看護師転職サイトで紹介された病院に直接応募をするのはアリ?

看護師_転職サイト_直接応募_直接連絡

看護師転職サイトで見かけたり、紹介された求人の募集元である病院に対し、直接電話やメールで連絡することを直接応募と言います。

当記事ではそんな看護師が直接応募で転職するメリットとデメリットを紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

看護師転職サイトで紹介された病院への直接応募はアリ?

看護師_転職サイト_直接応募はあり

結論からいうと、紹介された病院への直接応募は自分次第でアリともナシとも言えます。

直接応募のメリットは、自分の都合の良い時に応募ができるのでスケジュールの縛りがないことです。

看護師転職サイトを通して応募する場合はアドバイザーが履歴書添削や面接スケジュールの調整をするので、任せられる気楽さがある反面、ある程度は指示に従わなくてはいけない煩わしさがあります。

直接応募ならそういった煩わしさがないので、気軽に応募できます。

ただし、メリットはこれだけですし、逆に以下で紹介する通りデメリットの方が多いので直接応募を検討している方は自分にとってのメリットとデメリットの比重をしっかり確認しておきましょう。

看護師が転職時に直接応募するデメリット

書類選考で落とされやすい

看護師_転職サイト_直接応募デメリット

直接応募をすると、履歴書や職務経歴書を送ることになります。

履歴書や職務経歴書は転職で必ず必要になるものですし、今までに転職をしたことがあれば簡単に書けると思うかもしれません。

確かに書類を作成するだけであれば特に難しいことはありませんが、人気の高い求人募集だったり知名度の高い企業だったりすると、かなりの数の応募があるため普通の履歴書では目を通されるだけで終わってしまいます。

【実例つき】絶対受かる看護師の履歴書の書き方!

一方で看護師転職サイトを通せば、エージェントサポートによるハイレベルな履歴書や職務経歴書に加え、スキルや経歴に基づいた推薦文も付けてもらえるので、履歴書に記載されていること以外の採用メリットを伝えられます。

そのため、採用担当者の目に止まりやすいです。また、履歴書では志望動機や自己PRがとても重要です。

【例文あり】看護師の志望動機の書き方18選!理由や転職先、現状別に紹介!

この項目で他の応募者との差別化ができなければ面接に進めないので、看護師転職サイトでは書類作成のアドバイスも行っています。

しかし直接応募ではこれらのサポートが受けられないので、他の応募書類に埋もれてしまい書類選考の時点で落とされてしまうことが多いのです。

面接のスケジュールが組みづらい

書類選考が通ると次は面接を受けることになりますが、意外に難しいのが面接や病院見学などの日程調整です。

看護師転職サイトでは、アドバイザーが面接までのさまざまなスケジュールを組んでくれますが、これがサイトのTOPページに書かれるほど大きなメリットとされるのは日程調整が大変だからです。

面接や病院見学は基本的に平日の昼間に行いますが、病院側も暇ではありませんから仕事をしていると時間が取れないことが多いですし、こちらが空いている時間であっても病院側の都合が悪く日程が合わないことは少なくありません。

病院側が早く雇いたいと思っている場合、面接の日程が合わず先になってしまうとその時点で不採用になってしまいます。

素早い対応が求められる

また、忙しい病院側としてはメールを出したら返信は数分以内、遅くとも数十分以内にはしてくれる応募者の方が好感度が高いです。

そのためレスポンスが遅かったりスケジュール管理能力が低かったりすると、それだけでマイナスの印象を与えてしまうことになり、どんなに優秀な人材でも面接する前に不採用になってしまうのです。

面接の受け答えが上手くできない

中途採用の場合、新卒採用とは面接の質問が異なります。中途採用の面接では、前職の退職理由やどういったスキル、経験があるのか、キャリアプランを持っているのか、今まで仕事をしていて不満に思ったこと、あなたを採用するメリットなどかなり突っ込んだことを聞かれます。

こういった質問に対する答え方のマニュアルは、ネットで検索をすればたくさん出てきますが、面接官はマニュアルをある程度知っていますから、そのまま引用してしまうと不誠実な印象を与えてしまいます。

また、オリジナルの答えであっても前の職場の不満や待遇への文句を言ったり、スキルや経験を盛ったりすると、相手に良い印象を与えません

【例文あり】看護師の志望動機の書き方18選!理由や転職先、現状別に紹介!

面接は誠実さも大事ですが、何でも正直に言えば良いというものではないので、自己流を貫くと失敗します。

一方で看護師転職サイトは数々の看護師をサポートしてきた実績から質問の内容を的確に予測したり、どういった答えが適しているかを判断して面接対策を行います。

当然ですが面接に受からなければ採用はされないので、面接サポートが受けれないのは特にコミュ力に自信のない方には大きなデメリットとなるでしょう。

年収の交渉や確認ができない

残念ながら、個人では年収の交渉をしても受け入れてもらえないケースや、下手をすれば詳しい確認をさせてもらえず、実際に働いたら聞いていた給料と違うなんてケースも多々あります。

しかし、看護師転職サイトを利用すればコンサルタントが代理で給与や休日、夜勤回数などの条件交渉をしてくれます。

性格にもよりますが、日本人の多くは応募した側なのに条件交渉をするのは苦手です。

直接応募だと満足できる転職のための条件交渉ができませんから、たとえ採用されてももやもやが残ってしまうことも少なくないのです。

不採用の理由が分からない

直接応募で不採用になった場合、結果だけが通知されます。

当たり前と思う方も多いかもしれませんが、看護師転職サイトを通すとなぜ書類選考が通らなかったのか、面接をしてもなぜ不採用になったのかなど企業が理由をフィードバックしてくれます。

このフィードバックがあるからこそ、転職サイトは採用されやすい書類の書き方や面接対策のノウハウを持っているのです。

直接応募では不採用の理由が分からないまま転職活動を進めなくてはいけないので、今回の失敗を活かすことができません。

そのため次の応募でも不採用になる可能性があります。つまり、直接応募では不採用の連鎖を繰り返すリスクが高くなるというデメリットがあるのです。

採用確率が低くなる

企業側が転職サイトに求人募集を依頼した場合、サイトを経由して雇用が決まると成果報酬を払わなくてはいけません。

直接応募であれば成果報酬を払う必要はないので、応募する側から見れば企業がコストをかけずに人を雇えるのはメリットだと思うでしょう。

しかし、企業によっては採用コストをかけてでも優秀な人材を確保したい、無数の応募の精査にコストをかけたくないので応募者のスキルを転職サイトに見極めてもらい紹介してほしいと思っています。

そのため、一切のスキルの保証がない直接応募してくる人材よりも、スキルや経歴を見極めて共有してくれるコンサルタントの紹介する応募者の方を優先されやすいです。

看護師が転職時に直接応募するのはデメリットの方が大きい

ネットの情報の中には、看護師転職サイトを利用しても意味がないなどのネガティブな意見を見かけることもあるかもしれません。

確かにどんな職場でも転職できれば良い、お給料が安くても残業代がつかなくても働ければ良いという方であれば、看護師転職サイトを利用するメリットはないので直接応募しても問題ないでしょう。

しかし、高待遇の条件で転職したい、有休がきちんと取れる職場で働きたい、夜勤なしで働きたい、キャリアアップを目指したいなどの希望がある方は、直接応募は圧倒的にデメリットの方が多いです。

もちろん人それぞれに転職理由や希望条件が違うので、すべての人が看護師転職サイトを利用するメリットが得られるわけではありませんが、少なくとも今の職場の不満を解消するために転職活動をしているのであれば、デメリットを避けるためにも直接応募は止めておくのが無難です。

看護師の転職理由ランキング|面接での注意点や突破できる回答例も紹介

直接応募よりも看護師転職サイトがおすすめな理由

膨大な求人の中から条件に適した案件を紹介してもらえる

看護師転職サイトの魅力は、ハローワークや求人雑誌と比較して質の高い求人情報が多いことです。

また、一般の求人媒体には掲載されていない高待遇の非公開求人もあるので、量においてもハローワークを凌駕しています。

もちろんその中から自分で希望する条件に合致した求人を探すこともできますが、コンサルタントに依頼をしておけば自分で手間をかけなくても条件に適した案件を紹介してもらうことも可能です。

いずれにしても、ハローワークのように休みの日にわざわざ時間を割いて足を運ぶ必要はないので、効率よく質の良い求人を探すことができます。

働きながらでも効率よく転職活動ができる

転職する際は、今の職場を辞める前に転職活動を始めるのが鉄則です。

しかし転職をするには求人募集のチェックから応募先の絞り込み、履歴書作成、病院見学、面接日程の調整などやらなくてはいけないことがたくさんあるので、忙しい看護師の仕事をしているとなかなか進められません。

ただ看護師転職サイトに登録しておけば、担当エージェントに希望する条件を伝えておくだけでそれに合った求人案件を紹介してくれます。

その中に実際に転職したい案件があれば面接までの工程はすべてサポートしてもらえるので、在職中でも効率よく転職活動を進められます。

転職したい看護師必見!おすすめの職場や求人サイトを紹介

高待遇の求人案件はすぐに埋まるのでタイミングも重要ですから、だらだらと転職活動を続けるよりも看護師転職サイトを利用するのが正解です。

病院の内情に精通しているので失敗がない

自分だけで転職活動をした場合、労働環境や職場の状態は募集要項から判断するしかありません。

しかし募集要項には「資格を存分に活かせる環境」「みんなで協力しあえる」など曖昧なフレーズしか書かれていないので、それが本当なのかを知ることはできません。

一方で看護師転職サイトは企業側の条件に適した人材を紹介するのが仕事ですので、企業側も積極的に内部情報を教えてくれますし、過去にその病院に在籍していた看護師にヒアリングをすることで、実際の職場の環境や雰囲気を把握しています。

転職した先の人間関係が最悪だった、医師のセクハラが多かった…なんてことになったら目も当てられませんが、看護師転職サイトを利用すればそれらが事前に分かります。

この点だけでも直接応募が転職に失敗しやすいのがうなずけます。

高待遇の非公開求人を閲覧できる

待遇が良い求人案件は、一般の求人媒体で募集をすると応募が殺到してしまい、総務や人事の仕事を滞らせます。

そのため、特定のスキルや人材を求めて高待遇で求人募集をする企業は、転職サイトの会員だけが閲覧できる非公開求人を利用するのが一般的です。

当たり前ですが、非公開求人は看護師転職サイトの会員しか見ることができません。つまり、登録をすることでハローワークや無料の求人雑誌には絶対に載らない、高待遇の求人を探すことができます。

直接応募で看護師転職をするメリット・デメリットまとめ

転職サイトができるまでは、自分で求人情報を探して応募するのは普通のことでした。

志望動機や自己PRも自分で考えて書かなくてはいけませんでしたし、面接の受け答えも一人で練習しなくてはいけませんでしたので直接応募が悪いわけではありません。

しかし現代には看護師転職サイトがあり、それらは長年の実績から採用を勝ち取るマニュアルを持っているのですから利用しない手はないでしょう。

自分のスキルに絶対的な自信があっても、それを採用担当者が理解しなければ書類選考や面接で落とされてしまいます。

【就職・転職】看護師の面接対策まとめ!質問や逆質問、自己PR、服装、流れなど徹底紹介

失敗を防ぐためにも、できれば直接応募ではなく看護師転職サイトを利用しましょう。

直接応募を検討していた人におすすめの看護師転職サイト

1位:業界大手の看護のお仕事

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 代わりに給与や夜勤回数などの待遇交渉をしてくれる
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/
※東京都の○○と出てくる場合がありますが、全国に対応しています。

2位:実求人数No.1のマイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 月給40万↑の優良非公開求人が多数
  • マイナビの知名度に恥じない求人数
  • 離職率の高い病院やブラックは紹介しない
マイナビ看護師の評判!利用者の口コミから分かる日本最大級の転職サイトの秘密

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

3位:採用率91.3%のナースパワー

ナースパワー人材センター

ナースパワー_公式
年代20代~50代 雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国どこでも
業界医療専門職その他
ポイント
  • 独自の応援ナース制度が大人気
  • 転職サイトでは珍しく全国16箇所に拠点がある
  • 採用率91.3%と業界トップレベル実求人数も業界で最多
ナースパワーの口コミ評判を徹底紹介!91%の看護師が採用されるって本当?

公式サイト:https://www.nursepower.co.jp/

【2021最新】看護師におすすめの転職サイト比較ランキング!21社の口コミや選び方を徹底紹介
人気BEST 15看護師転職サイトランキング