itshikaku1

IT業界の職種において、有資格者しかその業務を行うことができない、資格が義務付けられている職種が特にある訳ではありません。

しかしながら、IT企業の中途採用における求人条件で特定の資格保有が条件になっている場合や、有資格者を尚可(実質的には優遇する)といった求人案件は確実に存在しています。

そこで今回は、IT企業特有の職種を紹介した上で、それぞれどのような資格が必須、もしくは取得すると有利になってくる場合があるか、それぞれわかりやすく紹介して参ります。

プログラマー

プログラマーとは

ribbon-aqua1プログラマーとはソフトウエアやシステム開発などにおいて、必要とされる要件や仕様書にそって所定のプログラミング言語を操りつつ、プログラミング作業を行う専門的技術者のことです。

オススメの資格は

一口にプログラマーと言っても、開発に必要とされるプログラミング言語などが開発対象によって異なるため、一概にこれだけがあれば十分とは言えません。

しかしながら、一定の知識や実力の証として次のような国家資格やベンダー資格を保有していると採用する側の安心感や評価が高まる場合が多くなります。

基本情報技術者

国家資格であり、IT技術者の登竜門的資格

Javaプログラミング能力検定(Oracle Certified Java Programmer)

主にweb上で使用されるプログラミング言語Java能力検定

PHP技術者認定 等

PHPもweb上動作するプログラミング言語で、その技術力を評価する認定制度

システムエンジニア

システムエンジニアとは

ribbon-aqua1IT業界の代表的な職種と言って良いのが「システムエンジニア」です。

システムエンジニアとはクライアントの要望を踏まえつつ、情報関連システムの仕様や基本的な設計を行うと共に、システムの開発段階では「上流工程」と呼ばれる開発業務や分析、テスト業務などを行う、要はシステム開発においてマルチな役割が求められるのがシステムエンジニアと言えます。

オススメの資格は

システムエンジニアは無資格でもできますし、実際に無資格で活躍している人も多数います。

しかしながら未経験者が無資格でSEを目指すなら、転職という意味だけではなく自信をもって仕事に臨めるようになるためにも

%e3%83%ac%e7%82%b9 基本情報技術者l_e_new_2921
%e3%83%ac%e7%82%b9 応用情報技術者

といった、IT関連の国家資格を取得しておくことをオススメします。

応用情報技術者とは、基本情報技術者資格の上位資格にあたる資格です。

必ずしも基本情報技術者の資格取得が受験資格の前提といったことはありませんが、業界経験がない場合には、基本→応用と段階的な資格取得を目指した方が取得しやすいと言って良いでしょう。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは

ribbon-aqua1プロジェクトマネージャーは、一般的にシステムエンジニアの上位に位置付けられるシステム開発の職責者とも言えます。

IT関連のシステム開発においてプロジェクトの企画、提案から開発プロジェクトの進行管理全般を行い、管理者として最終的な責任を負う立場になるのがプロジェクトマネージャーです。

オススメの資格は

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャーになる場合には国家資格「プロジェクトマネージャ」が有利であったり、企業によっては必須としている場合もあります。

プロジェクトマネージャの資格試験合格率はわずか13.4%であり、IT関連資格の中でも難関の部類に入り、資格取得は決して容易ではありません。

それだけ難しい資格であるから取得する価値も高いと言えます。全く業務経験なしで取得を目指した場合には多少困難となります。そこで

%e3%83%ac%e7%82%b9 基本情報技術者l_e_new_2921
%e3%83%ac%e7%82%b9 応用情報技術者

これらの資格取得後にプロジェクトマネージャ試験を目指すことをオススメします。

データベースエンジニア

データベースエンジニアとは

ribbon-aqua1企業は膨大な情報を企業経営や商品開発などに活用していますが、その情報の基盤となるのがデータベースです。

データベースエンジニアとは、そうした情報の基幹となる情報データベースの設計や開発の他、システムの運用支援を行う専門的な技術者です。
いわばシステムエンジニアの中で、特にデータベースの開発に特化された職種と理解して良いでしょう。

オススメの資格は

データベースエンジニアとして活躍するには、実質的に業界標準となっていると言ってもよいデータベース技術がオラクルです。

そのため同社のベンダー資格であるオラクルマスターの取得が必須、または望ましいとしている企業が多いのが実情です。

またオラクルマスター以外ではマイクロソフト社のMCPなども一定の評価をされています。

%e3%83%ac%e7%82%b9 オラクルマスター(オラクル社のベンダー資格)l_e_new_2921
%e3%83%ac%e7%82%b9 MCP(マイクロソフト社のベンダー資格)
%e3%83%ac%e7%82%b9 テクニカルエンジニア(国家資格)

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは

ribbon-aqua1ネットワークエンジニアとは、主にはコンピュータ同士をネットワークシステムで結ぶ場合、ネットワークシステムに特化したシステムの設計や開発、運用管理、保守などを行う専門的技術者のことを言います。
情報システムを構築する際に必要となるネットワーク技術は急速に進化を遂げており、ネットワーク技術に精通した専門的技術者のニーズが高まってきたことでネットワークエンジニアという職種が確立されてきたと言えます。

オススメの資格は

ネットワークエンジニアになる場合に有利、企業によっては必須資格に近い扱いとなっている資格が米国シスコシステムズ社が認定する「シスコ技術者認定」です。

シスコ技術者認定には英検や漢検のように難度に応じた資格階級区分がありますが、まずはCCNAという階級の資格を取得した上で、理想的にはその上位資格となるCCNPを取得できると更に有利になります。

その他としては国家資格であるネットワークスペシャリストも、ネットワークエンジニアとしての知識を有する人材として評価されます。

%e3%83%ac%e7%82%b9 シスコ技術者認定(シスコシステムズ社のベンダー資格で、階級では「CCNA」以上)l_e_new_2921
%e3%83%ac%e7%82%b9 ネットワークスペシャリスト(国家資格)

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは

ribbon-aqua1ITコンサルタントとは、文字通り「IT分野」を専門とした企業経営の課題や問題を解決するための指導、支援を行うプロフェッショナルな専門家のことです。
単にIT分野の知識や技術に精通しているだけでなく、企業経営と言う観点からそれぞれの企業が抱えるIT分野での課題や問題を見抜ける力と共に、それらを解決するための合理的な手法を提示できる高度な問題解決能力が問われます。

オススメの資格は

ITコンサルタントはその仕事内容から、ITに関する幅広い知識+企業経営をコンサルティングできる知識や能力が必要とされます。そのため、この資格だけであれば確実になれる資格というものはありません。

しかしながら、次のような国家資格を保有していればITコンサルタントへ転職を図る上で一定のアピール材料になってきます。

%e3%83%ac%e7%82%b9 ITストラテジスト(国家資格)l_e_new_2921
%e3%83%ac%e7%82%b9 中小企業診断士(国家資格)
%e3%83%ac%e7%82%b9 プロジェクトマネージャ(国家資格)

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとは

ribbon-aqua1パソコンのOSが更新される際の通知情報などでよく聞かれる言葉として、「システムの脆弱性」という言葉があります。

システムの脆弱性とは「セキュリティーホール」とも呼ばれるもので、悪意を持ったハッカーなどはセキュリティーホールを攻撃することにより、例えば個人や企業のパソコンに侵入し、必要な情報を盗み取ったり、パソコンを操ったりしようと企てます。
セキュリティエンジニアとはそうしたシステムの脆弱性がないかを診断、発見すると共に、そうした脆弱性を発見した場合にはその部分の強化対策プログラムなどを設計・開発することで、システムのセキュリティ面を高める専門的な技術者のことです。

オススメの資格は

システムの脆弱性に対する外部からの攻撃は、主にネットワークシステムを介して行われることが大変多い状況にあります。

そのため、ネットワークシステムのグローバルスタンダードとなっている技術がシスコシステムズ社のネットワーク技術であることから、同社のベンダー資格がセキュリティエンジニアを目指す上では有望です。

具体的にはシスコ技術者認定の「CCNA セキュリティー」、できればその上位資格となる「CCNP セキュリティー」を取得しておくと更に評価が高まります。

その他にオススメの資格としては「ネットワーク情報セキュリティマネージャー」などがあります。

%e3%83%ac%e7%82%b9 シスコ技術者認定「CCNA セキュリティー」以上l_e_new_2921
%e3%83%ac%e7%82%b9 ネットワーク情報セキュリティマネージャー
%e3%83%ac%e7%82%b9 情報セキュリティスペシャリスト(国家資格)
★こんな記事もよく読ませています!