皆様は「ピタジョブ」という求人情報サイトをご存知ですか。

ピタジョブは2015年に登場したまだ新しいサイトでありながら、大変優れた求人検索機能などが注目され、毎月20万人以上の求職者の方が来訪するメジャーサイトへと成長しつつある求人情報サイトなのです。

ではどのような特徴や評判があるのか、ピタジョブについて詳しくご紹介して参りましょう。

ピタジョブはどんな企業が運営しているの?

運営企業はATOK等でお馴染みのジャストシステム!

ピタジョブは2015年6月に登場したばかりの新参求人情報サイトですが、新しいだけに運営している企業がしっかりしているのか気になるところですよね。

でもその点は御安心を!

ピタジョブは日本語ワープロソフト一太郎や入力システムATOK、ホームページビルダーといった有名ソフトを開発している、東証一部上場企業「ジャストシステム」が運営を行なっています。

ジャストシステム社の強みと言えば、30年以上の長きにわたって一太郎やATOKで培ってきた日本語の自然言語処理技術にあります。

同社は日本語という大変複雑な言語を前提として、文の流れ等から最も相応しい変換用語を候補として瞬時に選び出す技術を長年磨き続けてきました。

その技術が「求人検索」においても大いに活かされているのが「ピタジョブ」という訳です。

ピタジョブにはどんな特徴があるの?

特徴その1:3つの求人情報ソース

ピタジョブの特徴であり、他の求人情報サイトでは見られない大変ユニークな点でもあるのが「求人情報源」です。

ピタジョブの求人情報は次の3つの情報ソースから構成されています。

・求人企業がピタジョブに直接掲載した求人情報

・Type、DODA、マイナビAGENTの3社の転職エージェントが抱えている求人情報

・各企業サイトに掲載されている求人情報

この3つの中で特に注目すべきは3番目の「各企業サイトに掲載されている求人情報」にあります。

各企業サイトを訪問した場合、自社サイトに求人要項や募集広告を掲載している企業はよく見られますが、それら情報は必ずしも求人情報サイトに掲載されているとは限りません。

つまり、求人情報サイトで検索するだけでは発見できないこともある企業の求人情報も、ピタジョブなら検索を行うことができるのです。

・求人情報数は2万件以上!

こうした企業サイトに掲載されている求人情報を含めて、3つの求人情報源を一括で検索できるのがピタジョブの特徴ですがその合計求人件数はなんと2万件。(2017年1月現在)。

歴史の浅い求人情報サイトは数千件、場合によっては数百件の求人情報しかないという場合も多いだけにわずか1年半で2万件の情報を提供できるのも、ジャストシステムの企業としての信用力や技術があればこそ実現できたと言えます。

特徴その2:現在の勤務条件と求人企業データをグラフ等でラクラク比較!

ピタジョブの斬新な点は企業サイトの求人情報源だけに留まりません。

ピタジョブで求人を検索を行った場合、求人に関する詳細情報が紹介されるだけでなく、次の2点を速やかに診断、比較し、グラフなどで視覚的にわかりやすく紹介してくれる機能が標準で備わっています。

求人ピッタリ度判定

検索を行った求人がどの程度利用者の希望や設定条件とマッチしているか、利用者の方が有するスキルや経歴と求人企業側が求めるスキルがどの程度一致しているかを診断し、円グラフや数値で視覚的にマッチ度を判定してくれます。

そのため、どの程度希望にマッチしているかを自分で細かく確認、比較するといった手間が解消できます。

まるわかり企業比較

「まるわかり企業比較」とは、簡単に言えば現職の企業と求人企業をグラフで比較してくれる機能です。

求人企業の売上高や勤続年数、自己資本比率、平均年収をピタジョブが企業サイトなどから収集し、それらを現職の企業と比較した場合にどのような違いとなるか、レーダーチャート図などで比較表示してくれます。

その結果、例えば「この求人企業は売上規模では現職より小さいが平均年収で上回っており、成長率も高い企業だ」といったことが素早く評価できるようになります。

その他にも詳細な検索条件や求人企業によるスカウトなど

ピタジョブにはジャストシステムがATOKなどで培った技術を活かして、大変細かい条件で検索を行なえる機能が備わっています。

例えば「休暇」という検索条件では更に
・ゴールデンウイーク
・半日休暇
・時間休
・裁判員休暇
・リフレッシュ休暇 等々

よくある「年間休日日数」や「週休二日制」といった項目だけに留まらず、休暇関連の詳細条件だけで17もの項目が用意されています。

また、求人情報サイトの定番的機能ともいえる求人企業や転職エージェント側からスカウトメールが届く機能も勿論備わっています。

このように他求人サイトとは一味も二味も異なる、ユニークで優れた機能を備えた求人情報サイトがピタジョブであり、新しいサイトにも関わらず急速に利用者が増えたのも頷けますよね。

ピタジョブの使い方は?

ではピタジョブの使い方についてご紹介しましょう。

ピタジョブの機能を活かすには会員登録から!

ピタジョブはマイナビAGENTなど他の転職エージェントと提携していますが、ピタジョブ自体には求人企業と求職者の間に直接入って仲介を行なう転職エージェントのサービスはありません。

そのため、会員登録手続きが必ず必要という訳ではありません。

しかし、会員登録を行わないと求人への「応募」ができない他、特徴としてご紹介したスカウト機能や求人ピッタリ度判定やまるわかり企業比較といったピタジョブならではの優れた機能をフル活用できませんので、会員登録することをおススメします。

会員登録は次のページから行なうことができます。

 

会員登録ページにアクセスしたらページに表示されている項目を全て入力、または選択した上で会員登録の同意ボタンを押します。これで会員登録手続きは完了です。

会員登録手続きが済んだら、設定したメールアドレスやパスワードでログイン(ピタジョブトップページなら画面右上にある「メニュー」をクリックするとログイ画面が表示されます)を行ないましょう。

すると会員専用画面が表示されますので、画面の指示に従って学歴や資格、職歴などの情報を入力します。

その際、できるだけ詳しく情報を入力しておくとスカウトされる割合や各種マッチング比較の精度も高まります。

会員登録後の求人応募に関する注意点

ピタジョブの特徴として3つの求人情報ソースをご紹介した際、Type、DODA、マイナビAGENTといった転職エージェントと提携していることをお伝えしましたが、求人検索を行えばそれら3社が抱える求人情報もヒットします。

その内、DODAが抱える求人情報の中で応募したい求人があった場合には、DODAのサイトへ飛び、改めてDODAの会員登録が必要となりますので御注意ください。

また、企業サイトのみに掲載されている求人情報がヒットした場合にもピタジョブからは応募できず、企業サイトへと移動した上で企業側へ直接応募手続きを行うことになりますので、この点も予め御注意ください。

個人情報の登録を行ったら検索を実施してみよう!

詳細な個人情報の登録が済んだら、ピタジョブの機能はフル活用できるようになりますので、求人企業側のスカウトを待つという利用方法も可能になります。

しかしピタジョブの優れた点はなんといっても検索機能やグラフなどで企業比較などを行なってくれる点にありますので、積極的に求人検索を行ってみましょう。

求人検索は画面を見れば直感的に行なえるようになっています。

トップ画面なら画面右上にある「求人を探す」を押し、勤務地や希望年収、職種のほか、細かく検索条件を設定した場合には画面左側(PC画面)に表示される「検索条件」で「こだわり条件」を押して、更に条件を選んでゆくだけです。

検索したらヒットした求人情報がずらりと表示されます。

詳しく見たい場合には「求人情報へ」というボタンを押せば詳細が確認できます。

また、ヒットした求人情報の中で、応募するかどうかは決められないが気になる情報があった場合には「クリップ」というボタンを押すだけでその求人情報をブックマーク形式で保存することができます。

応募したい求人情報が見つかった場合には「応募へ」ボタンを押し、求人企業側が要望する書類を作成した上で応募手続きを行います。

この際、個人情報を詳細に登録しておくと応募手続きがかなり簡素化されますので便利ですよ。

ピタジョブのメリット・デメリットを整理してみると!

ピタジョブの特徴や使い方について御紹介して参りましたが、ここでピタジョブのメリットとデメリットをそれぞれ整理してみることにしましょう。

メリット

・大変精度の高い詳細な検索条件で求人検索を行える。

・企業比較やマッチング度などをグラフなどでわかりやすく診断してくれる。

・求人情報サイトでは得られにくい企業サイトに掲載されている求人情報も合わせて検索を行うことができる。

・カンタン応募(「カンタン応募」というタグがついている求人情報が対象)を通じて応募し、採用が決定した場合には転職お祝い金として5万円を受け取れる。

・「企業ランキング」や「転職Q&A」といった転職に役立つ情報コンテンツも充実している。

デメリット

・全ての求人情報で「カンタン応募」できる訳ではない。

・求人情報によっては企業比較などの判定ができない場合もある。

・DODAや企業サイトに掲載されている求人情報については、それぞれのサイトに移動した上で応募手続きを行う必要がある。

ピタジョブの評判を紹介!

「グラフが表示されない場合もあったけど企業比較データはスグレモノ!」(20代女性)

「ピタジョブは正直言いますとあまり詳しく知らなかったです。画面がきれいで見やすかったことと画面に登場するキャラクターが可愛かったという理由で利用してみようと考えた程度でした。
ピタジョブを利用してみてよかったと思ったのは、特に企業比較ですね。この求人に応募すると平均年収比較ではどれくらいアップする可能性があるかだとか、社員数は現職より多いのか少ないのかといったことがグラフですぐに把握できたからです。
こうした機能は他の転職情報サイトにはありませんので、この機能だけでも利用してよかったと思えました。
ただ、求人検索を行った全企業でグラフが表示される訳ではないので過度な期待は禁物ですよ。それでもピタジョブは利用価値大だと思います。」

「企業サイトの求人情報を検索できるのは便利!」(30代男性)

「ピタジョブを利用しようと思った一番の理由は各企業が自社サイトに掲載している求人情報も検索できるという理由からでした。
自社サイトに掲載されている求人情報はA社ならA社のサイト、B社ならB社のサイトを訪問しない限り閲覧できませんから、求人サイトを利用していない企業なんか探し出すことはほぼ不可能と言っても良いぐらいすからね。
その結果、ピタジョブには申し訳ないと言うか、転職祝い金も受け取れませんでしたが(笑)、自社サイトで募集を行なっていたある中堅企業へ応募し入社することになりました。
企業によっては「入社したいという意欲があるなら会社サイトを訪問するはず」と考え、あえて求人情報サイトを利用していない企業もあります。
そうしたこだわりを持った企業の求人情報までも検索できますので、ピタジョブはありがたいサイトだとつくづく思います。」