転職エージェント「転職ナビ」は、求人の8割が正社員募集にあたり、正規雇用を目指している人や安定した収入を得たいと考えている人にぴったりと言えます。転職ナビに登録することでどのようなメリットが得られるのか、反対にデメリットはあるのかを、口コミや評判を交えて紹介します。転職活動に行き詰っている人は必見です。

転職ナビの特徴と使い方

全国にオフィスを構えている転職エージェントは多いものですが、転職ナビでは基本的にインターネット上でスタッフと連絡を取り合いながら、転職先を決めていきます。仕事をしながらの転職活動で、オフィスにはなかなか足を運べないという人もこのスタイルであれば転職先を見つけられるでしょう。
転職ナビのお世話になることを決めたらウェブサイトから会員登録をし、自分にマッチすると思われる求人の紹介を受けます。応募を決めたら転職ナビが日程の調整をしてくれるので、決められた日に筆記試験や面接を受けて選考を進めていきます。
とてもあっさりした流れに見えますが、求人を見つける際のスカウトサービスがあったり、転職アドバイスをもらえたりとサービスが豊富なのですよ。
気になる人はまずは登録することから始めてみましょう。

転職ナビのメリット

転職ナビは転職エージェントの中でも最大級の規模を誇っていて、メリットが非常に多いです。

求人数が豊富で、信頼性が高い

転職ナビで取り扱っている求人数はなんと50万件以上にも上ります。求人数が5万件から10万件程度の転職エージェントが多い中で、これは驚異的な数字と言えるでしょう。その中のうちの8割は正社員求人なので、正規雇用を目指している人にとっては選り取り見取りですね。そんな転職ナビは求職者からの需要が高く、会員数は90万人を突破しています。支払総額は20億円を超えていて、いかに巨大なエージェントであるのかがわかりますね。

職種やエリアが豊富で選びやすい

勤務地が一極集中していたり、希望する職種の求人がなかったりすれば例え求人数が多くても意味がありません。転職ナビではその点でも非常に優秀で、勤務地は北海道から沖縄まで全国にあり、職種も営業や販売、技術系やクリエイティブ、医療や理美容関係などの中から選択できます。
職種や勤務地で絞り込み検索ができるので、求人数が多すぎて困るということもありません。

転職ナコウドサービスで転職をサポート

転職ナビには専任のキャリアアドバイザーやコンサルタント制度はありませんが、その代わりに「転職ナコウドサービス」で転職活動のバックアップを受けられます。
転職ナコウドサービスでは、求職者に対して電話でヒアリングを行い、ひとりひとりの希望やスキルに合った求人を紹介しています。細かい希望や条件もヒアリングの際に伝えられるので安心ですね。50万件もある求人の中から自分に合ったものを選び出す自信がない人にもぴったりです。
転職活動時には一人ひとりにアドバイスメールと求人情報を送っているので、面接時に同行がなくても、転職活動の方法がわかります。
このサービスを開始したことで転職ナビを利用して転職した人の内定率は2倍にアップしたというのだから驚きますね。

スカウトサービスで自分に合った企業を見つけられる

転職ナビでは会員登録を行っておくことで、企業側の採用条件に合致した求人が自動的に届くマッチスカウトサービスがあります。また企業の担当者から求人者宛てに送られるスペシャルスカウトもあり、転職の可能性を広げられます。

会員登録からスカウトサービスまですべて無料!

転職ナビでは会員登録や転職ナコウドサービス、スカウトサービスまですべてのサービスを無料で受けられます。わざわざ高いお金を払って、就活塾に通う必要もありませんね。

祝い金制度で転職活動への士気が高まる!

転職ナビには会員登録をして見事内定を決めた人に贈られる「祝い金制度」があります。祝い金制度自体は他の転職エージェントでも見られますが、転職ナビの場合、応募する企業によって祝い金額も変わり、2から最大10万円までの値幅があります。転職時にはなにかとお金がかかるものなので、この制度は大変魅力的ですね。

祝い金制度受け取りまでの流れと条件

転職ナビから祝い金を受け取るためには、会員登録をして実際に紹介を受けた企業から内定を受けなければいけません。ウェブサイトで気になる求人を見つけたからといって、自分で電話をして選考を進めないようにしましょう。
書類選考や面接を突破し、企業から内定が出た段階で祝い金の申請ができます。会員専用ページにアクセスして、祝い金申請フォームに必要事項を記入して送信します。初出社日には報告を行い、30日間の継続勤務の確認を行います。祝い金は大体申請後2週間程度で指定した口座に振り込まれますが、最低30日間は働くことを定められているので、例え大変でも最初の1か月はきちんと働きましょう。
祝い金制度の申請期限は初出社日から30日以内と定められていて、忘れた場合には支給されないので気を付けましょう。

転職ナビのデメリット

サポート体制が厚く、祝い金制度などさまざまなサービスが存在する転職ナビですが、デメリットは一体どんなところにあるのでしょうか。

求人数が多すぎて玉石混交

求人数50万件は魅力に感じられますが、多すぎて絞りにくいというデメリットも。また掲載企業も玉石混交でいわゆるブラック企業であったり、採用する意欲が感じられなかったりする企業があると評判です。

キャリアアドバイザーがいない

転職エージェントでは専任のキャリアアドバイザーがつき、書類添削や面接指導・同行を行ってくれることが多いですが、残念ながら転職ナビにはそういったアドバイザーが存在しません。代わりに転職ナコウドサービスがありますが、物足りないと感じる人も少なくありません。

正社員案件が多すぎる

正規雇用志望者にとって、正社員求人が多いのはありがたいことですがさまざまな事情から労働時間や休日に融通の効きやすい契約社員や派遣社員を探している人にとってはやや使いにくいところがデメリットです。もう少し雇用形態の幅を広げてもらえるとうれしいですね。また転職ナビではアルバイト専用のサイトも運営しているので、合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

会員数が多く、選考が通りにくい

転職ナビには求人数と同様に会員数も多いため、必然的に好条件の案件は倍率が高まり、なかなか選考通過できないというデメリットがあります。なるべく多くの求人に登録しておくことがおすすめです。

知りたい!転職ナビのリアルな評判

実際に転職ナビを利用した人からのリアルな声を集めてみました。

「自分に合う企業を紹介してもらえて、転職の視野が広まった。」

「求人数が豊富で、比較検討できる点が便利だった。」

「書類の書き方などがサイトにアップされていてわかりやすかった。」

「正社員案件が多く、正規雇用志望の自分には勝手がよかった。」

「連絡しても返事がなかなかこなかった。」

「ブラックな雰囲気の企業が目立ち、信用できなくなった。」

まとめ

転職ナビは豊富な求人数と確かなサポートサービスで着実に会員数を増やしています。多くの求人を見ることで自分にベストマッチする企業を見つけたいと考えている人にはぴったりと言えるでしょう。お祝い金獲得を目指して転職ナビで転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。