就職活動を支援してくれる専門情報サイトはたくさんあるため、どれを活用すれば良いかお悩みの就活生もきっと多いことでしょう。

就活支援サイトにはそれぞれ特徴がありますので、まず特徴を掴むことが就活支援サイト選びに欠かせません。

今回ご紹介するダイヤモンド就活ナビはIターン、Uターンに強い就活サイトとして就活生から抜群の支持を得ていますが、就活ナビの強みや特徴はIターン、Uターンだけに留まりません。

ではどのような特徴があるのか、ダイヤモンド就活ナビについて詳しくご紹介致します。

ダイヤモンド就活ナビの運営企業について

ダイヤモンド就活ナビを運営している企業は株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース社で、同社は「週刊ダイヤモンド」でお馴染みの株式会社ダイヤモンド社のグループ企業です。

経済雑誌「ダイヤモンド」は大正2年創刊

週刊ダイヤモンドについて簡単にご紹介しておきますと、同誌の起源となった経済雑誌「ダイヤモンド」の創刊は大正2年(1913年)です。

以来100年以上にわたってビジネスや経済をテーマに発刊され続けてきたのが「ダイヤモンド」ですが、同誌は20年連続でビジネス週刊誌部門の書店売上で1位の座を守り続けています。

つまり日本で最も売れているビジネス雑誌が「週刊ダイヤモンド」という訳です。

ダイヤモンド就活ナビは、ダイヤモンド社グループが100年以上にわたって磨き続けてきたビジネス分野の情報収集力と共に、取材などを通じて蓄積されてきた全国多数の企業との太いパイプを強みとしている就活支援サイトと言えます。

ダイヤモンド就活ナビ・3つの特徴

ダイヤモンド就活ナビには次のような強みや特徴があります。

IターンUターン就職情報で抜群の強みを発揮

ダイヤモンド就活ナビの強みとして真っ先にあげられるのがIターン、Uターン就職情報です。

ダイヤモンド就活ナビ(2018年版)のホームページをご覧頂くと、改めて同サイトが地元や地方への就職支援に力を入れていることがおわかり頂けます。

ホームページ上部にある、「就職・選考突破にはダイヤモンド就活ナビ2018」というロゴのすぐ側に「地元就活情報はこちらから」という見出しがあり、県やエリア(主に「地方」のこと)を選べるようになっています。

その中から例えば「北海道」を選んだ場合には「ダイヤモンド就活ナビ2018」のロゴ右横に吹き出しで「北海道」と表示され、ホームページ上に表示されている新着情報や検索情報もすべて北海道の就活に関連した情報へと切り替わるようになっています。

そのため、北海道で就活、もしくは北海道へのIターンやUターン就職を目指している就活生は一々トップページから検索を行って北海道に関する就活情報を探す必要がないのです。

北海道で行われる合同説明会も、単独セミナーも、北海道のオススメ企業情報も、北海道に本社を置く企業の検索ページも、すべてトップページを閲覧するだけで把握でき、すぐにアクセスできる構造になっています。

全国をカバーする総合就活支援サイトでありながら、就職したい県のあらゆる就活関連情報をトップページを閲覧するだけ掴めるようにしているのはダイヤモンド就活ナビだけです。

就活イベントが充実!

ダイヤモンド就活ナビは就活イベントが充実している点も大きな強みです。

といってもただイベントが多いということではありません。

他の就活支援サイトが実施するイベントは東京や名古屋、大阪といった大都市圏に偏りがちですが、U・Iターンの就職支援に力を入れているダイヤモンド就活ナビだけあって就活イベントでは特に「地方」のイベントが充実しています。

理系向け説明会も充実

また、就活イベントの特徴としてもう一点あげられるのが「理系向け説明会」にも力を入れいていることです。

「就活イベント」のタブをクリックした場合、マップの下に配置されている「開催形式で探す」というコーナーをご覧頂ければ「U・Iターン説明会」の下に「理系向け説明会」という開催形式が設けられていることからも、理系の就活生向け説明会を大変重視していることが伺えます。

もっとも、理系向け説明会イベントにヒットする全てのイベントが「理系学生専門」という訳ではありません。

学部学科不問の説明会も検索結果に含まれてきますが、例えば合同説明会であれば理系学生を特に欲している求人企業が多数参加しますので、特に理系学生の皆様は要チェックと言えます。

「ダイヤモンドスカウトセミナー」というユニークなイベントもある!

ダイヤモンド就活ナビのイベントには定員限定イベントとして「ダイヤモンドスカウトセミナー」も不定期に開催されています。

こちらは参加できる人数に限りがありますが、

  • 選考を希望する企業がある場合には当日選考(適性テスト)応募が可能
  • 適性テストの結果次第では企業からスカウトを受けられる場合がある
  • キャリアアドバイザーから個別に希望企業に対する面接対策指導を受けられる

等、場合によっては内定獲得に大きく近づけるチャンスがあるセミナーとなっています。

こちらのセミナーは人気が高い上定員に限りがあるためすぐに募集を打ち切られてしまうことがあるのが難点ですが、ダイヤモンド就活ナビ会員になった方はぜひとも利用したいセミナーの一つです。

筆記試験対策が充実している!

ダイヤモンド就活ナビの特徴や強みとして、この点も欠かすことができないのが「筆記試験対策」です。

筆記試験対策の対象となっている試験とは、苦手にしている方も大変多い「SPI」です。

ダイヤモンド就活ナビの会員になれば年間10回にわたり、オンライン上でSPIの模擬試験に参加することができます。

ダイヤモンド就活ナビの模擬試験は全国統一ですので、参加すれば全国での順位など他のライバルと比較した場合の自分の実力や、ウイークポイントなどが「言語」や「常識」といった領域ごとに把握できるようになります。

ダイヤモンド就活ナビの使い方や機能について

では、ダイヤモンド就活ナビの主な使い方や機能をご紹介します。

「新規会員登録」ボタンから登録手続きを行う

ダイヤモンド就活ナビをフル活用するには会員登録手続きが必要です。

会員登録は勿論無料であり、退会もいつでも自由に行えますので就活生の皆様にリスクは一切ありません。

もし迷っている方は「お試し」のつもりで会員登録手続を行ってみてください。

会員登録手続を行う場合には、ダイヤモンド就活ナビの画面右側にある赤いボタン「新規会員登録」ボタンを押してください。

すると個人情報取得に関する同意確認画面が表示された後、住所や学校など登録に必要な情報を入力する画面が順次表示されますので、画面に従って該当事項を入力してください。

尚登録手順としてはログイン用IDとパスワードを設定した時点で終えることもできますが、志望している業界や職種などをある程度決めている方は「志望条件の登録」まで行っておくことをオススメ致します。

マイページログイン前にエリアまたは県の指定をオススメ

会員登録手続が完了すれば、マイページへログインすることでダイヤモンド就活ナビの全ての機能を利用できるようになります。

もし就職先のエリアや都道府県を確定されている方はダイヤモンド就活ナビのロゴのすぐ横にある「地元就活情報はこちらから」の下にあるボックスから、就職候補県またはエリアの選択を行うことを忘れないよう行って下さい。

そうすれば選択した都道府県、またはエリアに特化された最新の就活関連情報をトップページからすぐに把握できるようになります。

尚、就職先エリアを特に決めていない、あるいは全国的な情報を得たいという方は特に選択する必要はありません。

また、当初は特定のエリアや県を指定して情報を得ていたが、全国版に戻したいという場合には画面左上に表示されている「県・エリア選択」の上に「全国トップへ」という見出しがありますのでそちらを押すだけですぐに全国版に戻すことができます。

マイページログイン後に利用できる機能

登録手続きが完了すればダイヤモンド就活ナビのサーバーへログインし、マイページなど全ての機能を利用できるようになります。

マイページには、イベント関連情報や筆記試験対策など以外に次のような機能があります。

メッセージ機能

エントリーを行った企業とメールを中心に情報のやり取りを行える機能です。要はメールの送受信ボックスのようなものです。

スケジュール機能

就活に関するスケジュールを記録、整理できる機能がスケジュール機能です。

ダイヤモンド就活ナビの各種イベントと連携しており、イベント参加に申し込めばイベントの日程が自動的にスケジュールへ表示されるようになっています。

ブックマーク機能

ブックマーク機能は気になった企業情報をリストにして保存できるだけの機能ではありません。

エントリーしたり、説明会申し込みを行ったり、何らかのアクションを起こした企業に関する情報が自動的にリスト化される優れた機能があります。

就活エージェント機能

就活エージェント機能を他の言葉で言い換えると「お知らせ機能」となります。

自分が希望する勤務地や業種、職種などの条件を設定しておくと、それらの条件にマッチングした企業の説明会情報などを自動的に収集し、知らせてくれます。

ダイヤモンド就活ナビのデメリット

ダイヤモンド就活ナビはUIターンに強い、理系向けイベントが充実している等、就活生にとって心強いメリットが有りますが、次のようなデメリットもあります。

ダイヤモンド就活ナビの特徴を活かすためにも、こうしたデメリットを理解した上で活用することが望まれます。

  • 全体の求人企業数(5千社以上)ではマイナビやリクナビよりかなり劣る
  • 地方の求人企業に強い反面、首都圏や関西圏の大手企業の求人は少ない
  • ダイヤモンドスカウトセミナーは人気が高い上開催地、開催回数、定員など限られるため参加しにくい
  • 就活ゼミやセミナーは首都圏や関西圏での開催が多く、地方では参加しにくい

ダイヤモンド就活ナビの評判(前年度利用者の声)

「地方に特化して就活情報得られる点はスゴイ!」(男性・メーカー勤務)

「私は就活を始めた当初から地元に戻って就職することを決めていましたが、ダイヤモンド就活ナビのことは知りませんでした。
マイナビやリクナビは無数にあると言って良いぐらいたくさんの求人企業を検索できますが、Uターンを目指す者にとっては無駄に規模が大きく、使いづらいと感じていました。
そんなある日、Uターン就職を目指していた同期からダイヤモンド就活ナビのことを教えてもらったのですが、アクセスした画面を見て思わず「これだ!」と声をあげたことを今でも憶えています。
就職先の県を指定したら、その県に関するイベント情報が検索せずともトップページですぐに確認できる点は非常に便利だったし、快適だと思いました。
ダイヤモンド就活ナビを使うようになってからはマイナビやリクナビは参考程度にしか利用せず、ダイヤモンド就活ナビメインで使っていましたが、Uターンを考えている方ならダイヤモンド就活ナビで十分だと思います。」

 

「Iターン就職、できました!」(男性・地銀勤務)

「Uターン就職であれば自分の地元ですから地の利も活かせると思いますが、Iターンの場合、Iターン先にコネでもない限りなかなか情報が得にくいですよね。
そこでリクナビに加えて利用することにしたのがダイヤモンド就活ナビでしたが、このサイトの活用がIターン就職実現のきっかけを与えてくれました。
ダイヤモンド就活ナビにアクセスすると、自分が指定した県やエリアのイベント情報が真っ先に目に飛び込んできますが、ここでIターン先の合同説明会が開催されていることを知りました。
早速申し込んで、合同説明会に参加していた全ての企業の人事担当者と話すことができましたが、その際にご縁があったある地銀から内定を頂き、現在その地銀で働いています。
ダイヤモンド就活ナビの合同説明会に参加したからIターン就職できたようなものです。
特にIターンやUターン就職を目指している方はダイヤモンド就活ナビに登録し、積極的にイベントに参加することをオススメします。」