不動産業界への転職を考えている、または、高卒からでも不動産業界に就職できるのか知りたい、という人のために、不動産業界について詳しく調べてみました。
土地や家の売買を手掛ける職業ということはわかっているのですが、どうしたら不動産業界で働けるのか、不動産業界とはどのような業界なのか、といったことは意外と知らないものです。
これから不動産業界を目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産業界ってどんな業界?

まずは、不動産業界の基礎知識から、どんな業界なのかということを学んでいきましょう。

不動産業界とは?

不動産業は、「不動産取引業」「不動産賃貸業」「不動産管理業」の3つに大別されます。これらのすべてを扱っている会社もあれば、一つだけを扱う会社もあります。それぞれの分類において、行う仕事についてまとめてみました。

取引業

主な業務:土地や建物を販売する営業、用地仕入れ
不動産取引業は、土地や建物の売買を行う土地・建物売買業と、販売代理や仲介を行う不動産代理業・仲介業に分けられます。
土地・建物売買業は、土地や建物を仕入れて売る、直接的な売買や交渉を行う仕事をします。一方、不動産代理業・仲介業は、売り主から販売の代理権を与えられ、売り主と買い主の間に入って売買や交換などの仲介を行います。
宅地建物取引士の資格が必要です。

賃貸業

主な業務:賃貸物件の営業
不動産賃貸業は、土地や建物を貸し出して賃料を得る事業を行います。
賃貸業は、不動産業の中でも一番取引が多く、業界の中で7割を占めると言われています。
オーナーがいる物件の賃貸を代理として行うケースが多くなります。
宅地建物取引士の資格が必要です。

管理業

主な業務:物件の営業、用地仕入れ、建物や土地の管理業務
不動産管理業とは、ビルやマンション、土地などの持ち主から委託を受けて、経営管理や保全管理などを行う仕事です。
例えば、賃貸物件ならば入居者からの家賃回収、クレーム対応、契約の更新手続き、退去時の立会い、原状回復費用の請求など、管理人さんの役目を行います。
業務によって、宅地建物取引士、マンション管理士、管理業務主任者、不動産鑑定士などの資格が必要です。

高卒でもOKな仕事は?

高卒でも不動産業界に入ることはできるのでしょうか?
答えは「できる」です。
高卒からでもできる不動産業の仕事はたくさんあります。
不動産業の仕事の多くは「営業職」です。そのため、不動産業界には体育会系の雰囲気の会社が多いようです。そのため、どれだけ成績を残せるかという「実力至上主義」の世界なのです。
もちろん、不動産業界には、宅地建物取引士、マンション管理士、管理業務主任者、不動産鑑定士などの資格があります。これらの資格を取得すれば仕事の幅は広がりますし、収入もアップします。
大卒の方が最初は有利かもしれませんが、仕事の経験を積めば、最初の学歴などあまり関係なくなっていく職業なのです。

土日休み取れるか?

土日休みは、ほとんどの職場で取るのが難しいかもしれません。
なぜなら、賃貸物件や土地を探す人たちは、自分の仕事が休みの日に探しに行くので、土日は不動産業にとって書き入れ時だからです。
不動産売買や賃貸業の場合、土日休みを取るのはかなり難しいと考えた方が良いかもしれません。
一方、不動産管理業は販売の仕事ではないため、そこまで土日休みを取るのが難しいわけではないようです。

不動産業界へ転職するには?

では、不動産業界に転職するためにはどうすれば有利になるのでしょうか?

不動産業界は転職が多い業界

実は、不動産業界は意外と転職の多い業界です。なぜなら、不動産業界のほとんどが営業職でノルマを課せられている場合が多く、営業成績が振るわないと仕事を続けるのがつらくなってしまう人が多いためです。
転職が多いということは、それだけ仕事につらさが伴うということです。
しかし、逆に考えれば、転職しやすいと考えることもできます。営業手腕や体力、精神力に自信がある人なら、不動産業にうまく転職できるかもしれません。

不動産業界で転職成功をつかむために必要なものは?

不動産業界には宅地建物取引士、マンション管理士などの資格が多いため、資格がないと勤まらない仕事と思われがちです。確かに、これらの資格があれば、より仕事の幅が広がります。しかし、勘違いしてほしくないのは、
「資格があれば有利に転職できるわけではない」
ということです。

近年の不動産業界は、多少の秋風が吹いています。そのため、資格があるだけの人よりは、経験者が優遇されている状況です。
また、上記でご説明した通り、不動産業界は営業成績が上がらないと続けていくのが難しい仕事です。
そのため、不動産業界でうまく転職をするために本当に必要なのは、資格だけではなく、
「営業手腕」
「体力や精神力」
なのかもしれません。

宅建は働きながら取得出来るか?

資格は必須ではないとはいえ、宅地建物取扱士の資格は持っていて損はありません。
この宅建の資格は、働きながら取得できるものなのでしょうか?
宅建の資格取得に必要な勉強時間はだいたい200~300時間と言われています。一日2時間勉強したら半年ほどかかる計算になりますね。働きながら資格の勉強をするなら、平日は一日1時間、休日に2、3時間の勉強時間を取れれば、半年ほどで勉強が完了します。このペースで勉強ができれば、働きながら宅建を取得することもできます。
もちろん、テキストを買って勉強のスケジュールをしっかり立てることも重要です。スクールに通ったり通信教育を利用したりしても、効率よく勉強できるでしょう。

不動産業界で働いている人に聞いた!不動産業界の良い所・悪い所

ここで、不動産業界で働いている人に聞いた、不動産業界の良い所と悪い所についてご紹介しましょう。これから不動産業界に進みたいと思っている人は、必見です。

良い所

売れれば儲かる

不動産業の良い点は、扱う商品の値段が大きいため、売れ行きが良ければかなり儲かるというところです。それなりの売り上げ成績を残せば、給料はかなりアップするのが魅力です。

接客が楽しい

「人との触れ合いが楽しい」
という意見も多く聞かれました。
部屋を探す、家を買うというのは、人生における大事なイベントです。その裏には、
「これから結婚するんです」
「新社会人になりました」
などという人生のドラマが隠されています。
「新婚夫婦から幸せをもらった」
「新社会人の若者に、『家賃ってどうやって払うんですか?』『大家さんは怖い人ですか?』なんて聞かれて親身に教えているうちに、仲良くなった」
などという人と接することの喜びも得られる仕事です。

実力があれば若くても出世できる

不動産業界は売れれば良いが売れなければだめ、という実力主義の世界です。
ですから、頑張って売り上げを伸ばせば、若くてもどんどん出世できます。
そういえば、駅前の不動産屋さんなどに行くと、若くても店長をしている人を良く見かけますね。

悪い所

売れないとつらい

売れれば良いですが、売れないとつらいのはどの業界も同じです。しかし、不動産業は売るものの値段の桁が違いかなり高価なため、売れなければなかなか売れません。これはつらいものがあるようです。

体力勝負

不動産業界は、営業の要素がかなり強く、体力勝負のところがあります。体力がないと勤まらないかもしれません。

景気に左右されやすい

景気が悪くなると、まず、ぜいたく品や不動産売買などの大きな買い物は控えられる傾向があります。そのため、不動産業界は景気に一番に左右されるため、不景気の時代が来たら乗り切るのが大変です。

まとめ

不動産業界について、少しわかってきたでしょうか?
不動産業界は景気が良いときは儲かるおいしい業界ですが、不景気になると途端に厳しくなります。そんな景気に左右されやすい業界ですが、住み替えは人が生きていれば必ず発生するものですから、仕事がなくなるということはありません。
不動産関連の資格は多いので、これらの資格をしっかり取得しておくことにより、安定した収入を得られるでしょう。

 

★あわせて読みたい