一般的に派遣社員というと派遣会社にエントリーしてから紹介してくれた派遣先に赴き、契約期間の間働く「登録型派遣」を思い浮かべる人が多いのではないのでしょうか。しかし派遣社員の中には派遣会社の正社員または契約社員として派遣先で働く常用型派遣社員も存在するのです。ここでは常用型派遣の特徴とともにメリット、デメリットを説明します。

常用型派遣と登録型派遣の違いとは

 

現在派遣の中でも最も多い登録型派遣は、派遣会社のエントリーに始まりカウンセリング、そして採用試験を経て、定められた契約期間の間で仕事をする流れが一般的です。自分のライフスタイルに合わせて勤務先を自由に決められるメリットがある一方で、契約終了や派遣切りに合い、収入源をなくしてしまう不安定さがデメリットとしてあげられます。

登録型派遣に対し、普段は派遣会社の正社員や契約社員として所属し、依頼を受けた企業や組織に出向いて働く派遣社員を常用型派遣と呼びます。
派遣会社の社員であるため、派遣先との契約が終了した後でも給料や健康保険、雇用保険などの福利厚生が保証されているところが最大のメリットです。雇用形態や所属する派遣会社によっても異なりますが、正社員とほとんど変わらない給料をもらえる上に、ボーナス、交通費が支給されることも少なくはありません。登録型派遣の多くが時給制であるに対し、月給制であり勤務時間によって給料の変動がないことも常用型派遣の魅力です。
契約終了後に次の派遣先が決まっていなくても、給料は保証されているので安心ですね。
派遣会社の社員として社内イベントに参加できることも多く、派遣社員だからと言って疎外感を感じることなく、組織の一員であることを実感できるでしょう。

常用型派遣としての働き方

雇用形態こそ異なるものの、派遣先において期間限定で働くという点では常用型派遣も登録型派遣も共通しています。
しかし簡単な事務や販売を任せられることが多い登録型派遣と比較して、常用型派遣は専門的な知識や技量が問われる企業や組織からの誘いが多い様子です。IT企業のエンジニアや研究職、看護師や介護士などの医療関係などがそれに当たります。また事務職や販売職でも資格を持っていたり、豊富な経験を持っていたりする人材の需要も高いです。常用型派遣として働き続けるためには何かしらのスキルを持っていると圧倒的に有利と言えるでしょう。1年ごとに契約更改が多い登録型派遣に対して、常用型派遣は3年契約であることが多いので、安定して働けます。
正社員や契約社員として働いている以上、紹介を受けた派遣先を自由に断ることはできませんが契約する際には専任のカウンセラーに自分に合う会社かどうかを相談しながら派遣先を決めていけます。

常用型派遣のデメリット

メリットがたくさんあるように感じられる常用型派遣ですが、デメリットも少なからず存在します。
常用型派遣は契約期間が終了すれば職場が変わるため、派遣先での仕事にやりがいを感じていてもまた新しい職場で一から仕事を覚え、人間関係を構築しなければいけません。派遣会社から支払われる給料は変わらないのに、派遣先によって仕事量は多少なりとも変わるので、仕事量の多い派遣先に行くと損したような気分になることもあります。
また常用型派遣は派遣会社と派遣先のそれぞれに所属するため、双方で信頼しあえる人間関係を築かなければならず、人付き合いが苦手な人にとっては窮屈に感じられるのかもしれません。
派遣会社の正社員と待遇を比較すると給料や福利厚生が劣る派遣会社があります。特にボーナスは正社員よりもかなり少ないという会社が目立ちます。常用型派遣に応募する際には、複数の派遣会社をよく比較して待遇の差を確認するようにしましょう。

知っておきたい平成27年の派遣改定法

これまで派遣社員は常用型派遣であっても登録型派遣であっても、ひとつの派遣先で働ける期間は最長3年と決められていました。しかし例外として政府が認めた26の業務に携わる派遣社員は、無期限に仕事を継続できるように認められていたものです。専門26種と呼ばれる業務には秘書やソフトウェア開発、旅行の添乗、テレビの制作会社、編集業務などがありました。しかし区別がしにくいとの指摘が多かったことから、平成27年の改定派遣法ではこれらの種別のくくりは撤廃され、どんな職種であっても契約期間は最長3年となることが決められました。専門職に携わることの多い常用型派遣として働くために覚えておきたいルールです。

常用型派遣を行っている企業

現在派遣業はすべて登録型となっています。登録型派遣しか斡旋していない派遣会社が多いものですが、常用型派遣を採用している派遣会社も増加しています。知名度や評判の高い会社を紹介します。

スタッフサービスグループ「ミラエール」

スタッフサービスグループが行う常用型派遣サービスの「ミラエール」は派遣社員からの希望が多い事務職を専門に扱っています。2014年からスタートしたサービスですが、すでに500人以上の人材が派遣先企業で活躍しています。キャリアアッププログラムをしっかりと組んだ上で、自分に合った企業を紹介してくれます。

スタッフサービス「スタッフサービス・メディカル」

介護や看護、医療事務など医療関係で働きたいと考えている人にぴったりの「スタッフサービス・メディカル」。月額固定給で賞与もあるため、医療関係業務志望者からの人気が高いです。医療関係の資格を持っていない人にもサポート体制が整っており、取得費用を全額補助してくれるところが魅力です。

リクルートスタッフサービス「キャリアウィンク」

リクルート社が提案する「キャリアウィンク」では社員として籍を置きながら、派遣先を決められます。1,000社を超える充実した派遣先企業が魅力で、ボーナスや交通費も保証されています。キャリアカウンセラーが就いてくれるため、企業とのミスマッチがなく派遣先を選ぶことができるでしょう。

まとめ

常用型派遣は社員として一定の給料が保証されていることが魅力です。正社員としてはなかなか入社できない大企業で働けることも多く、さまざまな職場で働くことで視野を広げることもできるでしょう。登録型派遣として働くことを考えている人も、一度常用型派遣に注目してみてはいかがでしょうか。

★こちらもよく読まれています!

IT系の派遣をお考えの方に朗報です。常用型派遣でなくとも、エンジニアの人材派遣事業に特化した派遣サービスがあります。正社員や契約社員雇用を想定した紹介予定派遣の働き方もできますので、安定した働き方を求めるならこちらも一度視野に入れてみてはいかがでしょうか?

ITに強い派遣会社パーソルテクノロジースタッフの記事はこちら