凱旋転職」という言葉を聞いたことがありますか?一旦退職した企業にもう一度戻って働く転職方法であり、「出戻り転職」と呼ばれることもあります。そんな凱旋転職を成功させるには、レベルの高い仕事スキルと強運が必要な様子。
今回は凱旋転職のコツや成功例を徹底的に解説します!

凱旋転職とは?なぜ最近注目されているの?

凱旋転職とは一旦退職した会社にもう一度戻って働くことで、転職方法のひとつに数えられています。新卒至上主義が未だに根強く残る日本では凱旋転職は、なかなか難しいと考えられてきました。「一度辞めた会社には戻りづらい」と考える転職者や
退職者を裏切り者とみなし、出戻りは絶対に許さないと考える経営者が多かったことからも今でも尚さほど浸透しているとは言えません。
その一方で最近になって凱旋転職を受け入れる企業が増加傾向にあり、退職者に対して「〇年以内であれば復職できる」と告げている企業まで存在するのです。昨今の人手不足の問題から、今後はますます凱旋転職を許可する企業が増えるのではないかと予想されています。

凱旋転職のメリット・デメリット

一度退職した人が再び戻る凱旋転職にはメリットもあればデメリットも存在します。それは転職者にとっても、雇用側にとっても同様。これから凱旋転職を考えている人は予めメリット・デメリット両面を把握しておきましょう。

メリット

慣れた環境で慣れた人と仕事ができる

勝手知ったる会社で、基本的には同じ人たちと一緒に仕事ができるので、新しい環境に慣れるストレスはさほどかかりません。在職中と同じ仕事内容を与えられれば、すぐに勘を取り戻すこともできるでしょう。
会社側も即戦力を手に入れることができるので、ウィンウィンの関係が出来上がります。

人材育成に費用と時間がかからない

これは企業側にとってのメリット。退職した従業員は他の企業でスキルを磨いてきているため、人材育成にかかる費用や時間をカットすることができるのです。
また他社の情報を提供してくれたり、培ってきた深い知識やスキルで会社に貢献してくれたりする可能性も高まります。

他の社員に会社の素晴らしさを伝えられる

これも企業側にとってもメリット。「一旦退職した人も戻ってくるくらいの良い会社」というイメージを在職中の従業員に自然と植え付けることができます。

出産・育児・介護で辞めた人も戻りやすい

出産や介護などやむにやまれぬ事情で退職した人も、凱旋転職制度のある会社であれば復職しやすいです。特に女性の場合は、年齢が上がるほど再就職が難しい傾向にあるのでこうした制度が整っていれば安心して一度退職できるでしょう。

未経験で就職するよりも待遇が良くなることも

新しい企業に未経験者として入社するよりも、在職中の貢献度を考慮して好待遇で迎えてくれる会社も少なくはありません。在職中に比べれば若干給料が下がることがありますが、ある程度の給料を期待することはできるでしょう。

デメリット

職場に甘えを生みやすい

「一旦辞めてもまた帰ってこれるのだからいいや」と社員に甘えの意識を根付かせてしまう恐れがあります。

忠誠心が低く、また退職される可能性がある

「転職する意識がある社員はまた同じことを繰り返すのではないか」と考える人もいるようです。

新しい人材を遠ざけてしまう可能性

凱旋転職が深く浸透してしまうと、せっかく応募してきた新卒の優秀な人材を遠ざけてしまう可能性があります。

既存社員との間に問題が生じることも

人事側が凱旋転職を許したとしても、「裏切り者は許さない」と考える社員との間に軋轢が生じることが考えられるでしょう。

人脈作りが凱旋転職成功の秘訣!成功事例を紹介

凱旋転職の成功者と言えば、2017年4月に日本マイクロソフト社からパナソニックに移った樋口泰行氏が有名です。樋口氏は大学卒業後に旧松下電器に就職したものの、12年で退職。
その後アップルやダイエーなどさまざまな企業を渡り歩き、日本マイクロソフトの会長職に就任しました。
「昭和時代であれば絶対に許されなかった」と言われる旧松下電器への凱旋転職が成功した理由は何といっても、樋口氏が持つ人脈の広さ。電機業界に身を置く樋口氏は
退職後もさまざまな業界人と交流を続けていました。パナソニックの津賀一宏社長もそのうちの一人だそう。樋口氏は60歳を目前にして、パナソニック側から会長職就任の話を受けて、
見事凱旋転職を成功させました。

このように人脈づくりというのは、凱旋転職において非常に大切なことだと樋口氏自身も発言しています。
企業のトップであるにも関わらず、ソフトな人当たりが魅力の樋口氏。人脈づくりをするには積極的に人と交流する機会を持つことと、人当たりの良さが大切ということがわかりますね。

管理職は凱旋転職を狙う絶好のチャンス!

今の日本はトップリーダー候補の人材が不足していて、どの企業も優秀な管理職を求めています。そんな環境で凱旋転職を成功させて、管理職やトップに就いた成功例も少なくはありません。
例えば2016年にファミリーマートの社長に就任した沢田貴司氏は伊藤忠商事やファーストリテイリングで経験を積んでいますし、サントリーホールディングスの新浪剛史氏も他の業界から凱旋転職を
果たしているのです。「プロ社長」「プロ経営者」と呼ばれることもある彼らは、管理職としての腕前を高く評価されているため、業界未経験であっても凱旋転職を受け入れられる傾向にあります。
管理職としてキャリアを積んできた人はこの成功事例にならって、キャリアアップを図ってみてはいかがでしょうか。

凱旋転職を成功するには辞め方が肝心!どんなパターンがあるの?

凱旋転職のパターンは大きく分けて二種類。ひとつは転職者自身が復職を志願する場合と、企業側から声をかける場合です。よほど優れたスキルを持っている人や、深刻な人材不足に悩む企業でもない限り、ほとんどの人が
自らアプローチをかける必要があるでしょう。
凱旋転職を望んでいても、喧嘩別れして退職した会社には復職しにくいので、後腐れのない退職方法をとりたいものですね。
そのためにはまず、会社の不満や悪口を口にして退職するのは厳禁です。あなたへのイメージが悪くなり、凱旋転職を希望しても門前払いされてしまう可能性が高いです。
退職日には皆にきちんとお礼を伝えることも大切です。仲がいい人とは退職後も定期的に連絡を取り合っておけば、凱旋転職の話を持ち掛けやすいでしょう。

まとめ

凱旋転職についてはまだまだ意見が分かれるところですが、諸外国では一般的になりつつあることで、今後は日本企業にも浸透していくのではないかと予想されています。凱旋転職成功のカギを握るのは人脈と高いスキル。
転職後もスキルアップや人脈づくりを怠らないようにしたいものですね。