看護師が教えるブラック病院の見分け方!9つの要チェックポイント

看護師が教える ブラックな病院の見分け方9個

ブラック病院から即転職する為に

エージェント登録しておくのはアリ!

 

ブラック病院とはどのような勤務実態だったのか・・・気になる人のために私が実際に体験した看護師業務を赤裸々に語りたいと思います。
中には信じられないような内容もあるかもしれませんが、全て事実です!

ブラック病院の見分け方を知るメリット
  • ブラック病院の実態がわかります
  • ブラック病院に就職してしまわないために!9つのチェックポイント
  • 今の病院がブラック病院か簡単にわかるブラック病院指数
  • 転職サイトでの注意点を知って転職を成功させる事ができる

\ 記事の途中に移動します /

 

私が勤めていたブラックな病院の実態

私が勤めていたブラック病院の実態

看護師の仕事を始めたいと思っている人に、少しでもブラック病院の実態を知ってもらうために私が体験してきたことを紹介していきます。

もちろん全ての病院がこれに当てはまるわけではないので、看護師になること自体に悩む必要はありません。
あくまで、こんなブラック病院もあるという参考として目を通しておいてください。

私は以前働いていたブラック病院に転職する前から多少はブラックに対する耐性があったので、始めのうちは「思っていたよりマシ、良い病院に転職できた」と思っていました。

しかし、実際に働いてみると
労働基準法違反のシフト。
毎日、数時間の残業は当たり前。

過労で体のあちこちに支障が出てきてしまいました。

具体的には、髪の毛が抜け円形脱毛症になったうえ、ストレスが原因のメニエール病まで発症
さらに、体の症状だけではなく精神的な疾患まで発症してしまったため、さすがにその時に「ここを離れなきゃ」と思い始めたのです。

しかし、そのブラック病院を「訴えなきゃ」とは思わなかった。
私は以前も同じようなブラック病院で勤めていたことがあったので、「高給の仕事なんだからこれくらいは当たり前なのかも」と考えるようにしていたからです。

このことを友人に話したら「何で病院を訴えようと思わないわけ!?」と言われ、「これって問題にしていいことなんだ…」と驚いたくらいでした。
多分私は人より鈍感なのでしょう(笑)

いかに自分が圧倒的な情報取集不足状態でブラック企業に対しての知識がなく、働き方に対する常識が分かっていないということをこのことで知らされた気がします。

私のブラック病院での話を知って、おそらく看護師として働くのが怖くなってしまった人もいるはず。

しかし、看護師の仕事は病院によっては働きやすくて高給な魅力的な仕事です!
ですから、ここからは私が思うブラック病院の見分け方を紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ブラック病院の特徴と見分け方!こんな病院には気を付けよう!

ブラック病院にはいくつかの特徴があります。

転職活動時にブラック病院かどうかを見分けるために、チェックしておくべき大切なポイントが9つあります。

せっかく転職したのに、行ってみるとブラックだった…なんてことにならないために、転職活動中の人は忘れずにチェックするようにしてください!

求人サイトやネットで求人情報を調べている時のチェックポイント

まずは、転職活動をする際の一番始めの段階の求人サイトなどでの要チェックポイントから紹介していきます。

次のようなことが求人情報に掲載されていたら、応募は避けたほうが無難!

いつ見ても求人情報が出ている

いつ見ても看護師募集中

これはブラック病院限らず全てのブラック企業に言えることなのですが、いつ見ても求人情報に掲載されている求人情報ってありますよね?

これは、おそらく転職した人がすぐに辞めてしまうため予備の人員を採用していることが考えられます。

なぜすぐに辞めてしまうのかを考えると…
その病院はブラックの可能性がかなり高いということになります。
何かしら働きにくい点があるのでしょう。

紹介文が精神論を語っている

精神論

病院の紹介文の欄が精神論でいっぱいのような病院も要注意です。
特に精神論ばかりで病院の詳しい内容は書かれていないような場合は、何か隠したいようなことがある可能性があります!

肝心なのは病院の紹介なので、余談ばかり多いような病院は実際に働いてみたら「思っていたのと違う!」ということになり兼ねません。

パートや短時間者を多く募集している

パートさん多数募集中

正社員ではなくパートなどの短時間労働者ばかり大量に募集しているような病院は、できるだけ従業員に手当などを支払いたくない病院ということが伺えます。

パートなどの短時間労働者は社会保険に加入する必要がないケースも多くあり、賞与も少なくて済むので病院にとっては好都合。

このような病院は病院の利益のことばかり考えている可能性が高いので、働き始めると何かと苦労するかもしれません。

病床数よりもかなり多めの看護師を募集している

病床数<看護師募集数

入院できる病院の場合、看護師が常在していなければならない人数が決められています。

しかし、病床数に合わせた看護師の人数よりもかなり多めに募集しているような病院は、看護師がすぐに転職してしまうために必要以上に採用しているということが考えられます。

つまり、ブラック病院のために看護師がすぐに転職したくなるような病院ということで、予備の看護師を採用しているのでしょう。

転職サイトで紹介してもらう時のチェックイント

合う人はあう、合わない人はあわないと濁される

転職サイトでの注意ポイント

専任のコンサルタントに病院を紹介してもらって、こちらが「良い病院ですか?」とたずねると「合う人にはあうと思う」など、濁した返事を返してくる場合は何かしらの問題がある病院かもしれません。

「合う人にはあう」というのは、要は合わない人もいたということになりますよね?
つまり、問題があるブラック病院の可能性がかなり高いということになるのです。

コンサルタントがその求人だけを激押ししてくる

コンサルタントは多くの求人情報を把握しているはずなのに、ある一つの病院ばかり激押ししてくるというのは、入社してもすぐに辞めてしまって常に人員不足だからということが考えられます。

また、こちらが「このへんが自分と合わなそう」と言ったとしても、あれやこれやと口実を並べて激押しするというのも怪しいので注意してください。
契約が決まれば自分の利益になるため、単なるコンサルタントのエゴの可能性があります。

病院見学に行った時のチェックポイント

ナースセンターの雰囲気が悪い

看護師達の雰囲気・様子をチェック

病院内の人間関係が良いか悪いかを大きく左右するのは、やはり女性が多いナースセンターです。

外から見て何となくナースセンターの雰囲気が悪い(全く笑顔がないなど)と感じる場合、人間関係が最悪のブラック病院かもしれません。

外から見ただけではあまりよくは分からないかもしれませんが、いわゆる「お局様」のような人が何人もいたとしたら、避けたほうが無難かもしれませんね。

働いている看護師に元気がない

病院の中の人間関係や働き方などを外から見て何となく知るためには、ナースセンターの様子だけではなく病院全体の看護師の様子を見ても伺えると思います。

何となく看護師がみんな疲れているように見えたり、笑顔が少ないような様子が見られるなら、長時間勤務や人間関係などで疲れているのかもしれません。

看護師はできるだけ顔には出さない努力をしているはずですが、仕事が辛いと無意識のうちに辛い症状になってしまうのは私もよく分かります。

面接や条件交渉をするときのチェックポイント

求人条件に間違いないか確認!

気に入った病院が決まっていよいよ面接となった時も、気をつけたいポイントはあります!
特に条件交渉をする時は要注意です。

元々の求人条件と乖離している

面接をしてある程度病院の話を聞かされていくうちに、条件が求人情報と全く違うと感じる場合があります。

例えば、有給の日数が求人情報とは全く違う・基本給額が違う・休日の日数が違うなどですね。

もし条件が全く違うと感じたら、交渉次第で変更が可能なのかを確認しておいてください。
できないのであれば、採用される前に自分から断ったほうがいいでしょう。

あなたの病院は大丈夫?簡単チェックでわかるブラック病院指数

今働いている病院での仕事が辛く、「自分が働いている病院はもしかしたらブラック病院かも」と思ったことはありませんか?

すでに長い間働いていたとすると、なかなか自分が働いている病院がブラック病院かどうかが分からないものです。

そこで、ここからはブラック病院の度合いを決めるチェックリストを紹介したいと思います。

ブラック病院を見極める10のチェックリスト

自分が働いている病院が次のチェックリストの項目にいくつ当てはまるかで、ブラック病院かどうかを知ることができます。

  1. あらゆる求人情報誌に求人情報を掲載している
  2. やたらと看護師の募集人数が多い(ベッド数に合っていない)
  3. パートやアルバイトの看護師がやたら多い
  4. 明らかな上司からのパワハラがある
  5. 残業手当が付かないか少ない
  6. 常識から外れたような妙なルールが多い
  7. 求人情報に掲載されていた内容よりも明らかに休日が少ない
  8. 掃除が行き届いておらず不衛生な雰囲気
  9. 賞与などの手当ての金額がルーズ
  10. 転職を希望してもなかなか辞めさせてもらえない

いかがですか?
以上の項目の中にいくつチェックした項目があるかによって、ブラック病院指数が違ってきます。

  • 0~2はブラックではない
  • 3~6はブラックと断定はできないが警戒が必要
  • 7~10は完全ブラックなので他の病院に転職しましょう

チェックしてみた結果「自分の病院はやばい…」と感じたのなら、迷わず転職するようにしてくださいね。
【2019最新】看護師におすすめの転職サイト比較ランキング!時期が重要

ブラック病院を辞めたい場合…どうやって転職する?

ブラック病院なら即転職!

チェックリストでチェックしてみた結果…今、自分が働いている病院はブラック病院だと分かってしまった。

こんな時はどのような行動を取ることべきなのでしょうか?

ブラック病院で疲弊する必要なし!すぐに転職を!

自分が働いている病院がブラック病院だと分かったのなら、もし毎日仕事が辛いと感じるのであればすぐにでも転職しましょう!
ブラック病院なんかでいつまでも辛抱していたのでは身がもちませんからね。

自分の今後のためにも、新しい病院を見つけるために時間を費やすことを考えてくださいね。

ブラック病院から即転職する為に

エージェント登録しておくのはアリ!

ブラック病院からの引き留めや恨み節は徹底的に無視!

病院側は退職したいと言っても、看護師不足を理由にすぐには受け入れない可能性があります。
私もこれにはかなり悩まされました…。

しかし、何しろブラック病院ですから、止められても言いなりになる必要は全くありません!

次の看護師を採用してもすぐに辞められてしまうという焦りがあるため、何かと口実を付けて退職を認めないのは最悪です。
こちらの事情は全く無視しているということですからね。

同僚からの恨み節にも負けず徹底的に無視をして、より良い環境に身を移しましょう!

看護師を辞めたいと思った時の転職準備!1年目から3年目までの退職Q&A

諦めないで!あなたに合う病院は必ずある!

一度くらいブラック病院に騙されたくらいで、「次に働く病院もブラックかもしれない」と諦めないでください!
あなたに合う良い病院は絶対にあります♪

次こそはブラック病院に引っかかりたくないと思うのなら、まずは信用ができるコンサルタントを見つけることが重要です。

悪いコンサルタントは自分や会社の利益のことばかり考えて、ブラック病院だと知りながら紹介してくる可能性があります。

話してみて「何となく怪しい」と思ったら、登録会社ごと変えるかコンサルタントを変えてもらって相談し直してください。

病院だけじゃない、看護学校から続くブラック体質

看護学校選びも慎重に!

実は、ブラックの疑いがあるのは病院だけではなく看護学校も同じです。

私がまだ大学の頃の話ですが、看護師になりたいと思いその後すぐに看護学校に入学しました。

看護学校に行っていると実際に看護師をしている先輩とも話す機会があったのですが、看護学校で教えていることとは全く違う情報を教えてくれたのです。

つまり、看護学校では病院や看護師の良いところばかり教えて、実際の病院業務とは全く違っているという可能性もあるのです!
これはまさにブラック看護学校といえるのではないでしょうか。

看護師になるために看護学校に行くわけですが、学校選びも慎重にすることをおすすめします。
人数ばかり多くて授業内容はいまいちのような学校は要注意かもしれません。

看護師ユナのブラック病院への体験ツイートの反応を参考に

皆さんはじめまして、フリーランス看護師のユナです。

 

この前何気なくツイートした文章が5100人にリツイートされ、7600の人のイイネを集め私の中で大反響を呼びました。と同時に上記の疑問が浮き上がりました。


詳しくはこちらに寄稿して頂いたので参考にどうぞ

看護師が語るホワイトな病院ってどこを探せばあるの?

ブラック病院についてのまとめ

ブラック病院がどんな病院かはある程度検討がついたはずですから、自分が働いている病院がブラックだと分かった時点で転職を考えましょう!
全ては自分のためだと考えて頑張って転職活動をしてくださいね♪

こちらの記事も読まれています