10
「poole」とはIT/WEB業界を中心とした求人情報を提供しているサイトですが、従来の求人サイトとは大きく異なる、新感覚のユニークなサイトと言えます。

ではどのような点が新感覚なのか、pooleを使うメリットは何か等、IT/WEB業界への転職を検討されているエンジニアの皆さんは勿論のこと、エンジニア以外の職種でIT/WEB業界へ転職を考えている方は特に必見の転職サイトですので、ぜひご覧ください。

pooleの特徴と使い方

125

pooleとは

pooleは月間400万PVを誇るブログを運営している株式会社LIGが、求人企業と求職者の「いい出会い」を演出することを目的に立ち上げた新感覚の求人サイトです。

どのような点が新感覚かと言えば、「見る求人情報」ではなく「読む求人情報」を柱としている点です。

では「読む求人情報」とは具体的にどのようなことを意味しているのでしょうか。

従来の求人広告は定型的な企業広告文と共に定型フォーマットに従った「求人要項(条件)」が羅列された画面構成の場合が多く、どれも見た感じは大きな違いがなく、増して企業の社風や内部社員の考え方などはなかなか伝わりにくい面がありました。

その点でpooleは・企業紹介を担当社員自ら作成したブログ風の記事で詳しく行うこと

・現役社員や企業経営者のインタビュー記事や経営者のヒストリーといった記事を求人情報とは別に、LIGが運営するブログに掲載し求人情報と連携させて読んでもらうようにすること

などを柱として、読むというより見る感じが強かった従来の求人広告の概念を打ち破り、”記事”として読んでもらうことを重視した求人情報を提供している点を「見る求人から読む求人へ」という言葉に託しています。

pooleの基本的な使い方

登録を行う!

11
pooleが新感覚の転職求人サイトと言っても、基本的な使い方は他転職サイト同様であり、特別難しいことは一切ありません。

まず画右上にあるグリーンの「かんたん新規登録/ログイン」をクリックし、メールアドレスとパスワードを登録・設定します。

すると「基本情報」として名前、生年月日等の必須入力項目が表示されますので、該当事項を入力し、登録ボタンを押すだけで登録手続きは完了です。

この段階でpooleの機能はある程度利用できるようになります。

マイページでプロフィールを充実させましょう!

登録手続きが済めば「マイページ」が表示されますが、マイページから求人検索やプロフィール情報を登録、変更するなど各種の設定が行えます。

転職ナビ

pooleの機能をフルに使いこなすためにやっておいた方が良いことは、プロフィール情報の充実です。

check-c081会員登録直後に表示されるマイページ画面では、
プロフィール情報の追加入力をすすめられますので、画面に従って該当する事項や転職への意気込みなどをできるだけ詳しく入力・登録しておくことをおススメいたします。そうすれば、匿名で公開される職歴や資格、自己PRをみた求人企業側からスカウトメールが直接届く可能性が高まりますし(非公開設定することも勿論可能)、求人企業へ応募する際の入力の手間も大幅に省けるようになります。

「ブログ記事」を「読む」ことを重視して求人企業のことを理解しましょう!

プロフィール情報の詳細登録が完了すれば、pooleの全ての機能がスムーズに利用できるようになります。

基本的な使い方としては、トップページからマイページへログインし、マイページが表示されたら右側のタブに並ぶメニューを選んで必要な操作を行うこと、例えば求人検索を行う場合は「求人検索」のタブをクリックし、ヒットした求人情報の中から気になる情報は「気になる」ボタンで登録したり、応募する場合には「この求人にエントリー」ボタンをクリックして応募手続きを行うことです。

これらの操作方法は他の一般的な転職サイトと大差ありません。ほとんどの操作が直感的に、容易に行うことができます。

転職ナビ

以上のとおり使い方としては簡単なのですが、各企業の求人情報をご覧になればわかるとおり、ぜひ”読んで”欲しいのが各求人企業の担当者が自分で書いたブログ記事タッチの会社紹介や求人に対する思い、考え方をつづった「この求人について」というコーナーの記事です。

「この求人について」は、求人を行っている各企業の個性や自主性が反映されるため求人企業によっては社員旅行やレクレーションを行っている様子の写真を掲載している企業もあります。

まさにそれは「求人広告」というより、日常的な会社の様子を情報発信しているブログそのものといった感覚になります。

これら求人企業が自ら発した情報を読めば、求人条件以外の会社の雰囲気や様子、内部社員の考え方などを掴みやすくなります。

SNS感覚の転職サイトの真骨頂!「キャリアチャンネル」

12
pooleは従来の転職サイトが提供している求人情報検索やスカウトメールといった、他の転職サイトの利用経験がある方ならお馴染みの機能も漏れなく提供していますが、勿論それだけがpooleの特徴ではありません。

pooleは求人企業と登録者の両者を求人への応募申込やスカウトメールといった接点だけでなく、既にお伝えしたとおり「読む求人情報」を通じ、登録者にとって求人企業がより身近な存在に感じてもらえるようにすることを重視しています。

転職ナビ

その一環として登録者へ提供しているサービスが「キャリアチャンネル」です。

pooleのトップページ、画面右上に表示されている「キャリアチャンネル」をクリックすると登場するのは400万PVのアクセス数を誇る、LIG社運営の「webお悩みバスターズ」というブログです。

a_085-1そこにはpooleに求人情報を掲載している全企業という訳ではありませんが、求人企業のトップや所属する社員に「求人」といった枠組みを越えて、例えば自分の仕事に対してどのように思っているのか、自分が仕事上の目標としているものは何なのか、またそうした目標をクリアする上で壁となっているものはどのようなことなのか等々、本音で語っているインタビュー記事がブログ記事として紹介されています。これらは求人サイトではなくブログとして掲載されている記事ですので、ブログが一般的に備えている他SNSとの連携機能、例えばフェイスブックの「このページに「いいね」」ボタンを押せたり、記事をシェアできたり、あるいはツイッターでツイートすることもできます。

こうした仕組みが提供されることで、登録者の方は企業をより身近な存在に感じることができるようになるだけでなく、SNSといった社会的つながりを通じて求人企業を評価したり、第三者の意見や評価を参考に出来たりするという大きなメリットがもたらされることにもなります。

pooleのメリット

13
pooleの特徴や機能を踏まえ、pooleを求人サイトとして使うメリットをまとめてみましょう。

●新感覚の転職サイトでありながら、平易な登録手続きに加え、他転職サイトでも提供されている一般的な機能もフルカバーした充実の機能性や使いやすさを誇っている。●スカウト機能を通じて、求人企業の検索・応募だけでなく、求人企業側からのアプローチを期待できる。

●各求人企業の詳細ページは従来の転職サイトに見られがちな定型的な広告記事ではなく、求人企業が自らブログ記事タッチで自社の様子や社風、理念をなど”自分達の言葉”で伝えているため、求人企業の考え方や会社の雰囲気などを理解しやすい。

●「キャリアチャンネル」を通じて、求人企業に在籍している社員の本音や仕事への考え方などを「読む」ことを通じて詳しく知ることができる。

●IT/WEB業界の転職情報といえば他サイトではエンジニアに偏りがちの傾向があるが、pooleはエンジニア以外の職種の求人情報も大切にし、それら職種の求人情報についても積極的に紹介に取り組んでいる。

pooleに関する新着NEWS

転職NEWS

外国人の方のための求人サイト【Gaikokujin_Poole】がオープンしました!

日本で働く外国人が近年急増していることから、外国人に特化した求人サイトが必要と判断。開設に至ったということです。
お知り合いに求人をお探しの外国の方がおられる方は、教えてあげると良いかもしれませんね。

⇒Gaikokujin_Pooleの公式サイト

こちらの記事も読まれています