保健師を辞めたい方必見!おすすめの対処法や求人サイトを紹介!

保健師を辞めたい方必見!おすすめの対処法などを紹介!

保健師は看護師と比較して夜勤や休日出勤が少なく給料も高いので、頑張って資格を取った方も多いでしょう。

しかし、様々な事情から保健師を辞めたいと思うこともあるかもしれません。そこで当記事では保健師を辞めたい方を対象に、適切な対処法や辞める理由、保健師の転職におすすめのサイトを紹介していきます。

保健師を辞めたい方必見の対処法

保健師に限らず、自分が思っていた仕事内容とは違った、理想の働き方ができないなど働いていればいろいろと不満も出てくるので、辞めてしまおうと考えることもあるでしょう。

しかし、保健師は看護師と保健師の国家資格を取得しないとなれない難易度の高い仕事です。精神や肉体に負荷がかかるようなら辞めた方が良いですが、その前に一度対処法を確認した方が良いでしょう。

休暇を取って体と心を休める

保健師の業務内容は多岐に渡るため、日々仕事に追われてしまい心に余裕がなく、今の状況を改善したくてもどうすればいいか考える時間もないという方もいるでしょう。

そんな時は、思い切って休暇を取るのがおすすめです。

真面目に仕事を頑張る人ほど休んだら周りに迷惑をかけると思い、有休を取ることに罪悪感を覚えるかもしれませんが、辞めたいと思うほど追い詰められているのであれば休むのが一番です。

心も体も疲れ切っていると、「保健師を辞めたい」と感じる理由やどうすれば解決できるかを考えることも出来なくなってしまいます。

仕事と距離を置いて心と体を休めてあげれば状況を改善する方法が思い浮かぶかも知れませんし、自分の気持ちをリセットすることで保健師として働くモチベーションも復活するかもしれません。

職場に不満があるなら転職をするのがベスト

ただ保健師を辞めたいのではなく、今の職場の環境に不満があって辞めたいと思っているのであれば、転職を検討してみましょう。

たとえば人間関係で悩んでいるのであれば別の保健所に転職することで、不満を一気に解決することができます。

また、一人で抱える業務が多い保健所や保健センターで働いているのであれば、チームで仕事が分担できる介護施設。給与や待遇に不満がある方は給与水準が高い産業保健師など、職場を変えればせっかく手に入れた保健師という職業を辞めなくても問題を解決できます。

産業保健師とは?年収や仕事内容、メリットやなる方法も紹介

保健師の約70%は保健所や福祉課などで働く行政保健師で求人の多くも行政が多いので、保健師が働ける場所は限られていると思っている方も多いでしょう。

しかし、保健師には行政以外にも学校や介護施設、一般企業などいろいろな職場があるので、退職ではなく転職という選択肢を選ぶのも1つの対処法です。

看護師専用の求人・転職サイトを利用する

保健師は辞めずに転職をするのであれば、一般的な求人サイトでなく看護師専用の求人・転職サイトを利用しましょう。

保健師の求人は一般の求人媒体にはほぼ存在しない上、絶対数も看護師ほど多くありません。そして給与水準や福利厚生に優れた高待遇の求人情報は転職サイトの非公開求人でしか取り扱っていません。

また、一般の求人媒体の情報だけでは職場の人間関係などの内部情報も分からないので、転職しても失敗してしまう可能性があります。

転職サイトを利用すれば非公開求人に応募出来るのはもちろん、担当者から応募先の労働環境や人間関係などの内部情報を教えてもらえるので、転職失敗のリスクを防げます。
保健師の転職サイトはいろいろありますが、「看護のお仕事」は特に求人量が多く、掲載している求人情報の質も高いですし、無料で登録できるので転職を迷っている方でもお試し感覚で気軽に利用してみましょう。

保健師におすすめの転職サイト・エージェントランキング!産業保健師も対応

保健師を辞めたい人に多い理由

事務作業の量が多い

保健師は保健指導を通じて地域住民の健康を守り、病気にならない体作りのお手伝いをするのが仕事です。

しかし、保健センターや保健所などは予防医療よりも事務作業の方が多くなります。

健康診断のデータのまとめや個々のカルテの整理、本庁からの指示による活動方針にそった活動スケジュール作成や報告書作成など、想像以上に事務作業の量が多いので、職場によっては残業をしないと仕事が終わりません。

看護師よりも勤務時間が固定されているというイメージが強い保健師ですが、意外に育児との両立が難しかったり、自分の時間が取れなかったりすることが理由で辞めたいと考える人も多いのが実情です。

ひとつの業務に集中できない

行政で働く保健師は、2年から3年で異動になることが多いため、自分で進めている業務があっても途中で止めなくてはいけなくなります。

地域住民とコミュニケーションを取って、その地域に適した健康に関する取り組みをしようとしても、最後までやりきることが出来ないまま異動となってしまうのです。

社会貢献を目標に保健師になった人にとって、ひとつの業務に集中できないという環境はモチベーションの低下に繋がり、辞めたいと感じる原因になります。

上司や他部署とのコミュニケーションが取りづらい

基本的に1つの部署に配属される保健師は少数なので、少ない人数でたくさんの仕事をこなさなくてはいけません。

しかし、保健所はいわゆるお役所のため上司や他部署とのコミュニケーションが取りにくかったり、業務のせいでそもそも取る時間がないという保健師が多いです。

もちろん保健師は個人で出来る仕事もありますが、活動方針は職場全体で決まっていますから上司や他部署とのコミュニケーションも重要です。

コミュニケーションが取りづらいせいで不要なトラブルが起こったり人間関係が悪化したりすることも多く、辞めたくなってしまう人も少なくありません。

看護師に向いていない・向いている人の共通点や悩みの解決法を紹介

職場別|保健師を辞めたい人に多い理由

保健師と一口にいっても、職場によって仕事内容が異なるので、辞めたい理由も違ってきます。
ここでは、職場別で保健師が辞めたいと思う理由をご紹介します。

地域包括支援センター

地域包括支援センターでの保健師の仕事は、生活状況の改善や高齢者でも出来る体操をしてもらい、介護状態にならないようにするための介護予防ケアマネジメントがメインです。

しかし、地域包括支援センターは人手不足のところも多く、本来はケアマネージャーが行う介護予防ケアプランの作成や、社会福祉士の仕事である介護申請業務や介護者からの相談、高齢者の施設探しなどのサポートなど業務外の仕事を手伝わなくてはいけないことがよくあります。

保健師の仕事だけでもかなりの仕事量ですから、さらに他の専門家の仕事を手伝うとなると業務負担が重くなりすぎるので、辞めたいと思う人が多いようです。

産業保健師

高収入で福利厚生も充実している産業保健師ですが、一般企業で働いているため保健師や医療関係者が自分一人しかいないことが多いです。仮にいても非常勤の産業医が週に1~3回とかです。

その結果、健康指導や保健に関する業務をすべて押しつけられてしまうことが多々あります。

従業員数が少なければ普通にこなせる仕事ですが、大企業となると社員も多くなるためキャパがオーバーしてしまうのです。

さらに全国に支店があるような会社だと出張をして健康相談を受けたり保健指導を行うこともあるので、家庭との両立も難しくなってしまいます。

もちろん勤務する企業によっては産業保健師が複数いるので状況は異なりますが、産業保健師というだけで勤務先を選んでしまうと意外にも辞めたくなるほど過酷な環境で働くことになるケースもあります。

行政保健師(公務員)

行政保健師の場合、健康相談や健康指導だけではなく、健康診断の結果をまとめたり、分析する事務作業、さらには妊婦や新生児育児、高齢者などに向けた保健講習の企画、運営などさまざまな業務をこなさなくてはいけません。

そのため、時期によっては残業が続いたり、休日出勤まですることもあるため体力的な負担を強いられます。

また、行政保健師の仕事はトップダウンが多く、業務改善などの提案をしても受け入れらにくい環境です。

地域住民の健康を守りたいという意欲で保健師になったのに、自分の理想とする保健師としての仕事がいつまでたっても出来ないのも辞めたいと思う原因になるようです。

産業保健師と行政保健師、働くならどっち?年収や福利厚生、仕事のきつさなど徹底比較

保健師を辞めたい人におすすめの転職サイト

保健師を辞めるとしても、一般的に社会人であれば次の仕事を探すために転職活動をする必要があります。

転職活動は自分一人でも出来ますが、保健師として違う職場を探すとなると、求人数が少ないのでなかなかスムーズには進みません。

転職活動を円滑かつ自分の希望条件に合った仕事を見つけるには、転職のプロの力を借りるのが一番です。そこで以下では保健師を辞めたい人におすすめの転職サイトをご紹介します。

看護のお仕事

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 退職サポート、給与交渉などコンサルタントが優秀
  • 好条件の保健師求人が多数ある

年間約20万人が利用すると言われている「看護のお仕事」は、全国で12万件以上の医療機関の求人をカバーする、業界でもトップクラスの求人数を誇る転職サイトです。

「看護のお仕事」の特徴は、アドバイザーの丁寧なサポートと職場の内部情報を細かく教えてくれるところです。

転職サイトを利用するメリットは、アドバイザーのサポートが受けられることでしょう。その点、看護のお仕事ではアドバイザーが希望に合った求人を探してくれるだけでなく、離席書作成のアドバイスや面接の日程調整、お給料や待遇の条件交渉など、転職をスムーズに進めるためのサポートを徹底しています。

また、多くの転職をサポートしておりあらゆる医療機関とのつながりがあるため、職場の人間関係や残業時間、有給休暇の取得率など求人情報では分からない内部情報も教えてくれます。

それによって転職してから「思っていた職場と違った」という失敗を防げるので、現役の看護師から高く評価されている転職サイトです。

看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/
※東京都の○○と出てくる場合がありますが、全国に対応しています。

マイナビ看護師

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 退職サポート、給与交渉などコンサルタントが優秀
  • 好条件の保健師求人が多数ある

全国25ヶ所に拠点を持つマイナビ看護師は、単発勤務から常勤の正社員まで多様性のある雇用形態からお仕事探しができる転職サイトです。

保健師として働きたいけどしばらくは気楽に単発の仕事をしたいという方であれば、楽な職場の多い検診センターなどへの派遣もあるので、正社員として働くまでのつなぎの職場も簡単に見つけられます。

少し保健師の仕事と距離を置きたいけどいつかはまた保健師として働きたい方はもちろん、別な職場で正社員として働きたい方におすすめの求人もたくさん扱っています。

今の自分に合った働き方を選びたい人におすすめのサイトです。

マイナビ看護師の口コミ評判!利用者の口コミから分かる日本最大級の転職サイトの秘密

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

保健師辞めたいのまとめ

1度保健師を辞めたいという気持ちが生まれると、業務内容や待遇の悪い面ばかり見てしまい余計に辞めたい気持ちが強くなるかもしれません。

しかし、どんな仕事でも苦労をしたり思い通りに行かなかったり、何らかの不満は出てくるものです。

せっかく保健師という国家資格を持っているのですから、そのキャリアを手放すのではなく、今よりも良い環境で働ける職場を探しましょう。

転職サイトのエージェントに相談をすれば辞めたいと思った理由を改善出来る職場を探せますし、非公開求人であれば今よりはるかに高待遇の職場が見つかります。

嫌だから保健師を辞めるではなく、自分に合った職場を探すという前向きな気持ちで転職活動をしてストレスのない新たな職場で働きましょう。

看護師を辞めたい理由ランキング!1年目、3年目など年数別の転職方法も紹介
人気BEST 15看護師転職サイトランキング