テレビドラマや映画の撮影では、エキストラとして出演している人々がいます。
しかし、エキストラのバイトをやったことがあるという人は意外に少ないのではないでしょうか。
一方、映画やドラマなどの撮影現場を体験できるとあって、興味津々な人も多いはず。
そこで今回は、エキストラバイトの実態に迫り、注意点をまとめてみます。

エキストラってどこで募集しているの?

エキストラバイトの募集は、次のような場所で行われています。

テレビ局の公式サイト

テレビ局の公式サイトで直接募集されていることがあります。例えばTBSでは、「ボランティア・エキストラ募集」というページがあり、
番組ごとにエキストラを募集しています。
ドラマのクライマックスを飾る重要なシーンの募集もあるので、興味のある方はぜひチェックしておきましょう。

エキストラ募集サイト

エキストラ募集サイトでは、さまざまな映画、テレビドラマのエキストラ募集情報を随時公開しています。
「東京エキストラNOTES」などが有名どころ。ただし、登録料などを要求されるサイトには注意しましょう。

映像企画・制作会社のホームページ

エキストラが出演するのは、映画やテレビドラマだけとは限りません。プロモーション映像などを製作する映像制作会社のホームページでもエキストラの募集を行っています。
例えば、「神戸フィルムオフィス」では、専用登録用紙に記入して登録すれば、エキストラとして登録されます。

このように、エキストラが募集されている媒体は様々です。
ただし、ここで注意しなくてはいけないことがあります。
それは「報酬」についてです。

エキストラはボランティア?報酬に注意!

実は、上記で紹介したエキストラは、大半がボランティア形式。
役者やタレントの卵など、芸能界に興味のある方はもちろん、一般の方であっても撮影に携われることからボランティアであっても人気が高いのです。

しかし、エキストラをアルバイトとしてやりたい!という方は、しっかりと報酬を支払ってくれる求人を探さなくてはいけません。
エキストラは「原則無報酬、かつ交通費無支給」であることが多く、このあたりを理解しておかないとタダ働きをすることになります。

エキストラのアルバイトを探すにはどうしたら良い?

報酬が発生するアルバイトのエキストラを探すには、短期バイト募集サイトや、派遣求人の募集サイトに登録するのが良いでしょう。
また、もう少し本格的に探したければ、エキストラ派遣会社や芸能プロダクションに登録すると効果的です。

ただし、報酬が発生するエキストラのアルバイトであっても、交通費はほとんど支給されないようです。

エキストラバイトのギャラを知りたい!

エキストラバイトのギャラは、実は人によって大きく差があります。
例えば「新作映画クライマックスシーンの通行人役」という仕事があったとしましょう。
この仕事に応募した人全員が同じギャラとは限りません。
なぜなら、エキストラの中にはすでにテレビや映画で出演実績を積んでいる人も存在するからです。
無名の一般人であれば数千円のギャラも、ある程度実績がある経験者なら数万円という金額になることもあります。

以下、あくまで参考程度ですが、ギャラの一例です。

番組閲覧エキストラ

1収録あたり1000円から5000円程度
拘束時間は3時間程度

ドラマの通行人役エキストラ

拘束時間4時間で4000円

中には日当にして2万円クラスの高額案件もあるようですが、基本的にエキストラバイトは単発です。
募集をチェックしておきながら、空いた時間にアルバイトをするという方法が適しているでしょう。

エキストラバイトの仕事内容や注意点は?

エキストラのアルバイトは、基本的にはセリフがなく、背景の一部として参加するタイプが一般的。
しかし、だからといって楽なアルバイトというわけではありません。

例えば通行人役とはいっても、「休日に河川敷をジョギングしている男性役」となれば、
何度もランニングシーンを撮影することになります。
そのシーンにOKがでるまで繰り返すわけですから、それなりに体力が必要ですよね。

また、刑事モノなどでは重苦しい会議シーンに参加するエキストラもあります。
重要な会議シーンの真剣かつ重苦しい雰囲気を何度も撮影するわけですから、こちらもそれなりに神経を使うのです。

さらに、スーパーや住宅地で会話をしている主婦の役では、声を出さずに会話をしているフリをする必要があります。
楽し気に会話をしている雰囲気を作るわけですから、演技力が必要ですよね。

このように、背景の一部とはいいつつも、それなりに「演じ切る」ことが求められることもあります。

エキストラのアルバイトに関するQ&A

最後に、Q&A方式でさまざまな疑問に答えていきたいと思います。

Q:どんな人がエキストラとして採用されやすい?
A:撮影現場から求められる内容によります。シーンの雰囲気に応じて、主婦役であれば「50歳以上の女性」、ビジネスマン役であれば「30代男性」など、
求められるものが違うからです。こればかりは、実際の募集を見て、条件を見ていくしかありませんね。条件に合致すれば、選ばれる可能性は高いといえます。

Q:監督に怒られたりするの?
A:よほど酷い動きをしない限り、怒鳴られるようなケースは少ないようです。
良くも悪くも「雰囲気」や「背景」ですから、主張しすぎないことが求められます。

Q:未成年でも参加できるの?
A:未成年は登録の段階で保護者の承諾が必要になる場合があります。承諾が得られれば、未成年であっても参加は可能です。

Q:エキストラのアルバイトでつらいことは?
A:これは人によって感じ方が違いますが、待ち時間が長くなりがちなところでしょう。撮影現場ではスケジュールが遅延することがよくあるので、
待ち時間が非常に長くなることもあります。真夏や真冬の撮影などは、ちょっと辛いかもしれませんね。自分のスケジュールにも余裕が必要ですし。

Q:タレントや俳優に会える?
A:シーンによりますが、遠巻きに見ることはできます。ただし、実際に会話をしたり触れ合ったりということは、ほぼないと考えて良いでしょう。

Q:将来俳優を目指しています。演技の練習になる?
A:自分の演技というよりは、プロの演技を間近で見学できるため、参考になることが多いはずです。また、制作の現場を体験できるというメリットもありますね。

まとめ

映画やドラマの制作の現場を体験できることから人気を集めるエキストラのアルバイト。
ボランティアの場合が多いので、報酬が欲しい方はしっかりと募集要項を確認しておいてください。
また、待ち時間が長くなることや、それなりに演技力を求められるケースもあるため、単発のバイトであっても真剣さが求められます。
報酬そのものよりも、将来を見越した経験や趣味の延長として応募するほうが適しているかもしれませんね。

★こちらのページもよく読まれています!