経理の仕事は、主に企業における出納管理や経費の精算業務など、お金周りの仕事を一手に引き受けるものです。企業経営をする以上、なくてはならない仕事ですね。
そんな経理の仕事は、未経験からでもできるものなのでしょうか?

「事務の仕事、できれば経理の仕事をしたいが、未経験なので無理かも」
「子育てを終えてからの再就職で経理の仕事をしたいけれど、年齢はネックになる?」
など、経理の仕事をしたい人の疑問に答えるために、経理の仕事について詳しく調べてみました。

経理の仕事ってどんな仕事?

まず、経理の仕事とはどのような仕事なのかをお話ししましょう。

日常業務

企業では、毎日お金のやり取りが発生しています。その際の、現金の出納管理や立替経費の精算、伝票の記帳・整理といった日常業務は、毎日必ず発生します。他にも、商品の受注・出荷・売上情報の管理、在庫の入出庫チェックなども重要な仕事があります。
ほとんどの企業において、このような経理業務はシステム化されていますから、エクセルや専用の経理システムを使って処理をすることになるでしょう。

月次業務

月に一度発生する業務というものもあります。
取引先への請求・回収・支払い、また、従業員への給料の支払いなど、月に一度必ず発生する業務です。また、毎月末の月次決算やスケジュール管理なども重要な仕事です。

年次業務

そして、経理の仕事の中で最も大きな仕事、それが決算のとりまとめです。年一回、必ずその企業の一年の売り上げや経費などを取りまとめなければなりません。また、税務申告や会計監査の対応、決算短信や有価証券報告書など、様々な対応をしなければならないのです。
年一回ではなく、四半期ごとに決算報告をする場合もあります。
この決算時期だけは、経理の人たちは残業続きで早く帰れないかもしれません。

未経験者が経理に転職するにはどうすればいい?

経理の仕事未経験の人は、どうすれば経理の仕事に就くことができるのでしょうか?未経験から経理の仕事を始めるためのコツについてお話しします。

スキルアップする

未経験ならばスキルをつければ良い、ということで、スキルアップをしましょう。
まず、最初に思いつくのが、「簿記」の資格を取ることです。まずは3級から始めてみましょう。
そして、経理の仕事でとても大事なのが、「パソコンのスキル」です。今やどの企業でも経理の仕事はシステム化されています。そのため、パソコンができなければ仕事はできないと言っても言い過ぎではないのです。

パソコンのスキルをアピールする

スキルアップのところでもお話ししましたが、経理の仕事をこなすためにはパソコンスキルは必要不可欠です。
もし、過去の仕事経験の中でパソコンを良く使っていた、もともとパソコンが得意などというのであれば、そのパソコンスキルをアピールすると良いでしょう。
特に、経理の仕事でよく使われるのが、エクセルなどの表計算ソフトや、勘定系のソフトです。これらのソフトを扱ったことがあれば、企業側としても一から教えることがないためうれしいはずです。

未経験者に向いている求人を見つける

どのような職場でも、中途採用で求められるのは仕方のないことですね。
特に、誰かが産休などで急に抜けた、辞める人が相次いだなど、すぐに実務をこなしてくれる即戦力が必要、という求人に未経験者が応募しても採用される見込みは少ないでしょう。
しかし、未経験者に向いている求人もあります。

研修制度が整っている、若い人がたくさん働いている、新規店舗を開設して大量のスタッフを求めている、長く働ける人を求めているなどという求人を探すようにしましょう。
また、未経験ならば当然最初は給料が低いかもしれません。しかし、そこで経験を積んで昇給したり、もっと給料の良い職場に転職したりすることもできます。
最初は給料が低い職場でも修行のためと思って、転職してみるのも良いでしょう。

企業が求めている人材とは?

では、企業が求める「経理マン」「経理ウーマン」とはどのような人材なのでしょうか?

パソコンスキルが高い人

まず、パソコンスキルが高い人です。
エクセルでマクロを使いこなすことができたり、マクロを組めたりする人は重宝されるはずです。

また、企業によって様々な経理ソフトが導入されています。ですから、一種類のソフトが使えるからと言って、その知識が必ず通用するとは限りません。ですから、
「少し勉強すれば、だいたいのソフトをすぐに使えるようになる、パソコン慣れしている人」
が求められます。種類の違うソフトは使い勝手も異なりますが、インターフェイスはどのソフトも大体共通しています。ですから、
「このソフトは知らないけれど、大体この辺の設定をいじればこれを設定することができるはず」
などと、手探りで使いこなせる人が求められています。
また、一歩進んでパソコンを使った経理業務の仕事改善ができる人、パソコンのトラブルに対応できる人などパソコンに強い人は、さらに重宝されるでしょう。

コミュニケーションスキルが高い人

どんな仕事でもコミュニケーションスキルは求められますが、経理の仕事でも例外ではありません。
チーム内で協力して決算書類を作成したり、取引先とお金のやり取りをしたりしますから、経理の仕事は意外と人との関わりが多いのです。

勉強する意欲がある人

経理の仕事を極めようと思ったら、簿記の上位資格を取ったり、経理の知識を深く勉強したりと、たくさんの知識を身に着ける必要があります。また、エクセルなどを使って経理の処理をする際に、より仕事をスマートに効率よくこなすためには、エクセルのマクロを改善したり入力方法を簡略化したりすることも必要です。そんな時、エクセルやパソコンの知識を深めれば、より良い仕事ができるようになります。
このように、勉強する意欲がある人を企業は求めています。

簿記の資格は持っていると有利?簿記の資格を取るためにはどうすれば良い?

経理の仕事とは切り離せない、簿記の資格について調べてみました。

簿記の資格は取った方が良い!

簿記の資格を持っていると経理の仕事に転職するのが有利になるのかということですが、経理の仕事の場合、
「簿記の資格はあった方が絶対に良い」
です。
経理の仕事の内容は、ほぼどの企業でも共通しており、簿記の資格はその内容をきちんと網羅しています。他の仕事だと資格はあってもなくても同じということが多いのですが、経理の仕事に関しては簿記の資格を取っておいた方が良いようです。

簿記の資格を取るための勉強法とは?

よく聞くのが、
「過去問だけしか勉強しない」
という勉強方法ですが、それだけではしっかりと勉強できないようです。
過去問題を解くと、出題傾向や答え方のテクニックはつかむことができます。しかし、それでは簿記の知識を本当に理解することはできないのです。
過去問の勉強だけで合格することもできるかもしれませんが、いざ職場に配属されたときに、経理の仕事の内容がさっぱりわからないということになりかねません。
まずは、簿記のテキストをしっかりと読み込み、練習問題をすべて解けるようにしてください。その上で、過去問題を解き、実践力を高めましょう。
そうすることで、合格率は上がるはずです。

こんな人が経理に向いている!

経理の仕事に向いている人とは、どのような人でしょうか?

パソコンスキルが高い人

ほとんどの企業で経理の仕事はシステム化されていますから、パソコンスキルが高い人が向いています。

正確な作業ができる人

経理の仕事とは、お金を計算する仕事です。そのため、一円の間違いも許されません。正確な作業ができる人が向いています。

コミュニケーションスキルが高い人

経理の仕事は、社員や取引先、顧客などとやり取りをする仕事です。そのため、高いコミュニケーションスキルを持っている人が向いています。

転職ナビ

経理の仕事についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
経理の仕事に就くためには、簿記の資格が必要で、さらに、パソコンスキルやコミュニケーションスキルがある人が求められています。未経験者はやや転職しづらいですが、しっかりとスキルアップすることで、経理の仕事に就くことができるでしょう。

★あわせて読みたい