男性看護師に病院以外の就職先はある?おすすめの転職先やクリニックで働けるか解説!

看護婦」から「看護師」に呼称は変わっても、看護師をしている人の多くは女性で、増えてきたとはいえ男性看護師は少数派には変わりありません。

今後は男女同権の中で男性看護師が増えていくことが予想されますが、実は現在でも「男性看護師が欲しい」という職場はあります。

もし、「今の職場にいづらい」「転職をしたい」「必要とされる場所に行きたい」という男性看護師の方がいれば、以下で紹介している職場へ転職してみるのも1つの方法だと思いますので、是非参考にしてみてください。

男性看護師の病院以外の就職先はある?

男性看護師の求人は年々増えており、結論から言えば男性歓迎の病院以外の求人は増加しています。

例えば、今まで男性は敬遠されがちだったクリニックですら男性OKの求人が増えています。

また、大学院を出ることが条件になりますが、男性看護師が病院以外の職場で管理職になっているケースも増加しているので、病院以外への就職も積極的に狙っていくべきでしょう。

看護師の病院以外の転職・就職先17選!資格や免許を活かせる仕事や求人を紹介

男性看護師が働けるクリニックの求人も増加している

男性看護師_病院以外の転職先_クリニックの求人も増えている

男性向けのクリニック自体が増加している背景から、男性看護師を対象としてクリニックの求人が増えています。

例えば「看護のお仕事」という転職サイトでは、男性OKのクリニック求人が調査時に283件も出ていました。

クリニックは残業や夜勤がなく、休みもしっかり取れて高給ということもあり看護師から高い人気を集めているのですが、一昔前は男性の就職は非常に困難でした。

しかし、ニーズや求人が増加している現在であれば男性看護師がクリニックで働くことも十分に可能でしょう。

大手の看護師転職サイトにクリニックの求人は多い

一昔前であれば男性看護師のクリニック求人は本当に少なく、10件応募しても採用されないなんて事が当たり前でした。

しかし現在であれば男性看護師がクリニックで働くことも十分に可能であると言えるでしょう。

看護のお仕事は業界最大手だけあってクリニックの他にも男性看護師向きの求人が多数あります。

登録も無料なので、男性看護師で転職を検討している方は登録して損はないでしょう。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 代わりに給与や夜勤回数などの待遇交渉をしてくれる

男性看護師の転職事情

男性看護師の需要は増えている

男性看護師をめぐる転職事情について紹介していきます。

かつては男女問わず看護師が「看護婦」と呼ばれており、男性は冷遇されていました。

世間の目も冷たく、看護師専門学校に男性が入学できないなど今では考えられない状況でしたが、現在は改善され年々その割合を増やしています。

厚生労働省発行の「平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」によると、看護師、准看護師の男女別割合は以下のようになっています。

正看護師 准看護師
男性 84193人 22877人
女性 1012811人 317276人
男性割合 6.8% 6.7%

参考:平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況より

まだまだ少ないですが、男性看護師は年々1万人近いペースで増えていて、例えば約平成18年には男性正看護師は38000人しかいなかったんです。

つまりこの10年で倍以上になったことになります。これには以下の条件が関係しているでしょう。

昔より男性看護師は働きやすくなっている

  • 男性でも看護師になれる環境が整った
  • 男性が看護師になっても変な目で見られなくなった
  • 男性看護師だからこそ活躍できるフィールドが広がった

ちなみに看護師全体を見ると人数は平成18年:81万人 → 平成29年 114万人と大幅に増えています。

これは高齢化や病院以外での看護師需要の増加している事が要因の一つと考えられます。

ちなみに准看護師については養成機関の減少や待遇が(仕事がほとんど同じなのに看護師より低い)ということもあり、ここ最近は緩やかな減少傾向になります。

准看護師と正看護師との違いは?仕事内容やメリットも紹介!

本来は正看護師と准看護師では仕事の内容が違うはずなのですが、実際はほとんど変わりません。

本稿で述べる男性看護師の職場、転職についても、男性正看護師、男性准看護師共に含むものといたします。

男性看護師の需要が高いおすすめ転職先

手術室、ICU、緊急外来、救急外来

緊急性の高い職場は常に男性看護師を必要としています。もちろん男性看護師のほうが能力的に高いということではなく、男性だから体力があるという面で有利ということです。

たとえば手術室では長時間の立ち仕事になりますし、医療器具の運搬や雑用も必要になってきます。

とっさに機器を走って運ぶ事も多いのですが、それが重かったり大きかったりすれば女性より男性の方がいいのは必然と言えるでしょう。

また、緊迫するシーンが続く手術室やICUでは女性看護師の持つ「癒し」の部分は必要なく、「戦場」のような側面もあるので多くの病院が男性看護師を欲しています。

また、大変な分年収が通常の看護師よりも高いケースもありますので、稼ぎたい男性看護師には狙い目でしょう。

精神科(専門病棟や入院施設がある)

精神科でなぜ男性看護師?と疑問に思う人もいるかもしれません。街中のメンタルクリニックで男性看護師を見かけることはあまりないですし、一見すると男女関係なさそうですよね。

実は男性看護師が必要とされているのは「措置入院」が必要で、その患者さんのための病棟がある精神科専門病院なんです。

特に閉鎖病棟では病気の症状で暴れてしまう、医師や看護師に襲い掛かるといった予想もつかない行動に出る患者さんがいます。

女性看護師では力負けしてしまい思わぬ被害に遭ってしまう可能性があるので、そういう患者さんを(法に基づいて)抑止させるには、体力がある男性看護師のほうがいいというわけです。

つまり男性看護師はナースのような業務よりも衛視、看守のような仕事も期待されているということです。

この手の仕事は女性看護師よりも男性が求められているのも納得ですね。また、こちらも給料は高めの傾向にあります。

男性専門外来、男性専用クリニック

男性特有の悩みを持つ人に対応する病院では、女性看護師よりも男性看護師のほうが歓迎されます。

具体的には以下の病院です。

・男性型脱毛(AGA)、つまりハゲを治療する皮膚科
・包茎やペニスの悩みを解決する形成外科

やはり相手が看護師であっても女性には見られたくない男性が多い分野ですので、気まずい思いをしないためにも男性看護師が歓迎されます。

これらの病院では「スタッフは全員男性」と謳っているところも多いくらいなので、男性看護師求人も非常に多いです。

最近は「ゴリラクリニック」など、男性の脱毛や痩身を男性スタッフだけで専門に担当する美容外科も増えてきました。

そこならば男性看護師大歓迎ですので、ストレスなく必要とされながら働くことができます。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 男性看護師向けの求人が多数
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 代わりに給与や夜勤回数などの待遇交渉をしてくれる

性病科、泌尿器科

性感染症(性病)を専門に扱う病院、クリニックでは男女別の入口、待合室などのプライバシーに配慮したところが多いです。

病気が病気だけに異性がいると「男性専門外来」以上に気まずい思いをしてしまいます。

そのため、多くの病院は受付→診察→会計まですべて男性スタッフが対応することで、患者さんの羞恥心を少しでも和らげようとします。

同じように男性向け泌尿器科(ブライダルチェックを行っているようなところ)も、男性看護師のニーズが多いです。

「男性であること」に起因する病気や、男性器にかかわる治療については例え他人に過ぎない看護師であっても、女性には知られたくない、見られたくないというのが本心なので求人の数も多いです。

介護施設

本来介護施設などで働く人は介護士やヘルパーさんですが、最近は看護師の求人も増えています。

これは入居者の人の健康管理やけがや病気の一時対応をするために看護師が必要なのが関係しています。

ただ実際に働くと介護士のひとの手伝いやヘルプ業務、つまり肉体労働をせざるを得ないことも多いようです。

そのため肉体労働ができて体力がある男性看護師が女性よりも転職では有利です。

今後高齢者人口はさらに増えていきますから、介護分野での男性看護師のニーズはさらに高まっていき、非常に歓迎されるでしょう。

介護施設の看護師の仕事内容(役割)や給料を紹介!働くメリットは?

ただし介護の現場で問題になっている低賃金は看護師も同様なので、収入を求めるならそれ以外の現場に転職したほうがいいでしょう。

以下の看護師専用の転職サイトは男性看護師向けの求人が多く、個別についてくれるエージェントも男性看護師の転職に精通しているので、何らかの事情で転職を考えている男性は無料登録だけしておいても損はありません。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 男性看護師向けの求人多数
  • 全国12万件以上の事業所情報あり
  • 人間関係や離職率など職場の内部事情に詳しい
  • 代わり給与などの待遇交渉をしてくれる

男性看護師の就職が難しい、求人がほぼない職場


「男性看護師歓迎」のところもある一方で「男性看護師お断り」のところもあります。

主に女性特有の病気や疾患に対応するところです。つまり以下のものが該当します。

  • 産婦人科
  • 女性向け形成外科、整形外科
  • 女性向けの性病科

表立って「男性お断り」という求人を出しているところは少ないですが、男性看護師がいる産婦人科に行っても気にしない女性より嫌な女性の方が多いので、履歴書は受け入れても採用はしないです。

また、女性向け美容外科や性病科も窓口に男性がいたらつぶれてしまうので転職はほぼ不可能です。

これは女性向けエステサロンに男性セラピストがまずいないのと同じ理由です。

仮に転職サイトに求人があっても、男性看護師だと応募しても徒労に終わることになるでしょう。

男性看護師の転職先で給与が多いのはどこ?


男性看護師の転職先の給与をランキングにすると、以下の通りです。

  1. 手術室、ICU等
  2. 精神科
  3. 男性専門外来
  4. 性病科
  5. 介護

手術室やICUは激務であり、給与には残業代や危険手当が付きます。

誰かいないと困る職場ですから未払いも考えられません。ただし、心身ともにハードです。

精神科も特殊手当(危険手当)が付きますし、「精神科専門療法」で診療報酬が高いので収入は女性看護師と比較しても高額です。

男性専門外来は保険診療ではなく自費診療のところが多いため、都市部の一等地でお金持ち相手にやっているところに潜り込めれば相当な高報酬が期待できます。

それ以外は普通であったり、介護にいたっては通常の看護師の仕事よりハードで給与も低い始末なので、介護をするのが好きとかでない限りは転職はオススメしません。

男性看護師の平均年収は?

男性看護師 転職 年収

看護士を目指す男性にとって気になる点の一つが、収入ではないでしょうか。

看護士と言えばどうしても女性のイメージが強いので、男性が目指すとなると年収も少なくなってしまうのではないかと不安に感じる方も多いでしょう。

そのような方のためにここでは男性看護士の平均年収を紹介していきます。

男性看護師の年齢別の平均年収

それでは早速男性看護士の年齢別の平均年収を紹介します。

  • 20代・・・355万円
  • 30代・・・416万円
  • 40代・・・475万円
  • 50代・・・510万円
  • 60代・・・428万円

参照:独立行政法人労働政策研究・研修気候「賃金構造基本統計調査」より作成

上記のように年代が上がるほど年収が高くなっており、働き盛りの50代が収入のピークとなっています。

大手転職エージェントのdodaによると、日本の男性の平均年収は20代で363万円、30代で474万円、50代で563万円となっているので、男性看護士の年収は平均年収よりも少ないことが分かります。

男性看護師が転職で年収1,000万以上を狙う方法

男性看護士で年収1,000万円を超えるには下記のような方法があります。

  • より高い役職を狙う
  • 給与の高い一般企業に就職する
  • 副業で稼ぐ

部長や役員など、出来るだけ経営幹部に近いような高い役職になれば病院によっては高年収が狙るでしょう。

また企業内クリニックのように一般企業でも看護士が就職出来る場合もあります。外資や大手のような優良企業であれば、高年収が狙えるかもしれません。

もう一つは、副業や資産運用などで稼ぐ方法です。今は様々な副業が手軽に出来るので、給与以外の収入を増やす事で年収1,000万円を超える事が出来るでしょう。

ただし勤務先によっては副業などは禁止されている場合もあるので、事前に確認する必要があります。

男性看護師がキャリアアップする方法

男性看護師 転職 キャリアアップ

看護士と言えば女性のイメージが強いかもしれませんが、実際の病院現場には男性看護士も多く活躍しています。

男性看護士は今後もますます増えて来ると思われますが、どのようなキャリアプランがあるでしょうか。

男性看護士のキャリアアップについて、見ていきましょう。

看護師長などの管理職になる

最もオーソドックスなキャリアアップとも言えるのが、現場での経験を積んで看護師長などの管理職を目指すプランでしょう。

看護師長と聞くと女性のイメージがありますが、今後男性の看護師長も増えて来るでしょう。

管理職になる事で人材のマネジメントスキルも身に付きますし、給与の増加も期待出来ます。

男性看護師が求められている職場に転職する

これまでの経験を活かして、より活躍出来る職場へと転職するのもキャリアプランの一つです。

病院の現場によっては力仕事が多いなど、男性看護士が歓迎される職場も多くあります。

そのような職場へと転職する事でより活躍の場は広がりますし、年収アップも期待出来るでしょう。

どのような職場が男性看護士を求めているかを自分で探すには限界があります。

そのため転職の際には、後ほど紹介しているような転職サイトを活用する事で、より良い職場を見つける事が出来るでしょう。

男性看護師の就職でよくある質問

男性看護師 転職 よくある質問

ここまで説明してきたように男性の看護士で活躍している方は、数多くいます。

そのためこれから看護士を目指している男性も多いと思いますが、まだまだ女性が多いイメージが多く、気になる点も色々とあるでしょう。

ここでは男性看護士に対して、よくある質問を紹介していきます。

男性看護師はいらない、気持ち悪い?

男性看護士に関する質問の中でもやはり一番多いものが、「男性看護士ってそもそも需要があるの?」や「男性の看護士って気持ち悪いと思われない?」というものです。

女性のイメージがどうしても強い職種なだけに、看護師を目指す男性の方はこのような不安を覚えるようです。

結論から言えば男性の看護士は必要です。女性に比べれば男性の方が力がありますから、患者さんのサポートがしやすく現場で重宝されるでしょう。

また男性の患者さんであれば同性の方が見の回りの世話をしやすい事もあります。

このように男性看護士の需要は増えており、実際に男性看護士の人数は増えています。

男性看護士の人数

参照:マイナビ薬剤師の記事より抜粋

マイナビ薬剤師の集計によると、上記のように年々薬剤師の人数は増えています。

また実際に男性看護士の求人数は多く、看護師専門の転職サイト「看護のお仕事」の男性看護士の求人数は、東京都だけでも約8,000件もあります。

男性看護師が少ない理由は?

何故看護士に女性が多いかは、働く女性の歴史的な背景が大きく影響しています。

明治に発行された「女子職業案内」によると、女性の特徴は優しくて丁寧である事とされており、向いている職業の一つとして看護士が上げられています。

また医師のフォローや患者さんのサポートをするという仕事内容も、女性が多い理由と言えるでしょう。

このように昔から看護士と言えば女性のイメージが強く定着していたために、看護師を目指す方の殆どが女性となっており男性が少なくなっています。

男性看護師に将来性はある?

現在では男女による職業や収入の差を無くすという考え方が一般的になっており、男性看護士であっても将来性はあります。

男性看護士は年々人数が増えており、受け入れる病院側も男性看護士の処遇や人事制度なども整えている場合が多いです。

先程も説明したように男性看護士であっても管理職を目指す事が出来ますし、転職で収入アップを目指す事も出来るでしょう。

男性看護士の増加に伴って、女性と変わらず活躍出来る環境が整ってきており、将来性も十分にあると言えます。

男性看護師になると後悔する?

男性なのに看護士になってしまうと、後悔しないか心配な方もいるでしょう。

しかし先ほども説明したように年々男性看護士の数は増えているので、認知度も上がっており男性の看護士という事だけで後悔をする事は少ないでしょう。

ただどんな仕事であってもいざ働いてみたらイメージと違っていて、後悔する事はあります。

男性看護士の場合は平均年収が一般平均よりも劣っていたり、また職場に女性が多いので人間関係で気を使う事が多いので、それらの理由で後悔する事はあるかもしれません。

いざ働いて後悔しないためには、事前に職場の雰囲気や仕事内容をしっかりと調べておく事が重要です。

男性看護師でも結婚できる?

男性看護士でも、結婚はもちろん可能です。

平均年収だけを見れば一般的な年収よりも低いですが、管理職になったり転職でキャリアアップをする事で収入を上げていく事も出来ます。

そのため男性看護士であっても結婚して、家庭を持つ事は問題ありません。

男性看護師の転職は専用の看護師サイトがオススメ

 

男性看護師の転職をするなら、看護師専用の転職サイトを利用する事をオススメします。

というのも、現時点ではまだまだ男性看護師を、求人票は口には出さずとも敬遠している病院が多いので、自力で転職をしようとしてもなかなか内定を貰えないのが現状です。

しかし転職サイトなどでは、男性看護師の転職を専門に担当しているエージェントが個別に対応してくれるので、病院側に男性看護師の転職を上手く交渉してくれたり、男性看護師が働ける、働きやすい職場を紹介してくれます。

以下に男性看護師におすすめの転職サイトをいくつか紹介していますので、今の職場に不満や悩みがある方は無料登録してみましょう。

男性看護師におすすめの転職サイトランキング

男性看護師 転職 サイト

男性看護士のキャリアアップの一つに転職がありますが、転職する際には転職サイトの利用がおすすめです。

世の中にはたくさんの転職サイトがありますが、ここで紹介しているサイトは看護士に特化した転職サイトです。

そのため男性看護士の需要が高い職場の求人など、希望にあった情報を提供してくれるでしょう。

1位:NO.1の看護師転職サイト「看護のお仕事」

看護のお仕事

まず最初に紹介する転職サイトは、看護のお仕事というエージェント型の転職支援サービスです。

看護のお仕事はレバレージメディカルケアという医療や介護の人材紹介に強い会社が運営しており、看護師特化型の転職サイトの中では大手と言われるほど有名なサイトです。

そのため東京都の男性看護士だけでも8,000件と求人数が多いだけでなく、全国に11拠点も展開しているので幅広いエリアで男性看護士の転職を支援してくれるでしょう。

またエージェント型のサイトなので登録すると担当のキャリアアドバイザーが付き、転職成功までしっかりとサポートしてくれるのも特徴です。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 男性看護師向けの求人多数
  • 全国12万件以上の事業所情報あり
  • 人間関係や離職率など職場の内部事情に詳しい
  • 代わり給与などの待遇交渉をしてくれる
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

2位:看護roo

看護roo

最後に紹介する転職サイトが看護rooです。

このサイトはサービス開始が2000年と比較的新しいですが、運営会社はクイックという人材紹介の大手企業であり、5万件以上の求人を誇る大手サイトです。

転職サイトでありながら国家試験対策や看護師向けの掲示板などのコンテンツが豊富にあり、看護師に特化したサービスを展開しているのが特徴でしょう。

男性看護師の求人も40~50件ほどと少ないながらも扱っているので、ぜひ利用したいおすすめサイトです。

看護師の求人・転職情報サイト看護roo

看護roo
年代20代~40代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員
対象エリア全国
業界医療専門職その他
ポイント
  • 高給与・好条件の求人が多数
  • 病院求人は業界でもトップレベル
  • 事前に内部情報を提供してもらえる

3位:マイナビ看護師

マイナビ看護士

続いて紹介するのが新卒の就職支援でも有名なマイナビが運営している、看護師特化型の転職エージェントです。

マイナビは就職支援における最大手とも言える会社なので多くの企業と独自のパイプを持っており、5万件を超える公開求人に加えて質の高い非公開求人が数多くあることが特徴と言えるでしょう。

更にマイナビ看護士では、男性看護士の転職特集や男性向けの美容クリニック特集など男性向けの特集を行うなど、男性看護士の転職にも力を入れています。

またキャリアアドバイザーの質が高く、看護師業界に精通している方が多いので男性看護士であってもしっかりと転職のフォローをしてくれます。

利用する転職サイトに困った場合は、とりあえず登録をしておいて損のないサイトを言えるでしょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 80,000件を超える求人あり
  • 面接対策や書類添削サービスが無料
  • 給与などの条件交渉を代理してくれる

男性看護師の就職先や給与まとめ

  • 男性看護師は年々増えていて10年前の倍以上になっている
  • 男性看護師が歓迎される職場は増えている
  • 男性の体力が必要な職場と「男性であること」が重要な職場で歓迎される
  • 男性看護師で転職をするのは個人では厳しいのでサイトを使うべき

今回は近年増加傾向にある男性看護師の転職や求人情報について紹介しました。

必要とされる場面が大幅に増えているとはいえ、まだまだ男性看護師の受け入れ体制が整えられていない職場も多いのは事実です。

そのため、転職を考えている方は男性看護師の転職を専門にしているエージェントがサポートなどをしてくれるサイトを利用する事をオススメします。

以下の記事では看護師におすすめの転職サイトをまとめていますので、ぜひ合わせて記事をご覧下さい。

【2022最新】看護師におすすめの転職サイト比較ランキング!21社の口コミや選び方を徹底紹介
人気BEST 15看護師転職サイトランキング