「経験者限定」や「経験者優遇」と書いている看護師求人が結構ありますよね。やはり、即戦力として期待され、過去の経験を買われているならば悪い気はしないと思います。

「経験不問」「看護師資格を持っていればだれでもOK」という求人に比べれば、「経験者限定求人」ははるかにホワイト度が大きいように見えますが、実際には思わぬ「落とし穴」があるようです。

今回は「経験者限定」求人の読み方について解説したいと思います。

「未経験者歓迎」のほうがブラックでは?

 

看護師に限らず、求人で「未経験者歓迎」「実務経験不問」のようなものがありますよね。大抵それらは、給料激安かブラック案件です。

未経験者歓迎=誰でもできる仕事ということですから、付加価値のない仕事にお金を払う事業者は稀でしょう。

また、ブラックな職場で退職が相次いでいるから、誰でもいいからとにかく来てくれということでもありますよね。

ブラック常連の「外食」「小売」「介護」などでそういう未経験者歓迎案件が多いのはそのためです。頭脳労働ではなく肉体労働、精神的もきつくて多くの人が耐えられずに辞めてしまいます。

未経験者優遇は、ともかく頭数だけをそろえたいということですから、ブラック度が高いのも納得がいきます。それでは「経験者優遇」はもれなくホワイト、好待遇かというとそうでもないようです。

「経験者限定」の落とし穴の理由

「経験者優遇」「経験者歓迎」案件には落とし穴があります。本当に即戦力や能力がある人を好待遇で雇いたいところもありますが、逆に以下のような理由から「経験者」を求めているところもあるようです。

人が辞めて指導、マネジメントする人がいない

経験者に相当するキャリアの人がネガティブな理由で多数辞めてしまうので、新人ばかりではどうにも回らなくなり、わらにでもすがる思いで経験者を探しているケースです。

夜勤が非常に多い、職場の雰囲気が悪い、管理職やリーダーの給料が激安だ、などの理由でどんどん一定のキャリアを持った看護師が辞めてしまうと補充せざるを得ません。

職場環境は変わっていませんから、それにつられて転職した人も同じようにブラックな環境に身を置かざるを得なくてきつくなります。

低賃金で求めるものが大きい

「経験者限定」と求人に書けば、素人や新人さんが応募することがなくなります。安い賃金であっても経験者ならばそれなりに結果を出しますから、それを期待したい経営者側の思惑です。

安くこき使って費用対効果がいい、そういう職場にしたい悪辣なたくらみの結果かもしれませんよ。

こんな求人に引っ掛かってしまってはせっかくの転職が台無しになってしまいます。そこで、「経験者限定」「経験者優遇」と書かれている求人を見つけたときに注意するポイントについて説明します。

ブラック求人に引っ掛からないための着目点、求人票の見方

求人内容・業務内容の記述が薄い、あまり書かれていない

求人票に書かないといけない必要最低限のことしか書かれていない求人はブラックの可能性があります。経験者を評価するといいながら何を高く買うのかこれではわかりません。

技能的なものなのか、患者さん(急患)等への対応力なのか、専門知識なのか、はたまた、長時間残業に耐える根性なのか・・・、最後を求めているのであればブラックと言わざるを得ません。

本当に経験者を評価したいのならば、求人内容を詳細に示して、何の経験を評価するのかを分かるようにするはずです。

募集を経験者に限る求人の中でも、上で書いたように新人を育てる余裕がないところもあります。激務を引き継ぐだけでなく、病院内での自身が教育を受ける機会や研修を受ける機会もなく、日々の業務に忙殺される可能性もあります。

求人内容が薄いということは「なんでもやってもらいます」ということかもしれません。看護師の仕事だけならまだしも、雑用や掃除までやらされたら溜ったものではないですよね。

休日の日数が「1か月で8日」以上あるか

最低週休2日は欲しいところです。夜勤が多いケースや、ICUなど緊急対応をしないといけないケースもありますが、その分手当としての見返りもあります。

でも、そういう職場でもないのに休みが少ないのは感心しません。やはりブラックの可能性ありと判断すべきです。

医療現場の実態は大変なのは事実で突発的な残業や休日出勤もあるでしょう。しかし、「表向き」ですら休日が少ないというのは明らかな地雷、ブラックだと判断してもいいでしょうね。

有給休暇の消化率が低い(50%以下)

転職サイトだけでなくハローワークの求人票にも有給休暇の消化率が書かれていると思います。書かれていないのは論外として、消化率が少ない(50%以下)というのは労働環境的に余裕がない証拠です。によっては「初年度の有給休暇数は〇日、消化率は×%」と明記されている。

労働環境に余裕がなければ、好きな時に有給で休みどころか風邪をひいても休めないかもしれません(病院なのに!)。人の健康を守るはずの医療機関が従業員の健康を守っていない証拠でもあり、そういう求人は避けた方が賢明ですね。

「看護師教育、研修が充実」と謳い文句

「教育」や「研修」が重質していることはいいことではないか?と思うのが普通ですが、ことさらに求人に教育、研修が書かれている場合は、夜勤の休憩中や持ち帰りで勉強を強いられるケースもあるようです。

本当にいい職場であればOJTで結構な部分が身につくはず。雑務に追われてあとは自分たちで勉強して、という意図があるかもしれません。

基本的に「経験者優遇」「経験者限定」案件は有料、ホワイトなのですが、落とし穴的にブラック求人があるということです。上記はその際のチェックポイントになります。もし複数の項目が該当するようでしたら、すぐに応募せずに疑ってみてもいいと思います。

優良求人を見つけてブラック求人に当たらないためには看護師限定転職サイトや転職エージェントを使いましょう

 

じっくり求人を見て研究しましょう、と言っても忙しい看護師の世界です。そんな時間はないよ、というのが正直なところだと思います。そこで有効活用したいのが「看護師専門の転職サイト」と「看護師専門の転職エージェント」です。

なぜ看護師専門の転職メディアがいいかというと、

  • 求人側がサイトにお金を払っている
  • 専門メディアなので非公開案件や優良案件が来やすい
  • ブラック案件を転職サイトに掲載した場合、以降掲載できなくなる恐れがある(サイトやエージェントも悪い商品を売ることは自分の首を絞めてしまいます)
  • 転職エージェントは経験があり求人側と個人的な信頼関係やコネがある
  • 転職エージェントは歩合制のため、ブラックな職場を紹介して転職させて辞められた場合、マージンが入らなくなる(だから優良案件を紹介する)

というメリットがあります。転職サイトや転職エージェントは利用者には負担はなくてお金を払う必要はなく、無料で活用できます。転職サイトならばスケジュール管理機能があるものが増えていますし、転職エージェントならばスケジュール管理だけでなく、応募、書類作成等一切合切やってくれます。

忙しい看護師の人が転職するためには、これらを活用するのが一番です。当サイトに掲載している看護師専門転職サイトや看護師専門転職エージェントはどれも信頼できておススメできますので、まず登録してみてください。

本当の意味で「経験者限定」「経験者優遇」の優良求人と出会えるはずです!

「経験者限定」看護師求人はブラック?それとも好待遇?求人票の見方 まとめ

・「経験者限定」「経験者優遇」求人は基本的にはホワイト
・ただし中には思わぬブラック求人落とし穴がある
・人を育てる余裕がないので悪い意味で「即戦力」を採用してこき使う
・ブラック求人を見破るには「業務内容の濃さ」「月間休日数」「有給取得率」などで判断する
・少しでも怪しいと思ったら応募は避ける
・ブラック求人に当たらないためには看護師専門の転職サイトか看護師専門の転職エージェントの利用がおススメ
・当サイトの転職サイト、転職エージェントは優良なものばかりです