近年女性の社会進出は目覚ましく、結婚や出産・育児で社会人生活から遠ざかっていた主婦が、復帰しようと考えることも少なくはありません。しかし、育児しながら働けるかどうかを不安に感じるなど子持ちならではの悩みがありますね。長年のブランクがあって、職探しを躊躇する人もいるでしょう。
そんな女性が注目したいのは、自治体が運営するママ向けの「マザーズハローワーク」。働きたいと考えるママの心強い味方にきっとなってくれるでしょう。今回はマザーズハローワークの特徴やメリットを紹介します。

気になる!マザーズハローワークってどんなところ?

「マザーズハローワーク」とはママに特化した就職支援サービスを行うハローワークです。子育て中のママが通うことを考えて、施設の中にはキッズスペースがあったり、授乳室があったりとさまざまな工夫を凝らしています。
マザーズハローワークの職員が子持ち主婦であることに理解のある企業を紹介してくれたり、託児所やフレックスタイム制を設けている企業を教えてくれたりします。
マザーズハローワークというネーミングで誤解されがちですが、未婚の女性や、子どものいない主婦、またシングルマザーも仕事を紹介してもらえるので安心です。

 

マザーズハローワークはどこで見つけられる?

マザーズハローワークは2017年現在、全国に21か所存在していますが、すべての都道府県に存在するわけではありません。しかし、マザーズハローワークよりもやや小規模な「マザーズコーナー」は168所も存在しているので、住んでいる
都道府県内のどこかを見つけることができるでしょう。とりわけ、北海道や東京・埼玉・神奈川・愛知・大阪・福岡など、大都市に多くのマザーズコーナーを見つけられます。場所によって特徴が異なるので、気になるところが複数あれば、比較検討してみるといいでしょう。

マザーズハローワークの登録と利用方法

場所によって多少の違いはありますが、マザーズハローワークの登録から利用までの流れはおおむね以下のようになります。
①ハローワークの職員から登録の案内や利用方法を聞いた後で、登録申込書を書いて提出します。また、このときハローワーク自体を一度も利用したことがない人は、あわせて「求職申込書」も記入します。
②記入した求職申込書をもとに、職員と面談を行います。どんな仕事を探しているのか、どの程度であれば働けるのかを伺った上で職員は「ハローワークカード」を作成します。
③担当者による個別支援サービスを受けながら、自分に合った求人が紹介されます。また、自分で職を探したいという人はあっせんサービスを受けることも可能です。
④保育関連情報を聞いたり、マザーズハローワークで行われているセミナーの案内を受けたりして、マザーズハローワークへの理解を深めます。
⑤自分に合うと思った企業が見つかったら、その旨を職員に伝えて手続きを取ってもらいましょう。就職活動中には、マザーズハローワークが主催するセミナーで書類添削や面接アドバイスを受けられます。
⑥晴れて就職先が決まれば、その時点でマザーズハローワークから卒業します。

マザーズハローワークで開催される職業訓練やセミナー

 

マザーズハローワークでは、ブランクと不安を抱えるママのためにさまざまな職業訓練やセミナーを行っています。ママは仕事に就く前にセミナーや訓練を受けることで、準備を整え、自信をつけることができますね。一体どんなものがあるのでしょうか。
ここではマザーズハローワーク東京で開催されているセミナーについて紹介しますが、場所によっては行っていない訓練もあるので、公式サイトで事前に確認するようにしましょう。
託児所を設けているセミナーも多いので、受講に集中できそうですね。

再就職準備セミナー

再就職準備セミナーのなかにも、子持ちの女性向けのセミナーとそうではない女性向けのセミナーがあります。子持ち主婦向けのセミナーでは、お子さんの預け先の種類から求人の探し方に至るまで、子育てをしながら仕事を探すノウハウを勉強できます。実際に、就職成功者の体験談や求人募集を行っている事業所の話を聞くことで、モチベーションも上がりそうですね。

ライフプランセミナー

求人を選択する上で必要な、社会保険制度の仕組みや、税金(住民税・所得税)について勉強するセミナーです。

コミュニケーションセミナー

自分の長所と短所を知り、それを参考にして自己PRに役立てたり、性格診断テストを使って対人関係をスムーズに築くヒントを見出していくためのセミナーです。

ひとり親就職支援セミナー

ひとりで子育てをしている方向けのセミナー。就職・転職経験者の体験談を聞くことで、ひとり親ならではの悩みを解決することを目的としています。

メイクアップセミナー

就職選考に突破するために、ビジネスシーンにふさわしい、面接官に好印象を与える色の使い方やメイク方法を具体的に学ぶセミナーです。

応募書類対策セミナー

出産・育児や親の介護など、家庭の諸事情でブランクがあり悩みを抱えた人のため、それぞれの利用者の事情に応じた応募書類の書き方を勉強できます。

面接対策セミナー

久しぶりの就職活動で面接に苦手意識を抱いていたり、不安を感じていたりする人のために、ロールプレイを交えた実践的な面接対策を受けられます。

パソコン講習

20歳未満のお子さんを子育て中のママが対象。初心者向けワード・エクセルの勉強ができます。事務職を目指している方におすすめです。

保育スペースはどんな風になっているの?

マザーズハローワークのメリットのひとつである保育スペースの存在。多くの保育スペース内には絵本やおもちゃが置いてあり、子どもたちは遊ぶことができますよ。託児はありませんが、お子さんの安全を見守る担当者がついているので、ママは
求人検索に集中できるでしょう。おむつ交換スペースや授乳室もあるので、大変便利。ベビーカーが置けるスペースを確保しているので、狭く感じることはありません。ベビーカーの施設内貸し出しを行っているマザーズハローワークもあります。※写真はマザーズハローワーク大阪の例です。

マザーズハローワークを利用するメリット

まず一つ目のメリットは、自治体が運営する施設であるため、信頼度の高い企業や組織を紹介してくれる傾向にあること。また、転職エージェントでは子供に関する相談をしにくかったりしますが、マザーズハローワークには同じ境遇のママが集まってくるので、気後れすることもありません。セミナーに参加したり、求人検索に通っていたりするうちに顔見知りの仲間ができるのかもしれませんね。
通常は有料になることの多いメイクアップセミナーやパソコン講座も無料で受けられるのは魅力的です。
ベテランの女性相談員が多いので、子育てに関する悩みも気軽に相談できるでしょう。また保育所の紹介や情報を提供してくれるのは、マザーズハローワークならではの良さといえるでしょう。

場所によって違うのかも!みんなのマザーズハローワークの感想は?

「ママ限定のハローワークなので、一般のハローワークと比べると空いていてラッキーだった。ベテランの相談員さんでとても親身になって相談にのってくれた。」
「ハローワークとも併用していたが、マザーズハローワークからの応募だと思い切り子持ちであることをアピールしているみたいで、不採用になるのではと考えてしまった。」
「正規社員でバリバリと働きたいと考えていたが、パートやアルバイトの求人が多くあまり希望に合ったものを見つけられなかった。」
「求人だけではなくベビーシッターも紹介してくれて本当に助かりました。」
「子どもが熱を出したらどうする?子どもの普段の預け先は?」など面接で聞かれることを想定した「働く母の心構えリスト」をもらえたので、とても心強かった。」
「事務系職種を希望する女性が圧倒的に多く、倍率が高かった。」
「地方都市なので、首都圏と比較して給与水準が非常に低かった。」

まとめ

マザーズハローワークは今後もさらに盛り上がりを見せていくのではないのかと予想されています。キッズスペースもあるあたたかい雰囲気の中で、自分に合う仕事を探せそうですね。
これから働くことを考えているママや、現在妊娠中のプレママも、まずは登録することから始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめPICK UP・ママに嬉しいこんな転職サイトも?

マザーズハローワークがとっても気になるけど、自分の家の近くに全然ない!どうしよう?また、電車で行けそうな範囲にあるけど、なかなか足を運んでいる暇がない…
せっかく再就職したい気持ちはあるのに思うようにいかないことも多々ありますよね。そんな方は、ネットでまず求人情報を調べてみるだけでもこれからの再就職に向けての足がかりになるのでは?

女性の転職に特化した転職サイト「女の転職@type」はご存知でしょうか。
数ある転職サイトの中でも、特に女性の転職に役立つ情報が満載。ママでも検索しやすいように「育児と両立」や「土日祝休み」などの検索項目があり、主婦やママにとってとても嬉しいサイトの作りになっています。活躍できる職場で働きたい、どうせ働くなら長くじっくり働ける職場を選びたい、そんな方にはとても頼りになるサイトです。

⇒ママが仕事を探しやすい「女の転職@type」を見てみる

⇒女の転職@typeの詳細はこちら

★あわせて読みたい