転職をするための準備方法を徹底解説!11のチェックポイントと必要書類を確認しよう

転職活動の準備

転職を成功させられるかどうかは、転職の準備の仕方にかかっていると言っても、言い過ぎではありません。

自己分析や企業研究・業界研究から始まり、応募書類の準備・面接準備に至るまで、ひとつとして気が抜ける作業は無いでしょう。

そこで今回は、転職を成功させるための準備の方法について徹底解説します!

転職準備のための勉強は本当に必要?

ぶっちゃけ、転職準備のための勉強なんて、必要あるんですか?
もちろんです! 転職を考えている人の中には、「面接官に気に入られれば、転職準備のための勉強なんて必要ない」と思っている人もいるのですが、とんでもない話です。転職に失敗する人の多くは、準備不足が原因で失敗してしまうんですよ。
ええ!転職の準備って、そんなに重要なんですか?履歴書をチャチャッと書いて応募してしまえば、あとは面接を受けるだけかと思ってました!
もちろんそれで運よく内定してしまう人もいますが、転職活動はそんなに甘くはありません。心してかからないと、いつまで経っても転職先が決まりませんよ!

転職準備のための勉強をしていないと、不思議とバレてしまう

しっかりと転職準備のための勉強をしておかないと、自分では適当に取り繕ったつもりでも、準備不足は思いっきり企業にバレてしまいます。

そのため、転職準備のための勉強は、絶対にやっておくことをお勧めします。準備万端整えた上で、「いざ出陣!」という形で、堂々と応募しましょう!

転職の準備はいつから始めたらいい?

じゃあ、転職の準備はいったいいつから始めたらいいんでしょうか?
そう、そこなんですよね。自分が転職したい時期から逆算して、いつから準備を始めたらいいか、お話ししましょう。

転職の準備期間は、少なくとも1ヶ月以上必要

転職準備のための勉強期間は、少なくとも1ヶ月以上は必要です。たとえば5月に転職したいと思えば、転職期間を3ヶ月と見積もった場合、1ヶ月の準備期間をプラスして1月には転職の準備をする必要があります。

1月2月~4月5月
転職準備期間転職活動期間転職

転職の準備のためにやることは何がある?11の項目で解説

転職の準備と言われても、何をやったらいいかさっぱり見当がつかないんですけど…
初めて転職する方なら、検討がつかなくて当たり前です。転職の準備のためにやることは、けっこう沢山あるんですよ!

① まずは転職ノートを1冊準備

転職の準備を始める前に、まずは「転職ノート」を1冊準備しましょう!

転職に関することはすべてそこに書き込むようにすると、転職活動の状況が一目瞭然にわかるので、とても便利です。

ルーズリーフタイプにすれば、途中から別の情報を足したりすることもできます。

② 転職の目的をはっきりとさせる

自分がなぜ転職したいと思っているのか、その目的を転職ノートに書き込みましょう。それによって、転職に向かう自分自身の心の準備が整います。

もしもそこで明確な転職理由が書けない場合は、転職そのものを見直する必要があるかもしれません。

③ 自己分析をする

「転職するのに、なぜ自己分析なんて心理学みたいなことをしなくちゃいけないのか?」と思う人も、いるかもしれませんね。でも、転職活動をスムーズに進めるためには、自己分析を行うことが実はとても重要なのです。

なぜかというと、自己分析をすることで「自分は転職をして本当は何がしたいのか?」「自分にはどんな強みがあるのか?」「どんな形で企業に貢献できるか?」といったことが、明確になるからです。

自己分析と言っても、けっして難しいことではありません。

  1. これまでの自分の経験を振り返る
  2. 自分がやりたいことを明確にする(Will)
  3. 自分に何ができるかを明確にする(Can)
  4. 希望する企業が何を求めているかを知る(Must)
この4つを書き出し、自分が何を求めて転職し、どういう形で企業に貢献できるかを明らかにしていきます。

④ 転職後の自分をイメージする

転職後にどんな自分になっていたいのかをイメージし、それを書き出した後、自分の長期的なビジョンを描いていきます。たとえば「残業のない会社に入って、毎日家族と一緒に夕食を食べる」というようなことでもかまいません。

そんな所帯じみたことでもいいんですか?
ええ、むしろそういう生活の一場面こそ重要です。「自宅から近い職場に転職して、子どもができたら1年間育児休業をとって、2人目が幼稚園に入ったら時短勤務で勤め始める」といった働き方の部分も大切です。自分の理想の将来像を描くことで、転職がより現実的なものとなります。

⑤ 転職までのスケジュールを立てる

いつまでに何をやって、いつ退職して転職するのかといった具体的なスケジュールを立てましょう。ビジネスノートに仕事とごちゃ混ぜにして書くのではなく、転職ノートの1ページ目に転職用のカレンダーを作ると便利です。

会社を退職してから転職活動をする人は、資金計画も立てておく必要があります。「すぐに転職が決まるから大丈夫。決まらなければ失業給付も受けられるし」などと安易に考えず、少なくとも半年間は困らない資金を準備しておきましょう。

⑥ これまでの自分のキャリアを振り返る

「キャリアの棚卸し」と言いますが、転職の準備期間には、これまでの自分のキャリアを振り返ることも非常に重要です。自分にどんなキャリアがあり、そのキャリアを企業でどう活かせるかを、先ほどの自己分析も踏まえて考えましょう。

こうして自分の強みや能力を明確にすることが、応募や面接の際の強力なアピール材料となります。

⑦ 応募時や面接時に自分を最大限にアピールする方法を考える

転職を成功させるためには、まず書類選考に通り、その次には面接で好印象を与えなければなりません。

そのためにどこの写真館で撮影し、服装は何を用意し、メイクをどうするかといった戦略を練るなど、応募時や面接時に自分を最大限にアピールする方法を考える必要があります。

また、自分のアピールポイント、長所短所、志望動機、退職理由なども明確にしておきましょう。応募書類を誰に添削してもらうか、模擬面接をどこで行うかも計画しておくのがベストです。

⑧ FacebookやTwitterなど、SNSの書き込みを整理しておく

転職活動中は、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSの書き込みには厳重注意が必要です。なぜなら、内定を考えている応募者に対して、採用担当者がSNSの書き込みをチェックする可能性があるからです。

もしも面接での印象をガクッと下げるような書き込みがあれば、今のうちに削除するか、閲覧不可の状態にしておきましょう。そして転職先で正式な社員となるまでは、SNSの不要な書き込みは控えた方が賢明です。

⑨ 企業研究・業界研究をする

自分が希望する企業が、実際にどんな企業なのかを、できる限り詳しく調べることが大切です。転職口コミサイトや2chなども参考程度に役立ちますが、最も役立つのは企業の現状をよく知る人から情報を入手することです。

転職エージェントには企業の情報を詳しく持っているキャリアコンサルタントもいるので、積極的に利用すると良いでしょう。

また、希望する企業の業界がどんな現状にあるか、今後成長する可能性があるかなども、調べておく必要があります。どんなに好きな業界でも、今後の成長が望めない場合には、今一度考え直すべきかもしれません。

⑩ 退職する会社への対処の仕方を考える

転職活動が進むと、ついこれからのことばかりに目を向けてしまい、今までお世話になった会社のことを疎かにしてしまいがちです。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がありますが、これから退職する会社に対しては、できる限り迷惑をかけないよう努力をすることが大切です。もしいい加減な形で辞めてしまうと、新たに入る会社にその情報が入ってしまう可能性もあるんですよ。

たとえそのようなことがなかったとしても、あるいは勤めている会社に何らかの不満があったとしても、辞めるときにはきちんと礼を尽くす必要があります。退職願を出す前から引き継ぎの準備をしておくなど、あらかじめ退職に至るまでの計画を立てておきましょう。

⑪ 応募から転職までに必要なものを準備しておく

履歴書・職務経歴書はもちろん、スーツや靴・バッグなど、応募から転職までに必要なものを、すべて準備しておきましょう。準備を整えることで、転職に対しても本気モードで臨む覚悟ができます。

どんなスーツを選んだら良いかなども、自分一人で考えず、転職エージェントにまずは相談してみるのもひとつの方法です。

「これだけはやらない方がいい」転職準備の失敗談

今の会社は、よく調べもしないで応募してしまって、入ってみたら「こんな筈じゃなかった」と思うことばかり!今になって、何であんなに安易に就職を決めたんだろうって、すごく後悔してます。
転職の準備をしないで応募してしまったのですね。そうなんですよ!きちんと準備をしないで応募してしまうと、流れに任せて内定⇒入社と進んでしまって、気がついたら「何でこんな会社に入ってしまったんだろう?」って嘆く人、けっこう多いんですよねぇ。

今度こそ失敗しないために、「これだけはやらない方がいい」という転職準備の失敗談を、ご紹介しましょう!

やりたい仕事に就いたはずなのに、何でこんなことに…

Aさんは、元事務職の31歳の女性。単調な仕事に飽き飽きしていたAさんは、「何かもっとやりがいを感じられる仕事に就きたい!」と考えていました。

そこでAさんはWebデザイナーという職種があることを知り、「自分でホームページのデザインができるなんて、最高に楽しそう!この職種に決めた」と即決し、ダメもとでWeb制作会社に応募しました。

意欲が買われて、見事採用されたAさん。意気揚々とWeb制作会社に勤め始めたのですが…

失敗談(Aさん)
仕事はたしかに面白いんですけど、毎日終電近くまで働かされて、彼氏と食事する時間も無くなっちゃったんです~(泣) これじゃあ何のために働いているのかわからない!

仕事の魅力に惹かれて思わず応募してしまい、企業研究を怠ってしまったのですね。今までと違う職種にトライする場合は、実際にその業界で勤めている人の生の声を聞くなど、業界のことをよ~く調べることが大切です。

「この会社は自分には向かない!」と退職。でも転職先が決まらない…

Bさんは、24歳の元ビジネスマン。新卒で大手企業に入社したものの、お堅い体質の会社にどうしても馴染めず、「この会社は自分には向かない!」と1年半ほどで退社してしまいました。

第二新卒という枠があることを知っていたBさんですが、逆に「第二新卒で転職できるから、問題ないだろう」と、転職の資金計画なども立てずに退職してしまったのですが…

失敗談(Bさん)
そ、それが、前の会社よりも条件のいい転職先がなかなか見つからないんです(汗) 失業給付がもうすぐ切れてしまうのに…。就職して1年半で辞めてしまって、貯金がほとんどないんです。アパート代も払えなくなったらどうしよう!

会社を辞める前に、転職活動中の資金計画を立てておくべきでしたね。失業給付は1年以上5年未満の場合、90日分しかもらえません。しかも給付される金額は80%ほどなので、生活は当然厳しくなります。その辺もよく調べた上で退職を決めないと、後で大変なことになるんですよ。

転職の準備のために役立つのはこんな資格

転職に有利になる資格があれば、転職期間中に取得しておきたいのですが…。
そうですねぇ、どんな職種を選ぶかによっても違うのですが、一般的に転職に有利になると言われているのは、こんな資格です。

日商簿記

経理職に就く人にはマストの資格と言える「日商簿記」ですが、事務職や総合職・管理職などに転職を考えている人にとっても、簿記の資格は役に立ちます。

できれば2級まで取っておきたいところですが、「転職期間中に取得しておきたい」という場合は、まず3級を取っておくとよいかもしれません。

秘書検定

「秘書検定」は、秘書への転職を考える人にはもちろん必要ですが、それ以外のどの職種の人が持っていても役立つ資格と言えます。

たとえば秘書検定の試験には、ビジネスマナーに関する設問がありますが、これは営業職や販売職など、さまざまな職種の人にとっても必要な知識です。そのため、秘書検定の資格を履歴書に書いていると、「この人はビジネスマナーに関しては問題なさそうだ」と思ってもらえる可能性があります。

貿易実務検定

「貿易実務検定」とは、貿易実務のエキスパートとしての能力・知識を測る検定試験です。そのため、貿易関係に携わる人にとっては必須の資格ですが、転職に役立つのは貿易事務などの仕事に限りません。

今は各企業がこぞってグローバルな事業展開を行っているので、営業や人事・総務などさまざまな職種の人も、できれば持っておきたい資格となっています。

TOEIC

求職者の英語力を判断する基準として、日本では「TOEIC」の点数を基準にする企業が多いのですが、一般的に履歴書に書いてメリットを得られるのは600点以上と言われています。それ以下の点数の場合は、書かないでおいた方が無難でしょう。

また、TOEICの点数によっては、英語力だけでなく仕事に対する一定の能力があると評価される場合もあります。たとえば850点以上の点数を取っていた場合、転職を考えているのがエンジニア職だったとしても、「この人はコツコツと努力をして情報を整理する能力がある」と判断されることもあります。

これまでに挙げたのは一般的に役立つ資格ですが、他にもITエンジニアであれば基本情報技術者やITパスポートなど、各職種によって役立つ資格がさまざまあります。自分の希望する職種に役立つ資格を調べて、転職に少しでもプラスになる資格があれば、積極的に取得しましょう!

転職のために準備するのはどんなスーツがいい?

転職のためのスーツを準備しなければと思っているんですけど、どんなスーツを着たらいいんでしょう?スーツなら何でもいいっていうわけじゃないですよね?
ええ。企業の業態にもよっても違いますけれど、一般的な企業の場合、転職の面接でどんなスーツを着るかというのはとても重要です。企業は応募者の見た目の印象から、いろいろなことをチェックしているんですよ!

企業は応募者の着るスーツから、常識がある人かどうかをチェックしている

たとえばデザイン事務所や個性的なスタートアップ企業などは、服装にこだわらない自由な社風の場合も多いのですが、一般的な企業はそうはいきません。

面接で応募者が着ていたスーツの印象から、「この人は一般常識がある人かどうか?」「ビジネスの場に出て恥ずかしくないマナーを備えているかどうか?」といったことを、厳しくチェックしています。

そのため、面接の場であまり個性的なスーツを着るのは、避けた方が良いでしょう。「一着ぐらいは、ごくノーマルなスーツを持っていた方が良いだろう」というような気持で、無難なビジネススーツを購入するのが、賢明な選択です。

黒や紺・ライトグレーなどのカラーが無難

スーツに選ぶ色は、男女ともに黒や紺・ライトグレーなどのカラーが無難です。女性の場合は、ベージュのスーツでも良いでしょう。

男性のワイシャツは白が基本ですが、うっすらと色が付いている程度なら許容範囲です。靴は黒か焦げ茶色を選びましょう。鞄は革または合成皮革で、面接で床に置いたときに倒れないよう、自立できるものがベストです。

ネクタイは奇抜な色や柄を避け、青や紺・緑・グレーなどの平凡な色を選ぶのが無難です。自分の好みというよりは、「採用担当者や面接官が見たときに、一緒に働きたいと思ってもらえる色は何だろう?」ということを意識して、選ぶことが大切です。

女性は、スカートでもパンツでもどちらもOK。ただし職種によって、スカートの方が好印象を与える場合や、パンツの方が活動的に見える場合もあります。スカートの長さは、座った状態で膝から5㎝以上足が見えないものを選びましょう。

リクルートスーツは着てもいい?

黒や紺のスーツがお勧めなら、リクルートスーツでもいいんでしょうか?
う~ん、転職の面接にリクルートスーツを着て良いか否かに関しては、賛否両論があるんですよねぇ。

「ワイシャツやブラウスを工夫すれば、リクルートスーツを着ても問題ない」という人もいれば、「リクルートスーツを着て違和感を覚えないのは、第二新卒の人ぐらいまで。20代後半以降の転職でリクルートスーツを着用すると、頼りなく見えてしまう」という人もいます。

このようなさまざまな意見があることから、企業側の捉え方もさまざまであることがわかります。どんな印象を与えるかわからないというリスクを考えると、ビジネススーツを購入する余裕があるのであれば、買っておくに越したことはないでしょう。

何より気になるのは、新卒時と現在と体型が変わっている可能性が高いことです。もしパツンパツンの状態であれば、迷わずに新調することをお勧めします。

転職の準備のために必要な書類はこれ!

転職準備のために必要な書類は、最大でザっとこれだけあります!

転職準備に必要な書類の例

① 履歴書
転職の書類と言えば、誰もが真っ先に思い浮かべるのが、応募時に提出する「履歴書」です。

② 職務経歴書
新卒入社のときには必要なかった「職務経歴書」が、転職の際には必要になります。

③ 退職届
退職する1ヶ月以上前に、「退職届」を提出します。

④ 離職票
退職すると、退職した企業から「離職票」を渡されます。これは、雇用保険の失業給付を受ける際に必要な書類です。(退職後すぐに転職する場合は必要なし)

⑤ 雇用保険被保険者証
「雇用保険被保険者証」も、退職した企業から受け取ります。これは、雇用保険に加入していることを証明する書類で、転職する会社に提出します。

⑥ 源泉徴収票
会社から自分に対して給与がいくら支払われたのかを記した「源泉徴収票」を、退職した会社から受け取り、転職する会社に提出します。

⑦ 年金手帳
「年金手帳」は書類ではありませんが、厚生年金(または国民年金)の被保険者であることを証明する手帳で、転職先に提出する必要があります。

⑧ 健康保険被扶養者異動届
扶養する家族がいる場合には、健康保険の異動があったことを「健康保険被保険者異動届」に書いて、転職先に提出します。

⑨ 扶養控除等申請書
扶養している家族がいる場合には、扶養控除などを受けるために、転職先に「扶養控除等申請書」を提出します。

⑩ 給与振込届出書
転職先に給与振込口座を知らせるために、「給与振込届出書」を提出します。

⑪ 健康診断書
転職先に「健康診断書」を提出します。かかりつけ医の診断書でOKの会社もあれば、指定医療機関で健康診断を受ける会社もあります。

⑫ 入社誓約書/入社承諾書
履歴書の記載事項に嘘がないこと、就業規則に則って働くことなど、入社のためのさまざまな誓約を記した「入社誓約書(入社承諾書)」を、転職先に提出します。

⑬ 身元保証書
自分の素性を明らかにし、万が一のことがあった際には賠償責任を負うことを保証する「身元保証書」を、転職先に提出します。

⑭ 住民票記載事項証明書
現住所を証明するための「住民票記載事項証明書」を、転職先に求められる場合もあります。

必要書類は会社によってさまざまですが、おおよそこのぐらいの書類提出が必要だということは、覚悟しておきましょう。

ゲゲ!転職の時に提出しなければならない書類って、すごく多いんですね。
そうなんですよ~。会社を変わるっていうことは、結構面倒くさいものですよね。とはいっても、応募時に必要なのは「履歴書」と「職務経歴書」ぐらいですし、内定が決まれば気分もルンルンになるので、面倒な書類の準備も意外とがんばれるものですよ。

転職を考えている人は転職エージェントに相談しましょう!

いま27歳ですが、今後のことを考えて転職をしようと思っています。転職先を紹介してもらえる所というと、とりあえず思い浮かぶのがハローワークなのですが、どうやって転職の準備をしたらいいかもよくわからないし、相談には乗ってもらえるんでしょうか?
ハローワークは公的な機関なので、転職先の紹介はしてもらえますが、いろいろと相談するのは難しいかもしれません。転職の準備について相談したいなら、転職エージェントに登録すると良いですよ!
転職エージェントって、何となく敷居が高いイメージがあるんですけど、気軽に相談なんてできるんですか?
ええ。転職エージェントは人材を募集する企業からお金をもらっているので、「いい人材を紹介しなければならない」という役割があるんです。そのために、求職者がより良い状態で転職することにも熱心なので、相談すればいろいろと教えてくれますよ。
でも、利用料は高いんじゃないですか?
いえいえ、企業からお金をもらっているので、利用料は無料です。
え!そうなんですか?それじゃ、利用しなくちゃもったいないですね。

転職先の紹介から面接対策まで、さまざまなサポートが受けられる

転職の準備を始めるときに、転職に成功するための方法を一人で考えるのは、なかなか大変なものがあります。応募書類ひとつをとっても、自分だけで考えて提出するのと、転職のプロにアドバイスをもらった上で提出するのとでは、大きな違いがあるでしょう。

そんなときにお勧めなのが、「転職エージェント」です。転職エージェントには転職のプロであるキャリアコンサルタントがいて、登録すると自分専属のコンサルタントがつきます。

そして転職先の相談から、応募書類の添削、面接対策、良い印象を与えるための方法まで、さまざまな観点から求職者の転職をサポートしてくれます。それだけいろいろなことをしてくれても、転職エージェントの利用は無料なので、使わない手はないというものです。

転職エージェントは1社に限定せず、2~3社に登録して比較検討を

転職エージェントに登録するときに、よく「二股をかけたら一生懸命紹介してくれる担当者に申し訳ないから、1社に絞ってお世話になろう」という人がいるのですが、その必要はありません。

担当者も多くの求職者が二股以上かけているのを知っていますし、1社に限定してしまうと、視野が狭くなってしまうというデメリットもあります。そうかと言って、何社も節操なく登録すると、それはそれで信用を失ってしまう可能性もあります。

転職エージェントに登録するなら、できれば2~3社程度に登録して、比較検討しながら転職先を探すのがベストの方法です。

転職を考えている人にお勧めの転職エージェント

知り合いに、「転職するなら転職エージェントに登録するといいよ」って言われたんですけど、いったいどこを選んだらいいのかわからなくて…
転職エージェント選びに迷っているなら、とりあえず「マイナビエージェント」に登録したらどうですか?

転職の準備をするなら、まずは登録しておきたい「マイナビエージェント」

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 様々な業種の土日祝休みの優良求人あり
  • エージェントのサポート体制が圧倒的
  • 給与交渉から退職報告、引き継ぎまで代行

転職の準備を始める人が、「とりあえず登録しておこう」と思ってまず登録するのが、「マイナビエージェント」です。転職支援実績No.1の転職業界の老舗なので、案件数は非公開求人だけでも数万件以上あり、案件の質も申し分ありません。

転職エージェントの草分けとあって、企業とのコネクションも強く、内定率も高いので安心して相談できるでしょう。全国に拠点があるので、地方で転職を考えている人にも便利です。

ただし、マイナビエージェントは他の転職エージェントに比べて登録者数が多いので、キャリアコンサルタントも忙しく、丁寧なサポートは望めないかもしれません。

マイナビエージェントに登録しつつ、他のエージェントにも並行して登録して、さまざまな情報を得ながら転職活動を行うのがベストの方法です。

キャリアコンサルタントに気軽に相談できる「doda」

これから転職しようと思っているのですが、初めてなので右も左もわからず、誰か転職のプロに相談したいのですが?
それなら、転職のサポートが丁寧な「doda」に登録すると良いですよ!

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 転職についてわからないことがあれば、何でも気軽に相談できる
  • 大手転職エージェントなので、求人の量が多く質も高い
  • キャリアコンサルタントの当たり外れが少ないので、気持ちよく転職活動ができる

大手転職エージェントの中でも、キャリアコンサルタントの丁寧な対応で定評があるのが、「doda」です。コンサルタントの当たり外れも少ないので、誰に当たっても安心して相談できます。

たとえば「面接でこんなスーツを買おうと思っているんですけど、どうでしょうか?」とか、「今の会社を辞めるタイミングで悩んでいます」など、何でも気軽に相談できるので、転職活動をする上で心の支えになるでしょう。

履歴書や職務経歴書の添削・模擬面接なども、こちらから「お願いします」と声をかけて、キャリアコンサルタントに協力してもらうことをお勧めします。優しいキャリアコンサルタントに何でも気軽に相談しながら、自分にとってピッタリの企業を見つけましょう!

女性が転職の準備をするなら、お勧めは「type転職エージェント」

今の会社は女性が長く勤められそうにないので、転職を考えているのですが、今後結婚して子どもができても働き続けられる会社を探しています。
女性が転職を考えるなら、「type転職エージェント」はとてもお勧めですよ!妊娠・出産・育児などのライフイベントを理解しているキャリアコンサルタントが、女性の視点に立ってアドバイスをしてくれます。

type転職エージェント

type転職エージェント
年代20代~30代雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
業界SE/Webエンジニア広告/クリエイティブ営業職経営企画/管理事務建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 女性の転職を応援している
  • キャリアコンサルタントの対応が丁寧
  • 独自の非公開案件を持っている

「type転職エージェント」は“女の転職type”という女性のための転職サイトを運営していて、女性の転職を応援している点に大きな特徴があります。

妊娠・出産・育児といった女性のライフイベントについても理解があり、女性が転職を考えるときには、とても頼りになる転職エージェントです。

type転職エージェントの名称を知らない人は結構多いのですが、実は転職業界での歴史は長く、企業とのつながりも深いので、独自の非公開求人を数多く持っています。案件の質も高く、安心して相談できるでしょう。

マイナビエージェントのように登録者が殺到しないので、キャリアコンサルタントの対応が丁寧で、じっくりとカウンセリングを行ってくれるというメリットもあります。

転職の準備に関するまとめ

転職の準備についてお話ししましたが、いかがでしたか?

転職というのは、結婚や家の購入などと同じように、人生の間で何度も起こることではありません。そのため、いざ転職活動を行う段になると、いったいどんな準備をすればいいのかと悩む人も多いことと思います。

そのため、適当な準備をして転職活動に臨んでしまうと、結果的に準備をした人との差が出てしまい、転職に失敗するケースが少なくないのです。

「キャリアに自信があるから、自分は転職の準備などしなくても大丈夫」などと安易に考えることなく、しっかりと転職戦略を整えた上で転職に臨みましょう!