薬剤師の方々が活躍できる職場は決して病院や薬局だけではありませんよね。

一般企業も薬剤師の方々が活躍できる大きなビジネスフィールドであり、薬剤師の方々に対する企業からの求人ニーズも年々増加、拡大傾向にあります。

さこで今回は企業で活躍している「企業薬剤師」にスポットをあてて、仕事内容や年収、メリット、デメリットなど、詳しくご紹介して参ります。

企業薬剤師とは

企業薬剤師とは法律用語ではないため、実はそれほど明確な定義が存在している訳ではありません。

あくまで一般的な解釈に則った場合ですが、病院や薬局(ドラッグストアも含む)以外の主に民間企業で働く薬剤師の方々のことを企業薬剤師と呼称しています。

しかしこれではかなり漠然としていますよね。

病院や薬局で働く薬剤師と企業薬剤師の違いを、職場の違い以外でもう少し明確にできないかということですが、実はキーワードとなる大きな違いが一つあります。

それは「調剤」です。

薬剤師の病院や薬局における主な仕事は調剤です。

しかし、薬剤師の方々が身につけている薬品に対する高度な見識は、調剤以外の仕事分野でも必要とされています。

即ち、調剤をキーワードとして説明するなら、企業薬剤師とは調剤以外の業務目的で主に民間企業で働いている方々のこと、といった表現もできます。

但し、企業内診療所で働く薬剤師の方については見方が分かれています。

調剤業務を行っていても一般企業で勤務しているのだから、企業薬剤師として紹介されている場合もありますし、企業内といっても診療所で調剤業務をやっているのだから、企業薬剤師ではなく(病院)薬剤師として紹介されているケースもあります。

従ってこの点を考慮するなら、企業内診療所を除き、調剤業務以外の業務で民間企業で活躍している薬剤師の方々を企業薬剤師と考えれば概ね間違いないと言えます。

企業薬剤師の仕事内容とは

では企業薬剤師が企業で行なっている、調剤以外の業務にはどのようなものがあるのでしょうか。

企業薬剤師の業務には実は多種多様なものがあり、一口で語られるものではありません。しかもその役割は今尚広範に拡がり、多様化しつつあります。

そのため全て網羅することは困難ですので、企業薬剤師として代表的な4つの分野を軸に主な仕事内容をご紹介することにします。

研究開発関連

企業薬剤師の代表的な仕事内容と言えるのが、製薬メーカーでの新薬開発をはじめとした薬剤の研究・開発業務です。

新薬を中心とした薬剤の開発は企業薬剤師の仕事の中で最もと言って良いぐらい人気が高く、薬剤師の転職市場において「狭き門」として有名です。

臨床開発関連

新薬などの開発は実験や研究段階と、厚生労働省によって認可される最終段階といえる臨床開発段階の大きく二つに分けることができます。

臨床開発段階の中心的な業務となるのが治験です。

この治験に関わるコーディネート業務、例えば病院との治験契約や治験に関するスケジュール調整や管理、治験に関わる医師や医療関係者、被験者への対応や説明、治験を通じて得られた治療データの収集や分析等、治験の推進をコーディネートする重要な役割も企業薬剤師ならではの仕事と言えます。

なぜなら臨床段階の薬品に対する説明等を医師や被験者に行なうことは、製薬メーカーの一般社員では法律上行なうことができないからです。

そのため、薬剤師としての高度な知見だけでなく、ビジネスコミュニケーション能力や交渉力、マネジメント能力といった幅広いビジネススキルが求められる業務と言えます。

営業関連

薬品の営業職といえばMR、日本語で「医薬情報担当者」という職種があります。

MRの主な役割は製薬メーカーの営業担当者として取引先となっている病院や調剤薬局を訪問し、自社の薬品について商談を行なう他、使用方法に関する様々な情報提供などを行なうことです。

このMRも企業薬剤師に求められる重要な職種の一つです。

MRは薬剤師以外であっても、MR資格を取得すればその仕事に就いて業務を行うことはできます(※)。
(※法律上MRという資格が必要な訳ではありません。
しかし、MR資格がない製薬会社の社員とは商談に応じないとする病院も少なくなく、現況としてMR資格がないとMR職として仕事をすることが困難なことからこのように表現しています。)

しかしながら薬剤師MRは他のMR職以上に、有資格者としての専門性や知見を活かした高度な説明や情報提供が求められることは言うまでもありません。

学術、DI関連

DIとは「Drug Information」の略称で日本語では「医薬品情報」となりますが、この医薬品情報に関する主に学術的な観点からの情報提供業務もまた、企業薬剤師ならではの仕事と言えます。

例えば情報提供業務の具体的な職種例として「メディカルライター」が挙げられます。

メディカルライターは医療関係者や製薬企業の研究部門が研究成果を発表する場合の論文や対外的公表資料を作成したり、主には医薬品の販売促進を目的として、法律上適正な表現を用いて広告的な文章を考え、作成したりする役割を担います。

こうした仕事も薬剤師としての知見がなければ行なえない業務ですが、薬剤師資格に加えて文章力や表現力なども求められる、やはり高度な仕事と言えます。

企業薬剤師の勤務体制や勤務時間はどんな感じ?

企業薬剤師の勤務体制や勤務時間は勤務先企業や仕事内容によって事情が異なってはくるものの、一口で言うなら企業に勤務する一般のサラリーマンと同じ、と考えれば良いでしょう。

その上で、一般サラリーマンがそうであるように、企業薬剤師もそれぞれの仕事において繁閑の波というものがあります。

つまり企業薬剤師は一概に忙しいだとか、だいたい定時に帰ることができる等、断定できるものではないということです。

例えば臨床開発に関わっている企業薬剤師なら、治験が大詰めの段階にきているという場合には長時間の残業や、場合によっては休日返上で勤務しなければならない場合もあります。

その上で、一般的な傾向として企業薬剤師は病院や薬局の薬剤師よりは残業時間は少ない傾向にあります。

病院や薬局は基本的に当日受理した処方箋をさばかない限り業務終了とはなりませんので、処方箋の数が多い日には自動的に残業となってしまいます。

わかりやすく言えば病院も薬局も客商売ですので、お客様である患者を主体に仕事をする必要があります。

その点で企業薬剤師は、営業関係を除けば顧客事情によって勤務時間を左右されることはあまりないため、あくまで比較的という表現になりますが、病院や薬局より残業時間は少ない傾向にあります。

また、休日については救急対応を行っている病院に勤務している薬剤師の場合にはシフト制が基本となり、土日等の決まった曜日に必ず休日が取得できるとは限らない場合もあります。

同様に門前薬局も近隣の病院の営業時間に合わせて営業する必要があることから、土日が休みとならない場合もあります。

その点で企業薬剤師は一般サラリーマンと同じ立場ですので、土日は通常休みとなる場合が多くなります。

企業薬剤師の年収は

企業薬剤師の年収は職種に応じてだいたいの相場が決まっているというものではなく、あくまで勤務先企業の社員という立場となるため、勤務先企業の規模や勤務先企業における役職、立場によってかなり異なってきます。

また、民間企業では年功序列を柱とした賃金体系を採用している企業が多いため、「年齢」や「勤続年数」によっても年収は変わってきます。

そのため、企業薬剤師を勤務先企業とは別に一つの職種として捉えて、その相場年収を提示することは適切とは言えません。

ただし、企業薬剤師の年収についてはおよそ次のようなことなら言えます。

・一般的には開発系の仕事より、パフォーマンス次第ながら営業系の仕事の方が年収として高まる傾向がある。
MR等の管理職になれば年収1千万円を超えることも珍しくない。

・大手製薬メーカーの研究開発職で華々しい成果を挙げれば、高額なボーナスが支給される場合もある。

・通常転職した場合、年齢にある程度応じた年収からスタートするが、その後の伸びしろが多い点が企業薬剤師の年収の特徴。
大手企業なら病院や薬局と異なりポストも多いため、出世できれば年収を大きく伸ばすことができる。

このように企業薬剤師は他の一般サラリーマンが転職を通じて描くキャリアアップを、資格を有している分、より好条件で狙うことができると言えます。

企業薬剤師としてどんな企業から求人があるの?

企業薬剤師の求人は製薬メーカーだけに限りません。

例えば次のような企業からも求人があります。

●CRO(治験業務を専門に実施している企業)

●サプリメント等で特に機能性表示食品等を開発している健康食品メーカー

●乳飲料や健康飲料を中心とした飲料メーカー

●医薬・製薬情報関連の専門書を制作している出版社

●医薬系のポータルサイトを運営しているIT企業

●医薬品専門の流通問屋

●コスメ商品の開発メーカー  等々

企業薬剤師と働くメリット・デメリットについて

企業薬剤師はご紹介したとおり、薬剤師との仕事の拡がりや可能性を実感できますがメリットだけという訳ではありません。

企業薬剤師にもデメリットはあります。

そこで企業薬剤師の仕事の特徴を整理する意味で、企業薬剤師として働く場合のメリット、デメリットをまとめてみましょう。

企業薬剤師のメリット

・病院や調剤薬局と比較した場合、残業時間が少ない

・(研究開発職なら)世界の人々に大きく貢献できる新薬の開発に携われる可能性がある

・患者と直接接触する可能性が大きく減るため、患者を通じた感染リスクも大きく減少する

・大企業に勤務した場合には、大変充実した福利厚生サービスを利用できる

・出世次第で高額年収を実現できる可能性がある

企業薬剤師のデメリット

・医薬品を利用する患者と接する機会があまりなくなる。そのため、薬がどのように患者に役立っているかやどのような影響を与えているかなどの経験を得にくくなる。

・薬を必要とする患者に寄り添うこともほとんど出来なくなる。

・病院や薬局以上に、薬剤師としてより組織の一員として会社のために働くことが求められる。

・一定のパフォーマンスがあげられなければ、年収や役職がダウンする場合もある。

★こちらのページもよく読まれています!