DTPオペレーターは資格名称ではなく職種名称であり、資格がないとその仕事に就けないということはありません。

実際DTPオペレーターとして活躍されている方の中には、資格を持っていない方も多数います。

しかしながらDTPオペレーターとして更にキャリアアップを図りたい、あるいは未経験ながらDTPオペレーターへ転職したいと考えている方々なら話は別です。

ライバルに差を付けるためにも、プラスαとして資格はあった方が断然望ましいと言えます。

今回はDTPオペレーターとして既に活躍されている方がキャリアアップ転職を図ったり、未経験でDTPオペレーターへの転職を図る際、積極的に取得して欲しいプラスαとしての資格をご紹介致します。

DTPオペレーターの仕事内容と望まれる役割

DTPオペレーターとは

DTPオペレーターと資格の関係性や必要性を理解するために、まずはDTPオペレーターの仕事内容について確認しておきましょう。

DTPオペレーターの「DTP」とは「DeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)」の略称です。

用語辞典等でDTPには「机上印刷」といった直訳的意味があてがわれていますが、机上印刷と言われてもピンときませんよね。

一昔前の印刷は企画から印刷物が仕上がるまでの行程は、それぞれ分業で行なわれていました。

ところがパソコンの登場により、印刷データを紙に印刷し、パンフレットやチラシ、本を作るといった最終的な行程を除けばほとんどパソコン上で行なえるようになりました。

パソコンは机の上にモニターをおいて使用します。

つまり机上で印刷行程の大部分を行えるようになったことからDTPという言葉が生まれ、そのDTP作業に取り組む方を「DTPオペレーター」と呼称するようになった訳です。

DTPオペレーターに求められる役割や知識

DTPオペレーターの仕事を簡単に言えば、パソコンと専用ソフトを使用して紙面に反映させる印刷物のデータを制作、完成させることです。

ではその仕事を行うためにどのようなスキルや知識等が必要か、整理してみましょう。

パソコンスキル

パソコンが使えることは当然であり、大前提と言えますよね。

DTP用の専門的ソフトの操作スキルや知識

DTPにおける三大ソフトと言われているのが「インデザイン」、「フォトショップ」、「イラストレーター」ですがこれらのソフトを操作できるスキルや知識も必須と言えます。

パソコンの色彩と紙媒体の色彩知識と色彩感覚

DTPはパソコン画面を見ながら印刷データを作り上げてゆきますが、パソコン画面(RGB)と紙媒体(CMYK)では色彩が異なってくるため、より美しい紙媒体の印刷物を作り上げるには、こうした画面と紙面の色彩の違いに対する知識や色彩感覚も必要になります。

印刷ワークフローを踏まえたコミュニケーション能力

DTPオペレーターは印刷物発注者もしくは企画者の考えやイメージを汲み取り、適宜コミュニケーションを図りながら印刷データを完成させてゆくことが重要になってきます。

ただパソコンに向って印刷データを黙々と作れば良いのではなく、コミュニケーション能力も必須なのです。

DTPオペレーターにプラスαとして望まれるスキルや知識とは

先程ご紹介したスキルや能力、知識はDTPオペレーターとして必須のものばかりです。

そうした必須のスキルや能力以外に、必須とまでは言えないがあった方が望ましい、或いはあれば重宝されたり、喜ばれたりするスキルや能力があります。

こうしたプラスαとしてのスキルや能力はDTPオペレーターの方が転職を通じてキャリアアップを図ったり、未経験の方が転職を果たしたりする場合に大いに役立ちます。

デザイン力

DTPのデザインに関してはDTPデザイナーという専門的職種があり、DTPオペレーターが印刷データのデザインを引き受ける必要は本来ありませんでした。

しかしながら実情として、DTPデザイナーとオペレーターはそれ程明確な線引きがなされている訳ではありませんし、人件費の問題等から会社によってはDTPオペレーターに印刷データのデザイン領域から仕事を任せている場合もあります。

つまりDTPオペレーターとDTPデザイナーを兼ねることができれば、それだけ転職先の選択肢が拡がることを意味します。

また、DTPのデザイン力を磨けばWEBデザイナーとしての道も開けますので、あれば望ましい能力であることには間違いありません。

漢字力やビジネス文書に関する知識、表現上のマナー等

印刷物の校正は発注者側が行なったり、会社によっては校正専門のスタッフが行なったり等々、DTPオペレーターが必ず行なうとは限りません。

しかしながら渡された原稿を細かく確認しながら印刷データを制作するDTPオペレーターは仕事上、漢字の間違いや表現上おかしな点などに気付きやすい立場にあります。

DTPの作業を行うプロセスでミスを発見し、修正を行ってくれれば校正作業が軽減されるため、クライアントからも感謝されます。

そのためには漢字や熟語に対する正確で広範な知識や、ビジネス文書であればマナー敬語表現などに対する知識が必要となります。

資格はパスポートではないがプラスαとして機能する!

DTPオペレーターとして必須のスキルや知識、あれば望ましいスキルや知識などをそれぞれご紹介してきましたが、そうしたスキルや知識があることを客観的に証明してくれるものが「資格」です。

冒頭でもお伝えしたとおり、DTPオペレーターは資格がないと出来ない仕事ではありません。

しかしながら採用する側の視点で考えて頂きたいのですが、中途採用試験において、もしDTPオペレーターの業務経験がある方が二人応募してきたとします。

経験年数も人間性も大差なかった場合に片方は資格を全く持っていない、もう一人の方はDTP業務に関わりが深い資格を複数持っているとなれば、採用する側にとって後者の方が安心感が高まるのではないでしょうか。

つまり資格は「転職のパスポート」ではないものの、転職を有利にするためのプラスαとして機能しますので、ないよりあった方が断然良いのです。

キャリアアップの転職を実現するためにオススメの資格とは?

ではDTPオペレーターとして年収アップを図るために転職したい、あるいは未経験からDTPオペレーターを目指したいといった場合に有利になってくるオススメの資格にはどのようなものがあるか、ご紹介しましょう。

DTPエキスパート

現役DTPオペレーターの方が自分自身の実力の証として取得する場合も多いのが、「DTPエキスパート」です。

DTPエキスパートはJAGAT(公益社団法人日本印刷技術協会)が認証する民間資格ですが、JAGATは印刷会社の団体組織でもあります。

そのためDTPエキスパートは、加盟している多くの印刷会社がDTPオペレーターをはじめとしたDTP業務に関わる人材に求めたい資質やスキル、知識などを試験で評価する資格とも言えるため、印刷会社への転職で一定の強みを発揮してくれます。

DTPエキスパートの取得方法や対策

DTPエキスパートはJAGATへ受験申込を行い、試験で合格点を取得すれば認定資格を得られます。

合格率は40%~50%程度なので、1ヶ月程度集中的に試験対策学習を行なえば取得可能です。ただしDTPエキスパートの資格は永久資格ではなく、2年ごとの更新資格ですので、継続的に勉強し続けることが大切です。

ではどのような教材を利用して学習すれば良いかですが、DTPエキスパート用の教材は「学習ツールのご案内」というサイトページで紹介されていますのでこちらの中から選んで学習すると良いでしょう。

(学習ツールのご案内)
https://www.jagat.or.jp/cat5/dtp/exam/tools

アドビ認定アソシエイト「イラストレーター」、「フォトショップ」

DTPオペレーターが使う定番ソフト「イラストレーター」と「フォトショップ」についても資格があれば確かなスキルや知識を有している客観的な証明になります。

イラストレーターとフォトショップに関する資格としておススメなのが、両ソフトのメーカーであるアドビ社が認定する「アドビ認定アソシエイト」です。

アドビ認定アソシエイトの取得方法や対策

アドビ認定アソシエイトはCBT形式といってネット上で申し込みを行い、尚且つネット上で試験を受けることができるオンライン形式の試験となっています。

そのため受験会場へわざわざ出向く必要がなく、受験しやすいタイミングでしかも自宅で受験することができます。

対策学習としては次のページを参考にして頂ければ、推奨テキストが紹介されていますので書店などで中身を確認し、自分が最も学習しやすいと思えるテキストを選定して学習すると良いでしょう。

http://adobe.odyssey-com.co.jp/study/

ビジネス文書検定1級

DTPオペレーターとしてキャリアップを図る場合、お伝えしたとおりビジネス文書に関するマナーや表現上の知識などもプラスαとして役立ちます。

特に大手企業や官庁などと取引を行っている印刷会社は正確性が問われるビジネス文書を取り扱う機会も多く、DTPオペレーターがその点に長けていれば安心して仕事を任せることができますので、採用時のアドバンテージになってきます。

ただし、ビジネス文書検定は英検や漢検同様級数があり、低い級数ではあまり評価をされません。

転職で一定の評価を得るには「1級」を取得することが望ましいと言えます。

ビジネス文書検定1級の取得方法や対策

ビジネス文書能力検定は公益財団法人実務技能検定協会が実施しています。

同協会の検定試験に関するホームページにアクセスすれば、ネット上から受験申込を行なうこともできます。

http://jitsumu-kentei.jp/BB/index

主な試験対策としてはビジネス文書検定1級の試験問題集を購入し、何度も繰り返し学習することが効果的です。

漢字検定(2級以上)

印刷物の企画者や発注者が気付きにくい漢字や熟語のミスを発見したり、指摘できたりすればクライアント側にとっても、仕事を受ける印刷会社にとっても重宝します。

そうした漢字に関する能力の証明となるのはズバリ漢検です。

近年では漢検上位級取得を奨励する企業も増えており、漢検はDTPオペレーターに限らず多方面の仕事で役立てることができる資格です。

ただし漢検も低い級数ではほとんど評価されません。転職で評価を得るには最低でも2級、できれば準1級以上が望ましいと言えます。

漢検の取得方法や対策

漢検は「公益財団法人日本漢字能力検定協会」が主催している検定試験であり、同協会が運営している漢検専門サイトにアクセスすれば受験日程がわかるほか、受検申込期間中であればインターネットから申込むことができます。

http://www.kanken.or.jp/kanken/

漢検は準2級からかなり難易度が上昇し、合格率も3割を切ってきます。

それだけに漢字だからと侮らず、漢検の2級や準1級の問題集を購入し、何度も繰り返し学習することが検定合格の王道であり、近道です。

こちらのページもよく読まれています!い