転職の面接で意外と悩むのが、最後に面接官がぶつけてくる、「最後に、あなたから弊社に聞きたいことはありますか?」という逆質問です。

何も考えていない状態でこの質問をされると、「えっ?!」と頭が真っ白になりますよね。
この逆質問、実は深い意味があるのです。ここでは、意外と侮れない、面接の逆質問についてまとめてみました。

面接時に逆質問はした方がいいの?悪いの?

そもそも、面接時の逆質問は積極的にした方が良いのか、それとも、しない方が良いのか、どちらなのでしょうか?

そもそも企業は逆質問をなぜしてくるのか?

まず、企業はなぜ逆質問をしてくるのかを考えてみましょう。その理由には、次のようなものがあると思います。

・求職者が自由にアピールできる場を設けた
・求職者たちのうちの会社への興味がどれくらいなのかを見たい
・単に、不明点がないかを聞いただけ
などということが考えられます。

短い時間で相手の意思を理解するのは難しいかもしれませんが、企業が逆質問をしてくる意味を、その場でくみ取ることも必要です。

例えば、面接官が次の約束があるようなそぶりでバタバタしているなら、あまり時間を取らせても申し訳ないですよね。しかし、あなたの顔をじっくりと見て、
「何かアピールすることはありますか?今なら聞きますよ?」
という雰囲気なら、どんどん逆質問をしていった方が良いのです。

ということは、一番駄目なのは、「何か質問がありますか?」という問いに対し、
「いえ、特にありません。」
という答えです。

これでは、
「御社にはまったく興味はありません。」と言っているのと同じ。面接官も「ああ、ウチに興味は無いんだな」と思われてしまいます。

逆質問はアピールできる絶好のポイントと心得よ!

ここで注目すべきことは先ほどご説明した面接官が逆質問をしてくる理由の一つ、「求職者が自由にアピールできる場を設けた」です。
「何か聞きたいことはありますか?」
という質問に対し、ただ質問するだけではなく、
「御社は〇〇サービスにおいては、最先端の技術を持っておられると思いますが、今後もこのサービスを主眼に置いていきたいと考えておられますか?それとも、多方面のサービスも展開していきたいと考えておられるのでしょうか?」
などと、
「この会社のことを、しっかり理解していますよ、興味を持っていますよ。」
ということを前面に押し出してアピールするのも手です。
もちろん、単に、
「具体的にどんな仕事ができるのですか?」
という質問をするのもOKですが、せっかくフリーフォーマットでアピールできる機会なのですから、どんどん利用していった方が良いかもしれません。

本当に転職したい企業なら聞きたいことは山ほどあるはず!

そもそも、よく考えてみれば、本当に働きたいと思っている企業ならば、聞きたいことが山ほどあるはずなのです。ですから、貴重な機会をもらえたと思って、どんどん聞くべきです。
しかし、注意しなければならないのが、「企業に興味がある人がする、企業に関する質問」
と、「自分の働く環境が気になる人がする、勤務条件に関する質問」の違いです。

前者と後者、どちらの質問をする人からの方が、よりやる気を感じられるでしょうか?

「御社の〇〇サービスに関する精神をお聞かせください。」と、「土日は必ず休めますか?」
という質問なら、当然、前者の方が印象は良いですよね。

後者のような勤務条件に関する質問をするのは避け、やむなく聞くとしても、どうしても譲れない条件のみにするようにしましょう。

好印象をもたれる逆質問とは?

では、どのような逆質問をすれば、好印象を持たれるのでしょうか?逆質問で他の人と差をつけることができるような質問の例を、ご紹介しましょう。

関連業界の知識が深いことをアピールする逆質問

「このプログラミング言語の実務レベルの知識は、御社の業務に役立ちますか?」
「前職では〇〇という国に関連した仕事をさせていただいたことがありますが、その経験は役に立ちますか?」
など、面接の中でアピールし損ねた業界に関する知識をアピールできる場にもできます。

働く意欲が高いことをアピールする逆質問

「御社の昇給制度はどのようになっていますか?」
「現在、〇〇の資格取得を目指して勉強中なのですが、他にも取っておいた方が良い資格はありますか?」など、働く意欲が高いことをアピールする逆質問は、とても有効です。
特に、その企業で働くために必要な知識を勉強中であることや、資格試験を受ける準備があることをアピールすると好印象につながるでしょう。

企業に関して良く調べていることをアピールする逆質問

「御社は東南アジアへの進出を進めておられるようですが、現地に出向するチャンスはありますか?」
「〇〇部門への展開をされていますが、この部門で働くためにはどのようなスキルが求められていますか?」
など、その企業に関して良く調べていることをアピールするのも、有効です。

企業に関連する時事問題に詳しいことをアピールする逆質問

「今、〇〇システムが主流となっていますが、御社でもこのシステムの導入を考えておられますか?」
「〇〇の問題が世間では言われていますが、御社で対応されている△△の仕組みはこの問題の対策なのでしょうか?」
など、その企業で働くなら敏感になっておく必要がある時事問題について、しっかりとアンテナを張っているよということをアピールすることもできます。

逆質問で言ってはいけないNGワード

では、逆質問で絶対に行ってはいけないNGワードとは、何なのでしょうか?

給料や福利厚生、勤務条件に関する質問

「給料はいくらぐらいですか?」
「扶養手当はどれくらいですか?」
「有給休暇は取りやすい職場ですか?」
などという、給与や福利厚生、勤務条件に関する質問は避けましょう。このような質問をすると、
「本当にうちで働く意欲があるの?」
「楽したいと思っていない?」
という印象しかありません。
まだ内定はもらっていないので、このような働く条件に関する質問は内定をもらうことが確定してから行いましょう。

頓珍漢な関係のない質問

その企業に関係のない資格を持っているアピールや、その企業に何の関係もない話題を出すなど、頓珍漢な質問は避けましょう。そんな質問をすれば、一発でアウトです。

企業をおとしめるような内容の質問

「御社では、まだ〇〇システムを取り入れていないようですが?」
「〇〇制度を導入しないのは、時代遅れではないですか?」
などという、企業をおとしめるような質問をする人はまさかいないと思いますが、念のため、そのような質問は止めましょう。印象が最悪です。

答えに困る漠然とした質問

「御社の将来はどうですか?」
などという、答えに困る漠然とした質問は止めましょう。面接官に苦笑されかねません。

質問をしない

「質問は、特にありません。」
などと質問をしないのも、良くありません。
「本当にうちで働く気があるのか?」とやる気を疑われてしまいます。
もし、本当に質問がなかったら、
「いえ、今までのご説明の中で、十分御社について理解することができました。」
などとお茶を濁すという手もあります。
とはいえ、面接前には逆質問をいくつか用意しておきましょう。
そのためには、相手企業のことを良く知らなければなりませんから、おのずと企業に関する研究につながるはずです。

まとめ

面接の逆質問、意外と奥が深かったと思います。
面接を受ける企業ごとに、しっかりと聞きたいことをまとめておくことが大事ですね。本当にその企業で働きたいと思ったら、質問の一つや二つは必ずあるはずです。本当にその企業に魅力を感じているのなら、逆質問でアピールしようなどと思わなくても、おのずとやる気が感じられる逆質問が出てくるはずです。
しっかりと、的確に質問ができるように、逆質問の内容をいくつか用意して面接に臨みましょう。