されているということです。そういう仕事ならば女性よりも男性がいいということになりますよね。

男性専門外来

男性特有の悩みを持つ人に対応する病院では、女性看護師よりも男性看護師のほうが歓迎されます。

具体的には

・男性型脱毛(AGA)、つまりハゲを治療する皮膚科
・包茎やペニスの悩みを解決する形成外科

です。やはり看護師であっても女性に見られたくない人が多い分野ですから、気まずい思いをしないためにも男性看護師が歓迎されます。

よくみるこれらの病院では「スタッフは全員男性」と謳っているところも多いですよね。こういう病院では医師、看護師、事務スタッフ全て男性で揃えていて、そのための男性看護師求人も多いんですね。

最近は「ゴリラクリニック」など、男性の脱毛や痩身を男性スタッフだけで専門に担当する美容外科も増えてきました。そこならば男性看護師大歓迎です。

性病科、泌尿器科

性感染症(性病)を専門に扱う病院、クリニックでは、男女別の入口、待合室などプライバシーに配慮したところが多く、病気が病気だけに同性がいては上の男性専門外外来以上に気まずい思いをしてしまいます。

受付→診察→会計まですべて男性スタッフが対応することで、患者さんの羞恥心を少しでも和らげようとします。

同じように男性向け泌尿器科(ブライダルチェックを行っているようなところ)も、男性看護師のニーズが多いです。「男性であること」に起因する病気や、男性器にかかわる治療については例え他人の看護師であっても、女性には知られたくない、見られたくないというのが本心なんですね。

介護施設

本来介護施設などで働く人は、介護士やヘルパーさんなどでエスが、看護師の求人も増えています。入居者の人の健康管理やけがや病気の一時対応をするために必要で、求人も増えているのですが、実際には介護士のひとの手伝い、ヘルプ、つまり肉体労働をせざるを得ないことも多いようです(俺は看護師だから知らないよ~と無視することはできないですよね)。

そういうこともあるため、とっさに肉体労働できて体力があるのは女性看護師よりも男性看護師、ということになります。

今後高齢者人口はさらに増えていきますから、介護分野での看護師のニーズはさらに高まっていき、体力がある男性看護師は歓迎されるでしょう。

ただし、介護の現場で問題になっている低賃金は介護現場の看護師も同様なので、収入を求めるならば、それ以外の現場のほうがいいでしょう。

ちなみに転職先の収入は高いの?

以上の男性看護師のニーズが高い現場での収入ですが

1.手術室、ICU等→高い
2.精神科→高い
3.男性専門外来→高い
4.性病科→普通
5.介護→低い

です。手術室やICUは激務なので残業代や危険手当のようなものが付きます。誰かいないと困る職場ですから未払いもあまり考えられません。ただし、心身ともにハードです。

精神科はやはり危険手当的なものが付きますし、精神科には「精神科専門療法」で診療報酬が高いのでその見返りが看護師にもあるかもしれません。

男性専門外来は保険診療ではなく自費診療のところが多いため、都市部の一等地でお金持ち相手にやっているところに潜り込めれば相当な高報酬が期待できます。

性病科、泌尿器科はあくまで通常の「○○科」の1つであるため普通、そして介護現場は看護師といえどもやはり安い、ということになります。

じゃあ、収入が高いところに転職すべきと思うかもしれませんが

手術室、ICU等→超激務
精神科→精神的に参る、身の危険
男性専門外来→自費診療のところは特に厳しいノルマがある

などデメリットもあります。よくメリットデメリットを比較してみてくださいね。

男性看護師求人がまずないと思われるもの

「男性看護師歓迎」のところもある一方で「男性看護師お断り」のところもあります。それは「男性特有の・・・」の逆で「女性特有の病気や疾患に対応するところ」です。

つまり

  • 産婦人科
  • 女性向け形成外科、整形外科
  • 女性向けの性病科

などです。表立って「男性お断り」という求人を出せるとは思いませんが(医療分野ですし)、男性看護師がいる産婦人科に行っても気にしない女性より嫌な女性の方が多いでしょうから採用はしないですよね。性病科も女性向け窓口に男性がいたらその病院はつぶれてしまうでしょう。

あと、女性向け美容外科もあり得ません。痩身、脂肪吸引や豊胸手術を行う美容外科クリニックに男性看護師はいませんよね。女性向けエステサロンに男性セラピストがまずいないのと同じ理由です。

転職サイトにこのような求人があっても応募しても徒労に終わることになりそうです。

今後男性看護師の需要が高まる?

以上から、男性看護師が必要とされる職場の共通点が見えてきました。それは「男性のほうが体力がある」「男性であって女性ではない」ということから派生した需要です。

決して「男性は女性よりも能力がある、判断力が優れる」わけではありません。能力は男女関係なく個人差ですからね。

一方で、大病院ならともかく、個人のクリニックレベルだと(内科とか耳鼻科であっても)「男性であること」で敬遠されるケースもあるようです

それは、「看護師は女性の職場であること」「男性看護師に一般の人が慣れていない」ことです。「男性看護師なら行きたくない」というお年寄りがいる内科ならば、採用をためらってしまうでしょう。

また、比較的大きな病院でも看護師の役職に女性しかいないばあい、つまり、完全な「女社会」に男性が飛び込むのが大変だというケースもあります。

男性の職場である建設業やタクシー運転手に女性がいると「女性○○」と言われますよね。「男性看護師」と書いている時点でまだまだなんだと思います。でも医療の目的は患者さんを助けることです(介護も同様です)。

「女性社長が~」「うちの女性部長は~」とは言いますが「男性社長は」「男性部長は」とはいいませんよね。社長や部長は男性であることが共通イメージであるんですね。看護師も女性であることが前提にまだあるのかもしれません。

能力があれば男女関係なく評価されるようになれば。もっと医療のレベルも上がりますし、病院内の役職に当たり前のように男性看護師が就く日も遠くないでしょう。

男女共同参画の中で、先進的な病院では、看護師についてそもそも男女関係なく性別を見ずに採用しているところもあるようです。

こういう流れになれば、今以上に男性看護師は様々な職場に採用、転職しやすくなるのだと思います。現に男性看護師は年々増えているわけですから、それに見合った求人があるということに他なりません。

だから男性看護師の求人は増えます!

男性看護師が転職したいなら当サイトの転職サイト、転職エージェントを!

以上をもとに転職したい場合

  • 通常の医療現場の求人を探したい場合
  • 男性看護師が歓迎されて待遇がいい職場に転職したい場合

いずれも当サイトがおススメする以下のサイトや転職エージェントに登録してみてください。特に転職エージェントは「看護師専門」のものもあり、男性看護師の「隠れ求人」「非公開求人」なども数多くあります。

「この人ならば求めるレベルが高いこの職場も大丈夫!」とエージェントに評価されれば、思わぬ好待遇求人案件を紹介されるかもしれません。

むしろ男性であることをアピール材料にして転職するのであれば、看護師専門の転職メディア(転職サイト、転職エージェント)を使ってみましょう。きっと素晴らしい職場との出会いがあるはずです!

(ここに貴社が貼りたいアフィリエイトを貼ってください)

男性看護師が求められる職場ってあるの? まとめ

・看護師業界は空前の売り手市場で転職しやすい
・男性看護師は年々増えていて10年前の倍以上になっている
・男性看護師が歓迎される職場がある
・男性の体力が必要な職場と「男性であること」が重要な職場で歓迎される
・具体的には「手術室、ICU、緊急外来」「病棟のある精神科」「男性専門外来」「性病科」「介護施設」
・逆に男性では就職が難しい職場(産婦人科、女性向け美容外科)もある
・男性であることを生かすためには、看護師専門の転職サイトや転職エージェントに登録するといい
・今後男性看護師が活躍できるフィールドはさらに広がっていくことが予想される