転職を成功させる上で重視しなければならないものの一つに「学歴」があげられます。

日本社会は良くも悪くもまだまだ学歴社会です。それだけに、高卒の方は自身の学歴を転職する上での大きなハンディと考えている方も多いのではないでしょうか。

大学進学率が6割に迫る中、大卒者の価値自体が低下していますので、学歴だけを考えれば高卒の方は転職において確かに恵まれているとは言えません。

しかし転職サイトや転職エージェントを有効に活用できれば、正社員としての転職の道が開ける可能性が高まることも確かです。

ではどのように活用すれば良いのか、メリットやデメリットなども含めて転職サイトや転職エージェントの活用術を中心に、高卒での転職ノウハウを徹底解説致します。

今時高卒者は転職などすべきではないか・・・答えはNO!何故か。

現在は空前の転職ブーム!むしろ好機!

高卒なので転職(したい)が怖い・・・その気持ちは十分理解できます。大卒者であっても転職に苦戦するケースが実際に数多く見られますから、高卒の方が「更に苦戦することになってしまうのでは」と考えてしまうのも無理はありません。

しかし現在は空前の転職ブームであり、中途採用の求人数も右肩上がりで堅調に増加し続けています。中途採用の求人数が増加しているということは、単純に転職できるチャンスも増加していると考えて構いません。

高卒の方であっても転職しやすい時代になっていることは確かなのです。

中途採用は学歴より即戦力や柔軟性が問われる!

求人企業の多くが中途採用で最も重視すること

  • 即戦力であること
  • 柔軟性があること

以上の二点です。

そもそも中途採用とは戦力となっていた社員が辞めた、あるいは辞めるのでその穴を補うことを主な目的としています。いくら学歴が高かろうと、穴を埋めてくれる即戦力人材として活躍をしてくれなければ中途で人材を採用する意味がないのです。

つまり高卒であっても即戦力人材であれば、採用される可能性は十分にあるということです。また、中途採用者はすでに組織的に活動しているチームの中に溶け込み、チームの一員として活躍することも求められます。

学歴ばかりを鼻にかけ組織に溶け込める柔軟性が欠ける人材より、高卒であっても組織に溶け込める柔軟性をもった人材であれば大卒の応募者以上に採用される見込みは間違いなくあります。

大卒より職務経験の長さをアピールできる!

高卒で専門学校等へ進学せずそのまま就職した場合には、大卒者より4年長い社会経験を積んだことになります。特に20代など年代が若い場合にはこの差は大きく影響します。

なぜなら、前出の通り中途採用では即戦力や柔軟性が重視されるからです。柔軟性は一般的に年代が若い方が高いと評価される傾向がありますから、20代での転職なら柔軟性という点でリードできます。

しかも高卒の方が同じ会社でずっと同じ職種に取り組んできた場合なら、20代でも10年以上の実務経験がアピールできます。

menガッツ

若さによる柔軟性豊富な実務経験の両方をアピールできるのは、高卒社会人の特権であり、武器なのです。

高卒というハンディを克服する上で取り組んでおきたいこととは

現在の職務で実績をあげること

中途採用で問われる「即戦力」の判断は、現職の経験や実績で主に判断されることになります。正社員で転職を果たすには現職の職務に励み、1つでも多くの実績や成果をあげるようにすることです。

わかりやすい例をあげるなら、現職が営業職であり、営業成績が全社員の中間ぐらいに位置していたとしたら上位1/3に入るよう努力すること、できるなら「トップセールスマン」をめざすことです。

学歴無関係の職種や業種を研究する

学歴が不問であったり、不利になったりするケースは職種によっても大きく左右されます。

例えばIT業界であれば優れたプログラミング技術やコンテンツ制作能力があれば、学歴は問われません。高卒で年収1千万近く稼いでいる若手プログラマーも存在しています。

また飲食業界や流通業界、美容業界などもそれほど学歴に関係なく活躍しやすい業界です。こうした業界情報について研究を重ねれば「学歴を過度に心配する必要はない。転職できる」という自信にもつながってきます。

資格を取得する

例えば法務に関わる部署での中途採用であれば、高卒であっても弁護士や司法書士資格があれば有利になります。同様に財務部や経理部などであれば公認会計士資格保有者であれば、資格なしの大卒者より採用される見込みは格段に高まります。

こうした業務独占系の国家資格には、学歴上のハンディを吹き飛ばしてくれるぐらいの大きなパワーがあります。

特に、転職を通じてキャリアアップを果たしたいという高卒の方には資格取得は大きな武器になりますので、積極的に取り組んで欲しい転職対策の1つです。

高卒者が正社員転職を果たすための転職サイト活用術

高卒者の方が学歴面で大卒者よりハンディがあるのは事実です。それだけに、ただ適当に転職サイトや転職エージェントを選び、漫然と利用するだけではなかなか転職成功には至りません。

転職サイトには転職サイトの、転職エージェントには転職エージェントならではのメリット、デメリットがあります。それぞれのメリット、デメリットを理解した上で、自分の転職スタイルに適した方を選び、それぞれのメリットを最大限に活かすことが大切なのです。

では転職サイトや転職エージェントにはどのようなメリット、デメリットがあるのか。まずは転職サイトからご紹介することにします。

転職サイトのメリット

  • 入社したい会社を自分自身で選択し、自由に応募することができる。
  • 自分のペースやタイミングに応じて転職活動に取り組むことができる。
  • 応募する会社数に制限がない。何社でも応募できる。
  • 自分の(個人情報を除いた)プロフィールを公開することで、求人企業側から応募の勧誘を受けられる「スカウト(メール)」制度を利用できる。
  • 転職エージェント利用時に生じるコンサルタントとの面談や、プロフィール情報の提供と言った面倒がない。

転職サイトのデメリット

  • 自力で応募する企業に関する情報を全て集め、調べる必要がある。
  • 例えば人間関係や職場の様子など、デリケートな内部情報は掴みにくい。
  • 転職サイトの求人情報は原則として「公開求人情報」に限られる。非公開の求人情報は得られない。
  • 第三者の支援がないため、面接の日程調整など転職活動スケジュールは全て自己責任で管理してゆく必要がある。
  • 転職で悩みや相談事が生じた場合、第三者へ速やかに相談することができない。

転職サイトはどんな人にオススメか?

転職サイトを利用した転職活動は一言で言えば「自己完結型転職活動になる」と言えます。

求人企業を探すのも、調べるのも、応募するのも、スケジュールを管理しながら面接日程を決めるのも全て一人で行うことになるということです。

一人で行う以上、行動や結果は全て自己責任となりますが、その反面他者の干渉を一切受けずに済みますので、自分のペースや考えに応じた転職活動を実現できます。

特に転職先企業は自分自身で探し、選んだ企業にしたいという方は転職エージェントではなく転職サイトを選ぶべきと言えます。

高卒者にオススメの転職サイト

情報量と実績が魅力「リクナビNEXT」

高卒の方が転職成功を目指すなら求人情報量が充実していること、とりわけ「独占求人」と言ってその転職サイトしか扱うことができない、サイトが独占している求人情報が多い転職サイトを選ぶことが大切です。

その点で日本最大級の転職サイトと言えば就職・転職情報分野で日本を代表する企業、リクルートグループが運営している転職サイト「リクナビNEXT」です。

リクナビNEXTをオススメする理由は「求人数」が多いからではなく、リクナビNEXTしか扱っていない「独占求人数」が日本最大級だからです。

そのため、高卒者の方は他の媒体を見て応募してくるライバルを心配することなく、「高卒者可」や「高卒者歓迎」といった条件で求人情報を検索できます。

リクナビNEXTを活用するなら「スカウト登録」は必須!

リクナビNEXTを活用する方にオススメしたいのが「スカウト登録」です。

スカウト登録を行っておけばプロフィールをみて関心をもった求人企業から応募のお誘いメールが届くようになります。

プロフィールをみて声をかけてくる求人企業とは、高卒であることを知った上で採用を積極的に考えている企業です。

そうした企業からのアプローチも得られるようになれば、学歴がハンディにならない転職先の選択肢が広がることになります。

⇒リクナビNEXTの公式サイト

⇒リクナビNEXTをもっと詳しく知りたい方はコチラ

地域性を重視したいなら「はたらいく」

高卒という条件に加えて、UターンやIターン転職など地方の県に正社員として転職したい、あるいは地元の県や近隣県だけに特化して求人を探したいという場合に便利な転職サイトが「はたらいく」です。

はたらいくは「リクナビNEXT」を運営するリクルートグループが地元・地域密着型の転職求人サイトとして、リクナビNEXTとは別に立ち上げた専門転職サイトです。

そのため、リクルートグループの実績やキャリアが同サイトにも活かされていますが、はたらいくの独占求人割合はなんと93%にも及びます。

この割合はリクナビNEXTを超えていますが、求人を通じて全国的な企業とのネットワークを40年以上にわたり築いてきたリクルートグループだからこそ実現できた数値と言えます。

はたらいくは自分が働きたい地域を日本地図からすぐに選べる仕様になっている他、「高卒」というキーワードで検索したい場合には検索ワードで入力せずとも、「キーワードから探す」という見出しに最初から用意されています。

それだけ同サイトが高卒者の転職を重視している証です。

地元密着で転職を図りたい、地方の都道府県に転職したいと考えている高卒の方にはリクナビNEXT以上にはたらいくがオススメの転職サイトとなります。

⇒はたらいくの公式サイト

⇒はたらいくをもっと詳しく知りたい方はコチラ

高卒女性にもやさしい転職サイト「エン転職」

高卒の方へオススメしたい転職サイトのもう一つがエン・ジャパン社が運営している転職サイト「エン転職」です。

エン転職も独占求人数が充実していることと、特に高卒・女性の方が求人情報を探しやすいという点がオススメの理由です。

「エン転職」のサイト上部に表示されているメニューの中から「女性のお仕事探し」を選べば、求人情報が全て女性専門となっている「エン転職WOMAN」へと速やかに画面が切り替わります。

また「学歴不問」という条件で検索を行えば高卒に限らず、応募において学歴が問われない全国の求人案件が多数表示されます。

更に女性特有のニーズとなる、例えば託児所付き、オフィス内禁煙・分煙、あるいは女性社員50%以上の会社といったユニークな条件で検索を行える点も大きな特徴です。

高卒者が正社員転職を果たすための転職エージェント活用術

転職サイト同様に転職エージェントにもメリット、デメリットがありますので、その点についても確認しておきましょう。

転職エージェントのメリット

  • 自分で求人企業を探す必要がない。専任の担当者が希望条件にマッチした求人企業を探し出し、個別に紹介してくれる。
  • 非公開となっている求人情報を紹介してもらえる。
  • 面接日程の調整や応募手続きなど、面倒な作業は全て担当者が代行してくれる。
  • 求職者の求めに応じて求人企業の内部情報を調べ、詳しく情報提供を受けることも可能になる。
  • 転職活動を行っている上で悩みや不安に直面した場合、気軽に相談に応じてもらえる。
  • 自分からは言いづらい転職後の給料など、入社条件も代理で交渉してもらえる。
  • 入社後も相談にのってもらえる。

転職エージェントのデメリット

  • 自分が入社を希望している会社を紹介してもらえるとは限らない。仮に希望しても断られる場合がある。
  • 転職エージェントを有効活用するには、最初に時間をかけて担当者との面談に臨む必要があるなど、手間がかかる。
  • 転職活動は転職エージェントの担当者と二人三脚で取り組む必要があるため、心強い反面、自分のペースだけで活動に取り組むことはできなくなる。

どんな人が転職エージェント活用をオススメか?

転職エージェントは転職サイトと逆に「他者依存型転職活動」になります。

エージェントが伴走者となってきめ細かく転職活動をサポートしてくれますので、自分一人では転職活動が不安だという方は転職エージェントの利用をオススメします。

どちらか選べないという場合には転職エージェントの方がオススメ

転職サイトを活用すべきか、転職エージェントを利用した方が良いか決心がつかないという方なら転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントは自分のペースで転職活動ができないというデメリットがありますが、求人企業の雰囲気や人間関係と言った、外からでは容易に知ることができない内部情報を取れるという大きなメリットがあります。

また、転職サイトに寄せられている求人情報では「高卒可」となっていたとしても本音で高卒の方も快く受け入れようと考えている企業かどうかまではわかりません。

その点で転職エージェントであれば、求職者の方が高卒であることを100%わかっており、尚且つ採用する意欲もある求人企業の紹介だけを受けることもできるからです。

高卒の方にオススメの転職エージェント

サービスに対する満足度を重視したい方には「マイナビエージェント」

マイナビエージェントは就職情報でリクルート社とトップを争っている大企業、マイナビ社が運営している転職エージェントです。

大手転職エージェントと聞いて中には「高卒に冷たいのでは」と不安を感じた方がいるかも知れませんが、そのような心配は無用です。

マイナビエージェントは良い意味で大手らしくない、温かみのある転職エージェントして有名で、何より利用者の満足度を大変重視しています。

マイナビエージェントは利用者の満足度を高めるために、求人企業数をむやみに増やそうとはしていません。

独自の調査を行い、安心して紹介できる求人企業だけと取引きを行うことを重視しています。

それだけにマイナビエージェントであれば、高卒の方でも安心して求人企業の紹介を受けることができます。

⇒マイナビエージェントの公式サイト

⇒マイナビエージェントをもっと詳しく知りたい方はコチラ

日本最大級の転職エージェントと言えば「DODA」

テレビCMで一度はその名前を聞いたことがあるという方も多いと思われますが、DODAは今やリクルート社やマイナビ社を抜いて日本ナンバーワンと言われることもある、転職エージェント業界において日本最大級のエージェントです。

DODAの強みは何と言っても非公開求人数を含めた求人数が大変充実していることです。

その数は全国13万件以上におよびます。

そのため、高卒の方々も対象とした求人企業の紹介に困ることはまずあり得ません。

DODAを活用すれば、豊富な求人数の中から自分が最も働きたいと思える求人企業をしっかりと比較検討した上で選ぶことができます。

⇒DODAの公式サイト

⇒DODAをもっと詳しく知りたい方はコチラ

キャリアに自信が持てないという20代の方には「ハタラクティブ」

高卒という学歴だけでなく、例えばまだ若いので職歴でもたいした実績がない等の理由から自分のキャリアに自信が持てないという方には「ハタラクティブ」をオススメします。

ハタラクティブとは職歴を有する高卒者は勿論、現在フリーターという方や大学は卒業したけれども就職できずにいる既卒者といった高卒以上のハンディを負っていると言っても良い主に20代の若年者層に特化して就職・転職支援を行っているエージェントです。

ハタラクティブの実績ですが、同社が転職支援を行ってきた利用者数はすでに6万人を超えています。しかも内定率は8割を超えているのです。

その上、ハタラクティブが紹介してくれる企業は6割以上が大手上場企業であり、ハタラクティブ利用者の大手企業就業率も5割を超えます。

つまり高卒という学歴のみならず、職歴にも自信が持てない方が上場企業への就職や転職をめざしたい場合の駆け込み寺的存在がハタラクティブと言っても良いでしょう。

⇒ハタラクティブの公式サイト

⇒ハタラクティブをもっと詳しく知りたい方はコチラ