マイナビエージェント(以下マイナビAGENT)は総合転職エージェントとして知名度や実績、信頼度といった点で抜群の転職エージェントです。

しかし総合転職エージェントゆえに、IT分野の転職ではIT系専門の転職エージェントよりやや劣ってしまうといった印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

女性

実はマイナビAGENT、総合転職エージェントでありながら特にIT系分野で強みを発揮しており、IT専門の転職エージェントに決してひけを取らないのです。

この記事ではマイナビエージェントではなく「マイナビエージェント×IT」と題して同転職エージェントのIT分野での強みや特徴を詳しくお伝え致します。

⇒マイナビAgent×ITの公式サイトはこちら

マイナビAGENT×ITの特徴や強み

専門のキャリアアドバイザー(CA)にIT系出身者多数

マイナビAGENT×ITにおいて真っ先にあげられる強みが、転職支援をマンツーマンで行ってくれるキャリアアドバイザー(以下CA)の質の高さです。

IT系分野は一口に転職と言っても、求められる技術や知識は千差万別です。

例えば「システムエンジニア」の求人でも、高度なプログラミング知識やシステム開発能力が求めらたりする場合もあれば、知識や技術より営業力やプロジェクト管理能力の方が断然重視されたりする場合もあります。

それだけに企業ニーズと転職希望者が有するスキルや知識などをそれぞれ的確に把握し、双方にとってミスマッチとならないよう適切にコーディネートする力がCAに求められます。

その点でマイナビAGENTのCAなら全く心配無用です。

マイナビAGENTのCAはIT系分野での転職支援で豊富な経験と実績を有するだけでなく、何よりIT系業界出身者がとても多いからです。

つまり業界に精通したCAが揃っていることがマイナビAGENTの大きな強みなのです。

業界未経験でも可能

IT系分野への転職を検討している方々の中にはITからITではなく、異業種からの転職を検討している方も多いと思われます。

異業種から転職する場合、一番の不安はIT系企業での業務経験がないことではないでしょうか。

マイナビAGENT×ITの特筆すべき点はIT業界での業務経験がない方や乏しい方でも、数多く転職成功に導いている点です。

マイナビAGENT×ITには、IT業界未経験者であっても志を持って転職したいと考える方々を転職成功へと導く確かなノウハウを有しています。

しかしいくらマイナビAGENTが優れたノウハウを持っていたとしても、未経験の人材を受け入れてくれるIT系企業がいなければ転職は実現しません。

マイナビAGENTはIT系企業からの厚い信頼を勝ち得ているからこそ、未経験者の方々を数多くIT業界へ送り出すことができているとも言えます。

IT系の求人は8割以上が非公開

マイナビAGENT×ITの求人面での特徴としてあげられるのが、非公開案件が大変多いことです。

特にIT系企業の求人は8割以上が非公開案件で占められています。

非公開の求人は誰でも閲覧可能な転職サイトには一切掲載されませんので、転職エージェントを利用しない限り決して巡り合うことができない求人と言えます。

つまり同社から紹介される求人は、「よく見かけられる求人」ではなくマイナビAGENT×ITに登録したからこそ紹介を受けられる求人案件がほとんどであるということです。

面接通過率が高い

いくら求人を紹介してもらえても、書類選考や面接に通過しなければ内定、更には転職実現までには至りません。

マイナビAGENT×ITがこだわっているのは利用者登録数でも求人企業数でもなく、「結果」です。

数量的なボリュームは追い求めず、一人一人の利用者の書類選考や面接通過率を高めることを追求しており、特に面接通過率は他の転職エージェントを凌駕する高い水準を維持しています。

具体的な属性は申し上げることができませんが、IT系の特定職種においては面接通過率が7割から8割程度にも及ぶ、抜群の実績を有しているのです。

マイナビAGENT×ITをオススメの方とは

マイナビAGENT×ITはIT業界への転職志望者が主な対象者となることは申し上げるまでもありませんが、IT業界への転職を志望している方々の中で特にどのような人材がオススメかと言うと次のように整理できます。

年代では20代・30代

年代面では20代、30代の方にマイナビAGENT×ITをオススメします。

主な理由はマイナビAGENT自体が第二新卒、あるいは第二新卒に近い若年層から30代にかけての転職支援に特に力を注いでいるからです。

そのため、マイナビAGENTには20代・30代限定の専用ページなども設けられています。

性別では女性の支援に強みがある

IT業界はどうしても男性というイメージが強く、実際転職者の7割から8割程度は男性が占める状況です。

そのような中にあって、マイナビAGENT×ITは女性のIT業界転職にも大変力を入れています

その一環としてマイナビAGENTには、女性を専門的にサポートする女性CAのチームなどもあります。

IT業界への転職をめざす女性の方にとっては、マイナビAGENTが一番頼りになるエージェントと言っても過言ではありません。

マイナビ転職との違いについて

マイナビAGENTはマイナビ社が運営している転職エージェントですが、マイナビ社が転職志望者を対象に提供しているサービスにはもう一つ「マイナビ転職」があります。

読者の皆様はマイナビ転職とマイナビAGENTの具体的な違いについてご存知でしょうか。

当サイトにも時々「マイナビ転職とマイナビAGENTの違いがよくわからない」との質問が寄せられますので、ここでマイナビ転職とマイナビAGENTの違いについてご紹介しておきます。

マイナビ転職は公開求人主体の転職サイト

マイナビ転職とマイナビAGENTの最も大きな違いは、前者は転職サイトであって転職エージェントではないことです。

つまり転職サイトと転職エージェントの違いがそのまま両者の違いとなります。

男性

マイナビ転職では求人企業の個別紹介は受けられない

転職サイトと転職エージェントの決定的な違いは、専任の担当者が仲介役となって企業へ求職者を個別に紹介するサービスがあるかないかです。

マイナビ転職にはそうしたサービスは一切ありませんので、マイナビ転職を利用した場合には自分自身で求人企業検索を行い、自分から応募するという能動的な取り組みが必要になってきます。

その代わり、応募したい企業を自由に選べることや自分のペースで転職活動に取り組めるといったメリットがマイナビ転職にはあります。

こうした違いがあることをこの機会に併せてぜひ覚えておいてください。

マイナビAGENT×ITの使い方

ではマイナビAGENT×ITを転職活動でどう利用すれば良いか、内定までの流れに従ってマイナビAGENT×ITの基本的な利用方法についてご紹介することにしましょう。

「無料転職サポートお申し込み」手続きを行う

マイナビAGENTは個別に転職支援サービスを行いますので、登録手続きが最初に必要になります。

登録手続きを行うには、次にご紹介する「無料転職サポートお申し込み」というページにアクセスします。

表示された画面に従って「必須」となっている事項に該当事項を入力の上、申込ボタンを押せば手続きは完了です。

尚、マイナビAGENTへの登録、並びに登録後のサービスはすべて無料で受けることができます。

同エージェントから料金を請求される心配は一切ありませんので、安心して登録手続きを行って下さい。

業界専門のCAとの面談予約→個別面談の実施

登録手続きが済んだらメールまたは電話でマイナビAGENTより連絡が入りますが、主な目的は登録情報の確認とIT業界を専門とするCAとの面談日程の確定にあります。

どうしても時間がとれないという方はCAとの面談ではなく、電話でのキャリアカウンセリングも可能ですが、あまりオススメできません。

ポイント 女性

直接CAと会ってコミュニケーションを図ることが、その後の転職活動をスムーズに進めるために大切なことです。

できる限り日程を調整し、CAとの面談を実現するようにしてください。

CAとの個別面談→求人企業の紹介

CAとの個別面談では現在のキャリアや実務経験の有無、IT関連のスキルや知識の他、転職に関する具体的な希望や条件等に対するヒアリングが行われます。

その後、希望や条件を踏まえてCAがそれらにマッチングする求人企業の紹介を行ってくれます。

尚、紹介を受けた求人に対して必ず応募しなければならないというルールはありません

応募するかどうかは自由に判断できますし、検討した結果、応募したい企業がなかった場合にはまた新たな求人を紹介して貰えますので焦らず、慎重に判断するようにしましょう。

応募→書類選考→面接

CAから紹介を受けた求人企業の中で、応募したい企業が見つかった場合にはその意志をCAに伝えます。

CAは応募に必要な書類を指示してくれますので、指示に従って履歴書やエントリーシート、職務経歴書など必要な書類を作成します。

とは言え、例えば応募動機はどのように書けば良いか等、応募書類の作成はかなり悩むものですよね。

しかし心配はいりません。

CAは書類選考に合格できるよう添削指導やアドバイスを行ってくれますので、書き方で悩む心配がありません。

応募書類を提出し、書類選考にパスしたら面接を受けることになります。

面接についてもCAが本番を意識して、場合によってはロールプレイングなどを通じてしっかりと対策支援を行ってくれますので安心して求人企業との面接に臨むことができます。

内定→条件交渉→入社

面接の結果合格となれば、求人企業側より内定がCA経由で通知されます。

内定はあくまで内定ですので断ることも可能です。

内定を受諾して入社の意志を固めたら、入社日や転職後のスタートとなる給与額など具体的な条件交渉を行うことになりますが、条件交渉において特に給与などは面と向かって言いにくい面があります。

ところがマイナビAGENTを利用すればCAが本人に代わって条件交渉を代行してくれますので、言いにくい条件で悩む心配もありません。

入社条件が合意に至れば後は現職を円満退職し、転職先への入社日を迎えるだけとなります。

マイナビAGENT×ITのデメリット

マイナビAGENTは優良転職エージェントながら、次のようなデメリットも有しています。

  • マイナビAGENTはIT系企業専門の転職エージェントではない。そのため、IT系専門の転職エージェントより求人件数では下回る場合もある。
  • マイナビAGENT×ITにはIT業界出身者のCAは多数在籍しているものの、全員がIT業界出身者ということではない。
  • 紹介を受けられる求人企業はCAが選別することになるため、どんな求人企業でも紹介を受けられる訳ではない。

マイナビAGENT×ITの評判

「SEとして新天地でのスタートを切れた」(男性30代)

「マイナビAGETを選んだ理由は大手で安心感があったことと、利用者の満足度を大切にしていることを知ったからです。

転職エージェントは転職活動においてパートナーとなる存在ですから、やっぱり満足できるサービスを提供してくれることが大事だと思いましたから。
利用してみての感想ですが、期待通りにCAの方はとても誠実な方で丁寧に転職活動をサポートしてくれましたね。

私の場合、IT系企業での業務経験はありませんでしたのできっと苦労するだろうと思っていました。
ところが全戦全勝とはいかなかったものの、満足できる内定数を獲得でき、おかげで未経験ながらSEとして新天地でのスタートを切ることができました。

マイナビAGET以外全てダメとは言わないけれど、マイナビAGETという選択は正しい選択だと思いますよ。」

「webデザイナーとしてのキャリアップを目指します」(女性20代)

「私は前職でもwebデザイナーでしたが、キャリアが浅く転職できるかどうか不安でした。
転職エージェントを利用することは決めていたけど、IT系の転職エージェントってどこも男性ばかりを対象にしている印象があってとても近寄りがたく・・・

そんな私が選んだのが女性のCAも多いマイナビAGENTだった訳です。
CAの方はとても熱心な方で私のキャリア不足に対して「全く心配いりませんよ!任せておいてください」と力強く言ってくれたので、とても勇気付けられました。
その御蔭で、登録してからわずか2週間で内定を頂くことができました。

現在私はwebデザイナーとして少々失敗しながらも日々成長している段階ですが、新しい職場でwebデザインに取り組める環境を手に入れられたことは本当に嬉しく思っています。
私のCAさん、本当にありがとう!」

⇒マイナビAgent×ITの公式サイトはこちら

こちらの記事も読まれています