国家資格である保育士は、幼稚園や保育園でしか活かせないと考えていませんか?いいえ、決してそんなことはありません!最近では保育士資格を活かせる仕事が増えているのですよ。今回は保育士資格が役立つ職場や仕事を紹介します。
保育園や幼稚園の先生から、ちょっと変わった場所に転職したいと考えている人は必見です。

広がりを見せる保育士!保育士資格が活かせるのはこんな職場

女性の社会進出が進む時代の中、子どもをさまざまな施設に託すママが増えています。
保育士不足も問題になっていますよね。保育士が活躍できる場所は保育園や幼稚園以外にどこにあるのでしょうか。

保育園や幼稚園もさまざま!もう一度保育士の仕事を見直してみよう

保育園や幼稚園で働く一般的な保育士の仕事はどこも同じと思っていませんか?実際には公立・私立や施設ごとの方針によって仕事内容も大きく異なります。
遊びに力を入れている保育園が多い一方で、文科省管轄である幼稚園では勉強に力を入れるところが目立ちます。幼稚園で働くことを考えている人は、保育士だけではなく幼稚園教諭の資格も持っておきたいところですね。
また、無認可の保育所と認可保育園でも仕事内容が変わります。施設ごとにサービス内容がバラバラで、認可外保育所に転職した保育士が違いぶりに驚いたというのもよくある話なのです。

訪問型保育も保育士資格を活かせる仕事

訪問型保育とは、主に依頼者の自宅に行って子どもの世話をする仕事です。訪問型保育でもっとも幅広く知られているのはベビーシッター。保育士の資格がなくてもなれるシッターですが、最近は依頼者から信頼を得るために
ベビーシッターの資格を取る人が増加しています。
ベビーシッターと並んで有名な訪問型保育は、病気の子どもを看てあげられない親の代わりに看病する病児保育です。
訪問型保育のメリットは、比較的勤務日や時間を自由に選べること。短時間の仕事も多く、ブランクのある保育士や、子持ちの保育士から人気があります。

急増中の保育所で保育士資格を活かす

企業に勤める従業員の子どもを世話する企業内保育や、病院など医療施設で働く職員の子どもを預かる院内保育施設は一般的に保育所と呼ばれています。他にも幼稚園と保育所の機能を併せ持つ認定こども園や3歳以下の子どもを預かる19人以下で
構成された小規模保育も最近ではよく見かけます。
幼稚園や保育園の保育士と比較するとゆるいイメージがありますが、関わる子どもの数が少ないからこそ質の高い保育が求められます。
要保育士資格であることが多いので、保育士の資格を生かしたい人にはぴったりです。

児童福祉施設でいろいろな子どものお世話を

児童福祉施設には、何らかの事情で親と一緒に暮らせない子どもが集まる乳児院や児童養護施設があります。また、何らかの障害や病気を持つ子どもが集まる重症心身障害児施設や肢体不自由児施設も少なくはありません。
こうした施設で子どもと関わる保育士が求められています。さまざまな子どもと関わることで、保育士としてのスキルアップを期待できるでしょう。
保育士の資格はもちろんですが、病気の子どもと関わる機会も多いので、看護師や医療事務など医療関係の資格保持者はきっと役に立てるはず。介護資格保持者にもおすすめです。

楽しみながら働ける商業施設やイベント

ゆっくり買い物したり、イベントに参加したりしたいと考えるママのために、最近では商業施設やイベントにも託児所が設けられています。
特にイベントの託児所は短期間であったり、日によって働く場所が違ったりすることが多いので、環境を変えて働きたいと考える人に向いています。
認可施設ではないため、保育士の資格がなくても働けることが多いです。ブランクありや未経験の保育士を受け入れてくれるところもありますが、少人数の保育士でまわすことが多いので
不安な人はよく確認するようにしましょう。

保育所だけじゃない!保育士資格を活かしたはこんなにある

ここまで紹介してきた仕事は幼稚園・保育園や託児所とさまざまですが、「子どもを預かり、お世話する」という点では違いがありませんよね。「保育士資格はあるけれど、責任が重くのしかかる保育はちょっと嫌だな」と思っている人は、
他の業界に目を向けてみましょう。保育士資格を活かせる仕事はこんなにあります。

子ども服・子供用品の販売店員

子ども服や子供用品を取り扱うお店のショップ店員には、元保育士だったり保育士資格を持っていたりする人が意外と多いのです。保育をする必要はありませんが、子どもやパパママがよく訪れるので保育士の知識を活かせます。
子どもの性質を良く知っている保育士であれば、お役立ちアイテムや年齢に合わせた洋服を上手に選べそうですね。さらに販売員の資格を持っていると仕事もスムーズに進むでしょう。

子どもの習い事のインストラクター

スイミングが得意だったり、ピアノに自信を持っていたりする人は、子ども向けの習い事教室でスキルを活かしてみませんか。自分の指導方法が子どもに伝わって、素質を上手に引き出せたときにはやりがいを感じるはず。
子どもと一緒に遊ぶことよりも、教える方が得意な人に向いているでしょう。教員免許や指導内容に合う分野の資格を持っていると、採用される確率が高まります。

子ども向けイベントの運営スタッフ

商業施設やアミューズメントパークで行われることが多い子ども向けのイベント。子どもに慣れている保育士であれば、子どもの心をつかむ企画を立てられるでしょう。
子どもたちがイベントで喜んでくれれば、感動もひとしおです。盛り上げることが好きな人に向いていそうですね。

まとめ

幼稚園や保育園の先生ではなくても、保育士の資格が活かせる仕事は意外と多いことがわかりましたね。施設によっては、未経験者やブランクがある人も始められそうなので自分に合う求人を探してみましょう。
子どもの保育をしたいのか、それとも教育をメインに行いたいのか、自分の意思を確かめながら探すと、気に入った求人を見つけられるはず。
保育士専門の転職サイトや転職エージェントもあるので、まずは登録から始めてみてはいかがでしょうか。