お金がない時の8つの対処法!今すぐ苦しい状況から脱出!

お金がない_対処法を徹底紹介

贅沢をしていないのにお金がない、転職や引っ越し、無職でお金がないなど、様々な理由でお金がない人は多いと思います。

当記事ではそんなお金がない時の対処法を紹介しておりますので、生活が苦しい状況になっている方は参考にして下さい。

お金がない時の対処法を徹底紹介!

お金がない時の対処法としては、次の4つの方法があります。

  • まずはお金の使い方を見直す
  • 不要なものを売る
  • 副業や短期バイトでお金を稼ぐ
  • 一時的にお金を借りる

では、ひとつずつ詳しくご説明していきます。

まずはお金の使い方を見直す

お金がない_使い方を見直す

いつも「お金がない」と嘆いている人は、実は本当はお金がないのではなく無意識に使ってしまっている……ということがよくあります。

また、収入が減ったのに生命保険や携帯電話代などは以前のままというケースもよく見られます。

そこで、一度きちんとお金の使い方を見直してみましょう。

固定費の見直し

毎月必ず支払う「固定費」が収入に見合わないほど高いということはありませんか?

次の点を見直してみましょう。

見直したい支出対策
住居費・持ち家の場合は住宅ローンの借り換え
・賃貸の場合は家賃が安い住まいへの引っ越し
通信費・携帯電話の料金プランの見直し
・格安携帯電話会社への乗り換え
・インターネット回線と携帯電話のセット契約
生命保険生命保険や医療保険の保険料が多すぎないか、保障が自分に合っているかどうかを見直す
(保険の無料診断などを利用するのがおすすめ)
自動車関連・自動車保険を安いプランや安い保険会社に変える
・駐車場代が高すぎないかチェック
・車の維持費が高い場合は手放す方法もある
光熱費・安い電力会社(電力プラン)に切り替える
・節電や節水に努める

ムダ使いをしていないかチェックする

毎日仕事帰りにコンビニに寄ったり、スーパーの値下げ品を買ったり……。ひとつひとつの出費はそれほど高くなく、むしろ値下げ品はお得感すら感じますが、実は1ヶ月でかなりの出費になっていることがあります。

そこで、毎日の出費を細かく記録してみましょう。家計簿は続かないという人は子ども向けのお小遣い帳でもいいですし、家計簿アプリを利用するのもおすすめです。

現実に目を向けると「こんなにムダ使いをしていたんだ!」と気づきますよ。

毎月の予算を決める

「財布にあるだけ使ってしまう」という人は、毎月の予算を決めてしまいましょう。

収入が入ったら、まず固定費(携帯電話代や光熱費、生命保険代、家賃など)を引き落とし口座に入れます。

そして、食費、趣味や娯楽費、衣類、医療費などにおおまかに仕分けをしましょう。家計簿やお小遣い帳をつけていると何にいくら必要かが見えてきます。

予算を決めたらそれ以上は使わないこと!「1日の予算は2000円まで」と決めたら、財布にはそれ以上のお金は入れないようにするのもいい方法です。

今まで安易にお金を使っていた人にとって最初は厳しいと感じるかも知れませんが、慣れてくると「今日も予算内に収められた!」と喜びに変わりますよ。

不要なものを売る

支出の見直しをしたら、次に不要品を売りに出しましょう。フリマアプリやオークションサイト、リサイクルショップなどで売ることができます。

自分では「こんな古いもの売れないだろう」と思っていても、買い手がついて高く売れるものです。

フリマサイトでは次のように多くのものを取り扱っているので、同商品をチェックして相場を確認してから値段を決めて出品してみてください。

  • 衣類
  • バッグ
  • アクセサリー
  • パソコンと周辺機器
  • カメラと関連機器
  • 文具・筆記具
  • CD・DVD・ブルーレイ
  • ゲームソフト
  • おもちゃ
  • 本・教材
  • 食器・調理器具
  • スポーツ用品
  • ハンドメイド・手作り品
  • 化粧品

なお、フリマサイト(アプリ)は値下げ交渉は当たり前、送料は自分持ちというケースが多いようです。梱包や発送の手間などもよく考えて利益が出るように取り組むことが重要です。

副業や短期バイトでお金を稼ぐ

ここまでは支出を押さえて不要品をお金に変える方法でしたが、それと同時にお金を稼ぐことにも取り組みましょう。

副業や短期バイトなら短期間である程度のお金を得ることができます。「週払い可」や「日払い可」のバイトならすぐにお金を手にできます。

特に最近は副業OKにしている会社が増えていますし、禁止の場合でも1年間の副業の収入が20万円までなら確定申告が不要で会社にバレることもありません。

また、もっと収入を増やしたいならより条件のいい仕事に転職するというのもひとつの方法です。

転職する場合はサポートに乏しくブラックも多いハローワークではなく。ブラックが審査で排除されており、休日や年収交渉などサポートも厚いdodaのような大手転職サイトを使うべきです。

参考:https://doda.jp/

一時的にお金を借りる

すぐに売れるものがない、思うような金額で換金できないというときや短期バイトができない、転職をしても給料が入るまでのお金がないというときは一時的にお金を借りるのもひとつの方法です。

例えばクレジットカードのキャッシングや消費者金融なら即日で借りることができます。

キャッシングというと怖いというイメージをお持ちの人がいるかも知れませんが、一時的に借りて次に収入が入ったときに返済すれば利息はそれほどかかりません。

また、初めて利用する人には一定期間利息が0円(無利息)というプランもあります。上手に使えば利息を一切気にすることなく、次の収入までのつなぎ資金として利用できます。

クレジットカードと消費者金融のキャッシングの違い

キャッシングにはクレジットカード、消費者金融、銀行カードローンがあります。それぞれの違いを知っておきましょう。
(〇はメリット、▲はデメリットです)

キャッシングの種類特徴
銀行カードローン〇銀行が実施しているローンで使い道は自由
〇金利は1.9%~14.5%で消費者金融よりも低い
〇融資上限額が高額
〇年会費が不要のところが多い
▲審査に時間がかかる
クレジットカードのキャッシング〇VISAやJCBのクレジットカードにキャッシング機能がついているので、海外でも使える
〇返済はクレジットカードと同じ口座からの引き落とし
▲年会費がかかる(初年度は無料のところが多い)
▲手持ちのクレジットカードに後からキャッシング機能をつけると利用までに時間がかかる
▲金利の上限は20%(10万円以上の融資は18%)で銀行より高い
消費者金融〇即日融資が可能
〇無利息期間を設けている会社がある
〇年会費が不要
▲金利の上限は20%(10万円以上の融資は18%)で銀行より高い

レジットカードはショッピングにも使えて、限度額の範囲内であれば何度でも利用できます。レジでキャッシュレスの支払いができる点でも便利です。

一方、消費者金融は申し込んだその日のうちにカード発行や借入が可能なので急いでいるときに助かります。ほとんどのコンビニのATMで借入と返済ができるので周囲にバレる心配がありません。

無利息期間を設けている会社が多いので、上手に活用してみましょう。

参考:30日間無利息でお金を借りれるプロミス(※外部リンク)

お金がないときはキャッシングが頼りになる

お金がないという状況では、とにかく少しでも早くに何とかしなければなりません。そんなとき頼りになるのが消費者金融のキャッシングです。

特に大手のアコムアイフルプロミスは30分~1時間ほどで審査が完了し、その日のうちに借りることができます。

特にプロミスは次のように多くのメリットがあるのでおすすめです。

  • 即日融資なので困った時に助かる
  • 30日無利息の消費者金融もある
  • 大手だから安心
  • 在籍確認で知り合いや職場にバレるリスクもない
  • 対応も丁寧

参考:プロミスの口コミ評判|デメリット(※外部リンク)

では、ひとつずつ詳しくご説明していきます。

即日融資なので困った時に助かる

銀行カードローンは審査に時間がかかり、長い場合で10日~2週間ほどかかることがあります。

一方、プロミスのように大手消費者金融は電話や来店せずにWebだけで申し込みが完結し、最短で30分で審査が完了します。

その後、融資までも早いので即日融資が可能です。「今すぐお金が必要」というときに助かります。

30日無利息の消費者金融もある

消費者金融の中には、初めて利用する人に対して「無利息の期間」を設けているところがあります。この期間内であればお金を借りても利息がつかないので、元本(借りた金額)だけを返済すればいいということになります。

お金がないときに借りて、給料日に返済すれば無利息で利用できます。

大手消費者金融の無利息期間をご紹介します。

消費者金融会社名無利息期間
プロミス初回利用の翌日から30日間(メアド登録とWeb明細利用)
レイクALSAA:200万円までなら60日間
B:5万円までなら180日間
のいずれか(どちらも初回契約の翌日から)
アコム初回契約の翌日から30日間
アイフル初回契約の翌日から30日間

どの会社も「初めて利用する人」を対象に無利息期間を設けていますが、注意したいのは「いつから無利息になるか」という点です。

レイクALSAアコムアイフルは「契約した翌日から30日間」が無利息になります。つまり、キャッシングの申し込み(契約)をして実際にATMから引き出すのは別の日になったとしても無利息期間は契約の翌日から始まります。契約と同時に借りないとその分、無利息期間は短くなってしまうのです。

一方、プロミスは契約してその日に借りなくても、実際に初めて借りた日の翌日から無利息期間が始まるのでまるまる30日間は無利息になります。

参考:30日間無利息でお金を借りれるプロミス(※外部リンク)

大手だから安心

消費者金融というと「怪しい」「怖い」というイメージをお持ちの人がいるかも知れませんが、実際はそんなことはありません。

特にプロミス、アコム、アイフル、レイクALSAは大手なので安心できます。

在籍確認で知り合いや職場にバレるリスクもない

消費者金融でもクレジットカード、銀行カードローンでも初めてお金を借りるときや新規にカードを作るときは安定した収入があるかどうかを知るために職場に「在籍確認」の電話がかかります。

その際に大手消費者金融は個人名で電話をかけてくれるので、職場の人が電話を取っても怪しまれることはありません。

なお、銀行系カードローンの場合は「〇〇銀行の△△です」と名乗って在籍確認をすることがあります。そのときは職場の人に「キャッシュカードのことで……」と話せば大丈夫です。

対応も丁寧

消費者金融は取り立てが厳しいという印象があるかも知れませんが、対応は大変丁寧です。言葉使いも丁寧で利用者は「お客様」として接してくれるので、心配無用です。

もちろん返済が遅れると連絡が入りますが、サラ金・闇金系映画のような厳しい取り立てではないので、遅れた理由を説明してきちんと返済しましょう。

お金がない時の場面別の対処法を紹介!

次にお金がないときにどうすればいいか、場面別に対処法をご紹介します。

税金を払うお金がない

税金(所得税や住民税、自動車税など)を所定の期日までに払えないときは「督促状」が届きます。また、遅れた期間に応じた延滞金が加算されます。

ただ、払う意思はあるが次のような事情があって納付できない場合は納付を1年間猶予される可能性があります。

  • 災害や盗難の被害に遭った
  • 本人や家族が病気・ケガをした
  • 事業を廃止または休業した
  • 事業で大きな損失があった

災害や新型コロナウイルス感染の影響で事業の廃止や休業に追い込まれた場合、また大きな損失があった場合などは猶予の対象になるので税務署(税金の種類によっては役所)で相談してみましょう。

無職でお金がない

何らかの事情で職を失った場合は貯金を切り崩すか、お金を借りるかで切り抜けるしかありません。

しかし、それも長続きはしませんよね。そんなときはまず安定した収入を確保することが重要です。転職サイトを利用すればコンサルタントがあなたの状況や経験などを聞いた上で求人を紹介してくれます。

dodaを筆頭に多くのサイトは完全無料なので利用してみましょう。

参考:https://doda.jp/

離婚後でお金がない

離婚の原因が相手にあるときは慰謝料や養育費の請求ができます。(ただし、慰謝料が請求できない場合もあります)

とはいえ、多くのパターンで慰謝料を受け取ることができますので、離婚をしてお金がない方は一度自分が慰謝料を受け取ることが可能か調べてみましょう。

参考:離婚慰謝料の相場20パターン(※外部リンク)

また、財産分与は離婚原因に関係なく折半(2分の1)できます。離婚時に何も受け取っていない場合は申し出てみましょう。

子どもがいる場合は母子家庭や、ひとり親家庭への支援として児童扶養手当や医療費助成制度などが受けられます。自治体によってさまざまな制度があるので、お住まいの市区町村役所で聞いてみましょう。

病院のお金がない

「病気やケガで病院に行きたいけれどお金がない」というときは本当に困りますね。

市販の薬も買えない、症状がおさまる気配がないというときは、まず病院を受診してください。そして、治療費は後日、必ず持参するので待ってほしいという旨を説明しましょう。

多くの場合は数日なら待ってくれます。また、分割払いを相談してみるのもいい方法です。病院の規模によっては対応できないケースもありますが、クリニックや個人病院など小規模なところなら院長の裁量で応じてくれることがあります。

また、レントゲンやCTなど高額な検査は断る、薬はジェネリックにする、夜間や休日といった時間外診療は避けることで医療費を抑えることができます。

傷病手当金と高額医療費貸付制度

病気やケガで4日以上仕事を休んだ場合は、4日目以降の仕事を休んだ日に対して「傷病手当金」が支給されます。なお、仕事中のケガは業務災害となり、労災保険給付の対象になります。

また、手術や検査、入院などで医療費が高額になった場合一定金額以上は後日返還されますが、たちまち請求された金額を支払わなければなりません。そのお金がないときは「高額医療費貸付制度」が無利子で利用できます。

なお、事前に限度額適用認定証を提示すると自己負担限度額内での支払いが可能です。

具体的な内容や手続きはご加入の健康保険組合に問い合わせてみましょう。

コロナウィルスの影響でお金がない

新型コロナウイルスの影響で給料が減ったり、失業したりしてお金がない場合は、次のような公的支援が受けられます。

支援の名称内容申請窓口
特定定額給付金2020年4月27日時点で住民基本台帳に記録されている国民1人に10万円支給市区町村役所
住宅確保給付金失業して住まいを失う恐れがある人に対して家賃相当額を3ヶ月間支給市区町村の自立相談支援機関
休業手当会社から仕事を休むように言われた人に対して平均賃金の6割以上を支給勤務先
子育て世帯への臨時特別給付金児童手当受給者に対象児童1人につき1万円申請は不要
(市区町村から支給される)
緊急小口資金・総合支援資金休業・失業で生活資金がない人に無利子・保証人不要で融資市区町村の社会福祉協議会
社会保険料などの猶予国民健康保険、国民年金、介護保険などの保険料の減免や納付の猶予国保は市区町村役所、年金は年金事務所
持続化給付金中小企業や個人事業主、フリーランスの人で前年同月より売り上げが50%以上減った場合持続化給付金事務局HP
https://www.jizokuka-kyufu.jp/
傷病手当金新型コロナウイルスに感染し仕事を休んだ場合健康保険組合など

なんとなくお金がない

離婚や失業、病気ではないけれど「なんとなくお金がない」という場合は、冒頭でも書いた通り、収入と支出のバランス(ムダ使いがないかどうか)を見直してみましょう。

そして、たちまち次の給料日までに必要なお金をどうにかして調達する必要があります。そんなときはカードローンやキャッシングでしのぐのがおススメです。

カードローンやキャッシングは短期間なら利息がそれほどかかりません。例えば金利が17.8%の消費者金融で5万円を借りた場合、1ヶ月後に全額返済すると利息は731円(返済額の合計は50731円)です。これなら、ランチを1回、手作りのおにぎりにするなどして我慢すれば問題はありません。

返済回数を2回にすると1回当たりの返済額は25557円となり、利息は1114円になります。このように無理なく返済が可能なので、まずは今必要な金額を調達することを考えましょう。

参考:30日間無利息でお金を借りれるプロミスの口コミ評判(※外部リンク)

もちろん、そのうえで少しでも有利な条件の仕事を探して、家計を立て直すことが大切です。

お金がない時の対処法まとめ

災害や新型コロナウイルスなどの感染症拡大、また不景気などさまざまな社会情勢によって収入が減ってお金がない、という状況に追い込まれる方は多いです。

お金がないときは、まず収支の見直しをして携帯電話やインターネット回線などの通信費、生命保険や家賃などが高すぎないかを考える必要があります。

また、家にある不要品を売ってお金に換えましょう。ある程度はそれでしのげますが、もっと大きな金額が足りないというときは、一時的にキャッシングやカードローンを利用するのもおすすめです。

消費者金融は即日融資を実施しているところが多いですし、普段よく使うクレジットカードにキャッシング機能を付けておくといざというときに助かります。

キャッシングやカードローンは借入期間が短ければ利息は心配するほど高額にはならないのでご安心ください。そして当面の必要な資金を確保した上で、公的援助の活用やより給料が高い職場への転職を考えていきましょう。