転職エージェントを選ぶ際、企業としての実績や知名度だけで選んでしまうと後悔することもあります。

転職エージェントのサービスの善し悪しは、各企業の知名度に関係なく、自分を担当してくれる転職コンサルタントの善し悪しで決まるからです。

では転職コンサルタントの善し悪しはどのように見極めれば良いのでしょうか。

この記事では転職エージェントではなく転職コンサルタントそのものに着目し、転職コンサルタントの選び方、更には転職コンサルタントが「おすすめ」と言っている求人の見極め方などを徹底解説して参ります。

転職コンサルタントの選び方・5つのポイント!

転職コンサルタントを選ぶ場合、特に重視して欲しいポイントは次の5点です。

熱意があるかどうか

どんなに人物的に優れており、知識や経験が豊富にあったとしても、転職コンサルタントに熱意や意欲がなければ満足できる転職サポートを受けることはできません。

転職コンサルタントに熱意があるか、求職者(以下「利用者」)のニーズに意欲を持って応えようとしているかどうか、転職コンサルタントを選ぶ場合に最も重視しなければならない点と言って良いでしょう。

言ったことや約束したことを実行しているか

転職コンサルタントに対する利用者の不満として良く聞かれるのが「必ず連絡すると言っていたのに連絡がなかった」等に代表される、約束を守らないという不満です。

言ったことや約束したことを守るということは、転職コンサルタント以前に社会人として大切なことですよね。

まして転職コンサルタントは、利用者から信頼を得ることが不可欠な職業です。

仮に小さな約束事であってもそれを粗末にする転職コンサルタントは選んではいけません。

逆に言えば、小さなことでも約束したこと、言ったことを誠実に守る転職コンサルタントを選ぶべきと言えます。

情報確認を徹底する転職コンサルタントか

約束事を守ることにも関わってきますが、情報の確認を徹底する転職コンサルタントかどうかも、コンサルタントを選別する上での重要なポイントになります。

転職コンサルタントは利用者と求人企業の間に入って、両者の意見を調整するという大切な役割を担います。

利用者と転職コンサルタント、求人企業と転職コンサルタントという二者で協議した内容を相手に伝える機会は頻繁に生じます。

もし転職コンサルタントが誤解したり、聞き間違いしたりした内容を相手に伝えれば、内容次第では内定がご破算になってしまうことだって起こり得る話なのです。

仲介役として情報の間違いは絶対に許されませんので、聞き取った情報に対する自分の理解度を含めた情報の確認を徹底して行うことが求められます。

従って、利用者から話を聞いてもメモを取ろうともせず、聞き取った内容の確認もしようとしない転職コンサルタントは失格と言えます。

「話す」ことより「話を聞く」ことを優先しているか

口先だけの営業マンは決してトップセールスマンになれません。

トップセールスマンの条件は「話し上手」ではなく「聞き上手」であることは有名な話ですが、これは転職コンサルタントにもそのまま当てはまります。

転職コンサルタントの仕事とは、転職先を探している利用者と人材を求めている求人企業のお見合いを成功させることです。

お見合いを成功させるには、仲介役として互いの本音をしっかりと聞き出しておくことがが鍵になってきます。

本音を把握することなく、口先だけで両者をまとめようとしても決して上手くゆくものではありません。

転職コンサルタントには話の上手さではなく、つい本音を語ってしまうような聞き役としての上手さが求められるのです。

それだけに、自分の話にはあまり耳を傾けてくれないと不満を感じるような転職コンサルタントは選ぶべきではありません。

転職コンサルタントと「合う」「合わない」という気持ちも大事にする

人間同士には理屈だけでは説明できない、「相性」というものもあります。

どんなに転職コンサルタントとして優秀な人物であったとしても、その人物が全ての利用者にとって相性抜群ということはまずありません。

個人によって相性の善し悪しや感じ方は異なるものです。

この点は個人的な判断となってしまいますが、他のチェックポイントでは高く評価できる転職コンサルタントであったとしても「合わない」という思いが強ければ、無理して選ぶ必要はありません。

転職という戦いに転職コンサルタントと二人三脚で臨むことになる訳ですから、共に戦うペアとして「合う、合わない」といった個人的な感情も大事な要素です。

ただし一時的な感情だけで、合わないと判断することは避けるべきです。

「合わない」という感情が一時的な感情に基いていないか、じっくりと自分自身と対話した上で答えを出すようにすることが大切です。

転職コンサルタントは比較することが大切!

転職コンサルタントを選ぶ上でのポイントは概ね理解できたと思いますが、それぞれのポイントは単純に◯(できている)、☓(できてない)だけで評価できるものではありません。

例えば「熱意」などがそうですが、熱意がすこぶるある転職コンサルタントもいれば、熱意はあるがそれほど強くないという転職コンサルタントもいるでしょう。

学校の通知表で例えるなら5段階評価で「5」の転職コンサルタントもいれば、「4」や「3」といった転職コンサルタントもいるということです。

しかしたった一人の転職コンサルタントと接しただけで、「この転職コンサルタントは熱意は「5」だ」といった評価を下すことは困難です。

転職コンサルタントを適切に評価するには「比較」することが必要になってきます。

複数の転職エージェントに登録し、複数の転職コンサルタントと実際にやり取りを行ってみること

では転職コンサルタントを比較するにはどうすれば良いかですが、その方法はたった一つです。

複数の転職エージェントに登録し、各エージェントの転職コンサルタントと面談を行う等、実際のやり取りを行うことです。

少々面倒に思えるかも知れませんが、真に頼れる転職コンサルタントを探し出すためには避けて通ることができない取り組みです。
転職コンサルタントは、自分の一生を左右することになる転職先探しを信頼して託す相手でもあります。

つまり転職コンサルタント選びが一生を左右することになると言っても、大袈裟な話ではありません。

複数の転職コンサルタントと実際にやり取りを行い、比較した上で慎重に評価することを決して疎かにしないでください。

転職コンサルタント「おすすめの求人」は選んでも大丈夫なのか?

転職コンサルタントが「この求人はオススメです」と言って特にプッシュしてきた求人は、本当に利用者にとってオススメの求人であり、言葉に従って応募先に選んでも大丈夫なものなのでしょうか。

結論から先に申し上げれば、大丈夫な場合とそうでない場合があります。

では大丈夫、大丈夫ではないかはどう判断すれば良いか、そのポイントを解説致します。

そもそも大丈夫ではない場合がある理由とは?

転職コンサルタントが「おすすめの求人」と言っているのに、大丈夫ではない場合がある理由からまず説明しておきます。

一番の理由は転職エージェントの報酬体系にあります。

転職エージェントは求職者から報酬を得ることは法律上許されていないため、求人企業が支払ってくれる紹介料が収入源となっています。

こうした報酬体系から転職エージェントにとっては、利用者の対応に時間を割くより一社でも多くの求人企業に利用者を紹介し、採用を成立させる転職コンサルタントの方が「営業成績が良い転職コンサルタント」となります。

その結果、自分の営業成績を高めたいために、利用者の希望などを無視しておすすめ企業として紹介し、強引に面接を受けさせるなどして採用を成立させようと画策する転職コンサルタントも現れてしまいます。

勿論、全ての転職コンサルタントがこうした画策を行っている訳ではありません。

利用者の希望条件を最優先に取り組んでいる転職コンサルタントだってたくさんいます。(しかもそうした転職コンサルタントは営業成績も良い場合が多く見られます。)

あくまで一部に限られたケースです。

しかしながらモラルが低い転職コンサルタントにあたってしまった場合には、利用者にとって全くおすすめではない求人を「おすすめの求人」として紹介される可能性もあるということです。

希望条件にマッチしているかどうかが第一の見極めポイント

転職コンサルタントが「おすすめ」と言っている求人が、本当に利用者にとっておすすめの求人かどうかはどのように判断すれば良いのでしょうか。

その点を判断する上でポイントになってくるのが利用者の「(転職先に対する)希望条件」です。

例えば転職先への希望条件として10項目の要望があったとして、その10項目全てを満たしていれば文句なしで「本物のおすすめ求人」と判断できます。

次に全てではないが7割、8割程度満たされていた場合はどうかと言えば、この場合も「おすすめの求人」と判断して問題ありません。

そもそも100%希望条件を満たした求人を探し出すことは容易なことではない・・・と言うより、条件によっては不可能な場合もあるからです。

譲れない条件を満たしているかどうか

もし希望条件が満たされている割合が7割未満だったら直ちにダメかと言えば、そのようなことはありません。

7割未満の場合でも、利用者が「譲れない条件」としていたことを全て満たしているなら、最善の求人とは言えないかも知れませんが、利用者本位で探した求人であることに間違いはありません。

一方、「譲れない条件」としていたのに守られてない求人であれば、営業成績など転職コンサルタント側の都合で「おすすめ」と言っているだけの可能性が高いと判断されます。

また、転職コンサルタント側にそうした悪意があろうとなかろうと、譲れない条件を満たしていない時点で利用者にとっては「おすすめの求人」ではないはずです。

そのような場合には遠慮なく紹介を断り、新たな求人を要望することです。

ただし例外もある!苦戦している方は「内定が出やすい求人」が優先!

では、譲れない条件を満たしていない求人は全て転職コンサルタントの悪意に基いているかというと、そうとは言い切れません。

例外があります。

例えば転職エージェントを利用するようになってから半年以上経っており、何社も受けてきたが内定がもらえない等、苦戦している利用者の場合です。

現状の希望条件だけにこだわり続けて求人を探しても結果が出そうにないと判断した場合には、利用者の希望条件より結果が出やすい求人、即ち「内定が出やすい求人」を「おすすめ」として紹介する場合があるのです。

この場合の求人は「結果を出すため」という利用者本位の判断に基いた求人であり、転職コンサルタントの都合や悪意による求人でないことは言うまでもありません。

条件の上では「おすすめ」とは思えなくとも現状を打開したいという思いに基いた転職コンサルタントからの提案ですので、厳しい状況に陥っている方であれば検討してみる価値はあると言えます。

「内定が出やすい求人」はブラック企業ではないかのチェックが重要

なかなか結果が出ない利用者に対しては、転職コンサルタントが利用者側の条件を無視して「内定が出やすい求人」を紹介してくる場合があることはお分かり頂けたと思います。

「内定が出やすい求人」の紹介をもし「おすすめ」として紹介された場合、一つ注意しておかなければならないことがあります。

それはブラック企業ではないかどうかです。

近年ブラック企業は巧妙化しており、転職エージェントの審査だけをうまくくぐり抜けて登録を果たすブラック企業も存在します。

転職コンサルタントもブラック企業に対して一定の警戒はしていますが、なかなか結果が出ていないという状況下では求人先に対する確認やチェックが甘くなってしまう場合もあるからです。

従って、内定を優先した求人をもし紹介された場合には、例えば職場見学を申し出たり、転職コンサルタントに離職率や残業時間数等を入念に調べてもらうよう依頼するなど、ブラック企業ではないかどうかのチェックを行っておくことがポイントとなります。