高卒で転職したい人必見!転職事情や成功のポイント・注意点などを徹底解説

面接を受ける男性

転職したいけれど高卒までの経歴までしかない場合、転職は可能なのでしょうか?また、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか?

今回は高卒の経歴から転職したい方へ向けて、転職事情、転職活動の注意点、転職成功のポイントについて解説していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

高卒を取り巻く転職事情を理解しよう

まずは、高卒の方を取り巻く転職事情から解説していきたいと思います。

高卒の方の転職の状況、高卒の方に対して企業側はどう見ているのかなどを知っておけば、転職活動の参考にすることができるでしょう。

高卒者は早期退職しそうと思われることがある

高卒者の転職に対して、企業側はどのように見ているのでしょうか?

実は、高卒というだけで早期に退職してしまうのではないか、と懸念される可能性があります。

実際に就職した場合、高校生のときのように学校の助けを受けることはできません。すべて、自分の力に頼って課題や問題を解決していく必要があります。

高卒者と大卒者を比較した場合、どうしても高卒者に対する懸念を持ってしまうという企業が、少なからず存在しているのです。

実際に高卒者の離職率は高い

これは、勝手なイメージではなくデータとしても現れています。

厚生労働省が行なった調査によれば、高卒者の約41%が就職した企業を3年以内に離職しているというデータがあります。

さらに、大卒者の3年以内の離職率は約32%、中卒者の場合は約68%という調査結果となっていました。つまり、中卒者や高卒者は大卒者と比較して3年以内に離職しやすいと考えられているのです。

友だちが大学や短大などで学生生活を謳歌しているときに、自分だけ働くことに嫌気を感じて仕事を辞めてしまいたくなる気持ちは理解できるのですが、実際には、このような事実があるため、企業側からすぐに離職するのでは?と懸念されているというわけです。

高卒では応募条件を満たせない?

また、高卒者に対してそのようなイメージを持っていない企業だとしても、求人の応募条件に大卒以上や専門学校卒業など、学歴の条件を設定しているケースが多いといえます。

そのため、高卒者を対象にした求人は、全体的に見てやや少ないといわざるを得ないでしょう。

特に、誰もが耳にしたことのある大手企業や有名企業などでは、アルバイトやパートのスタッフを募集する場合でも、大卒者以上を求めることもあります。

このようにしてみてみると、高卒者が自分の希望通りの職に就くことは、難しいという認識を持っていた方がいいかもしれません。

高卒の転職の「その先」に苦労がある

もし、高卒者が転職を成功させることができたとしても、その先に苦労してしまうことがあるでしょう。

終身雇用という概念が崩壊しつつある現在では、いい学校に行っていい会社に入ることができれば、将来に渡って安泰になるという考えは通用しなくなっているといえます。

しかし、先述したように、企業のなかには高卒か大卒かで判断して、学歴を優先させるようなケースがあります。

そのため、転職した企業で確実にスキルを身につけ、経験を積んでいないと、自分のキャリアビジョンを描いていくことが難しくなる可能性があります。

その点は大卒でもそれほど変わらない

ただ、その点については大卒者でもそれほど変わらないといえます。

というのも、仮に大卒だったとしても、出身大学のレベルによっては企業説明会にも参加させないような企業もあり、学歴に対してまだまだ厳しく見ている企業があるからです。

しかし、それは逆に考えれば、「大卒者でもそのような状況にある」ということです。そんななかで高卒者が転職を考えるとしたら、学歴に差によって応募できる求人が少なくなり、さらに採用されることが困難になることは想像に難くないでしょう。

学歴不問の求人を出す企業の特徴

一方で、学歴や経験を問わない求人を出している企業もあります。このような企業は、採用した人材をイチから教育したいと考えているケースが多いといわれています。

高卒者で転職を希望する人なら、「こういう企業に転職すれば問題ないじゃないか」と考えるかもしれません。

しかし、人材に求める条件が少ない企業の場合、想像を超えるほど多くの求職者が殺到する可能性があります。

応募者が多くなるということは、魅力的なスキルや経験がなければ内定を勝ち取ることは難しく、やはり転職活動に苦労する場面が多くなるでしょう。

転職に苦労した高卒の末路とは?

このように、高卒者の転職は簡単なものではなく、むしろ苦労することの方が多いかもしれません。

いくら応募しても内定を勝ち取れない。このような状況が続いてしまった結果、転職することを諦めてフリーターになってしまうといったケースが多くなるのです。

フリーターでも働けるのであればいい、と考えるかもしれませんが、シフトを増やして収入を確保できるのは若いうちだけ。しかも、貯蓄をしていくのは難しいといえるでしょう。

また、年齢が上がるにつれて、体力的にも金銭的にも「もう一度やり直すこと」が難しくなってしまいます。

このようなことにならないように、高卒者でも正社員として就職・転職することをおすすめしますが、転職の難易度が高いということは理解しておくべきといえるでしょう。

高卒の転職を成功させた人はたくさんいる

ただし、さらに理解しておかなければならないのは、高卒者だとしても転職を成功させている人もたくさんいるということです。

ですから、どのようにすれば高卒者の転職の成功率がアップするのかを知らなくてはなりません。

高卒者の転職に必要な準備や、押さえておきたいポイントなどについて、詳しくは後述しますので、必ず目を通すようにしてください。

高卒を歓迎する業界はたくさんある

高卒者での転職が難しいという話は先述した通りですが。一方で、高卒者を歓迎している業界があることも知っておく必要があるでしょう。

また、高校を卒業してすぐの時期は別として、高卒者のなかでも経験が豊富な人もいれば、まだまだ経験が足りない人もいるものです。

経験が豊富な人は、経験を活かすことができる業種や職種で転職先を探せばいいでしょう。ただ、経験が少ない人が転職を考えるのであれば、以下のような業界や職種を選んでみるといいかもしれません。

高卒者におすすめの業種・業界
  • 事務職
  • 営業職
  • 販売職
  • WEB業界・IT業界
  • 接客業
  • 介護職
  • エンジニア・SE
  • 公務員
  • 技術職
  • 運送業
  • 農業・漁業

など。これらの職種や業種は、さまざまな理由から学歴を問わず求職者を募集しているケースが多い傾向にあります。

例えば、営業職では未経験からでもスタートしやすい仕事の代表ですし、介護職や運送業は慢性的に人手不足が叫ばれている仕事・業界だったりします。

もし、転職したいけれど経歴に自信がなく、さらに何の仕事をするのか迷っているという人なら、これらの仕事について情報を集めるのがおすすめといえます。

高卒の女性を採用する企業は増えている

それでは、高卒の女性の場合は、どうなのでしょうか?

一部の企業をのぞいて、高卒や女性であることを理由に採用を見送る企業は減りつつあります。これは、男女雇用機会均等法という法律が定められたことが関係しています。

また、それだけではなく「女性だからこそ採用したい!」と考える企業が増えているのも事実です。

ですから、高卒の男性女性問わず、転職を諦める必要はないといえるでしょう。

高卒の女性におすすめの職種とは?

女性だからこそ採用したいと考える企業が増えているというのは先述した通りですが、では、どのような業界や職種が高卒の女性おすすめなのでしょうか?

公務員

女性の高卒者におすすめの職種の一つが公務員です。

公務員というと大卒者でなければ就職できないようなイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

実際に、高卒者でも公務員の採用試験を受けることは可能であり、高卒者の転職先として高い人気を誇っているのです。

大卒者と比較すると、受験できる公務員試験には制限があり、受験するためには「高校卒業見込みである」もしくは「高校卒業から2年以内」といった条件があるため、簡単に転職できるわけではありません。

ただ、採用試験を突破することができれば女性にとっては働きやすい環境であることは間違いありません。育児休暇制度なども充実しているため、ライフイベントに対して柔軟に対応しながら、仕事を継続しやすいというメリットがあります。

事務系の職種

女性の高卒者には、事務系の職種もおすすめです。

どんな業界であったとしても必要とされるポジションであることに加え、ファイリング業務や電話対応など、業務内容がある程度似ているという特長があります。

基本的にデスクワークとなるため体力的な負担が少なく、定時で退勤できるケースが多いため、女性に人気の職種となっています。

一方で、人気が高いということはそれだけ競争が激しいということでもあります。他の求職者と差をつけるために、事務職に活かすことができる簿記やMOSなどの資格を取っておくことをおすすめします。

営業職

女性の高卒者には、営業職もおすすめです。

営業職というと男性の仕事というイメージが強いかもしれませんが、実は女性の営業職の求人もたくさんあるものです。

というのも、男性にはない女性ならではの心遣いや細かいフォローができたり、顧客が女性の場合に営業担当も女性の方が安心感を与えられたりするからです。

なかでも、化粧品業界や生命保険の外交員など、昔から女性が活躍しているような職種の場合、産休・育休制度や時短勤務制度が整っていることも多いので、女性にとって働きやすい環境が整っているケースも多いです。

さらに、営業職ではインセンティブ制度(=歩合制)が導入されている場合もありますので、頑張り次第では収入を大幅にアップできる可能性もあるでしょう。

IT業界

女性の高卒者には、IT業界への転職もおすすめです。

IT業界は慢性的な人手不足となっているため、他の職種と比較して採用されやすい傾向にあるためです。

また、IT業界といっても、技術者以外に事務職や営業職など、さまざまな種類の仕事があるため、これまでの経験を活かして働くこともできます。

さらに、未経験からでもITエンジニアに挑戦できる場合も多く、絶えず勉強していく必要はありますが、一度スキルを身につけてしまえば、独立してフリーランスとして働くことも可能。

ライフイベントが多い女性にとって、働き方を柔軟に変えられるというのは、嬉しいポイントといえるでしょう

介護業界

女性の高卒者におすすめの業界としては、介護業界も挙げられるでしょう。

介護の仕事は資格がないとできないと考えている人も多いですが、デイサービスや病院などで勤務する場合、特に資格は必要ありません。そのため高卒で介護職に就いているという人もたくさん存在しています。

また、介護業界では入社した後に資格を取得できる研修や支援制度が充実しているので、未経験からでも有資格者になることができるのです。

ただ、資格を持った状態で転職活動を行ったほう有利になり、応募できる企業や施設の幅も広がりますので、転職を考えるのであれば、資格に取得も視野に入れておいた方がいいかもしれません。

高卒と大卒の転職状況の違いとは?

ここからは、高卒者と大卒者の転職状況の違いについて解説していきたいと思います。

先述したように、大卒者の方が高卒者よりも有利だといわれることが多いですが、実際どれくらいの差があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

高卒と大卒では生涯賃金に差がある

高卒者と大卒者では、生涯賃金に大きな差があります。

ユースフル労働統計2016によれば、男性の生涯賃金は高卒の場合で2億600億円、大卒の場合で2億6600万円となっています。女性の生涯賃金は高卒の場合で1億4600万円、大卒の場合で2億1800万円となりました。

このデータを比較すれば、高卒者と大卒者では生涯賃金に6000万円程度の差が生まれることになります。

これには、大卒者の方が多くの職種から転職先を選択することができることと、転職後に収入がアップするケースが多いことが関係しています。

ただ、高卒での転職で年収アップを実現しているケースも多く、大卒者よりも稼いでいるという人もたくさんいます。これは、給料がその人の学歴よりも、業界や企業の規模に関係することが多いためです。

つまり、やり方を考えれば高卒からでも収入アップを目指して転職することが可能ということです。キャリアプランを明確にし、目的を持って転職することで、転職ごとに収入アップを実現することができるかもしれません。

大卒の方が圧倒的に転職しやすい

次に、転職の難易度について見ていきましょう。

これについては、圧倒的に大卒の方が有利となります。その理由は、企業が中途採用の応募資格に「大卒以上」と明記しているケースが多いためです。また、「学歴不問」の求人情報には大卒者も応募できるため、それだけ転職先の幅が広いことになるのです。

一方、高卒者は応募できる求人が限られてしまうため、転職できる職種が狭くなってしまうという特徴があります。

ただし、学歴というのはあくまでも就職や転職に関する要素の一つにすぎません。実際に、学歴以上に実務での経験やスキルを重視している企業もあります。

このような企業を見つけることができれば、大卒者よりも選考において有利になることもあります。

大卒が圧倒的に有利でもフリーターはおすすめできない

先述した通り、転職の難易度では大卒者の方が圧倒的に有利になります。高卒者の場合、転職活動を進めていくにあたり苦労することがあるでしょう。

しかし、転職が難しいからといって転職を諦めてしまったり、行動することを辞めてしまったりするのは大きな損失となります。

さらに、そこでフリーターになってしまうことだけは絶対に避けるべきといえます。なぜなら、生涯賃金では高卒者よりも低くなる可能性が高く、社会的信用も得ることができないからです。

将来的に結婚したり、家庭を持ったりすることを考えているのであれば、正社員として働くことが大切になります。

そのためには、できるだけは早いうちから転職活動を行い、正社員としてのキャリアを積んでいくいことを心掛けましょう。

フリーターや契約社員から正社員にはなれないのか?

それでは、フリーターや契約社員から正社員へと転職することはできないのでしょうか?

そんなことはありません。フリーターや契約社員から正社員へと転職することは可能です。ただし、年齢や状況などによっては、転職が難しくなるケースもありますので理解しておきましょう。

先述したように、高卒者が応募できる求人案件は大卒者と比較すると少なくなってしまいます。ただ、学歴不問の求人に絞り込んでしまえば、高卒という学歴が転職に影響することはなく、学歴よりも職歴の方が重要視される傾向にあります。

大卒より資格が重視されるケースもある

企業によっては、大卒であることよりも業務に活かせる資格の方を重視する場合があるということを覚えておきましょう。

応募する企業での業務に活かせる資格を持っている場合、選考に関してかなり有利になります。また、資格を持っていることで、勉強するだけのモチベーションを保つことができ、努力もできる人、と判断されることが多いのです。

ただし、資格が有利になるのは、業務に活かせる資格を持っている場合です。業務に全く関係のない資格を持っていたとして、それをアピールしてもあまり意味はありませんので注意して下さい。

高卒の転職で給料はどうなるのか

ここからは、高卒者が転職する場合の給与について解説していきたいと思います。

高卒者で転職を考えている人のなかには、給料の待遇改善を求めている人もいらっしゃるでしょう。

転職することで、給料はアップすることができるのかどうか、見ていきましょう。

大卒との初任給の差とは?

高卒者と大卒者では、入社後の初任給に違いがあります。

高卒者の初任給の相場が16万円程度であることに対し、大卒者の初任給は19~20万円程度が相場になっています。

初めのうちに任される仕事の内容に大きな差がないケースもあるので、少し理不尽に感じることがあるかもしれません。

ただ、これには「人的資本論」という考え方が大きく影響しているのです。

「人的資本論」という考え方の影響

高卒者と大卒者の給料の違いには、「人的資本論」という考え方が影響することが多いといわれています。

これは、経済学としての考え方の一つで、大学において4年間勉強している分、大卒者の人材の方が企業にもたらす利益が大きいというものです。

また、大学に入学するための受験や、大学を卒業するための卒業論文の作成には、相当の努力が必要になります。大卒者はそれだけの努力と学力を持ち合わせているという「事実」が、人事の評価にも影響するというわけです。

実際、この考え方によって日本の多くの企業において、大卒者の方が高卒者よりも給与が高くなる傾向にあります。

高卒でも給与を上げることは可能

では、高卒の場合は給与を上げることはできないのでしょうか?

実際に、ただ転職しただけでは、給与を劇的にアップさせることは難しいでしょう。ただし、入社後のキャリアによって、自身の評価を上げることができれば給与のアップは十分に見込めます。

また、高卒であることを活かして給与のアップを目指すのであれば、以下に解説することが非常に重要になります。

給与を上げたいなら若いうちが勝負になる

高卒者が給与をアップさせるためには、学歴以外に評価されるポイントを作ることが大切です。

また、職種や業種によっては、資格を持っていることで手当が支給されることもあるため、現在就いている仕事で実績を挙げ、資格を取得しておくことが大切でしょう。

さらに、大卒者に勝っている点として、高卒者は早い段階で社会人経験を積めるということが挙げられます。ですから、できるだけ早い段階でキャリアビジョンを明確に掲げ、それに向けて早めに転職を成功させておく、ということが極めて重要になります。

年齢が上がっていくにつれて、このメリットの効果は薄れてしまいますので注意が必要です。

昇給の可能性が高い業界を選択するのも一つの方法

高卒での転職で給与のアップを目指したいのであれば、昇給の可能性が高い業界を選択するというのも、一つの手段といえるでしょう。

業界によっては、比較的初任給が高いものの、昇給額が少なるなる場合があります。逆に、頑張り次第では、どんどん昇給していく業界があるのも事実です。例えば、スキルや知識を身につければ昇給額が高くなる金融業、時代のニーズが影響している建設業などがそれにあたります。

昇給のチャンスが大きい業界に絞って転職活動を行ったり、その仕事に活かせる資格を取得したりしておけば、将来的に高い給料をもらうことができる可能性が高まるでしょう。

高卒の転職でよくある質問

ここからは、高卒者の転職に対してよくある質問について答えていきたいと思います。

転職というのは不安がつきものです。特に、大卒者と比較して不利になりやすい高卒者ならなおさらでしょう。

高卒者の悩みや疑問について知っておけば、あなたの不安が少し緩和されるかもしれませんよ。

高卒で初めて転職するので不安だけど、大丈夫でしょうか?

高卒で就職して初めて転職を考えているのであれば、不安でいっぱいになっているだろうと思います。

ただ、それについては気にする必要はありません。高卒でも初めての転職でも成功することは可能です。

転職回数と転職の成功率の関係性を調べた調査によれば、最も転職が成功しやすかったのは「初めての転職」という結果が出ています。

特に、日本では転職回数が多い人材を、「離職しやすい人間」と判断する傾向にあるため、採用しないケースが多いといわれているのです。

逆に言えば、初めて転職する人の方が採用されやすいということになります。

ただ、初めての転職では、右も左もわからないという人が多いと思います。詳細は後述しますが、転職に対するしっかりとした準備と、転職成功のためのポイントについて押さえておくことが大切になります。

社会人経験の長さで給与が伸びる職種は?

大卒者と比較して高卒者の方が、社会人経験が長くなります。これは、高卒者が転職で活かしたいポイントの一つです。

この利点から給与が伸びる職種を考えるのであれば、実務経験についてしっかりと評価してくれる職種を選択してみてはいかがでしょうか?

特に、IT業界のエンジニア職やベンチャー企業などへの転職がおすすめです。ITエンジニアは能力によって差が出やすい職種。そのため、実務経験の長さが評価されやすい傾向にあります。

また、ベンチャー企業は企業そのものが成長していきやすいため、学歴うんぬんよりも、「仕事ができるかどうか」が評価を分けるカギとなります。高卒者でもこれまでにしっかりとして実績を残しているのであれば、給与に反映されやすいといえるでしょう。

このような職種や企業に転職することができれば、あとは頑張り次第で給与アップを目指すことができるでしょう。

高卒への世間の目を気にしない方法を教えて?

高校を卒業した人の多くが大学への進学を選択するといいわれている日本では、高卒であることに対して、人の目が気になるということもあるでしょう。

また、若いうちの転職活動のおいては、大卒者の方が有利になる状況を目の当たりにしやすいので、必要以上に気にしてしまうことがあるかもしれません。

ただ、あまり気にしても仕方がないといえます。いくら気にしても、このような状況は変わることがありませんし、あくまでも、学歴はその人を表す指標の一つに過ぎないからです。

どうしても気になるというのであれば、仕事で結果を残すことが大切です。こうすることで自分の評価が上がるので自信がつきやすくなり、学歴について気にならなくなるでしょう。そのためには、自分が希望する転職を実現させることから始めていきましょう。

高卒の転職では地方より都市部の方が有利なの?

高卒で転職する場合、地方よりも都市部の方が有利ならば、転居したいと考える人がいるかもしれません。

実際には、東京や大阪などの都市部の方が求人数は多い傾向にあるため、幅広い転職先から選択したいという場合には、都市部での転職の方が有利になるでしょう。

ただし、地方でも転職できる求人情報があることは事実です。また、地方での転職の場合、求人数は少なくても、応募者数も同様に少なるなるため、転職が成功しやすいともいえます。

一言に地方といっても、地方都市なのか、過疎化している地域なのかで求人数に違いはありますが、県庁所所在地や主要な駅がある街ではそれなりに求人があるものです。さらに、若い人は都市部に出たがるケースが多いため、若い人材が転職してくれることを歓迎してくれる地方の企業はたくさんあります。

これらのことを総合すると、高卒の転職では都市部が有利とは言い切れないのではないでしょうか?どうしてもやりたい仕事が都市部でしかできない場合を除いて、転居を伴う転職については冷静に考えたほうがいいでしょう。

高卒の正社員だけど大手企業に転職できる?

高卒の正社員経験者の場合、大手企業への転職が成功するチャンスはあります。

というのも、大卒者以上でなければ応募できない求人ばかりではなく、高卒でも応募できるケースが実際にあるからです。

ですから、情報収集をしっかり行えば、応募できる求人情報に出会うことができるかもしれません。

一方、30代での転職の場合、これまでの経験や実績、資格の有無などによっては、大手企業への転職が成功する可能性があります。

ただし、大手企業の場合、高卒でも応募できる求人はかなり少ないと考えておいた方がいいでしょう。とにかく、情報を収集すること。これに尽きるといえます。

高卒で転職できる大手企業ってどんなところ?

それでは、高卒からでも転職できる大手企業にはどのようなものがあるのでしょうか?一般的に転職が可能といわれている業界や企業について見ていくことにしましょう。

自動車メーカー

自動車メーカーなら、最終学歴が高卒でも大手企業に転職しやすいといえます。

ただし、初めから正社員として転職できるわけではありません。高卒からの転職の場合、期間工と呼ばれる契約社員としての採用からスタートすることが多くなるでしょう。

そして、期間工で勤務している間に正社員の登用試験のチャレンジすることになり、試験に合格することができれば、晴れて大手企業の正社員となることができるです。

一方で、正社員登用試験に不合格だった場合、期間満了となり退職することになります。また、実際には、正社員登用試験を受けられるチャンスは少なく、正社員になれない人が大半だといわれています。

ハイリスクハイリターンとなることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

製造業

大手メーカーの工場作業員の職種であれば、高卒からでも正社員になれるケースがあります。

ただし、この場合も契約社員からスタートすることが一般的です。

また、自動車メーカーと同じように、かなり評価が高くなければ正社員になるためのチャンスは巡ってきませんので、相当頑張りが必要になると考えておきましょう。

製造業に転職して働いていきたいと考えているなら、カギとなるは資格です。製造業では多くの関連資格があるため、実務において必要な資格を取得することができれば、正社員になれる可能性が高くなるかもしれません。

IT企業

IT企業の場合、高卒からでも転職することが可能です。

というのも、IT企業では学歴についてあまり気にしない企業が比較的多いといわれているからです。学歴よりは、むしろ技術を持っているかどうかが重要になるでしょう。

ただし、全くIT関連の実務経験がない場合は、大手企業に転職するのは難しいでしょう。まずは、未経験からでもチャレンジできる中小系のIT企業に転職し、そこで経験を積むことがら始めることをおすすめします。

また、現在では未経験からITプログラミングの知識を身につけられるうえに、転職活動のサポートまで行ってくれる転職エージェントサービスもありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

建設会社

日本を代表するような建設会社なら、最終学歴が高卒でも転職できる可能性があります。

建設会社もIT企業同様に、あまり学歴を気にしない傾向にあり、むしろ実務経験と資格が重要視されるからです。

高卒からでも転職できる職種は、主に施工管理となります。施工管理とは工事に携わっている作業員や職人に指示を出す、いわば「現場監督の仕事」です。

成功管理職は未経験からでもチャレンジできる職種ですが、大手の建設会社に転職するなら、未経験では採用されることはないでしょう。まずは、中小の建設会社で経験と実績を積んでから企業に応募するようにしてください。

また、成功管理の仕事で経験を積むことで、国家資格である「施工管理技士」という資格取得にチャレンジできるようになります。建設現場では、施工管理技士の資格を持った人物を必ず配置しなければならないと法律によって定められていますので、資格を持っているだけでかなり重宝されることになります。

建設会社への転職を考えているのであれば、この資格は是が非でも取得しておきたいところです。

鉄道会社

鉄道会社なら、高卒からでも転職できる可能性があります。

というのも、有名な鉄道会社では、社会人採用として求人を募集することがあり、この場合学歴が高卒でも応募することができるからです。

また、鉄道会社によっては、実務経験がないという場合でも転職可能な場合がありますので、情報を集めてみるといいでしょう。

ただし、採用される倍率はかなり高いため、狭き門と考えておきましょう。また、基本的には実務経験がある人が優遇される傾向にありますので、全くの未経験の場合は不利になるということも理解しておいてください。

不動産会社

業界大手の不動産会社やハウスメーカーの場合も、高卒から転職できる可能性があります。

ただし、一般的には営業職での募集がほとんどで、かつ営業職としての実務経験がないと応募できない場合があります。そのため、関連する業界の中小企業で営業職として経験を積み、スキルを身につけてからチャンレンジすることをおすすめします。

また、不動産会社やハウスメーカーの場合、火曜・水曜・木曜が休日となるケースが多いため、土日祝日は出勤する必要があります。このあたりも理解しておいてください。

運送会社

大手企業の運送会社の場合も、高卒から転職できる可能性があるといえます。

職種としては、荷物を運搬するトラックの運転手となるケースがほとんど。普通免許さえあれば応募できたり、運送業未経験でも応募できたりする企業がありますので、それぞれの求人情報をよく確認するようにしましょう。

ただし、運送会社の場合でも、基本的には経験者の方が採用されやすくなるということも理解しておくべきでしょう。

高卒が転職するために準備しておくべきこと

ここからは、高卒者が転職するために準備しておくべきことについて解説していきたいと思います。

転職を成功させたいと考えているのであれば、重要になるのは何よりも事前の準備です。これは、何も高卒者に限った話ではありません。

特に、以下に解説することについては、必ず準備しておいた方がいいものばかりですから、しっかりと理解するようにしてください。

これまでの自分を棚卸しする

転職活動において、最初に行わなければならないのは「自己分析」です。

特に、高卒で就職した人の場合、高校で勧められた職場にそのまま就職しているケースが多いので、転職するときになって初めて自己分析を経験するということも多いでしょう。

自己分析とは、これまでの仕事でどのような業務を担当し、どのような経験を積み、どのような実績を挙げたのか。また、どのようなスキルや資格を持っているのかなど、自分について客観的に分析する作業です。ですから、これまで仕事で経験したきたことを、すべて棚卸しする必要があります。

自己分析をしっかり行うことで、自分がどのようなことが得意で、どのような仕事に向いているのかがハッキリしてきます。それを踏まえて、「今後どうしていきたいのか」「転職する企業で何がしたいのか・どのように貢献していきたいのか」を考えていくのです。

こうすることで、転職活動に対する軸を作ることができるため、応募する企業や、その面接での質問への返答がブレてしまうことがなくなります。

転職を本格的に考えているなら、自己分析は避けては通れないものですから、じっくり時間を掛けて取り組むようにしましょう。もし、自分一人で行う自信がないという場合は、転職エージェントのコンサルタントに相談すれば、一緒に自己分析を行ってくれますので、ぜひ利用してみてください。

職務経歴書は時間を掛けて準備する

高卒での転職では、職務経歴書が転職成功の大きなカギを握るといっても過言ではありません。そのため、時間を掛けてしっかりと準備をする必要があります。

職務経歴書とは、これまでの職歴や取得している資格、過去に経験した仕事での実績、身につけたスキルなどを書く書類です。

新卒での就職活動と、中途採用による転職活動の大きな違いの一つが、職務経歴書が必要になるか否か、ということです。そして、職務経歴書は転職を希望する企業で働くための能力や経験があるかどうかを確認するために使用されます。そのため、応募する企業によってかき分ける必要があるのです。

応募先の企業で活かせそうなスキルや経験があるのなら、積極的にアピールしていきましょう。必要ならば、項目を別に設けてより詳細に表記するのも一つの方法です。また、実績は数値を使って書くことで、より具体的な情報となるでしょう。

気をつけたいのは、採用担当者によって読みやすくわかりやすい書類に仕上げることです。全体の経歴はできるだけシンプルにまとめながら、採用担当者が確認したい情報がすぐにわかるように工夫することが大切になります。

こちらについても、転職エージェントを利用すれば、コンサルタントによる添削を受けることができますので、自信がないという場合は相談してみてはいかがでしょうか?

転職理由を明確にしておく

高卒者が転職するためには、転職活動を始める前に転職理由を明確にしておくことが大切です。

というのも、書類選考を通過した後の面接で、転職理由については必ず質問されるからです。

そして、転職理由を明確するにためにも、先述した自己分析が重要になります。自己分析によって自分の得意分野や向き不向きが明確になり、転職先で何がしたいのかがハッキリするためです。

それをもとになった転職理由は、採用担当者にも納得してもらえるものになるはず。逆に、あまり「条件がいいから」「何となくいいと思ったから」「興味があったから」といった返答をした場合は、「あまり深く考えない人かも」と判断されるので、採用される可能性は低くなってしまうでしょう。

転職活動前の自己分析と転職理由を明確にする作業は、必ずセットで行うようにしてください。

将来のキャリアビジョンを明確にしておく

自己分析を行ううえでもう一つセットにしておくべきことが、将来のキャリアビジョンを明確にしておくということです。

これについても、採用面接でほぼ確実に質問されることになるからです。

自己分析を行い、転職理由を考えた次に、「転職先の企業でどうなりたいのか」「将来どのようなキャリアを積んでいきたいのか」についてもじっくり考えましょう。

キャリアビジョンが明確で、かつ応募先の企業で実現できるものだった場合、面接での評価が良くなる可能性が高くなります。

また、キャリアビジョンについても、転職エージェントのコンサルタントが相談に乗ってくれますので、一度相談してみることをおすすめします。

高卒の転職を成功させるためのポイント

ここからは、高卒者が転職を成功させるためのポイントについて解説していきたいと思います。

高卒者が転職する場合、事前の準備と合わせて意識しておくべきポイントがいくつかあります。これらを理解しておくことで、比較的有利に転職活動を進めていくことができるようになりますので、参考にしてみてください。

20代のうちは社会人歴をアピールポイントにする

20代のうちに転職する場合は、社会人歴をアピールするということが転職を成功させるためのポイントの一つです。

新卒採用で重視されるのは学歴であるケースが多いですが、それぞれの人材の能力差が出てくる20代の転職では、学歴ではなく個人の能力が重視されるようになるからです。

そう考えれば、大卒者よりも長い職歴があることは重要なアピールポイントになります。ですから、社会人としての経験が長く、かつ企業が求める能力があるということを面接でアピールしていくことが大切になるのです。

語学スキルを身につけたり資格を取ったりする

高卒者が転職に成功するためのポイントの一つが、語学スキルや資格を習得するということです。

スキルや経験については、明確に説明することが難しいのに対して、語学スキルや資格を持っていることは明確にその人材の能力を判断する材料になるからです。

特に、国家資格や需要が多い資格を持っていれば、採用に関して有利に働くケースが多いでしょう。

ただし、転職先の企業で活かすことができない資格である場合、評価にあまり影響されないこともありますので注意して下さい。

それでは、高卒者でも取得できるおすすめの資格について紹介していきたいと思います。

秘書検定

高卒者におすすめの資格の一つが、秘書検定です。

秘書検定について勉強し、資格を取得することで、秘書としてのスキルの育成ができると同時に、面接や実際の業務の場面で活かせる振舞いを身につけることができます。

つまり、秘書を目指すつもりがないとしても、ビジネスマナーについては十分に心得ていることの証明になるということ。そのため、採用担当者のあなたに対する評価は高くなりやすいでしょう。

MOS

高卒者のおすすめの資格としては、MOSも挙げられるでしょう。

MOSとは「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」の略。マイクロオフィス社のオフィスソフトを使いこなせることを証明する資格のことをいいます。

Windowsパソコンに搭載されていることが多い、Word、Excel、PowerPointなどのオフィスソフトは、業界・職種に関わらず頻繁に使用するソフトです。また、求人情報の応募資格でも「Word、Excelの基本的な知識がある方」などと表記されているのは見たことがあるかもしれません。

オフィスでの仕事やデスクワークの場合、MOSを持っていることは有利になりますので、取得について検討してみてはいかがでしょうか。

英語関係の検定

高卒者には、英語関連の検定試験を受験しておくこともおすすめです。

特に、観光業や接客業ではTOEICなどの外国語に関する資格が重宝されることが多いといえます。現在、日本へは多くの外国人観光客が訪れていることに加え、英語が得意という日本人が残念ながら少ないことがその理由です。

人と接する職種への転職を考えている場合は、外国語担当ができる人材として、採用担当者に一目置かれるかもしれません。

調理師

調理師免許も高卒者におすすめの資格といえます。

調理師免許を持っていることで飲食店への転職の有利になること、さらに活躍できる場が多いことがその理由です。

調理師免許を取得するためには、飲食店での2年の実務経験が受験資格となります。ただ、専門学校などを卒業していなくても受験することができるため、目指しやすい資格であるといえます。

飲食関連の仕事にもさまざまなものがあり、自分のキャリアビジョンに合わせて幅広く選択できます。将来、自分の店を開くという道もあるでしょう。

宅地建物取引士

高卒者にはおすすめの資格としては、宅地建物取引士も挙げられます。

宅地建物取引士とは、不動産の売買が正確に行われるようにサポートするための資格で、この資格がないと契約書への署名や捺印、重要事項の説明など担当できない業務があるのも特長です。

不動産を取り扱う事業所には、必ず一人はこの資格を持つ人物を配属する必要があるため、業界からの需要も高い国家資格で、不動産関連の業界への転職ではかなり有利になるといえるでしょう。

普通自動車免許

高卒者で転職を考えているのであれば、普通自動車免許を取得するのもおすすめです。

転職先の応募資格に「普通自動車免許をお持ちの方(AT限定可)」などと書かれているのを見たことがあるかもしれません。特に、運送業や運転手、外回りを行う営業職などでは、持っていることが必須となることもある資格です。

ちなみに本人確認書類としても、免許所1枚あれば事足りますので、意外と役に立つ資格といえます。

大卒に勝るスキルを身につける

高卒者が転職に成功するためのポイントとして、大卒者に勝るスキルを身につけるということも大切です。

新卒採用ではなく、中途採用の転職活動において、もっとも強力なアピールポイントとなるのがスキルだからです。

身につけたスキルというのは、自分が何をすることができる人材で、どのように企業に貢献できるのかを証明できるものです。そのため、スキルと企業の思惑が一致すれば、あなたのことを採用したいと考えるようになります。

しっかりとしたスキルを身につけていれば、転職活動が大卒者よりも有利になる可能性は十分にあります。現職でスキルをしっかり磨き、転職活動時にはそれをしっかりとアピールすれば、あなたの将来が開けてくるかもしれません。

とにかく早めに勝負する

高卒者が転職に成功する重要なポイントが、とにかく早いうちに勝負をするということです。

先述したように、高卒者の社会人経験の長さは、大卒者よりも有利に働くことになります。そのため、実務能力や経験、実績、スキルなどもアピールすることができるでしょう。

また、社会人経験が長いということは、企業側の採用に対する不安を小さくしてくれます。高校卒業後に安定して勤務していたという実績は、何物にも代えがたいのです。

ただし、気をつけなければならないのは、年齢を重ねるにつれてこのアドバンテージの効果が薄れてしまうということです。年月が経過すればするほど、大卒者もそれなりの経験や実績を積んでいくためです。

ですから、高卒者が転職する場合、できるだけ早いうちに行動すること大切になります。社会人経験の差を活かしながら、うまくキャリアアップしていけば、学歴に関係なく理想の仕事を追い求めることができるかもしれません。

現職で実務経験を積む

高卒者が転職を成功させるには、現職での実務経験を積むということも大切です。

好待遇な仕事に転職するには、必要なスキルを身につけたり、経験を積んだりするためにある程度の準備期間が必要になることがあります。

また、転職に対してオープンになりつつある現在の日本でも、「1つの仕事に腰を据えて取り組んでいるか」ということが重視される風潮があることも事実です。

そのため、将来転職をするために、転職でしっかりと経験を積むのが大切になることもあるということを理解しておきましょう。

実務経験やそこで身につけたスキルというのは、転職活動におけるあなたの武器になります。自分をしっかり磨いて、転職のしかるべきタイミングを逃さないようにしてください。

高卒の転職での注意点

ここからは、高卒者の転職で気をつけるべき注意点について解説していきたいと思います。

転職にはさまざまな注意点があり、それらを理解しておかないと思い通りの転職活動ができなかったり、転職したことを後悔してしまったりすることがあります。

そうならないよう、何に注意が必要なのか事前に把握しておくことが大切です。

転職先が決まるまで現職を辞めないこと

転職先が決まるまでは、現職を辞めないように注意しましょう。

現職を辞めてから転職活動を開始してしまうと、収入を得られない期間が発生してしまうためです。

転職市場が活発になっているとはいえ、簡単に転職先が決まる保証はどこにもありません。特に、高卒者の転職では、他の求職者と比較して不利になることも多いため、転職がなかなか決まらないことも考えられます。

その間は収入がありませんから、貯金を崩して生活していくことになりますが、転職先が決まらない期間が長引いてしまうと、それだけ生活が圧迫されることになります。経済的な余裕がなくなると、精神的な余裕もなくなり、最悪の場合、自分が全く希望していない転職となってしまう恐れがあります。

また、その間はブランクとなってしまい、面接でもその理由を聞かれることになります。ブランクが長ければ長いほど印象は悪くなってしまうでしょう。

自分が希望する転職を実現するためには、現職の仕事は継続したまま転職活動を行うことが鉄則ですので、頭に入れておいてください。

求人情報をくまなくチェックしてブラック企業を見抜く

高卒者が転職する場合は、ブラック企業と呼ばれる労働環境の悪い企業に転職してしまわないように注意しましょう。

転職先がなかなか決まらない状況で応募しやすい企業を見つけたり、内定を獲得してすぐに入社の意思を示したりするなど、注意を怠ってしまった場合、入社してからブラック企業だったことに気付くというケースが非常に多いのです。

転職先を早く決めることも大切ですが、入社後に働いていくことを考えれば、企業についてしっかりチェックする必要があるでしょう。

求人情報について注意深く観察してみると、ブラック企業かどうかある程度見極めることができます。具体的には、以下のようなことについてチェックしてみてください。

  • 不自然なほど大人数の採用が予定されている
  • 求人情報内に「夢」「希望」といった前向きながらも抽象的な言葉が並んでいる
  • 給与水準が同世代や同業界から比較して明らかに高い
  • ハローワークでの求人募集がメインとなっている

求人情報からこれらのような雰囲気が感じられたら、ブラック企業である可能性が高いといえます。ただし、これは企業によって異なりますので、一概に必ずブラック企業であるとは言い切れないものでもあります。

そのため、気になる求人情報については、企業や口コミなどについてしっかり確認することが大切になります。

一度選考に落ちたくらいで諦めないこと

高卒者が転職する場合、一度選考に落ちたくらいで諦めてはいけません。逆に、できるだけたくさん応募していくことが重要になります。

転職とはそれほど簡単に決まるものではありません。特に高卒者の転職の場合は、他の大卒者などと比較して不利になる条件があることは、先述した通りです。

具体的にいえば、転職活動において書類選考を通過できるのは1~2割程度とも言われています。そこからさらに行われる面接では、数名のみ、場合によっては1~2名が採用されて、あとの求職者は全員が「不採用」となるわけです。

ですから書類選考や面接は「落ちて当たり前」くらいの気持ちを持つようにしたほうがいいでしょう。もし、数社の選考に通らなかったことで落ち込んでしまい、元気をなくしてしまうような場合は、転職には向いていないといえます。

とにかく「数をこなす」こと。これが高卒者の転職の基本であると考えておいてください。

転職の条件に優先順位を付けること

転職先の企業を選ぶための条件には優先順位を付けることを忘れないようにしてください。

というのも、あなたの希望を100%満たしてくれる企業は存在しないからです。

転職とは、仕事に対する現状や環境を変化させるために行うものです。ですから、自分が手に入れたいものや、これからしていきたいこと、勤務地や福利厚生などさまざまのことを求めてしまいます。

もちろん、より良い環境を求めることは悪いことではありません。ただ、そのすべてを満たしてくれる企業というのは、はっきりいって存在しないというのが現実です。

そのため、条件について優先順位を付けておけないと、応募する企業の選択肢がどんどん狭まり、いつまでたっても転職が実現しないままになってしまうのです。

転職先の条件として、どうしても譲れないものを1つか2つに絞ってください。それに沿って求人情報を検索するようにしなければ、応募すらできない状況に陥ってしまう可能性もあるでしょう。

おすすめしたいのは、入社時の給与が低くても、キャリアをしっかり積むことができる企業です。そこで経験とスキルを身につけることができれば、後々さらに条件のいい企業へと転職できる可能性があるからです。

若いうちは、しっかりと力を貯めることを重視しましょう。逆に、給与や労働条件ばかりを気にしてしまうと、将来的に苦労することになるかもしれません。

高卒での転職では転職エージェントを活用するべき

高卒者が真剣に転職を考えるのであれば、転職エージェントを活用することが必要不可欠です。

転職エージェントとは、転職活動におけるさまざまサポートを受けることができる転職支援サービスのことをいいます。

どうして転職エージェントの活用が重要なのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

転職の成功率がアップする

転職エージェントを活用するべき最大の理由が、転職の成功率がアップするということです。

転職エージェントに登録することで、具体的には以下のようなサポートサービスを受けることが可能です。

転職エージェントで受けられるサポートサービス
  • キャリアカウンセリングを受けることができる
  • 転職希望者に合うさまざまな求人情報を提供してくれる
  • 非公開の優良求人を紹介してくれる
  • 転職希望者の市場価値を客観的に評価してくれる
  • 転職希望者の魅力を応募先企業の担当者に伝えてくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接対策と適切なフィードバックをしてくれる

このように、転職に必要な求人情報の検索や準備、対策など、さまざまなサポートを受けることができます。また、担当してくれるコンサルタントは、これまでにさまざまな転職支援を行ってきた、いわば「転職支援のプロフェッショナル」です。

このようなサポートを受けながら効率的に活動を進めていけるため、おのずと転職の成功率がアップするというわけです。

また、ほぼすべての転職エージェントは登録や利用に費用が発生しません。無料で利用できて転職の成功率がアップするのですから、利用しない手はないといえるでしょう。

日本で転職するにはスキルが必要である

このようなサポートサービスを受けることで転職の成功率がアップするのには、ちゃんとした理由があります。それは日本で転職をするには、転職のためのスキルが必要になるからです。

高卒者の場合、社会人経験の長さや、実務経験によって有利になる場合があります。しかし、そのようなアピールポイントを持っていたとしても、転職活動におけるスキルがないと、転職がなかなかうまくいかないというのが現実です。

そして、高卒者の中途採用の場合、転職に必要なスキルを学ぶ場面や時間的余裕がほとんど無いといっていいでしょう。

そこで活用したいのが、転職エージェントです。転職エージェントを利用することで、必要書類の添削や面接の対策、対面時のマナーなど、転職活動に必要なスキルも一緒に学ぶ吸収することができます。

このようなスキルがあるのとないのとでは、雲泥の差があるといえます。転職スキルを身につけるためにも、転職エージェントの活用が大切になるのです。

希望の条件にマッチした企業を見つけやすい

転職エージェントを活用するべき理由としては、希望の条件にマッチした企業を見つけやすいということも挙げられます。

求人情報を自由に検索できる転職サイトと違い、転職エージェントには企業との強いつながりがあります。というのも、転職エージェントは求職者の転職支援を行うと同時に、企業の採用についても後押ししているからなのです。

そして、求職者と企業をマッチングし、内定となることで転職エージェントは企業側から報酬を受け取っています。

つまり、求職者と企業、それぞれがマッチすることが重要なカギになるということです。

転職エージェントは企業が求める人材について詳細に把握したうえで、その条件に合った人材を企業に推薦します。また、求職者の希望に合った企業も勧めてくれるというわけです。

そのため、利用者の希望に合った企業と出会いやすくなります。

転職サイトでありがちなイメージと現実の違いによるミスマッチを防ぎ、求職者・企業双方の希望を叶えてくれるのが転職エージェントというサービスなのです。

アフターケアが充実している

転職エージェントによっては、転職が実現した後のアフターケアが充実している場合があります。

転職エージェントの利用者にとって、「転職が成功すること」が最も大切かもしれませんが、「転職後に安心して長く働けること」も同じように大切なことです。

そこで、担当のコンサルタントが転職後もさまざまな相談に乗ってくれるのです。場合によっては、相談者の上司に対して、何らかの研修を提案したり提供したりすることもあります。

転職エージェントは、転職活動中も転職後も頼りにできる存在であるといえるでしょう。

1人で悩まないためにも転職エージェントを活用しよう

転職エージェントを活用するべき理由としては、1人で悩む必要がなくなるということも挙げられるでしょう。

これまで解説してきた通り、転職活動というのはさまざまな準備や対策を行い、何度もチャレンジをしなければなりません。ある意味で、過酷なものともいえるでしょう。転職がなかなか成功せず、くじけてしまいそうになることもあるかもしれません。

そのような転職活動に1人で立ち向かうのと、誰かにサポートしてもらって挑むのとでは全く状況が異なります。

転職することは誰もが不安に感じるもの。その不安を一人で背負うのではなく、誰かと共有しながら行動できる。これも転職エージェントを活用すべき大きな理由の一つなのです。

高卒の転職におすすめの転職エージェント

ここからは、高卒者の転職におすすめの転職エージェントついて紹介していきたいと思います。

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめです。

公開求人非公開求人対象年代対応地域
JAIC(ジェイック)非公開5000件20代・未経験・フリーター全国
就職Shop8500件非公開20代・未経験・フリーター全国
ハタラクティブ非公開2000件20代・未経験東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
DYM就職2000件非公開20代・既卒非公開
リクルートエージェント3万7000件以上16万6000件以上全年齢全国+海外
DODA(デューダ)4万件以上13万件以上全年齢全国
マイナビエージェント6000件以上2万件以上全年齢全国
TECH::EXPERT非公開非公開全年齢東京
DMM WEBCAMP非公開非公開全年齢東京・大阪

転職エージェントは複数を併用することで多くの求人情報に触れることができ、コンサルタントも選抜しやすくなります。そのため、気になったものがあればどんどん登録していきましょう。

DODA(デューダ)

次におすすめする転職エージェントが「DODA(デューダ)」です。

DODAは転職エージェントだけではなく、転職サイト、スカウトサービスの機能も兼ね備えた総合型転職支援サービスを提供しています。そのため、さまざまな転職活動をサポートしてくれる心強い味方となってくれます。

DODAの特長は求人数の多さと、利用者の満足度の高さです。先ほど紹介したリクルートエージェントの引けを取らない、約20万件の求人情報を取り扱っているので、転職先の幅が広がり、希望の条件にマッチしたものを見つけやすいといえます。

また、求人の多さだけではなく、その質の高さにも定評があるというところも見逃せないポイント。特に、スカウトサービスを利用するとかなりのオファーが届くようなのでぜひ試してほしいと思います。

さらに、DODAと提携している300社近くの転職エージェントとの橋渡しも行ってくれます。それぞれの転職エージェントの強みを活かしながら転職活動を進められるというのは、かなり強力といえるのではないでしょうか?

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 転職サイト、スカウトサービスの機能も兼ね備えた総合が転職支援サービス!
  • 求人数の多さと質の高さに定評あり!
  • 全国の求人情報に対応しており、年収アップ率も高い!

マイナビエージェント

次に紹介する転職エージェントが「マイナビエージェント」です。

人材業界最大手の株式会社マイナビが運営している総合型転職エージェントで、20代に最も支持されており、転職前後のサポートに定評があります。

マイナビエージェントの特長は、人材サービス業界の豊富のリソースを活かした企業との強いつながりにあります。この強いパイプにより、他社のエージェントでは知ることのできない企業の求人情報や、それぞれの社風・職場環境などといった細かい情報を得ることができます。

また、取り扱う求人情報の8割が非公開求人となっています。登録するだけでそれらの情報にも触れることができるので、理想の転職先を探しやすいといえるでしょう。

さらに、コンサルタントの転職サポートが充実しており、通常20%といわれる書類選考率が50%までアップの一言。転職を考えるのであれば、とりあえずでも登録しておきたい転職エージェントとなっています。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 業界最大手の株式会社マイナビが運営する総合型転職エージェント!
  • 他のエージェントでは知ることができない求人情報や企業の情報に触れられる!
  • コンサルタントのサポートが充実しており、安心して転職活動を進められる!

JAIC(ジェイック)

高卒者の転職におすすめの転職エージェントの一つが「JAIC(ジェイック)」です。

ジェイックは、既卒や第二新卒、大学中退、フリーターなどの未経験者に特化した転職支援サービスを提供。もちろん、高卒者でも利用することが可能です。

ジェイックの特長は、未経験者・フリーターからの正社員内定率が高いこと。実際、利用者の80%以上が内定を獲得しているので、高卒から正社員への転職を考えている人にはおすすめです。

また、一般的な転職活動には欠かすことのできない書類選考を無条件でパスできるというのも、ジェイックならでは。マッチする企業が見つかればいきなり面接での選考となるため、転職が成功しやすいといえるでしょう。

さらに、ジェイックでは無料で社会人としてのマナーやスキルをアップするための研修制度を受けることができます。仕事の厳しさと楽しさの両方を学べるプログラムは人気が高く、そこで身につけたものは転職後に存分に活かすことが可能となっています。

JAIC(ジェイック)

年代20代・フリーター・未経験雇用形態正社員
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア営業職事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 既卒、第二新卒、フリーターなどに特化した転職エージェント!
  • 利用者の80%以上が内定を獲得しているという確かな実績あり!
  • 無料で受けられる社会人マナー研修が大人気!

就職Shop

次におすすめする転職エージェントが「就職Shop」です。

就職Shopも20代をメインとして、既卒、第二新卒、フリーターへの転職支援を強みにしている転職エージェントです。

就職Shopの特長が、学歴や資格の有無ではなく、求職者の人柄や意欲を評価する企業の未経験求人を多数取り扱っているということです。そのため、高卒者であっても転職が成功しやすいといえるでしょう。

また、積極採用を行う企業について厳選しているため、求人の質が高いのも特長。コンサルタントが一社一社丁寧に取材をしたうえで求人情報を掲載しているため、若年層にとって働きにくい職場やブラック企業などの求人方に出会ってしまう心配はありません。

さらに、書類選考なしで採用面接まで進むことができるのも嬉しいポイントです。就職決定者の75%が正社員未経験者となっていることから、何としても正社員として転職したい人にはおすすめできる転職エージェントとなっています。

就職ショップ(就職SHOP)

年代20代・既卒・フリーター・第二新卒雇用形態正社員
対象エリア首都圏・関西
業界SE/Webエンジニア営業職建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 20代をメインに既卒者やフリーターなどの未経験者に特化した転職エージェント!
  • 学歴に関係なく人柄や意欲を重視した求人情報を多数取り扱う!
  • 書類選考なし!そのうえ求人の質も高いので安心して利用できる!

ハタラクティブ

次におすすめする転職エージェントは「ハタラクティブ」です。

ハタラクティブも20代の転職支援に特化した転職エージェント。特に、未経験者を歓迎する求人情報を多数取り扱っています。そのため、利用者の約90%が20代となっており、経歴やスキルなどに自信がない求職者が新しい環境へと挑戦することを支援しています。

未経験歓迎の求人が多いとはいえ、その内容はしっかり精査されていますので、いざ入社してみると働きにくかったということはありません。そのため、これまでに経験がない業界や職種への転職への道が広がりやすくなっています。

高卒からの転職に自信が持てない人や、転職のためのイロハがわからないという人は、ぜひ登録してほしい転職エージェントいえます。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
年代20代・未経験雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 20代の転職支援に特化した転職エージェント!
  • これまでに経験がない業界や職種への転職も成功しやすい!
  • コンサルタントのサポートが手厚く、利用者の80%以上が満足しておりおすすめ!

DYM就職

次に紹介する転職エージェントが「DYM就職」です。

こちらの転職エージェントも第二新卒やフリーターなどの転職支援に特化しており、学歴や職歴の浅い人にとって強い味方となってくれます。

DYM就職の特長が、利用者の内定獲得率の高さ。実に利用者の96%が内定を獲得するという高水準となっており、転職エージェントのなかでトップクラスを誇ります。

また、コンサルタントのサポートが充実しているのも嬉しいポイント。カウンセリングから履歴書などの添削、模擬面接による対策など、さまざまなサポートを受けながら転職活動を進めていくことができるでしょう。

DYM就職

DYM就職
年代20代~30代雇用形態正社員.契約社員.バイト
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職販売/サービス事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 20代の第二新卒やフリーターの転職支援に特化した転職エージェント!
  • 内定率96%という高水準を誇る!
  • 担当コンサルタントのサポートも充実しており、転職活動をスムーズに進められる!

リクルートエージェント

次におすすめする転職エージェントが「リクルートエージェント」です。

就活サイトや転職サイトでおなじみのリクルートが運営しており、業界でもトップクラスの規模を誇る総合型転職エージェントとして知られています。

リクルートエージェントの特長は、取り扱う求人数の多さ。特に非公開求人数は16万件以上となっており、合計で20万件近くの求人情報を扱っています。そのため、一般的な転職サイトでは出会うことができない、条件にピッタリの転職先を見つけやすいといえるでしょう。

さらに、幅広い年代や業種・職種の転職に対応可能となっており、総合型転職エージェントとして申し分のないサービスを提供しています。

特化型の転職エージェントを合わせて、ぜひ登録をおすすめします。

リクルートエージェント

年代20代~30代雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • リクルートが運営する総合型転職エージェント!
  • 圧倒的な求人数で理想の転職先に出会いやすい!
  • 全国各地の勤務地に対応しており、どこに住んでいても利用しやすい!

TECH::EXPERT

次におすすめする転職エージェントが「TECH::EXPERT」です。

TECH::EXPERTは実践的でハイレベルなエンジニアスクールでありながら、転職支援も行ってくれるサービスを提供。全くの未経験からIT業界への転職を希望する人にはおすすめです。

およそ600時間というカリキュラム時間は他のスクールと比較しても倍近くの量となっており、即戦力として活躍することができるスキルを身につけることが可能となっています。

それだけではなく、転職活動に対するサポートも万全。上場企業や注目のベンチャー企業への転職を成功させている実績もあり、内定率は96.8%という驚異の高水準を誇っています。

しっかりと手に職を付けて転職したいと考えているなら、将来性もあるIT業界への転職を実現させてみてはいかがでしょうか?

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

年代全年代雇用形態正社員
対象エリア東京・大阪
業界SE/Webエンジニア
おすすめ度
ポイント
  • ]
  • 未経験からプロのエンジニアとして転職するためのサポートが特長!
  • 利用者の転職内定率が96.8%という驚異の高水準!
  • プログラム学習後に転職できなかった場合は、受講料を全額返金!

WEBCAMP

最後の紹介するのは「DMM WEBCAMP」です。

こちらも、未経験者のためのITプログラムスクールでありながら、転職支援も行うサービスを提供しています。

受持構成の95%が未経験者ですが、2019年4月時点の転職成功率は98%とこちらも高水準をマーク。また、転職が成功しない場合は全額返金サービスを行なっています。

実践的なプログラム学習に加えて、キャリアサポートも充実しているため、これからITプログラマーへの転職を考える人におすすめのサービスとなっています。

ポイント

  • 利用者の95%が未経験者というITプログラミングスクール!
  • 転職サポートも行っており、転職成功率は98%!
  • あの有名企業への転職も可能かも!

高卒でも大丈夫!必ず転職を成功させよう!

今回は高卒で転職したい人へ向けて、転職事情や成功のポイント、注意点などについて解説してきました。

高卒者の転職は、大卒者と比較するとやや不利になる傾向にあります。しかし、社会人経験の長さや実績、スキルなどをアピールできれば、転職成功への道は必ず開けてくるでしょう。

そのためには、しっかりとして準備を行ったうえで、転職を成功させるためのポイントや注意点などを理解しておくことが重要になります。

また、高卒者の転職には、転職エージェントの活用がおすすめです。おすすめの転職エージェントについても紹介しましたので、ぜひ登録してみてください。

本記事が、転職を考えている高卒の方の後押しになれば幸いです。