ei1

 営業事務という仕事。どんな仕事内容なの?

ei3

求人情報誌においてアルバイトや派遣社員、正社員の募集を眺めていると、「営業事務」という言葉を目にすることが多いかと思います。

この営業事務という仕事、女性をターゲットした求人として募集されていることが多いお仕事です。その仕事内容を少し具体的にお話しますね。

営業事務とは、簡単に言えばです。

もう少し詳しく仕事内容を掘り下げると、以下のようになります。

img商品やサービスの受注、発注に関する書類作成と事務処理

img取引先との納期調整や管理、請求書の作成

img社内資料の作成やプレゼン資料作成の補助

img顧客からの電話対応および営業担当への取次など

このように営業事務の仕事内容を見ると、単なる事務職というわけではなく、ヒューマンスキルやコミュニケーション能力が必要とされる仕事であると想像できるのではないかと思います。

事務とはいっても社内の関係者や顧客とのやり取りも頻繁に発生しますから、コミュニケーション能力に自信のあるかたや、人と接することが好きな方に向いているお仕事といえそうです。

また、最近では海外拠点とのやり取りが仕事内容に含まれるケースも増えています。

外資系企業やグローバル企業の一部では、海外に駐在している社員や英語圏の本社、支社とのやり取りが発生することが考えられるため、英語をはじめとした語学力を活かす機会としても適しているでしょう。

営業事務はこんな人が向いている!

ei2営業事務に向いているのは、誰かのサポート役や縁の下の力持ちといった役割が好きなタイプといえるでしょう。

多くの資料を作成し、さまざまな人とのつながりがある営業事務ですが、どちらかと言えば地味な仕事内容が多い職種となります。

そのため、協調性を持ちつつも謙虚でスムーズな仕事ぶりが評価されやすいようです。

また、資料の大半は表計算ソフトや文書作成ソフト、プレゼンテーションソフトで作成することになるため、パソコンを使った作業に抵抗がないことも重要でしょう。

さらに、営業事務の仕事が滞ってしまうと社内の業務がスムーズに進まないことになりますので、責任感をもって仕事に取り組めるかどうか大切です。

ひとつひとつの仕事の難易度はそれほど高くはないものの、同時に複数の仕事を平行して進める必要があります。

そのどれもが企業にとって大切な業務となりますので、複数のことを同時にこなしても苦になりにくい、女性への求人情報が多くなっているのです。

正社員以外でも求人はあるの?アルバイトや派遣社員での応募

%e6%b5%81%e3%82%8c_12営業事務の求人は、正社員のみならずアルバイトや派遣社員といった形態であっても応募可能です。

もちろん、アルバイトや派遣での募集も数多くあります。例えば検索エンジンで「営業事務 アルバイト」「営業事務 派遣」といったキーワードで検索すると、さまざまな業界での求人が出てくるでしょう。

どの業界であっても営業に関する事務処理や、社内の資料作成、一般事務に関する人員は必要になりますから、どの業界での営業事務を希望するのかを決めておくことが大切です。

 

営業事務なら身につけておきたい!役立つスキルとは?

img_023

営業事務への就職を希望するならば、アルバイトや派遣、正社員といった形態にかかわらず身に着けておきたいスキルがいくつかあります。

まず、基本的なビジネスマナーや電話対応のスキルです。表舞台に立つことは少ないとはいえ、社外の人間と頻繁にやり取りをすることもあるのが営業事務。

相手に不快な思いをさせないよう、言葉遣いや電話対応のスキルは備えておきたいところです。

特に、電話対応時においては敬語の使い方で迷う方もいるでしょう。敬語は正確に使えることに越したことはありま
せんが、まずはしっかりと相手の話を聞いて、ポイントを押さえた回答ができるという点が重要
です。

そのために重要なのは「聴く力」になります。

顧客や社内の人間と正確にやり取りするためには、相手の話をじっくりと聴くことが大切。

さらに、あて名書きのルールや簡単な文書作成のひな型なども理解しておくと、仕事を進めるうえで有利になります。

また、近年ではパソコンを使った事務処理が一般的であるため、基本的なPC操作スキルやオフィス系ソフトの使い方などもマスターしておくとよいでしょう。

特にマイクロソフト社の「Access」を使いこなせたり、「Excel」の関数に詳しかったりすると、即戦力として重宝される傾向にありますよ。

営業事務ならアルバイトや派遣からのステップアップも!

img_022

これまで紹介したように、営業事務という仕事は企業の屋台骨を支える重要な仕事です。

細かな作業を同時に行いながら、資料や書類を作成していくスキルが求められています。

この営業事務という仕事は、業界や会社の規模にかかわらず必要になることが多いため、一定期間以上安定して勤務していれば、正社員や契約社員へのステップアップも視野に入ってくるでしょう。

筆者が過去に所属していた企業でも、アルバイトや派遣といった雇用形態から、正社員や契約社員として直接雇用となった例がありました。

まずは間口が広いアルバイトや派遣で応募し、スキルや信用を積み重ねて直接雇用を目指せるのが営業事務という仕事。

もちろん、アルバイトや派遣で時間の都合をつけつつ働くこともできるので、ライフスタイルに応じた働き方が可能です。

コミュニケーション能力や同時に複数の作業を平行する能力が必要とされるなど、女性には向いている仕事のひとつといえますので、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

★よく読まれているページはこちら