薬剤師の主な就職・転職先としてドラッグストアがあります。
現在のドラッグストアにとって、薬剤師は無くてはならない存在であることは間違いないでしょう。
しかし、気になるのは仕事内容ですよね。例えばレジ打ちです。
果たして、ドラッグストア常駐の薬剤師は、レジ打ちも業務のうちなのでしょうか?
ドラッグストア運営の中核を担う、管理薬剤師の待遇や年収などにも触れながら、解説していきます。

ドラッグストアで薬剤師は接客もするのか?

冒頭でも述べたように、ドラッグストアには薬剤師の存在が欠かせません。
しかし、ドラッグストアは日用品なども扱う施設ですから、当然薬以外の販売も行う場合が多いです。
バーゲンの日ともなれば、日用品の大量買いなどで、レジに列ができてしまうこともしばしば。
このような時、薬剤師はレジ打ちや品出しといった一般的な店員と同様の仕事をするのでしょうか?

結論からいうと、答えは「YES」です。
むしろ、薬剤師であってもレジ打ちや品出しに追われることもあり、これがネックになってドラッグストア勤務を避ける人すらいるようです。
しかし、逆に接客が苦手でなかったり、学生時代のアルバイトでレジ打ちに慣れていたりすると、これもメリットになります。
要は、個人のとらえ方次第でメリットにもデメリットにも成り得るということですね。

しかし、薬剤師の中には「レジ打ちをするために薬剤師になったわけではない!」「接客よりも調剤など専門性のある仕事がしたい」といった方もいるでしょう。
そのような場合には、調剤薬局への転職がおすすめ。
ドラッグストアはあくまでも、「商品を販売する場」ですからね。

ただし、常駐する管理薬剤師ともなればドラッグストア勤務で身につくスキルもあります。
そこで、管理薬剤師について説明していきますね。

管理薬剤師とは?

管理薬剤師とは、ドラッグストアや薬局などで現場の指揮監督をする立場にある薬剤師のこと。
医薬品の販売、製造、取り扱いをする現場には、必ずこの管理薬剤師を配置する必要があるのです。
例えば、薬局の経営自体は薬剤師資格を保有せずとも可能ですが、必ず管理薬剤師を雇って常駐させる必要があります。
また、店舗をまたいで管理薬剤師を兼任することはできず、原則として1店舗に1人の管理薬剤師が必要です。
管理薬剤師になるためには、薬剤師資格の他に特別な資格はいりませんが、薬剤師として3年以上の実務経験が条件となります。
さらに、アルバイトや短時間勤務では管理薬剤師となることは難しく、正社員もしくはフルタイム勤務のパートタイマーだけが管理薬剤師の対象です。
もう少し具体的にいうと、「週40時間以上の勤務」が原則です。

管理薬剤師の仕事内容・勤務時間・年収は?

管理薬剤師の仕事内容は、大きく「スタッフの管理」と「医薬品の管理」に分類されます。
ただし、これもドラッグストアなのか調剤薬局なのかで仕事内容は微妙に変わってくるでしょう。
(ちなみに、病院では管理薬剤師の配置義務はないものの、募集自体はあります。)
そこで勤務先別に管理薬剤師の仕事や勤務時間、年収などを説明していきますね。

ドラッグストアの場合

ドラッグストアでは、医薬品や日用品といった商品の管理と、スタッフの管理が主な仕事です。
特に商品の品目が病院や調剤薬局よりも多いため、これらの管理に多くのエネルギーが必要となるでしょう。
一般的な医薬品のほかにサプリメントや健康食品もありますから、それぞれの役割、特徴などを把握しなくてはなりませんからね。
また、効果や効能をうたってはいけない商品に不適切なキャッチコピーなどがないかをチェックする必要もあります。
スタッフの管理については、シフト管理や現場での指導が主になるでしょう。
ドラッグストアではパートやアルバイトなど人材の出入りが激しいこともあるため、人材配置にも注意を払う必要があります。
勤務時間はドラッグストアの営業時間に準ずるものの、朝は8時もしくは9時、夜は遅めで20時から23時がほとんどのようですね。
フルタイム勤務で年収は600万円から700万円がボリュームゾーン。
店長を兼任することもあり、勤務時間も長めなことから年収は高めに設定されています。

調剤薬局の場合

ドラッグストア同様、医薬品とスタッフの管理が主な仕事です。
ただし、調剤薬局では医薬品の在庫管理、品質管理、近隣薬局との連携による在庫調整(在庫切れのときの調達)などを行います。
また、医薬品の保存状態にも気を使う必要があるため、温度や環境にも配慮します。
スタッフの管理については、チームとしてしっかり機能しているか、患者とのトラブルを起こしていないか、調剤と薬歴の管理は適切かなどをチェックしていきます。
勤務時間は調剤薬局よりも短めで、朝は9時から、夜は18時もしくは19時というケースが多いようです。
年収は550万円から650万円がボリュームゾーンとなるでしょう。

病院の場合

病院でも調剤薬局とほぼ同様の仕事内容がありますが、調剤薬局では取り扱うことのない薬品もあるため、この点が特徴といえます。
医薬品の管理には細心の注意と知識が必要となるでしょう。

勤務時間は病院によってまちまちですが、年収は550万から600万円がボリュームゾーンです。

管理薬剤師のメリットとデメリット

ここで管理薬剤師のメリットとデメリットについて触れておきますね。薬剤師を目指す方は参考にしてみてください。

メリット

最も大きなメリットは「人を管理・指導する立場」を経験できるということでしょう。
これは管理薬剤師ならではの仕事内容といえるからです。
薬剤師としてのスキルはもちろんのこと、社会人として、ビジネスマンとして求められる普遍のスキルが身に付きます。
また、ドラッグストアなどで店長を兼任すれば店舗運営に関するノウハウも習得可能です。
人と店舗を管理、運営する能力は薬剤師としての専門知識に加えて大きな武器になります。
転職時には積極的にアピールできるポイントになるでしょう。

デメリット

責任の重さとプレッシャー、勤務時間の長さなどがデメリットとなるでしょう。
現場責任者として常に周囲に気を配る必要がありますし、ミスや過失の責任を問われる可能性もあります。
もちろん、周囲のサポートがあるものですが、相応のストレスは覚悟しておくべきかもしれませんね。
また、シフト管理の都合上、どうしても人員の確保ができない場合などは、代わりに勤務する必要もでてきます。
このような場合は、勤務時間が長くなったり、休日を思うように取得できなかったりといった場合もあるため、注意が必要です。

メリットとデメリットを見比べると、少し腰が引けてしまう方もいるでしょう。
しかし、ビジネスマンとしての実績・スキルを積むことができる立場として、将来的には非常にためになる仕事です。
キャリアップを狙うなら、一度は経験してみる価値があると思いますよ。

まとめ

薬剤師の転職市場は、近年活発化しており、管理薬剤師を求める現場は数多くあります。
これは高齢化や健康志向の高まりといった背景があること、そして何より「現場を任せられる人材」の不足が顕著だからです。
責任やプレッシャーは大きくなるものの、人やモノを指揮・監督・管理する立場を経験できるのは貴重なこと。
貴重な経験を積むことで、より付加価値の高い人材とみなされるようになります。
管理薬剤師となることは、将来を見据えたときに決してマイナスになる選択肢ではない、といえそうです。