人材派遣最大手のテンプスタッフや日本最大級クラスの転職エージェント・パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)を傘下にもつホールディングカンパニーといえばテンプホールディングスです。

テンプホールディングスは人材派遣事業を強化するため、2017年1月よりグループ企業のテンプスタッフ・テクノロジー株式会社と株式会社パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)の派遣部門を統合し、新たな企業としてスタートさせました。

それが今回ご紹介するパーソルテクノロジースタッフ株式会社です。

ではパーソルテクノロジースタッフとはどのような特徴を有する人材派遣会社であり、どのような評判を得ているのか、出来たばかりの優良企業を徹底解説致します。

\ 無料登録はこちら /

⇒パーソルテクノロジーの公式サイトへ

パーソルテクノロジースタッフの特徴とは?

パーソルテクノロジースタッフが生まれた背景

パーソルテクノロジースタッフは、ITや製造業分野を中心としたエンジニアの人材派遣を事業の核としています。

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)社の派遣部門と統合した会社ですから、幅広い分野の企業からの派遣人材ニーズへの対応力も備わっているため、もっと広範な職種や業界に対応した人材派遣企業を目指すことも可能でした。

しかし、それでもエンジニアの人材派遣事業に特化したのには理由があります。

とどまるところを知らないIT産業への需要拡大と技術進化によりITや電気、電子、機械といった分野のエンジニアに対する人材需要が今後も大きく高まることが予測されているからであり、そうした産業界からの人材ニーズに手厚く応えるためです。

エンジニアの方々を大切にすることが需要に応える条件!

業界からのエンジニア派遣ニーズに手厚く応えるには、まずエンジニアの皆様を確保しなければなりません。

そのためには人材派遣会社として、エンジニアの皆様が働きやすい環境を整えることや、正社員への転職を含めたキャリア形成を実現できる選択肢を用意する等により、人材派遣会社とエンジニアの方々から支持される必要があります。

そうした魅力的な環境や選択肢をエンジニアの方々へ提案できるよう、経営基盤や組織力の強化をはかるために誕生した企業がパーソルテクノロジースタッフなのです。

エンジニアの方々を大切にするためのメニューその1:ライフサポート

パーソルテクノロジースタッフは、お伝えしたとおりエンジニアの方々が快適に働ける環境をサポートすることで多くのエンジニアの方々の確保に努めています。

その一つが「ライフサポート」です。

ライフサポートとはパーソルテクノロジーの派遣社員の方々に対する福利厚生サービスの一つであり、例えば次のようなサービスがあります。

・スポーツクラブ(コナミスポーツクラブ、セントラルスポーツクラブ)を特別価格で利用可能

・子育てや育児に関する相談を専門カウンセラーと行なえる「ワーキングママ&パパ専門相談窓口」を無料または優待価格で利用可能

・出産や育児後の仕事復帰を支援する「仕事復帰プログラム」を利用可能

・子供の送迎や保育といった育児と家事をサポートするチャイルドケアサービスを特別価格で利用可能

エンジニアの方々を大切にするためのメニューその2:ビジネスサポート

エンジニアの方々を大切にするためのサポートは、ライフサポートだけではありません。

二つ目のサポートとして紹介するのが「ビジネスサポート」です。

パーソルテクノロジースタッフの派遣社員の皆様は「ビジネスサポート」として、「日経ビジネス」や「日経コンピュータ」などで有名な日経BP社が発行するビジネス向け専門書を特別価格で購入することができます。

エンジニアの方々を大切にするためのメニューその3:スキルアップ支援

エンジニアの方々を大切にするための3つ目のメニューが「スキルアップ支援」です。

スキルアップ支援とは自己啓発や資格取得、OA、語学力向上を主なテーマとして、eラーニングや各種資格取得学校が開校している講座などを特別価格で利用できるという制度です。

具体的には次のような教育機関の講座を利用できます。

・アビバ

・アルク

・イーオン

・産業能率大学

・資格の大原

・資格の学校TAC 等

こうした3つのサポートメニューの他、社会保険制度が完備していることは言うまでもありません。

一定期間以上派遣社員として就業すれば厚生年金や健康保険、雇用保険に加入できることは勿論のこと、有給休暇も取得できます。

パーソルテクノロジースタッフはこうした充実の福利厚生サービスを通じてエンジニアの方々をサポートすることで働きやすい環境の実現に努めています。

パーソルテクノロジースタッフが得意とするエンジニアの職種とは?

パーソルテクノロジースタッフが事業の中核としているのがエンジニアの人材派遣ですが、エンジニアと一言で言ってもその職種領域は広く、パーソルテクノロジースタッフもあらゆるエンジニア職に対応しているという訳ではありません。

パーソルテクノロジースタッフが得意としているエンジニアとは、業界としてはITや製造分野であり、職種としては主に次の三種があげられます。

・ITエンジニア

・Webクリエイティブ

・機電エンジニア

パーソルテクノロジースタッフの使い方をご紹介!

ではパーソルテクノロジースタッフの派遣社員として働く場合にはどうすれば良いか、パーソルテクノロジースタッフの使い方を登録から就業までの流れに沿って解説致します。

オンライン登録か来社登録

パーソルテクノロジースタッフの派遣社員として働くには、パーソルテクノロジースタッフに派遣登録する必要があります。

登録方法には「オンライン登録」と「来社登録」の二つの種類があります。

オンライン登録

パーソルテクノロジースタッフへ来社せずにweb上だけで24時間いつでも登録手続きを行える便利な登録方法が、オンライン登録です。

オンライン登録はPC版とスマホ版にわかれており、PC版は職歴や学歴、希望条件などを細かく登録でき、登録後条件があえば即仕事の紹介を受けられます。

一方スマホ版は入力項目が少なくて済む一方、詳細についてメールや電話で後日確認を受ける場合があります。

そのため、できるだけはやく仕事をスタートさせたいという方はPC版のオンライン登録がオススメです。

PC版は次に紹介する画面に従って必要事項を入力することで行なえます。

⇒PC版オンライン登録画面はこちら

来社登録

PC版のオンライン登録は便利ですが、入力にかなりの手間がかかりますし、派遣社員として働く場合の詳細なガイダンスや説明を受ける機会がありません。

そこで派遣社員としてはじめて働くことになるという方は、面倒でも来社登録を選択し、コーディネーターに会って説明を聞くことを推奨します。

来社登録する場合には次に紹介するページにアクセスし、必須項目を埋めた上で画面の指示に従って登録会(来社登録のこと)の予約を行なってください。

⇒来社登録ページはこちら

求人紹介

登録手続きが完了したら、マイページへの通知、またはメールや電話などを通じて希望条件に合致した求人の紹介を受けられるようになります。

また、求人紹介を待つという方法もありますが、自分で求人検索を行って求人を探す方法もあります。

非公開案件などもあり、全ての求人案件を事前に検索できる訳ではありません。

が、求人検索を行えばどのような条件の派遣依頼が多いかといったことが具体的に掴めますので、応募するかどうかはともかく、並行して求人検索も行ってみると良いでしょう。

仕事先の決定→入社手続き

紹介を受けた求人などの中から応募したい求人が確定できたら、パーソルテクノロジースタッフのキャリアコーディネーターへメールや電話でその意志を伝えます。

その後、求人を担当している担当者から改めて連絡が入りますので、パーソルテクノロジースタッフを訪問し入社手続きを行います。

入社手続きでは契約手続きの他、就業規則の確認や社会保険加入手続き、研修や必要に応じてスキルチェックなどが行なわれます。

また、オンライン登録で登録した方はその際に本人確認の書類が必要となりますので、忘れないよう留意してください。

派遣先での就業開始→契約更新または次の派遣先紹介

入社手続きが無事完了したら、派遣先企業で業務スタートとなります。

尚派遣先での仕事に対する不安や疑問、相談ごとがあれば担当者が親身になって対応してくれますので、何か困ったことがあれば遠慮せず担当者へ相談を持ちかけるようにしてください。

派遣先との契約期間が満了したらその派遣業務は一応終了となりますので、契約更新を希望しなければまた別の派遣先の紹介を受けることになります。

一方、同じ派遣先で引き続き働くことを希望する場合には契約更新の意志を担当者に伝えます。

派遣先が同意すれば契約更新となり、引き続き同じ派遣先で業務を行うことになります。

尚、社員として転職することを前提に派遣先の紹介を受ける紹介予定派遣の場合には、期間終了後、派遣社員と派遣先の双方で合意となれば、正社員としての雇用手続きに切り替わることになります。

以上がパーソルテクノロジースタッフの基本的な使い方です。

パーソルテクノロジースタッフのメリット&デメリット

パーソルテクノロジースタッフの特徴や使い方を御理解頂いたところで、パーソルテクノロジースタッフのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット

・テンプスタッフグループの人材派遣企業として信頼性がとても高い

・エンジニアに特化した求人を専門的に紹介してもらえる

・オンラインだけの登録手続きも行なえる

・ライフサポートやビジネスサポートなど、法定福利以外の福利厚生サービスが充実している

デメリット

・関東、東海、関西の3地域しか求人の紹介を受けることができない。

・エンジニア職に限定されており、エンジニアとして培った経験を活かした他の職種での求人を受けることは現時点ではできない。

パーソルテクノロジースタッフの評判をご紹介!

「好条件の派遣業務によりワークライフバランスも充実」(ITエンジニア30代男性)

「ITエンジニアは仕事の納期が近づくと満足に自宅に帰れないような日々が続きますので、ブラック企業でなくともワークライフバランスを充実させることは難しい状況にあります。
しかし仕事を変えるという選択も嫌だったので、仕事を変えずにワークライフバランスを充実させる手段として派遣社員として働くことを選択したのですが、その際に選んだのがパーソルテクノロジースタッフです。
利用してみての感想ですが、お世辞ではなく、さすがテンプグループと言うべきか紹介してもらえる仕事の質・量共に大変充実していると感じました。
登録してからすぐに数社紹介を受けたのですが、どれも時給単価が高く、満足できる条件ばかりだったからです。
現在あるIT企業で派遣社員として働いていますが、きっちり午後5時で仕事を終えて帰宅できています。
おかげで正社員の頃は到底無理だった趣味にも時間を割けるようになり、とても充実した日々を送れています。
先々はパーソルテクノロジースタッフの紹介予定派遣を利用して、働きやすい会社へ再び正社員として返り咲くことも検討しています。」

\ 公式サイトはこちら /