フリーランスのエンジニアの仕事を探すことができるサイトは多いですが、中でもおすすめなのはレバレジーズです。レバレジーズがおすすめなのは、何と言っても仕事の単価が高いこと

フリーランスで働いていると、ボーナスや福利厚生などの制度はありませんから、純粋に給料をアップしていかなければなりません。そんなフリーランスのエンジニアにとって、高単価のお仕事を多数紹介してくれるレバレジーズの人気が高いのは当然のことです。

ここでは、なぜレバレジーズの仕事の単価が高いのか?他にもレバレジーズを利用するメリットはあるのか?レバレジーズの使い方などを詳しくご紹介します。

レバレジーズの仕事は高単価なのはなぜ?

レバレジーズの仕事には高単価のものが多いのですが、それはなぜなのか、気になりますよね。なぜ、レバレジーズの仕事は稼げるのかを、見ていきましょう。

月収100万円以上の仕事もあり?

フリーランスで働けば、所属する企業に給料をピンハネされることもない代わりに、会社に守ってもらえません。企業に所属していれば、病気の時は傷病手当や病気休暇を取ることができますし、退職金や健康保険組合などの仕組みもあります。

しかし、フリーランスは、そのような手当も込みで毎月の収入になっています。ですから、フリーランスになったらその分も稼がなければなりません。フリーランスエンジニアの年収は、700万円~1200万円くらいだと言われています。この数字だけを見ると、平均的な年収より高いと思ってしまいますが、福利厚生制度が無いことを考えると、多く稼いでおきたいはずです。

そこでおすすめなのが、レバレジーズです。レバレジーズなら、月収100万円以上になる案件もあります。全ての求人が月収100万円というわけではありませんが、例えば、他では月60万円前後の仕事だったとしても、レバレジーズなら70万円ほどになる、というように仕事の単価が高いのです。

でも、一体なぜ、レバレジーズの仕事の単価は高いのでしょうか?

企業からの信頼が厚いためもともとの発注額が高い

レバレジーズの仕事の単価が高いのは、そもそもの発注額が高いから。でも、なぜ企業からの発注額が高いのでしょうか?

それは、レバレジーズのエンジニア紹介の質の良さには業界内でも定評があり、企業が求める人材を確実にマッチングしてきたという実績があるからです。そのため、企業からの信頼が厚いのです。企業は、レバレジーズに頼めば確実に仕事をしてくれる人を紹介してもらえるため、おのずと発注額が高くなっています。

2次請けなし!

フリーランスの仕事をあっせんする紹介所は、元請けの企業と仕事を請け負う人の間に立って仕事を仲介します。しかし、中には、この間の仲介者が何枚も入ることがあります。そのため、間に入った仲介者が手数料をどんどん取っていき、最後の仕事をする人にいくらも残らないということもあるのです。

ところが、レバレジーズはこのような「2次請け」はありません。元請けの企業から請け負った仕事を直接紹介してくれるので、報酬が下がることはないのです。

低マージンを実現!

業界での実績があるレバレジーズには、高額案件を維持するためのノウハウや扱う案件数の数もかなりの数です。そのため、業界の中でも低マージンを実現しています。利用者に高額案件を維持するために、努力を重ねているというわけです。

業界内でも勢いのある会社だから

レバレジーズは、エンジニアの転職をしっかり手掛けてきたため、近年急成長を遂げています。そのため、報酬を多く利用者に回すことができるのです。勢いのある会社に転職サポートを任せれば、その勢いを利用して自分の転職活動に弾みをつけることができるかもしれません。

高額報酬なだけじゃない?!レバレジーズを使うメリットとは?

レバレジーズの魅力は高額報酬であることは、わかっていただけたと思います。
でも、報酬が高額であるだけではありません。他にもある、メリットについてご紹介します。

キャリアコーディネーターの対応が良い!

レバレジーズのキャリアコーディネーターは、利用者との距離が近いと言われています。
利用者の希望をしっかりとヒアリングするために、電話やメールで常にやり取りを欠かしません。利用者を放置することなくまめに連絡をしてくれて、希望条件や利用者の人柄などもしっかりと把握してくれます。

大手の転職エージェントだと、一人の担当者が抱える利用者が多いため仕事が回っておらず、利用者が問い合わせてもなしのつぶて、というケースが多いです。また、エージェント側の希望をゴリ押ししてくるなどという、利用者サイドの希望を無視したあっせんをしてくることも。

しかし、レバレジーズなら、そのようなことはありません。キャリアコーディネーターは常に利用者サイドに立ち、しっかりと希望を聞いてくれます。普通、転職エージェントの担当者のヒアリング時間は長くて1時間くらいと言われていますが、レバレジーズのヒアリングは通常2時間、長い時には3時間もかかることがあるそう。中には、求職者とキャリアコーディネーターが飲みに行くなんていうこともあるそうです。

担当者が親身に対応してくれて、それぞれの利用者に合った案件を紹介してくれるのがレバレジーズの魅力の一つです。

ベンチャー企業に強い!

レバレジーズの魅力は、企業の質にもあります。
レバレジーズはベンチャー企業の案件に断然強く、面白い案件をたくさん持っています。
おもしろいベンチャー企業の仕事をどんどんこなしていくことで、エンジニアとしての経験や知識、スキルが磨かれていくはずです。

選べる仕事が多い!

レバレジーズには登録されている案件がかなり多いというメリットもあります。

具体的には、常に800件以上の案件が登録されており、月間の新規案件は100件以上です。
WEBデザインやWEBディレクターの案件など、ITエンジニアの案件が数多く、しかも、幅広く網羅されています。

特に、最近増えているのが「ソーシャルゲーム」や「スマホアプリ」の案件です。今や、ソーシャルゲームやスマホアプリは無くてはならない存在になっています。しばらくは、この傾向が続くでしょう。このような案件はかなり多く、選び放題と言えそうです。

このように、案件数が多く選べる仕事も幅広いため、自分に合った案件を見つけられる確率はとても高いでしょう。

雇用形態や仕事をしっかり選べる!

レバレジーズでは、フリーランスの案件だけでなく雇用形態を次の3つの中から選ぶことができます。

一般登録型派遣
派遣社員になる形態です。勤務地や勤務期間を選ぶことができます。

業務委託
フリーランスで業務を委託する形です。実力がある人なら、より高い報酬を目指すことができます。

正社員
報酬は少ないですが、福利厚生などの手当てが充実しており、安心です。

今正社員の人が高収入を求めてフリーランスになる、逆に、フリーランスから正社員になるなど、自分に合った雇用形態を選ぶことで、より良い仕事環境にすることができるでしょう。

レバレジーズの使い方の流れ

レバレジーズを利用するためには、どうすれば良いのでしょうか?
使い方はとても簡単です。

まずは、ホームページからWEB登録します。登録する項目は少ないので、すぐに終わります。すると、1営業日以内に連絡が来ますから、面談日を調整しましょう。

次に、実際に会社に出向いて、面談です。キャリアコーディネーターによるきめ細かなカウンセリングがありますから、あなたの希望条件や過去の職歴、さらに、転職に当たっての不安なことまで相談しましょう。

カウンセリング結果をもとに、今後の転職戦略の提案や求人の紹介を受けます。その中から、あなたの希望の求人を、カウンセラーと相談して決めていきます。そして、希望の求人が見つかったら、応募し面接へと進みます。もちろん、応募書類や面接に関する相談もすることができます。

そして、内定、入社へと進みます。退職・入社時の流れでわからないことがあれば、カウンセラーに相談することもできます。

レバレジーズにはデメリットもある?

高額案件が多く、キャリアコーディネーターの対応も親身で丁寧なレバレジーズですが、利用する上でデメリットはあるのでしょうか?

世の中には数々の転職エージェントがあり、その特徴も様々です。ある人にはぴったりな転職エージェントでも、他の人には合わなかったということもあるでしょう。レバレジーズにも、デメリットは存在します。そのデメリットが、メリットによって受けられる恩恵に比べてどうなのかを検討するために、レバレジーズを利用する上でのデメリットについてあげてみたいと思います。

キャリアコーディネーターが「近すぎる?」

レバレジーズのキャリアコーディネーターは親切丁寧で、利用者との距離がとても近いということをお話ししました。時には、キャリアコーディネーターと飲みに行くこともあるということですが、中には、「そこまで近くなくても・・・」「連絡が多すぎて、逆に負担」という人も中にはいます。
近すぎるキャリアコーディネーターとの距離感が苦手、という人もいるかもしれません。

案件数は大手エージェントに負ける

エンジニア関連の求人を数多く取り揃えているとはいえ、やはり、大手の転職エージェントの求人数の多さには負けてしまいます。日本全国どの地方も網羅している大手エージェントと比べると、選べる求人は少ないかもしれません。

大手企業や外資系企業に弱い

レバレジーズの弱点は、大手企業や外資系企業の求人が少ないという点です。
日本国内の中小ベンチャー企業には強いですが、大手企業や外資系企業との取引が少なく、求人もあまりありません。
大手や外資系を狙っている人には、あまり選択肢が豊富ではないかもしれません。

まだ転職に消極的な人には向かない

レバレジーズはキャリアコーディネーターが「熱い」と評判ですが、まだそこまで転職熱が高まっていない人とは温度差が生じてしまうケースもあります。
ですから、「まだ転職すると決めたわけではないけれど、情報を集めたい」「何となく漠然と転職を考えているだけ」という、「転職活動予備軍」の人にはあまり向かないかもしれません。

まとめ

レバレジーズについて詳しく見てきました。
レバレジーズは高額案件とキャリアコーディネーターの親身なサポートが評判の転職エージェントであるということがわかっていただけたと思います。
エンジニア系の転職エージェントを探しているなら、ぜひ利用を検討してみることをおすすめします。