求人広告といえば、新聞折り込みチラシやフリーペーパーがありましたよね。
しかし最近では時代の流れとともに、WEBで求人を探す人が増えています。
さらにスマホの普及によって求人検索用アプリも続々と登場。
実はこういった異なる媒体を連動させて求人を探せる仕組みがあるのです。それがディーナビ・ディースター。
一体どんな仕組みで、どのような特徴があるのでしょうか。

ディースターとは?

ディースターは、関西や関東を中心に発行されている紙媒体の求人広告誌です。新聞折り込みチラシとして配布されていたため、見たことがある方も多いでしょう。
ディースターには新聞折り込みチラシとフリーペーパーの2種類があります。
新聞折り込みチラシは毎週日曜日、フリーペーパーは毎週火曜日発行です。
もともとは、「Job Report」という求人誌からスタートし、その後新聞折り込みチラシになったという経緯をもっているようです。

ディーナビとは?

ディーナビは紙媒体であるディースターのWEB版と考えてよいでしょう。同じ名前でスマホ用アプリ版もリリースされています。
このディーナビ・ディースターですが、新聞折り込みチラシ(フリーペーパー)、PC、スマホの求人が連動していることをご存じでしたか?

ディーナビ(ディースター)の特徴と使い方

チラシとWEB、アプリが連動

ディーナビ・ディースターを運営している「大新社」は、紙とWEB&アプリにセットで求人情報を掲載できることを売りにしており、どの媒体へもアピールできる強みを持っています。
また、ディーナビにはWEB版とアプリ版があり、これらの求人広告が新聞折り込みチラシ&フリーペーパーのディースターと連動しています。
つまり、紙媒体の求人情報をWEBやアプリからでも閲覧できる点が、最大の特徴といえるでしょう。
WEBやアプリの時代になったとはいえ、折り込みチラシの集客力・広告力はまだまだ大きいですからね。
紙媒体の情報に信用を置く人もいるでしょうし。
また、駅前に設置されているタイプのフリーペーパー版もあり、こちらとも連動しているという特徴があります。
例えば、学校の帰りに駅前のフリーペーパーを眺めていたとしましょう。
そしてそのままフリーペーパーを無くしてしまった場合、通常であれば求人に応募することはできなくなります。
しかしディーナビ・ディースターならWEBやアプリとも連動しているため、PCやスマホから気になった求人を再確認できるのです。

動画で職場風景が確認できるアプリ版ディーナビ

 

 

アプリ版ディーナビの特徴として、職場の雰囲気が写真や動画で確認できるというものがあります。
実際に求人に応募したあと、最も気になるのは職場の雰囲気という方は少なくないでしょう。
ある意味、給与や待遇よりも重要ですからね。雰囲気が自分に合わなければ、仕事を長く続けるのは難しいものです。
ディーナビではこういった応募者側の不安を事前にやわらげ、自分に合った仕事を見つけやすいように動画や写真を活用しています。
アプリ版の機能ですから、スマホでいつでも確認できるという気軽さもメリットでしょう。
また、希望している条件にマッチした求人が掲載されたときに通知する機能、

GPS機能を使った近所の求人検索機能、WEB版ディーナビと連動した会員情報やお気に入り情報のチェック機能を搭載しています。

ディースターのQRコードを読み取るとディーナビが表示される

紙媒体とアプリが連動しているからこそ実現できた特徴といえるでしょう。ディースターのQRコードをスマホで読み込めば、ディーナビが表示されます。
紙媒体で募集要項を確認しつつ、スマホで職場見学用の動画・写真を眺めたり、WEB応募やワンタッチ電話応募を使ったりというコンビネーションが可能になるのです。

まずはWEB版で登録!アプリとも連動

実際にディーナビ・ディースターを便利に使うために、まずWEB版で登録しておきましょう。
登録はとても簡単で、ディーナビ公式さいとから「会員登録(無料)」をクリック。
必要事項を入力し、「同意して登録する」を押すと登録情報の確認画面にうつります。
情報を確認して間違いがなければ登録をクリック。
入力したメールアドレスに仮登録メールが届くので、記載されているURLをクリックすれば本登録が完了です。
ここで登録した情報は、アプリ版のディーナビとも連動しますので、PCからスマホにうつっても面倒な作業は不要です。

利用者の評判は?

良い評判

  • アプリ版のマップ機能が便利で、視覚的に求人がどこにあるかわかりやすい
  • 職場の雰囲気を体験できる写真や動画が斬新
  • 空き時間にスマホで見つけた求人情報を後でゆっくりパソコンから見れるのが助かる

悪い評判

スマホの機種によってはGPSがうまく働かず、近所の求人が表示されない

地域によっては近所の求人が表示されないといった評判があるようです。このあたりは今後のアップデートに期待ですね。
また、紙媒体のほうが使いやすいという方は、折り込みチラシ&フリーペーパーである「ディースター」を活用してみてはいかがでしょうか。

空き時間に求人を見つけやすいディーナビ・ディースター

これまで紹介したように、ディーナビ・ディースターの組み合わせでは、新聞折込チラシ、フリーペーパー、WEB、スマホアプリと4つの媒体を使っています。
また、連動させることによって仕事を探す人がいつでも求人にアクセスできるようになっており、場所や時間にとらわれず仕事探しが可能です。
ディーナビではスカウト機能もありますから、企業からのオファーを待つという使い方もできそうですね。
また、紙媒体中心の方はQRコードを読み込ませることで、WEB版からより詳しい情報を入手できます。
アナログ、デジタル双方の良いところを取り入れたディーナビ・ディースターの組み合わせ。
仕事探しの強い味方になりそうですね。

ディーナビの公式サイトはこちら

コチラの記事も 赤

求人はアプリで探すのがいちばん!そんな方にはコチラの記事
⇒転職におすすめの人気神アプリランキング!スキマ時間で賢く求人検索