就職や転職に有利な資格として人気を集めている薬剤師。
今回はその中でも、管理薬剤師に焦点を当てて解説していきます。
現在薬剤師として働いている方や、これから薬剤師を目指す方は必見の内容です。

管理薬剤師とは?普通の薬剤師とは違うの?

管理薬剤師という肩書から、少し難しそうと感じる方も多いのではないでしょうか。
確かに、管理薬剤師は一般の薬剤師とは、少し仕事の範囲が異なります。

また、待遇も管理薬剤師のほうが恵まれている傾向があります。
では、管理薬剤師とはどういう立場の人を指すのでしょうか。

管理薬剤師とは、簡単に言うと「医薬品を扱う場所で人とモノの管理をする立場にある薬剤師」のことです。
体調が悪い時、調剤薬局へ薬をもらいにいきますよね。
また、ドラッグストアに薬を買いに行くこともあるでしょう。
これらの場所には、管理薬剤師がいなくてはなりません。
さらに、医薬品の卸売りをする業者や病院、製薬会社にも管理薬剤師が必要です。

このように、医薬品が存在するところには、管理薬剤師が必要と考えて間違いありません。

管理薬剤師の仕事内容は?

管理薬剤師は、医薬品が関係する場所において、薬剤師と医薬品の管理をするのが主な仕事です。
つまり、一般企業における管理職と考えてよいでしょう。
一般の企業でも、業務をまわすスタッフの管理や、商品在庫の管理を担う管理職が存在しますよね。
人と商品の管理をするわけですから、責任のある立場です。

調剤薬局を例にあげると、医薬品の購入と販売の管理、薬事管理、品質管理などが仕事内容に含まれます。
その他、薬剤師や事務スタッフの勤怠管理も必要になるでしょう。
通常の薬剤師の業務に加えて、マネジメント業務が発生する仕事と考えてください。

ただし、勤務する場所によって仕事内容は異なります。
そこで、それぞれの職場での仕事内容をご紹介していきますね。

職場によって異なる管理薬剤師の仕事

調剤併設型のドラッグストア

ドラッグストアで売られている医薬品などの管理業務と、スタッフの管理業務を行います。
調剤薬局と異なり、ドラッグストアでは、健康食品やサプリメント、日用品なども取り扱っていますよね。
そのため、それぞれの商品に関する知識も必要で、かなり忙しい職場といえるでしょう。
また、管理するスタッフもアルバイトやパートなど雇用形態が異なるため、それぞれの事情を考慮しながらシフト管理をする必要があります。

調剤薬局

調剤薬局では、医薬品の品質管理や在庫管理を行います。
特に在庫管理は重要で、どの薬も在庫切れを起こさないよう細心の注意が必要です。
仮に在庫がなくなりそうな場合は、薬を融通してもらえるよう、薬局同士のネットワークにも気を配らなくてはなりません。
また、調剤薬局のスタッフは薬剤師ですので、薬剤師の管理も仕事に含まれます。
部下の薬剤師が適切な服薬指導を行っているか、調剤に間違いはないか、重複投与を防ぐための薬歴管理は適切かなどをチェックするのです。
これは薬剤師に限ったことではありませんが、医療に関する現場はコミュニケーションが非常に大切です。
したがって、部下との円滑なコミュニケーションにも、気を配らなくてはいけません。

製薬会社などの企業

製薬会社や医薬品の卸会社に勤務する場合も、医薬品とスタッフの管理が必要です。
また、営業担当に医薬品の情報を提供・指導する業務(DI業務)が発生することも覚えておきましょう。
さらに、顧客への情報提供も仕事に含まれます。
顧客から医薬品に関する問い合わせがあった場合には、責任をもって回答しなくてはなりません。
そのほか、新薬に関する申請業務、副作用の報告、取り扱っている医薬品に関する情報収集も大切な仕事です。

病院

厳密にいえば病院内には管理薬剤師を配置する義務はないのですが、求人自体はそれなりにあります。
仕事内容としては、他の職場と同じように医薬品の管理(在庫・品質)なのですが、病院でしか扱っていない薬品もあるため、注意が必要です。
また、当然のことながらスタッフの管理も含まれます。
「管理薬剤師」という名目での求人よりも、「薬科長」や「薬剤部長」という肩書が多いかもしれません。

管理薬剤師の勤務時間は?

管理薬剤師の勤務時間は、職場によって異なりますが、基本的には週40時間勤務と考えてよいでしょう。
つまり、週5日、8時間勤務です。
ただし、これまで紹介したように人やモノを管理する立場にありますので、どうしても仕事量が多くなりがち。
また、現場を管理する立場上、最終的なチェックや残務処理も考えられます。
そのため、残業が発生する可能性もゼロではないと考えてください。

しかし、職場の都合などで40時間勤務が難しい場合は、32時間勤務も認められています。
フルタイムよりもやや短い勤務形態もあるということも、覚えておきましょう。

管理薬剤師のメリットとデメリット

ここで、管理薬剤師という仕事のメリットとデメリットを整理してみましょう。

メリット

・マネジメントスキルが身につく
・管理職的な立場にあるため、年収が高め
・管理薬剤師の経験が、転職時に評価されやすい
・単なる薬の知識だけではなく、人材管理や経営に関する知識が身につく
・責任感、コミュニケーション能力、折衝能力などを総合的に磨くことができる

デメリット

・現場責任者としてのプレッシャーがある
・薬機法(旧薬事法)によって、原則として副業が禁止されている(例外規定あり)
・複数のスタッフを管理しながら仕事をまわすため、単純に仕事量が増える
・シフト管理の都合上、スタッフの休みを優先し、自分が希望した日に休めないことがある

このように、マネジメントを行う立場に共通のメリット、デメリットが見受けられます。
責任が重く、仕事の幅も広くて大変ですが、その分だけ得られるものは大きいのです。
医薬品を扱う現場だけにとどまらない、汎用的なスキルが身に着けられる仕事といえるでしょう。

管理薬剤師の年収ってどれくらい?

最後に、誰もが気になるであろう、年収の話題に踏み込んでみましょう。
前述したように、管理薬剤師は通常の薬剤師よりも年収が高めです。

では、どの程度の年収が平均といえるのでしょうか?
管理薬剤師は、普通上の薬剤師の給料にプラスして手当が支払われます。
金額としては毎月5万円前後と考えておけば、平均に近いのではないでしょうか。
年収に換算すると、50万円から60万円前後になります。
ただし、著しく管理薬剤師が不足している場合は、これよりも高額な手当てが可能性もあるでしょう。

また、職場の種類によって年収にバラつきがあるのも、管理薬剤師の特徴。
一般的に、ドラッグストアは600万円以上と比較的高額です。
これは、勤務時間の長さや扱う商品の多さなど、仕事量が多く負担が大きいことが理由のようですね。

調剤薬局勤務であれば、500万円台中盤から、上は700万円超まで幅広いでしょう。
同じように、企業に勤務する場合も、年収が上下しがちです。
下は400万円台から、上は800万円前後まで求人がありますからね。

管理薬剤師として年収アップを狙うには?

何かと責任が重く仕事の範囲も広い管理薬剤師。
それだけに、少しでも年収をあげたいと考える人は多いでしょう。

管理薬剤師として年収アップを狙うのであれば、おそらく転職が一番の近道でしょう。
管理薬剤師の年収は、勤務する職場の種類や規模によって大きくかわることが、その理由です。
これは薬剤師に限らず、医師や看護師についても言えることですが、結局は勤務する場所の給与体系によって年収が決まってきます。

例えば、企業に勤務する管理薬剤師の場合、その企業の規模や業績によって年収が大きく変化するのです。
もちろん、コミュニケーション能力や薬剤の知識、人材管理や経営管理のスキルも必要とされますが、これらを磨いたからといって急に年収がアップするわけではありません。
職場の給与体系以上には、年収はあがらないのです。

したがって、まずはさまざまな求人に目を通す必要があります。
また、年収が高い求人には必ず理由がありますので、その内容についても吟味していきましょう。
いたずらに年収の数字だけを追い求めるのではなく、自分が対応できる範囲の仕事で最も高い年収を狙うのがベストです。

現在の年収に満足していないのであれば、転職を前提とした情報収集がおすすめ。
薬剤師の転職をサポートする専門の転職エージェントに複数登録し、求人情報を集めてみてはいかがでしょうか。
年収700万円以上の求人や高時給の案件などがあり、仕事内容はほとんど変わらずに年収アップを達成できるかもしれませんよ。

★こちらのページもよく読まれています!