デイサービスで働く※必要資格や給料は?仕事内容も事前に知って求人募集を探そう!

デイサービスで介護士として働くための職種や必要資格とは?

老人介護の業界で、もっとも身近にある施設の1つがデイサービスです。

〇〇デイサービスと書かれた送迎車を目にすることも多いかと思います。そのデイサービスで働く場合、どのような職種があり、どのような資格が必要なのかをご紹介します。

職種①管理職

管理職は、施設の管理を行います。
働くスタッフや、施設利用者に快適な環境を用意できるように、施設の管理やマネジメントを行います。
管理職に就くために、資格は特に必要ありません。

職種②生活相談員

デイサービスの窓口業務を行うのが、生活相談員です。利用者と、利用開始前に面談を行ったり、契約を行ったりします。

また、利用開始後も、担当ケアマネジャーや他の事業所、ご家族などと連絡を取り合い、調整を行います。

生活相談員になることができる資格はいくつかあります。

資格:社会福祉士

大学卒業など受験資格を得て、資格試験に合格することで得られる国家資格です。

専門的な知識を生かして、日常的な生活を営むことにトラブルのある方の相談にのり、助言や指導、援助を行う専門職です。

資格:精神保健福祉士

大学卒業など受験資格を得て、資格試験に合格することで得られる国家資格です。

専門的な知識を生かして、精神障害者の相談にのり、助言や指導、援助などを行う専門職です。

資格:社会福祉主事任用資格

大学や短大などで、決められた過程を終了することで得られる資格です。

学校で学んだ専門が福祉系である必要はありません。卒業に必要な単位を取ることで、この資格を取ることができているということも少なくないので、通っていた学校に確認してみましょう。

また、大学などを中退していても、必要な単位を取得できていれば、資格は得られます。

資格:ケアマネージャー(介護支援専門員)

介護現場での実務経験を5年以上経るなど、受験資格を得たのちに、資格試験を受験し合格すると得られる民間資格です。

介護計画書を作成したり、他事業所との連絡・相談、調整を行います。

職種③介護職員

デイサービスで働く人の多くが、介護職員です。

利用者の送迎や入浴介助、排せつ介助、食事介助、レクリエーションの提供などを行います。

デイサービスの介護職員として働くために、必ず必要になる資格はありませんが、以下のような資格を求められることがあります。

資格:介護職員初任者研修

130時間の研修を受けて、試験に合格することで取得できる資格です。

研修では介護の基礎部分を学習することができ、3ヶ月ほどで取得可能となる資格です。

資格:介護職員実務者研修

介護福祉士国家資格を受験するために、基礎知識や技術を学ぶための研修です。

450時間の研修を受けることが必要ですが、初任者研修を受けた方は、その130時間分は免除されますし、数年に分けて研修を受けることが可能です。

資格:介護福祉士

介護福祉士の養成校を卒業したり、実務経験を経るなどして受験資格を得て、試験に合格すると取得できる国家資格です。

専門知識を持ったうえで介護を行う他、介護する家族などに、介護のアドバイスを行います。

デイサービスで働く※職種や資格によって変わるそれぞれの給料(月給や年収)を調査

デイサービスで働いた際の給料は、職種や保有資格によって変わります。

また、地域によっても変化します。管理職であれば、月給25万~30万円程度の職場が多くみられます。

ただし、資格手当などを含めた金額であることが多く、管理職には介護支援専門員や、社会福祉士などの資格が求められることも多いです。

生活相談員の給料は、月給20万円前後~25万円程度のことが多いです。
資格手当を含む場合も、含まれない場合もありますので、確認が必要です。

介護職員の場合、月給15万円~25万円程度です。
資格手当が含まれていない場合も多く、資格手当や処遇改善手当などが上乗せされる場合もありますので確認が必要です。

また、ボーナスの有無や、ボーナスの金額によって年収は異なるので、年収なども確認するといいでしょう。

デイサービスでの基本的な仕事内容とは?スケジュールの流れとできる業務・できない業務

デイサービスでは、どのような仕事を行うのかが気になるところですよね。デイサービスの1日の流れとともに、基本的な仕事内容を見ていきましょう。

デイサービスの1日の流れ・スケジュール

8:00 出勤 

介護職員は各利用者宅にお迎えに出発します。
相談員や管理者は当日の欠席の連絡を受けたり、ケアマネジャーなどと連絡をとったり、お迎えに行くこともあります。

9:30 介護職員は施設に到着した利用者のケアを開始します。
入浴をされる方の入浴介助や、排せつ介助などをおこないます。
相談員や管理者は、当日来所した利用者の確認や、利用者のケアのサポートを行います。

12:00 休憩 利用者に食事を提供した後、職員は交代で休憩を取ります。
休憩をとっていない職員は、食事介助や下膳、服薬介助、口腔ケア介助、排せつ介助などを行います。

14:00 介護職員は、利用者にレクリエーションを提供します。
歌を歌ってもらったり、ゲームをしてもらったりします。
生活相談員や管理者は、当日の利用者の様子を、記録に残したり、ケアマネジャーなどと調整のための連絡を行ったり、サービス担当者会議という、利用者の介護計画に関する会議に出席うることもあります。

15:00 介護職員は利用者におやつを提供し、排せつ介助をおこない、送迎に備えます。
生活相談員や管理者は引き続き、会議に出席したり、連絡、調整を行います。
また、利用者のケアのサポートを行うこともあります。

16:00 介護職員は利用者を自宅へ送り届けます。
生活相談員や管理者も送迎を行うこともあります。その他、書類の作成や管理を行います。
送迎終了後、施設内の清掃を行ったり、翌日の準備を行います。

17:00 就業
管理者や生活相談員、介護職員の業務内容は、施設により異なります。
管理者や生活相談員は、直接的なケアに関わらない施設もあれば、介護職員と同じように関わる施設もあります。

また、利用者の様子の記録などは、介護職員が行う施設もあります。
夜勤はありませんが、時差出勤はあり、早番・遅番などがある施設も多いです。

ほかの介護職と比べてどう?デイサービスで働くメリット・デメリット

老人ホームやホームヘルパーとして働く場合と比べて、デイサービスで働く場合にも、メリットデメリットがあります。

デイサービスで働くメリットは、比較的、介護度の軽い方が多く、体への負担が少なく介護ができます。
また、夜勤がないため、子育て中の方などにとってデイサービスは、働きやすい職場といえます。

デメリットとしては、夜勤がない分、夜勤手当がつかないため、給料が少ないことがあげられます。
また、送迎の際に、自分で運転しなければならないこともあり、道を覚えるのが苦手な方などは難しいかもしれません。なお、車の運転については、施設によって、送迎専属スタッフを雇用している場合があり、介護職員が運転を行うとは限りません。

まとめ:デイサービスでの仕事に向いている人はこんな人!

デイサービスに通う利用者は、まだまだ元気な方も多くいます。介護が必要なのも確かですが、他者との交流を目的として通ってきていることも多いです。

1日をいかに快適に、楽しく過ごしてもらえるかを常に考える必要があります。
レクリエーションを盛り上げ、会話を楽しむことができる、そんな盛り上げ上手でサービス精神旺盛な方、おしゃべりが上手なコミュニケーション力のある方、または聞き上手な方が向いていますよ。