サラリーマン時代は無縁だったという方であっても、フリーランスとなれば避けて通ることができないのが年1回の確定申告です。

確定申告はフリーランスの方のみならず、所得を得ている全国民の義務であり、毎年のように多くの方が行なっているはずなのですが、いまだに「よくわからない」と嘆いておられる方が決して少なくありません。

そこで今回は確定申告についてわかりやすく解説した上で、(個人事業主の)フリーランスの方が確定申告を行なうために簡単、便利で使いやすいオススメの会計ソフトをランキング形式でご紹介して参ります。

確定申告とは?

まずは確定申告とは何かということを、どなたでも理解できるようやさしく解説致します。

確定申告とは「確定し、申告する」と書きます。

では何を確定し、申告するのでしょうか。

それは「所得税(および復興特別所得税も含みますが以後省略)」です。

これで基本的なことはもうお分り頂けました。

確定申告とは「所得税を確定させてそれを税務署に申告すること」なのです。

ただ、この説明だけだと「どのくらいの期間に対する所得税」を「いつまでに」確定させて申告すれば良いかがまだ不明ですので、その点を明らかにしますと次のようになります。

・所得税を確定させる期間は?

→毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得に対する所得税です。

・いつまでに申告すれば良いの((個人事業主の)フリーランスの場合)?

→毎年ほぼ翌年2月16日頃から3月15日頃まで

まとめますと、確定申告とは「毎年1月1日から12月末日までの所得税を確定させて、翌年の2月中旬頃から3月中旬頃までに税務署へ申告すること」ということになります。

確定申告が必要な額とは

確定申告とは繰り返しとなりますが「所得税」を確定し、申告することです。

所得税を確定させるには、その前提として「所得」がどのくらい発生したかが鍵となってきますが、確定申告はいくらの所得が発生した場合に必要になってくるのでしょうか。
・「20万円以下」は間違い!正しくは「38万円以下」

この点についてサラリーマンだった経験があるフリーランスの方が特に誤解しやすいのが、「20万円以下なら確定申告不要」という基準です。

20万円以下という基準はサラリーマンやパート従業員といった「給与所得」がある方を対象にした場合の基準です。

フリーランスの方は雇われて給与所得を得る立場ではなく、「事業所得」を得る立場となりますので20万円以下という基準は適応されません。

フリラーンスの方が適応される基準は「38万円以下」とい基準です。

つまり38万円以下までの事業所得なら確定申告は不要なのです。

この38万円とは「基礎控除」と呼ばれるもので、基礎控除とは所得の種類に関係なく38万円までは所得税から控除する、即ち課税対象外とする金額のことです。

そのため仮に事業所得(売上から経費を差し引いた額)が38万円以下なら所得税が0円となりますので、所得税の確定申告も不要となる訳です。

つまりフリラーンスの方は該当年度に38万円を超える事業所得が生じた場合、確定申告を行なう必要が生じることになります。

青色申告と白色申告の違いとは?

次に確定申告の方法について説明します。

確定申告の方法には「青色申告」と「白色申告」(以下青色と白色)という二つの方法があります。

なぜ青色と白色の二種類の申告方法が生まれたかですが、その大きな要因となったのが所得税の計算根拠となる会計帳簿の記帳方法です。

帳簿への記帳方法は簿記の知識が必要になる複式簿記という方式と、簿記の知識があまり必要とされない、大雑把に言えば家計簿と同様な感覚で記帳できる単式簿記という二つの方式があります。

当然複式簿記の方が複雑で難しいし、記帳作業は大変になります。

一方単式簿記なら簡単で、誰でも取り組みやすいと言えますので、どちらを選んでも良いとなればおそらく多くの方が単式簿記の方を選ぶでしょう。

ところが税務署としてはより正確に申告内容が掴めるのが複式簿記の方なので、できるだけ複式簿記で申告して欲しいのが本音です。

そこで難しく大変な複式簿記を選んで頑張って申告した方にはそれに見合った特典を提供することで、複式簿記での申告をできるだけ選んでもらえるようにということで生まれたのが青色と白色の二つの申告方法だった訳です。

ではどのような違いがあるか、またそれらの違いはどのようなメリットまたはデメリットとなっているのか、主な事項をご紹介しましょう。

複式簿記申告による65万円の税額控除という優遇の有無

・青色:複式簿記での申告を選べば65万円の控除を受けることができる

・白色:単式簿記でも複式簿記でも申告は可能だが、控除は受けられない

専従者給与の全額経費化が可能か否か

・青色:生計を共にしている親族の給与が妥当な額なら全額給与、即ち経費にできる

・白色:配偶者は65万円、それ以外の親族は50万円までしか経費として認められない

損失額が繰り越せるか否か

・青色:最大3年間損失額を繰り越すことができる

・白色:原則として翌年以降への繰越は認められない

こうした違いがあります。
複式簿記で記帳し申告することは大変ですが、ご紹介したような税制上のメリットが大変大きいため、こうしたメリットが十分活かせる事業所得が発生した場合には白色ではなく、青色を選択した方が断然有利です。

おすすめ会計ソフトのランキング

それではフリーランスの方におススメしたい、事業の会計処理から青色申告を行なうことを前提とした上で、オススメの会計ソフトをランキング形式でご紹介します。

1位:やよいの青色申告

今回1位として紹介するのは「やよいの青色申告」です。

やよいの青色申告のベースとなっている会計ソフトエンジンは、日本で17年連続1位の売上を誇り、大企業を含めた多数の企業から高い支持を得てきた「弥生会計」です。

弥生会計は大企業にも対応したフレキシブルな機能が満載されているので、フリーランスの方にとっては不要な高度な機能もあります。

その点で「やよいの青色申告」はフリーランスの方で、しかも初めて青色申告を行なうというビギナーの方でも簡単に会計処理が行えるように特化された易しい会計ソフトになっています。

弥生会計という圧倒的なブランド力を誇る高機能会計ソフトを、青色申告が初めてというビギナーの方が使いこなせるようにした点を高く評価し、今回1位としてご紹介することになりました。

やよいの青色申告のメリット・デメリット

やよいの青色申告のメリット、デメリットを整理すると、次のようになります。

(メリット)

・弥生会計で長年の実績を誇る弥生社が提供している、信頼性の高いソフトである

・操作が簡単で、会計処理や青色申告がはじめての方でも画面の指示に従って直感的に操作することで行える

・オンライン版で、サポートなしのセルフプランなら1年間無料で利用できる
(デメリット)

・大規模な会計処理には不向きである

・サポートが必要な場合には料金が割高になる

・時期によっては電話サポートに大変つながりにくい場合がある

2位:MFクラウド確定申告

今回2位としてご紹介するのは「MFクラウド確定申告」です。

MFとはMFクラウド確定申告をリリースしているマネーフォワード社の社名の略称で、「マネーフォワード」という家計簿アプリも同社提供のアプリです。

MFクラウドシリーズにはこの他に「MFクラウド会計」があり、こちらは法人専門、一方MFクラウド確定申告はフリーランスをはじめとした個人事業主の方専門です。

同社が培ってきたクラウド会計機能を個人事業対象の会計処理に特化したため、とても使いやすく、簡単な操作だけで会計処理から確定申告まで行える点とクラウドサービスであるためパソコンにインストールする必要がない利便性等を評価し、今回第2位となりました。

MFクラウドの一番の特徴と言えるのが銀行のオンラインサービスやクレジットカードの明細データの自動取得機能があることです。

例えばフリーランスの方が仕事で必要な道具をクレジットカードを利用して購入した場合、そのクレジットカードの明細データを自動的に取得し、しかも仕訳した上で帳簿に反映してくれるため、もはや帳簿入力すら不要となる点がMFクラウド確定申告最大の特徴です。

MFクラウド確定申告のメリット・デメリット

MFクラウド確定申告にもメリットとデメリットがそれぞれありますので、その点を整理してみましょう。

(メリット)

・銀行口座やクレジットカードの明細自動取得機能により、帳簿入力が大変楽になる

・最大50個の仕訳登録を一括で行なうことができる

・勘定科目などの設定やそれに対する適用を予め設定しておくと、入力するたびに設定を求められることなく自動的に割り振りまで行なってくれる

・クラウド型サービスなので、自分でソフトをインストールしたり、バージョンアップその他の保守、管理をする必要がない

(デメリット)

・複式簿記での帳簿作成も直感的な操作でできる反面、プログラムの判断に基づいた仕訳が勝手に行なわれるため、簿記の知識がないと困る場合がある

・電話サポート付きプランは年1回払いしか支払い方式がないため、途中でやめた場合には割高になる

3位:みんなの青色申告

第3位としてご紹介するのは「みんなの青色申告」です。

こちらは弥生社に負けず劣らず会計ソフトメーカーとして知名度を誇る大手のソリマチが開発した、フリーランスをはじめとした個人事業主の方々に特化した会計ソフトです。

みんなの青色申告も「やよいの青色申告」同様に青色申告がはじめという方でも安心して使える会計ソフトである点と、価格面でも手頃な料金となっている点が評価できましたので第3位となりました。

その料金ですが、希望小売価格は9,800円となっているものの、実売価格は8千円前後です。

しかもこの料金には一年間の電話サポートが付いています。

電話サポートが付くと1万円を超える会計ソフトが多い中、みんなの青色申告は料金面で良心的と評価できます。

みんなの青色申告のメリット・デメリット

ではみんなの青色申告のメリット、デメリットについて整理してみましょう。

(メリット)

・8千円程度の実売価格で電話サポートも付いてくる

・会計ソフトで高い知名度と実績を誇るソリマチ社が小規模企業や個人事業主向けに開発したソフトであるため、安心感が高い
(デメリット)

・電話サポートがある点は心強いものの、確定申告シーズンとなると電話が混み合い、サポートがほとんど受けられなくなる

・法人向けの会計ソフトをベースに機能を絞った作りとなっているため、使用されている会計用語や仕訳の考え方がやや高度で、会計や簿記に関する知識がない場合には戸惑う場合もある

4位:freee(フリー)

4位として推奨する会計ソフト、正確には会計クラウドサービスが「free」ではなく「freee(フリー)」」です。

Freeよりeが一文字多いユニークな名称で知られるfreee(フリー)は第2位で紹介した「MFクラウド青色申告」と共に、個人事業主や小規模企業経営者の皆様から絶大な支持を獲得し、クラウド型会計サービスの双璧と称されています。

そのため、ネット上ではクラウド型会計サービスでは「MFクラウド青色申告」と「freee(フリー)」のどちらが良いか比較した記事やサイトが多数発見できます。

freee(フリー)の特徴は「みんなの青色申告」や「やよいの青色申告」といった昔からある会計ソフトと一線を画し、用語や複雑さを可能な限り排してシンプルさを追求している点と、MFクラウド青色申告が備えている銀行やクレジットカード明細の自動取得機能を備えている点です。

ところが、これらの点で必ずしもメリットとは言えない面もありましたので、MFクラウド青色申告が2位でfreee(フリー)が4位という結果になりました。

ではfreee(フリー)についてもメリットとデメリットをお伝えします。

freee(フリー)のメリット・デメリット

(メリット)

・MFクラウド青色申告以上に簡単さ、シンプルさを追求しており、特に青色申告が初めてという方は迷ったり、困ったりする場面がかなり解消されることが期待できる

・銀行(オンラインバンク限定)やクレジットカードの明細を自動取得する機能やそれを自動仕訳する機能が備わっている

(デメリット)

・明細の自動取得において対応している銀行数やクレジットカードの種類でMFクラウド青色申告よりやや劣っている

・会計処理を簡単にすることを追及しているため、例えば補助科目など他の会計ソフトなら当たり前のようにできる機能がないものもある

5位:わくわく青色申告

第5位として最後に紹介するのは株式会社ピクシスが開発した会計ソフト、わくわく青色申告です。

わくわく青色申告はフリーランスをはじめとした個人事業主、小規模企業に特化された会計ソフトであり、青色申告がはじめてという方も勿論対象ですが、長年青色申告を行なってきたベテランフリーランスの方や企業経営者の方からも厚い信頼と支持を得ています。

青色申告初心者の方にとっては、ユーザーインターフェースが企業向けの本格的な会計ソフトのようなタッチであるため、多少とっつきにくく感じられる点はマイナスですが、ベテランの方々から高く評価されていることからもわかるとおり、使えば使い込むほど細部まで工夫や配慮がされたソフトであることを実感できる、そんな会計ソフトです。

わくわく青色申告のメリット・デメリット

(メリット)
・正統派の企業向け会計ソフト同様のインターフェースで、小規模であっても本格的な会計処理を行なうのに適している

・頻繁なバージョンアップがなくアップデート対応で事足りる場合が多いため、長期的に利用した場合にローコストで済む

・ヘビーユーザーからの評判が高く、長く愛用できるソフトである

(デメリット)
・初心者も対象としているが、インターフェースが堅苦しく、会計ソフト利用経験がない方々にとっては多少難しく感じられてしまう

・ある程度初歩的な簿記の知識はあることを前提とした作りになっているため、そうした知識がない場合には調べながら操作を行う必要がある

★こちらのページもよく読まれています!