噂に聞いたことがあるけれど、実際経験したことがある人は少ない。
そんなアルバイトのひとつが「エキストラ」です。
レアバイトのひとつに数えられることも多いエキストラですが、その実態やメリット、探し方について紹介していきます。

エキストラってどんなバイト?

エキストラとはいわゆる「端役(はやく)」のことです。
映画やドラマなどでセリフがあるようなメインの役ではなく、通行人、店員、その他背景に溶け込んでいるような役どころを演じる仕事を指します。
このエキストラですが、必ずしもプロの俳優が演じるわけではなく、俳優以外の素人を臨時で雇い、エキストラとして使うことが多いのです。
セリフのない端役とはいっても、同じ現場にはドラマや映画に出演する芸能人がいます。
そのため、芸能人を間近で見たい人や制作の現場を体験したい人にはおすすめできるアルバイトです。
また、基本的には単発のバイトになるケースが多いので、次の仕事が決まるまでのつなぎとしてバイトを探している人にもおすすめできます!

エキストラバイトのメリットとデメリットは?

ここでもう少しエキストラバイトについて詳しく紹介していきます。
多くの仕事がそうであるように、エキストラバイトにもメリットとデメリットがあるのです。

メリット

芸能人や有名人を生で見ることができる

芸能人や有名人は、画面の向こう側の人間と思いがちですが、制作の現場では意外と身近な存在です。
画面では見せないしぐさや表情などを感じることができるでしょう。
もちろん、気軽に話しかけたり握手をしてもらったりという行為ができる可能性は低いのですが、
それでも画面の向こう側で見るよりは圧倒的にリアルです。

将来俳優やタレントを目指している人の勉強になる

普通のアルバイトでは、映画やドラマの制作に必要な知識、経験などを積むのはほぼ不可能でしょう。
芸能界は特殊な業界であり、一般の仕事から芸能界の仕事に結びつくことはほとんどありません。
しかし、エキストラのアルバイトは、映画やドラマに出たい、俳優になりたいといった夢を持つ人にとって、貴重な経験の場です。
また、俳優やタレントを目指している人だけではなく、裏方の仕事に興味がある人にとっても貴重なバイトと言えるでしょう。

セリフがないとはいえ、演技の勉強になる

これは実際にエキストラのバイトに参加した友人から聞いた話です。
まず、拘束時間が非常に長く(天候や交通事情などで数時間待ちが発生するため)、時間的には不規則なことが多いようです。
しかし、プロの演者の演技を間近で観察できるため、非常に勉強になるとのこと。
また、「雑談」や「会議」、「談笑」している様子を演じてくれと頼まれることもあり、セリフはないながらも演技を求められることもあるそうです。
その友人は演劇部に在籍していましたが、普段とはまた違った緊張感の下で演技できたと語っていました。

デメリット

バイトといいつつも無報酬(ボランティア)のケースがある

交通費のみ支給、もしくは交通費すらでないボランティアのエキストラが多いようですね。
このあたりは、事前にしっかり条件を確認しておく必要があるでしょう。
いくら芸能人に会えるとはいえ、交通費で実質マイナスな上に時間的拘束も長いとなれば、ほかのバイトを選択したほうが良い場合もあります。

同じ仕事内容でも人によって報酬が異なる

エキストラとはいえ、芸能事務所に所属してある程度実績のある人もいれば、まったくの素人もいます。
当然これらは、報酬が異なるのです。
よって、必ずしも全員が同じ報酬を受け取れるとは限らないことを覚えておいてください。

人気のドラマや映画は倍率が高い!

エキストラバイトは、テレビ局の公式サイトなどでも募集されています。
しかし人気のドラマになるほど倍率も高く、応募したからと言って採用されるとは限りません。
むしろ当選したらラッキーくらいの気持ちでいたほうが、後々楽かもしれないですね。

拘束時間が長い

すでに述べたように、撮影現場では予定の変更や遅滞によって、待ち時間が発生することがあります。
個人の都合でシフト勤務が可能なバイトとは異なり、拘束時間も長くなりがちです。

このようにエキストラバイトにはメリット、デメリットの両面があります。
レアで特殊なバイトだけに、応募する人を選ぶかもしれません。
しかし、それでも挑戦したいという人は多いでしょう。
なかなかできる経験ではないために、人気が高いことも事実です。
そこで、エキストラバイトを探すためにおさけておきたいサイトを紹介していきますね。

エキストラバイトを探すならここ!ランキング

では、エキストラバイトを探すのにおすすめなサイトをランキング形式で紹介していきます。

1位:キャラジョブ

エキストラバイトの情報に特化したバイト情報サイトです。
あらかじめ登録しておくことで、エキストラバイトが紹介されるようになります。
キャラジョブの強みは、その案件の多さでしょう。
また、テレビ、映画、CMなどの出演実績も豊富で、さまざまな制作現場を体験できる可能性があります。
キャラジョブを運営している会社は、同時に芸能プロダクションも運営しており、このあたりがコネクションの強さの秘密なのかもしれません。

 

2位:マイナビバイト


国内の求人情報サイト大手、マイナビバイトでもエキストラバイトを探すことが可能です。
エキストラバイト特集を組むほど力を入れており、地域ごとに検索できます。
通常のアルバイトを探すのと同じ感覚でエキストラバイトが探せるため、初心者にもおすすめできそうですね。

 

3位:バイトル

マイナビバイトと同様に、大手アルバイトサイトであるバイトルでも、エキストラバイト特集を組んでいます。
こちらも地域から細かく検索が可能で、人気のドラマや映画、CMなどに出演できるチャンスが見つかりやすいでしょう。
また、エキストラと似ているバイトで「モニター」の仕事も豊富です。

 

まとめ

エキストラバイトの大半は単発となるため、本業や職探しの合間にスポットで取り入れると良いでしょう。
うまく採用されれば、貴重な体験とお金の両方を一挙にゲットできるチャンスとなります。
よって、お金よりも体験や楽しさを買うつもりで応募するのがおすすめ。
自分が興味のあるドラマやCMなどがあれば、まずは複数のバイト募集サイトに登録し、こまめに情報収集しておきましょう。
通常のバイトとは違い、いつも募集があるとは限りません。タイミングが非常に大切なのです。