就活を始めたいフリーター必見!就活方法やポイントを徹底解説

就活で悩んでいるフリーターの女性

今はフリーターをしているけれど、そろそろ正社員になりたい。けれど、どうやって就活をすればいいのか分からない…。

このように感じている方、多いのではないでしょうか。そこで今回は、フリーターが正社員として就職するための、就活の方法や押さえておきたいポイントについて徹底的に解説していきたいと思います。

フリーターの就活でよくある悩みとは?

フリーターの人が正社員になるための就活に臨む場合、さまざまなことで頭を悩ませています。

具体的には、以下のような悩みが多いといわれています。

フリーターが就活時によく悩むこと
  • 就活を始めたいけれど、何から手を付けていいのかわからない
  • 転職サイトを見ていても、自分にどんな会社が合うのかわからない
  • 正社員として働きたいけれど、条件の合う求人をなかなか見つけられない
  • アルバイト先をなかなかやめることができない
  • どんな仕事なら続けていけるのかわからない
  • いくら応募をしても書類選考を突破することができない
  • 面接まで行くことができても、内定までなかなかつながらない
  • それでも正社員として早く就職して安定した生活を送りたい

何から始めていいのかわからないし、書類選考や面接を突破できないため、くじけそうになっている人が多いのかもしれません。

しかし、本記事を読んでもらえれば、そのような悩みをしっかり解決へと導くことができますので安心してください。

そもそもフリーターと正社員とは何がどう違う?

この記事にたどり着いた人は、フリーターから正社員への転職を目指している人ばかりだと思います。ここで、フリーターと正社員の違いについてはっきりさせておきたいと思います。

フリーターとは、正社員とは異なり「非正規雇用」で働いている人々の総称のことを指します。最近では、特に20代から30代のフリーターが増加しているといわれているのが特徴です。

非正規の雇用形態としては、派遣社員、パート、アルバイト、紹介予定派遣などさまざまな属性があります。

フリーターにもメリットはある

非正規雇用であるフリーターには、正社員にはないメリットがあります。

具体的には以下の2つのメリットが考えられるでしょう。

  1. 自分のペースで生きていけること
  2. プレッシャーや責任を感じなくても良いこと

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

自分のペースで生きていける

フリーターであることのメリットの1つが、自分のペースで生きていけるということです。

正社員になると、1日8時間・週40時間程度の勤務が基本となりますが、フリーターの場合は自分でシフトを組むことができ、出勤数や休日を調整することができます。

そのため、朝早くからの仕事が苦手な人や、空いた時間を自分の趣味や勉強のために使いたい人のように、自分のライフスタイルを重要視している場合は、フリーターとしての働き方を選択するケースが多くなるようです。

プレッシャーや責任を感じなくてよい

フリーターであることには、プレッシャーや責任を感じなくても良いというのもメリットの1つといえます。

非正規雇用者では、仕事上で大きな責任を背負わされるようなようなことはありません。

そのため、正社員として勤務しているときにプレッシャーを感じることが多かった人や、できれば責任のある仕事は避けたいと考える人にとって、魅力的に映る場合があるようです。

フリーターと正社員との間に立ちはだかる大きな違い

ただ、一つ理解しておかなくてはいけないのが、フリーターと正社員にはとてつもなく大きな違いがあるということです。

この違いを認識できていなければ、将来的に困窮してしまうかもしれません。

生涯年収に大きな差がある

フリーターと正社員との大きな違いの一つが「生涯年収」です。

厚生労働省の統計によれば、フリーターと正社員が同じ企業で生涯勤務した場合、獲得できる賃金に大きな差が生まれることがわかっています。

具体的には、正社員の生涯年収が2~3億円であるのに対し、フリーターの場合は多くても8000万円になるといわれており、およそ3~4倍の差があるといわれています。

これは、正社員の場合には昇給や昇格があり、勤務年数が長くなるほど収入がアップしやすいことに対して、フリーターの場合は勤続年数による増収がほとんど無いことが根拠になっています。

社会的信頼に大きな差がある

フリーターと正社員との間には、「社会的信頼」の度合いにも大きな差が生まれることになります。

正社員の場合は正規雇用となり、仕事と収入が安定しているため、社会的に信用されやすくなります。また、法律によって不当な解雇が禁じられているため、正規雇用者の安定はある程度守られているといえるのです。

一方で、フリーターの場合、収入が安定しづらく、その金額も年齢が上がるにつれて開いていきます。また、非正規雇用の場合、契約期間の更新の是非は企業側が決めることになります。つまり、いつでも解雇される可能性があることから、社会的信用を得にくいのが実情です。

そのため、フリーターの場合、マイカーやマイホームといった大きな買い物をする場合に、ローンが組みにくくなってしまいます。この点に関しても、フリーターであることは不利に働いてしまうといえるでしょう。

将来の独立へ向けてフリーターを選択することの意味

フリーターを選択している人のなかには、将来的に独立することを考え、あえて正社員にならないという判断をしているケースもあります。

これは一理あることではありますが、一方で、将来の独立を考えているからこそ、正社員としての経験を積み、スキルアップを目指していくことの方が有利になる可能性もあります。

長い人生を考えれば、5~10年というのはあっという間に過ぎてしまいます。その間に正社員として社会生活を送るほうがいいケースもありますので、しっかり考え適切に判断できるようにするべきといえます。

正社員が無理だからフリーターというのは危険かも

新卒での就職活動や正社員としての社会生活を経験してから挫折をし、フリーター生活を送っている人もいると思います。

場合によっては、就活をしているけれど就職できないままでいるため、フリーターから正社員へ就職を諦めている人もいるでしょう。

しかし、だからといってフリーターでいることを選択してしまうと、先ほど説明したような将来的不安が付きまとってしまうことになりかねません。

そんなときは、就職支援サービスを活用するといいでしょう。こうすることで就職の成功率をグッとアップさせることができます。

フリーターから正社員への転職は、決して無理なことではありません。ですから、諦める必要もないということをしっかり理解しておきましょう。

フリーターが就職しやすい今がチャンスである

実は、現在ではフリーターが就職しやすい状況であり、正社員を目指すチャンスであるということを把握しておきましょう。

現在日本の労働者人口の約4割が非正規雇用であるといわれています。それに加え、景気の悪化と高齢化による人材不足が相まって、多くの企業で未経験採用を行っているのです。

実際、フリーターから正社員へと就職している人は年々増加している状況です。フリーターから正社員への就職は、決して簡単なものではありませんが、一方で多くの企業がフリーターを求めているということを知っておいてください。

フリーターの就活に必要な事前の準備とは?

ここからは、フリーターの就活に必要な事前の準備について解説していきたいと思います。

正社員になることを決意して、いざ就活を開始しようとしても、何から始めればいいのかわからないケースもあるでしょう。

事前準備には、自分の就活の軸を作るための準備と、業界や企業を知るための準備の2種類があります。それぞれについて理解しておけば、就活を前に進めていくことができるでしょう。

自己分析をして就活のコンセプトを決定する

フリーターの就活に必要な準備の一つが、自己分析を行い就活のコンセプトを決定するということです。

この作業を怠ってしまうと、企業とのミスマッチが起こってしまい、自分が希望する就職を実現することが難しくなってしまいます。

就活を始める場合は、客観的に自分を分析することから始めましょう。自分のこれまでの経験や身につけたスキル、興味のあることなどを洗い出すことで、今の自分に向いている業界や職種を選択しやすくなるでしょう。

現状を整理することで目標が設定しやすい

自己分析を行って現状を整理することで、就活に対する目標を設定しやすくなります。

今の自分を振り返りながら、どうして正社員として就職したいのかを考えてみてください。その答えを出すことができたら、就活に対する目標が立てやすくなりますし、その目標に対してブレずに就活を行っていくことができるはずです。

やみくもに正社員を目指したり、何となく就職したいと考えていたりするようでは、企業に必要とされる可能性は低くなってしまいますので、十分に注意しましょう。

どのような業種・職種へ就職したいか考える

自己分析を行うことで、自分がどのような業種や職種へ転職したいのかも考えやすくなるでしょう。

また、もともと目指している業界があるのであれば、自己分析の内容と照らし合わせて、自分に合った業界なのかを確認してみるといいでしょう。

もしかすると、あなたによりマッチした業界の存在に気付くことができるかもしれません。

業界や企業を研究する

フリーターの就活に必要なもう一つの準備が、業界や企業を研究することです。

自己分析を行うことで就活の軸を設定することができたら、次に就職先のことについて考えてみましょう。自分が就職して働くことイメージできるかどうか、つまり自分とマッチングするのかどうかを確認する作業です。

まずは、就職を希望する業界がどのような業界なのか、どんなサービスを提供しているのか、今後の成長が見込めるのかどうかなど、さまざまな視点から調べてみましょう。

こうしておけば、自分が本当にその業界に就職したいのか、就職するならどんな企業にするのかを判断することができます。

企業をある程度制定できれば、入社後のミスマッチを防ぎ、説得力のある就職の動機を伝えるために企業の研究を行います。

企業研究では、企業が持つ理念や企業がどんな人材を求めているのか、どんなビジョンを目指し、何を提供していくのかなどについて、企業のホームページや求人情報から確認していきます。

こういったことをしっかりと把握しておけば、提出する書類や面接での回答内容が一気にレベルアップするのです。

こうした準備をしているのとしていないのでは、雲泥の差がありますので必ず取り組むようにしましょう。

就活の流れを理解しておく

このような、自己分析や就職先についての研究のほかに、就活そのものの流れを把握しておくことも大切な準備です。

自己分析を行ったあとに求人情報を探す場合は、転職サイトで検索したり、転職エージェントに登録したりするといった、転職支援サービスを活用するのもおすすめです。

また、企業研究を行ったあとは、履歴書や職務経歴書などの必要書類の作成を行います。自己分析に沿ったありのままの自分に加え、どんな強みがあり、どれくらいの熱意を持っているのかアピールできるような書類に仕上げていきましょう。

企業の求人に応募し、書類選考を通過できれば面接となります。面接に合格できれば内定通知が届きますので、入社の意思を伝え、入社時の給与や入社日などの交渉を行って、晴れて就職することになります。

大まかにこのような流れで就職活動を行っていくことになりますので、効率的に進められるようにしておきましょう。

フリーターの就活で大切な履歴書と職務経歴書の書き方

ここからは、フリーターの就活で大切な履歴書と職務経歴書の書き方について解説していきたいと思います。

就活では、「書類選考」と「面接」による2つの選考が行われます。まずは、書類選考を突破できなければ、面接に進むことはできず、内定を勝ち取ることはできません。

そのため、履歴書や職務経歴書といった提出書類の作成は、就活において非常に大切な要素であるといえます。

以下に解説することを意識しておけば、書類選考を突破できる可能性が高くなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

履歴書を作成する際の注意点

まずは、履歴書を作成する際の注意点から見ていくことにしましょう。

誤字脱字がなく、丁寧に書くこと

基本中の基本となりますが、履歴書は誤字脱字がなく、丁寧に書いたものを提出するようにしましょう。

誤字脱字があるということは、企業に提出する書類としては大いに問題があります。また、そこを確認していないということにもなり、企業側からの印象は悪くなってしまいます。

また、丁寧に書く、ということも非常に大切です。文字が流れていたり、かすれていたりするような履歴書では、内容を正確に把握することは難しいでしょう。この場合も、企業に提出する書類としては及第点を与えられないでしょう。

自分の履歴書は、自分の分身だと思って、正確に丁寧に作成するようにしてください。

できるだけ具体的な内容を明記すること

履歴書の内容は、できるだけ具体的にすることが大切です。

もし、正確かつ丁寧に作成された履歴書だとしても、内容が薄ければ何の意味も成さなくなってしまうからです。

特に、履歴書には「自己PR」「志望動機」を明記する欄が必ず設置されています。ここは、履歴書で自分のことをアピールできる大切な場所ですので、具体的に書くことが大切になります。

例えば、「フリーターから正社員への就職を望んでいる」と書きたいのであれば、どうしてそのように思ったのかを、深く掘り下げて明記しておく必要があります。

それに加え、自分のことをアピールできるポイントについて、具体的なエピソードを添えたり、どんなことをどれだけ継続したのか、数字などを合わせて書いたりしておけば、採用担当者の目にも止まりやすくなるでしょう。

職務経歴書を作成する際に注意点

次に、職務経歴書を作成する際の注意点について解説していきましょう。

職務経歴書とは、履歴書とは別にこれまでの経歴を説明するために提出する書類のことをいいます。

履歴書についてはフォーマットが決まっていますが、職務経歴書についてはフォーマットが決まっていないため、自分である程度自由に作成することが可能です。

また、自己アピールをして書類選考を突破するためには、職務経歴書の出来が大きく影響しますので、作り方についてしっかり理解しておきましょう。

読みやすく伝わりやすいように作成する

職務経歴書を作成する場合は、相手が読みやすく伝わりやすいように作成することを心掛けましょう。

先述したように、職務経歴書はフォーマットが決まっていないため、うまく作成しないと読みにくいものになってしまうからです。

読みにくいというだけで、採用担当者に読んでもらえないケースも考えられますので、十分に注意するようにしましょう。

履歴書よりも具体的に書くことを心掛ける

履歴書は具体的に書くことが大切ですが、職務経歴書ではもっと具体的に詳しく書くようにすることが大切です。

職務経歴書では、単なる経歴ではなく、どんなことを経験し、何を成し遂げたのか、どんなスキルを身につけたのかなど、経歴の詳細を明記することが大切になります。

接客マナーやコミュニケーションスキルなど、自分が仕事で身につけたアピールポイントについて、しっかり明記しておけば、採用担当者があなたに興味を示してくれるかもしれません。

志望動機と自己PRは詳細に書き込む

職務経歴書では、志望動機や自己PRについても詳細に書きこむことが重要になります。

履歴書のこれらの欄は小さいですが、職務経歴書の場合はスペースを取ってより詳しく書くことができるからです。

どうしてこの業界・職種を志望しようと思ったのか、どうしてその企業に応募しようと思ったのか。あなたの考えについてできるだけ詳しく記入しましょう。

また、自己PRも同様に履歴書では書ききれないことについて、できるだけ具体的に書きこんで、採用担当者にアピールするようにしましょう。

履歴書を職務経歴書の作成には就職支援サービスを活用するのもおすすめ

履歴書や職務経歴書の質を上げたいと考えているのであれば、就職支援サービスを活用することをおすすめします。

というのも、利用するサービスによっては履歴書や職務経歴書を添削してもらえるからです。

特に、転職エージェントを利用した場合、担当のコンサルタントとの面談を通じ、応募する企業に合わせた書類作成のサポートを受けることができます。

転職支援の実績が豊富なコンサルタントに添削してもらえば、書類選考を突破しやすい履歴書や職務経歴書を作成することができますので、ぜひ活用してみてください。

フリーターの就活の最難関「面接」を突破するための対策を講じよう

ここからは、フリーターの就活での最難関である面接を突破するための対策について解説していきたいと思います。

履歴書や職務経歴書などの書類は提出するだけですが、面接となると実際に顔を合わせて質問に答えていくことになります。そのため、しっかり対策を講じていないと、採用担当者の印象が悪くなり、内定をもらえないことになってしまうのです。

以下には、フリーターの就活でよく聞かれる質問や、どのようなことを話すべきなのかについて詳しく解説していきますので、しっかり理解するようにしてください。

フリーターの就活でよく聞かれる質問

まずは、フリーターの就活における面接で、よく聞かれる質問について紹介していきましょう。

具体的には、以下のような質問を受けることが多くなります。

フリーターの就活面接でよく聞かれる質問
  • これまでの経歴を教えてください。
  • どうして正社員になろうと思ったのですか?
  • あなたの長所(短所)を、具体的にエピソードとともに教えてください
  • あなたの特技を教えてください。
  • あなたの成功体験を教えてください。
  • あなたの失敗体験と、それをどう乗り越えたのか教えてください。
  • 10年後にどんな社会人になりたいか、教えてください。
  • 現在のアルバイト先を選んだ理由を教えてください。
  • 現在のアルバイト先に対して、どのような貢献ができたと考えていますか?
  • これまでフリーターでいた理由を教えてください。
  • あなたにとって仕事とは何でしょうか?
  • あなたにとって仕事の楽しさや面白さは何だと思いますか?
  • 当社を志望した理由を教えてください。
  • あなたが会社を選ぶ基準とは何ですか?
  • 入社後に、職場の先輩や同僚とうまくコミュニケーションを取っていけますか?
  • 入社する時は中途入社扱いですが、基本的なビジネススキルやマナーは身についていますか?

このようにさまざまな質問を受けることになりますが、共通していることは具体的な行動やその行動の理由、これからの正社員・社会人としての生活についての質問であるということです。

このような質問に対し、うまく回答することができれば、面接突破に一歩近づくことができます。

このような質問には返答を準備しておくことが大切

面接を突破するためには、このような質問に対する返答をあらかじめ準備しておくことが大切です。

職務経歴や志望動機などについては、提出書類にも記載しているため、ある程度返答しやすいといえます。ただ、それ以外の質問について、スムーズに返答することが必要となります。

もし自分が質問されて返答できなくなってしまえば、その面接を突破する可能性は低くなってしまうでしょう。

ですから、質問に対してどのように返答するかを考えておかなくてはなりません。

特に「正社員になりたい理由」「フリーターとして働いていた理由」「フリーターとして学んだこと」などについては、面接官も気になるポイントですので、かなりの確率で聞かれることになります。

これらの質問について、自分の言葉で正確かつ適切に返答できれば、内定を勝ち取れる確率がグッとアップすることでしょう。

フリーターが自己PRで話したいこと

採用面接では、質問以外に自己PRの時間が取られることがあります。

このような場合は、自分が持っていて仕事に活かすことができそうなスキルや経験、または自分の特技や趣味などと関連させて、しっかりアピールすることが大切になります。

そのためには、先述した自己分析が大いに役立つことになります。自分のことを客観視しどんな強みがあるのかを知っておけば、自己PRがしやすくなるからです。

自分について棚卸しをし、しっかりと整理をしたうえでアピールすることを忘れないようにしましょう。

経歴の空白期間はストーリーで説明する

もし、あなたの経歴に働いていない「空白の期間」がある場合は、ストーリー性を持って説明することが大切です。

空白の期間とは、全く働いていない時期や、学校を卒業してから非正規雇用にて働いていた期間のことを指します。履歴書などでこのような期間があることを確認できた場合、かなり高い確率で質問されることになります。

そのような場合は、挫折から成長という流れのストーリー性を持たせて説明するようにしましょう。

「自分が至らなさから生まれた空白期間だが、その時間があったおかげで成長することができた」という流れで説明すれば、面接官にとってわかりやすく、印象的に伝えることができます。

一番いけないのは曖昧に答えたり、返答できなかったりすることです。自分なりの答えをしっかり見つけておくようにしましょう。

自らの非を全面的に認めるもの一つの手段

フリーターの就活における面接では、圧迫的に指摘を受けるケースが多々あります。

特に、これまでの非正規雇用の経歴と年齢に高さから、「その年齢で正社員を目指すなんて遅すぎる」と言ってくる面接官もいるといわれています。

このように、指摘されるような場面に遭遇した場合、自分の非をすべて認めてしまったほうがいいでしょう。

言い訳や反論をすると、より一層攻撃的な質問が飛んでくる可能性があります。ただ、すべての非を認めて全面謝罪すると、質問者はそれ以上の質問を浴びせにくくなるのです。

自分の非を認めた後、前向きに頑張りたいという言葉を添えておけば、面接官にとっての印象もより良くなるでしょう。

面接には必ずスーツで臨みましょう

正社員への就職が懸かった面接には、必ずスーツで臨むようにしましょう。

面接における服装は、男女問わずスーツを着用するのが基本であり、社会的な常識となっています。

特に、正社員に就職するための面接では、ブラックやグレー、ネイビーといった落ち着いて色味のスーツを選択することが大切です。また、女性の場合はパンツスーツでもスカートでもどちらでも構いません。

フリーターの就活を成功させるためのポイント

ここからは、フリーターの就活を成功させるためのポイントについて解説していきたいと思います。

就活の事前準備や提出書類の作成、面接での対策などのほかにも、就活において大切なことがいくつかあります。それらを把握しておけば、正社員への就職成功の可能性が高まりますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分の現状の劣等感を抱かないこと

フリーターから正社員への就職を目指す場合、現状に対して劣等感を抱くのではなく、受け入れて行動することが大切です。

もちろん、フリーターとしての現状やそれに至った経緯などのついて悔やんでいるという方もいらっしゃるでしょう。ただ、まずはフリーターであることを受け入れ、自分にとって大切なこととして認識する必要があります。

書類選考や採用面接では、今後正社員として生きていくためにどんな努力をしているのか、しっかりアピールするようにしてください。

視野を広げてやりたいことを探す

フリーターから正社員を目指す場合、視野を広げて自分のやりたいことを探すことが大切です。

自分の好きなことを仕事にするのはもちろん構いませんが、自分が得意なことや向いていることを仕事にしたほうがいいケースもあります。

好きなことだけに絞ってしまうと、おのずと就職先の候補も少なくなってしまいますので、視野を広げて将来のことも見据えて就職先を探していくことを心掛けるようにしましょう。

職歴や年齢の不利がない求人を探すこと

フリーターから正社員への就職を目指す場合、職歴や年齢が不利にならないような求人情報を探すようにしましょう。

実績や経験を重視するような求人情報の場合、ライバルも多く、場合によっては応募条件を満たせない可能性もあるためです。

今に自分では応募できないような求人に対しては、一度就職して経験を積んでから転職を目指すこともできるでしょう。フリーターからの就職では、今の自分でも採用してくれて挑戦できる業界・職種を選択したほうが賢明といえます。

また、転職支援サービスを利用する場合も、フリーターである自分に合ったサービスを選択することが大切です。自分と転職支援サービスがマッチしていないと、いつまでたっても内定を勝ち取ることはできないでしょう。

企業に対する熱意や意欲を積極的にアピールすること

フリーターから正社員への就職を目指す場合、応募した企業に対する熱意や意欲を積極的にアピールすることが大切です。

就活において最も大切なことは、自分が待つやる気をどれだけ見せることができるか、ということだからです。

フリーターから新しい仕事に挑戦する場合、経歴やスキルと同じように、強い気持ちが大切です。就職への意識が高いことをアピールできれば、企業にとってあなたは一緒に仕事がしたい存在として映ることになるかもしれないのです。

ですから、フリーターであっても就職を諦める必要はありません。自分の熱意を前向きにアピールしていきましょう。

契約社員からスタートする方法があることも知っておく

フリーターから正社員へ就職したいと考えているなら、契約社員からスタートする方法もあるということを知っておくべきでしょう。

求人情報のなかには、いきなり正社員として採用されるのではなく、契約社員として入社し、その後の実績や面接などを経て正社員へと登用されるようなものもたくさんあるからです。なかには、正社員になるまでに1年程度を要するものもあるようです。

契約社員になることに対して抵抗がない方は、このような求人も視野に入れながら、幅広く企業を探してみると、選択肢を広げることができるでしょう。

すぐに諦めないこと

フリーターから正社員への就職を目指す場合、結果が出ないからといってすぐに諦めてしまってはいけません。

フリーターの就活は、そう簡単に結果が出るものではありません。場合によっては、何度応募しても内定・入社までつながらないケースもあります。

内定をもらえるのは3社応募して1社かもしれませんし、もしかすると10社応募して1社しかないということも珍しくはありません。

ですので、一度ダメだったからといって落ち込んでいる暇はないのです。諦めることなく就職できるまで就活を継続することこそ、就職成功の最大の鍵ともいえるのです。

転職支援サービスを利用すること

フリーターから正社員への就職を目指しているなら、転職支援サービスを利用したほうがいいでしょう。

転職支援サービスとは、文字通りあなたの転職を支援してくれるサービスで、求人情報を検索できる求人サイトや、あなたの就職活動を幅広くサポートしてくれる転職エージェントなどがそれに当たります。

このようなサービスは就職を目指すうえで欠かすことができないうえに、非常に頼りになる存在ですので、積極的に利用することをおすすめします。

転職支援サービスの詳細については、次の項目で解説していきたいと思います。

フリーターの就活では転職エージェントを活用すべき

フリーターから正社員への就職を目指す場合には、転職エージェントを活用することをおすすめします。

先述したように転職エージェントは、あなたの就職活動を幅広くサポートしてくれる他にも心強い存在です。

具体的にどのようなサービスを提供しているのか、なぜ活用するべきなのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

フリーターの就活に活用できる転職支援サービス

フリーターの就活に活用できる転職支援サービスには、以下の3つがあります。

  1. 転職サイト
  2. ハローワーク
  3. 転職エージェント

まずは、それぞれについてどんなサービスなのか見ていきましょう。

転職サイト

転職サイトとは、自分で自由に求人情報を検索することができ、気に入った情報が見つかれば、そのまま応募まで行えるサイトのことをいいます。

時間を選ばずに求人情報に触れることができ、検索条件を設定してさまざまな視点から求人情報の検索を行うことができるのがメリットです。

また、転職サイトによってはスカウトサービスを利用することも可能。自分の情報を登録しておくことで、企業側からのオファーを受けることができます。このような、サイト独自のサービスが充実しているのも、転職サイトの特長です。

一方で、書類の提出や面接日の調整、内定後の交渉など就職に関わるすべてのことを自分1人で行なわなければならない、というデメリットもあります。

また、あくまでも検索した情報のみを確認することになるので、その企業の内情や細かな情報までは知ることが難しいのも欠点といえます。

ハローワーク

フリーターの就活では、ハローワークを活用する方法もあります。

ハローワークとは、公共の職業安定所のことで、求人情報の紹介や検索、職業訓練、雇用保険の受給手続きなどを行うことができます。

また、就職セミナーを開催していたり、就活の進め方がわかない人に向けた就職相談も行なったりしています。

ただし、公共の施設ですから、平日の夕方までしか利用することができないうえ、幅広い年代の求職者が利用しているため、混雑している可能性がありますので、求人情報を十分に探すことが難しいというのがデメリットといえます。

転職エージェント

フリーターから正社員への就職を目指す人に最もおすすめしたい就職支援サービスは、転職エージェントです。

転職エージェントとは、登録することで専任のコンサルタントがつき、就職活動に関して幅広くサポートしてくれるサービスのことをいいます。

現在、さまざまな転職エージェントサービスが提供されているので、自分に合ったサービスを選択することができるというのがメリットとなっています。

フリーターの就活で転職エージェントを活用すべき理由

フリーターの就活では、転職エージェントの活用がおすすめです。その理由は以下の2つに集約されます。

  1. 就職の成功率がアップするから
  2. 就職に関するさまざまなサポートが受けられるから

それぞれについて、詳しく解説していきましょう。

就職の成功率がアップする

就職の成功率がアップするというのが、転職エージェントを利用するべき理由の一つです。

詳しくは後述しますが、転職エージェントでは就職に関するさまざまなサポートを受けることができます。

そのなかには、求職者に合った求人情報の紹介や、その企業への求職の推薦、提出する履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、就活を有利に進めるためのサポートサービスが充実しているため、おのずと就職の成功率がアップするというわけです。

就活に関するさまざまなサポートが受けられる

就活に関するさまざまサポートを受けられるというのも、転職エージェントを活用するべき理由といえます。

転職エージェントへ登録することで、具体的には以下のようなサポートサービスを受けることができます。

転職エージェントで受けられるサポート
  • キャリアカウンセリングを受けることができる
  • 転職希望者に合うさまざまな求人情報を提供してくれる
  • 非公開の優良求人を紹介してくれる
  • 転職希望者の市場価値を客観的に評価してくれる
  • 転職希望者の魅力を応募先企業の担当者に伝えてくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接対策と適切なフィードバックをしてくれる など

さらに嬉しいのが、ほとんどの転職エージェントが無料で登録利用することが可能であるということです。

これだけのサービスを無料で利用でき、さらに就職率がアップするのであれば、利用しない手はないといえるでしょう。

フリーターの就活におすすめしたい転職エージェント11選

転職エージェントの仕組み

最後に、フリーターの就活におすすめした転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめになります。

フリーターの就活におすすめの転職エージェント

エージェント名称公開求人非公開求人対象年代対応地域
DYM就職2000件非公開20代・既卒非公開
ハタラクティブ非公開2000件20代・未経験東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
就職Shop8500件非公開20代・未経験・フリーター全国
ウズキャリ既卒非公開非公開20代・既卒全国
マイナビジョブ20‘1800件非公開24~29歳東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
JAIC(ジェイック)非公開5000件以上20代・フリーター全国
いい就職.com2000件非公開20代・既卒全国
リクナビNEXT1万件非公開全年齢全国+海外
マイナビエージェント6000件以上2万件以上全年齢全国
Spring転職エージェント2万2000件8万件全年齢全国+海外
パソナキャリア1万5000件2万3000件全年齢全国+海外

どの転職エージェントも、フリーターから正社員を目指す場合に活用しやすいものばかりです。最低でも2~3社程度登録して、併用しながら就活を進めていくことをおすすめします。

DYM就職

まず初めに紹介するのが「DYM就職」です。

こちらの転職エージェントは、既卒向け求人情報と就活支援に特化したサービスを展開しています。

利用者の内定率が96%とかなり高水準で、既卒系転職エージェントとしてはトップの実績を誇ります。

また、就職が実現するまで、二人三脚で親身にサポートしてくれるのが特徴。カウンセリングから履歴書の添削、模擬面接、求人情報の紹介など、転職エージェントとして十分なサポートを行ってくれます。

フリーターから正社員を目指す人なら、ぜひ登録したい転職エージェントといえるでしょう。

DYM就職

DYM就職
年代20代~30代雇用形態正社員.契約社員.バイト
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職販売/サービス事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 既卒向けに特化した転職エージェント!
  • 就職成功者5000人、優良企業との取引数2000社以上の実績!
  • 利用者の内定率が96%という驚異の高水準!

ハタラクティブ

次におすすめする転職エージェントが「ハタラクティブ」です。

ハタラクティブは20代に特化した転職エージェントで利用者の90%が20代とのこと。未経験歓迎の求人情報が多いので、フリーターから正社員としての就職を目指している人におすすめです。

また、累計6万人以上のカウンセリング実績を誇るアドバイザーのサポートを受けることができるので、初めての就活でも安心して支援を任せることができるでしょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
年代20代・未経験雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • ・20代に特化した転職エージェント!
  • ・利用者の90%以上が20代で、未経験歓迎求人が多数!
  • ・社会人経験が少ない方や若年層の方におすすめ!

就職shop

次に紹介するのは「就職Shop」です。

就職ショップは人材系大手のリクルートが運営する、未経験・フリーター向けに特化した転職エージェントです。

最大の特長は、書類選考が免除されるということ。就職Shopでは専任のリクルートアドバイザーが企業を直接取材して求人情報を作成しています。登録している企業も、書類よりも実際に合った印象を重視するところばかりですので、このような仕組みが成り立つわけです。

就職決定者の75%が正社員未経験であることから、フリーターからの就職を目指す人にとって魅力的な転職エージェントいえるでしょう。

就職ショップ(就職SHOP)

年代20代・既卒・フリーター・第二新卒雇用形態正社員
対象エリア首都圏・関西
業界SE/Webエンジニア営業職建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • リクルートが運営する未経験・フリーターに特化した転職エージェント!
  • 書類選考なしで面接まで進める!
  • 就職成功者の75%が正社員未経験者!

ウズキャリ既卒

次に紹介するのは「ウズキャリ既卒」です。

こちらは第二新卒、既卒、フリーターなどに特化した転職エージェントで、就職内定率が86%、入社後の定着率が95%を誇っています。

登録している企業は、採用意欲の高い企業ばかりですので、他の転職サイトなどを利用するよりも、内定を獲得できる可能性が高いといえます。

また、カウンセリングから、書類添削・面接対策など、サポート面も充実しているので、安心して利用できる転職エージェントになっています。

ウズキャリ既卒

ウズキャリ広告
年代20代~40代雇用形態正社員.契約社員.
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア営業職販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 第二新卒、既卒、フリーターに特化した転職エージェント!
  • 就職内定率86%、入社後定着率が95%という高水準!
  • フリーターの就活にはおすすめしたいサービス!

マイナビジョブ20’s

次に紹介するのは「マイナビジョブ20’s」です。

その名の通り、20代の求職者に特化した転職エージェントで、求人サイトなどでおなじみの株式会社マイナビワークスが運営しています。

20代の採用現場を知り尽くした専任のキャリアドバイザーによるサポートを受けることができ、求人情報の質も高いので、ぜひ利用したい転職エージェントといえるでしょう。

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's
年代20代~30代雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 20代に特化した転職エージェント!
  • 20代の採用現場を知り尽くしたキャリアアドバイザーによる手厚いサポート!
  • 安心のマイナビグループで求人の質も高め!

JAIC(ジェイック)

次におすすめするのは「JAIC(ジェイック)」です。

JAICは社会人未経験者、フリーター、既卒などの20代に特化した転職エージェント。正社員への就職率が80%以上という高い水準を誇っています。

特徴は、就職前に独自の研修を受けることができるということ。決して楽な内容ではありませんが、この研修を受けることで社会人としての基礎力を身につけることができます。

離職率の高い企業は紹介しないという徹底ぶりで、入社後の定着率は94%。そのため、腰を据えて働きたいという求職者におすすめできる転職エージェントとなっています。

JAIC(ジェイック)

年代20代・フリーター・未経験雇用形態正社員
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア営業職事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 社会人未経験者、フリーター、既卒などの20代に特化した転職エージェント!
  • 内定率80%以上、入社後の定着率94%という高水準!
  • 就職前に独自の研修を受けることができ、社会人基礎力が身につく!

リクナビNEXT

次に紹介するのは「リクナビNEXT」です。

リクナビNEXTは高い知名度とブランド力を誇る大手総合型転職エージェントです。求人数は公開求人が常時1万件と非常に多く、スカウト機能によって企業側からオファーを受けることも可能となっています。

正社員転職者の80%が利用しているといわれているので、とりあえず登録しておいて損はないでしょう。

リクナビNEXT

年代全年代雇用形態正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・業務委託・FCオーナー・その他
対象エリア全国・海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 業界最大手の総合型転職エージェントサービス!
  • 公開求人数が常時1万件以上と豊富!
  • 正社員転職者の80%が利用している鉄板サイト!

マイナビエージェント

次に紹介するのは「マイナビエージェント」です。

20代~30代の転職成功率No.1を誇る大手総合型転職エージェントで、たくさんの求職者が利用しているサイトです。

転職サイトも手掛けるマイナビグループが運営していることもあり、各企業とのつながりを生かした質の高い求人が特長。また、取り扱う案件の8割が非公開求人なので、他の転職サイトなどでは知ることができない企業の出会いがあるかもしれません。

書類選考や面接突破へのサポートも強力なので、登録して活用していきましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 20代~30代の転職成功率No.1の総合型転職エージェント!
  • 書類選考、面接への強力なサポートあり!
  • 豊富な非公開求人で希望の企業が見つかる可能性大!

Spring転職エージェント

次に紹介するのは「Spring転職エージェント」です。

日本だけではなく、世界中に展開し5000以上の拠点を持つアデコグループが運営している転職エージェントです。

「お客様本位のサポート」をモットーにしており、利用者の顧客満足度が非常に高い転職エージェントサービスとなっています。

また、コンサルタントが各分野に精通していることから、安心してサポートを受けることが可能。正社員への就職を目指しているなら、登録は必須の転職エージェントでしょう。

Spring転職エージェント

年代全年代雇用形態正社員
対象エリア全国+海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 世界的人材企業アデコグループが運営する転職エージェントサービス!
  • 公開、非公開合わせて10万件以上の求人案件を保有!
  • 2018年顧客満足度No.1だから安心して利用可能!

パソナキャリア

最後に紹介するのは「パソナキャリア」です。

人材派遣最大手のパソナが運営する転職エージェントで、スタッフ対応と求人の質の高さに定評があります。

求人数も3万件と多く、利用者の顧客満足度も高いのが特長。全国に拠点を持っているため、どの地域に住んでいる人でも利用しやすいといえるでしょう。

これまでの転職支援実績が25万件以上と豊富であり、就職サポートも無料で利用可能なので、積極的に登録することをおすすめします。

パソナキャリア

パソナキャリア
年代全年代雇用形態正社員
対象エリア全国・海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 転職支援実績25万人の総合型転職エージェント!
  • 求人の質と顧客満足度が高いのが特長!
  • 全国に拠点を設置しているので、どこのお住まいの方でも利用可能!

いい就職.com

次に紹介するのは「いい就職.com」です。

第二新卒と既卒に特化した転職エージェントサービスを提供しており、累計登録者数は全国で20万人を超えるといわれています。

もちろん、フリーターでも登録することが可能で、紹介される求人情報は正社員案件のみ。そのため、正社員での就職を目指している人ならぜひ登録しておきたい転職エージェントでしょう。

また、サイト内で就職に関するさまざまなコンテンツを発信しているのも特長。就活に必要な情報を仕入れることができるでしょう。

ポイント

  • 第二新卒と既卒に特化した転職エージェント!
  • 全国で登録者数が20万人!
  • 紹介される求人情報は正社員案件のみ!

フリーターから正社員になるための就活を必ず成功させよう!

今回は、フリーターから正社員になるための就活の方法や押さえておきたいポイントについて解説してきました。

フリーターにもメリットがありますが、正社員と比較するとやはり大きな差があることは否めません。将来的な安定を求めるのであれば、できるだけ早く就活をスタートさせた方がいいでしょう。

また、就活を始める前にはさまざまな準備が必要です。自己分析や企業研究を行ったあとは、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策を十分に行うようにしましょう。

それ以外にも、就活を成功させるためのポイントについて紹介しましたので、意識しながら就活を進めていってください。

さらに、フリーターから正社員を目指す場合は、転職エージェントを活用することをおすすめします。実際におすすめできる転職エージェントも紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事がフリーターから正社員への就職の手助けになることを祈ります。